エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

疑似レイプでバレンタインは苦い味

   

あ〜ぁ、あの夜はやるまいと思っていたのに。やっちゃいましたよ。専門学校生のあいみちゃん(19歳)と。しかも泣かしちゃった。

今日はバレンタインデー。おととい専門学校生のあいみちゃんから電話があるまで、すっかり頭から消えてました。もっと先だとばかり思ってましたよ。おれ、社会とずれてる・・・と自覚( ̄〜 ̄);

バレンタインデーは、梅田のヨド○○○メラの6F(だったっけ?)のスイーツコーナーで、甘いものをたらふく食らうという約束をしていたのでした。大阪のひとはご存知のひとが多いでしょうが、ここって、ケーキ屋さんとかが回廊状に並んでて、フロアの中心に広いオープンカフェがあるんですよね。あれこれ買ったものをそこで広げて食べることができるんです。値段は百貨店と変わりません。だいたいケーキひとつ400円とか。コーヒーをつけて650円ってところ。喫茶店の650円のケーキセットと比べると、大概こっちの勝ちだから、おれ、お茶しようかっていうと、わりとここ、利用するんですよね。

7時にヨド○○の1F入り口で待ち合わせ。30分ぐらい遅刻するって連絡。でも、もう45分やん。しまっちゃうぞ!はやくこ〜〜〜い。終ったらきょうはエッチなしで真っ直ぐ帰宅するつもり。寝不足で疲れてたんではりきっちゃうと体がもたん。きっと、しようって言われるだろうけど。今日はやめとこうと決意。あぁ〜、バスト83cmのティーンネージャーがオマンコ広げて待ってるようなものなのに・・・。食えるときに、食っときたいのはやまやまなんですけどね^^;

あいみちゃんは1時間遅れで到着。さっそく6Fへ。ケーキをふたりで6つも平らげました。でも、まだ足りず?やっぱり夕飯にケーキは無理があるってことで、タンタン麺屋に入りました。手始めに餃子を注文。これがウンの尽きのプロローグだったかも。餃子にはやっぱりビールとこなきゃね(彼女はまだ未成年だからおれだけぐびっとね)。そう、特にこいつが悪かったんだよ、こいつが。疲れてるときって、妙に気分がハイになってたりすること、ありません?こんときはちょうどそんなかんじでした。そこにビールが拍車をかけたんですよ。

「この女、いつみてもえぇ〜乳しとんなぁ〜。」
「スベスベ、ムチムチ、肉付きのええこの10代の肌がたまらんのや。」
「匂いがまたえ〜ねん。ホルモンの作用ってやつ?体中から甘い匂いしよるわ。」
「キツキツのあのマンコ、やっぱぶっこみたいのぉ。」「こんなかわいい顔しとんのに、おれのちんぽ咥えて喜んどるねんからなぁ。」
「一回、好きなようにかわいがってやりたいのぉ。」

などと、あいみちゃんとの会話をよそに、おれはこんなことばっかり考えていたのでした。当然、あそこはびんびんのびんびん。我慢汁がパンツを湿らす湿らす。もう肉欲で身も心もいっぱいおっぱい。食べたいのはタンタン麺やのーて、あいみちゃんだわさ。食べ終わって店をでるころには、ラブホに、いくべし!いくべし!いくべし!と、ぜんぜん明日のためにならない判断を下さざるをえない状況でしたよ。

彼女は、そもそもやる気まんまん。もう何回も会ってるからね。このこは、おれと会うときは必ずやる気で来てるんですわ。そんなわけで我らはお互い確かめもせず、しかしながらごく自然に太融寺のホテル街へ向かったのでした。

部屋に入るやいなや、おれは野獣に変身(しゅわっち)。もう、したくてしたくて。間髪いれず後ろから抱き着いて、ブラの中に手を入れる。生乳をもみもみ。そのまま押し倒して、上着やらブラやらをたくし上げ乳首に吸い付く。このこは、おっぱいが性感帯やから少々乱暴なことをしても大丈夫。おれはもう、マッハでなめたおしたのでした。同時に、スカートをたくしあげ、パンツをずらしてマンコを指で愛撫。

いつもは、たっぷりやさしくゼンギをしてるのに、今日に限って激しいため、彼女はとまどいつつも期待している模様。

「ニック、きょう、激しい・・・あっ・・・あぁ・・・」とか言ってくる。
「そうお?そうかな・・・」と、おれ。完全にとぼけてる。

そして、指をマンコにずぶぶ。濡れてるには濡れてるけど、やや足りない。でも、指マンしているうちにあふれてきた。十分やん?おれは、枕元のゴムをとって、ちゃっちゃと装着。ここまでホテルに入って10分弱。そして、

「激しいってのはこういうのをいうんだよ、あいみ。おらおら・・・!」と、言い切るかきらないかで、おれはマンコに何を突き刺し、2、3度深く大きく出し入れしたあと、

「気持ちえ〜か、あいみ、ちんぽいれたってんぞ」と、言いつつ一気にトップスピードで腰をふりまくったのでした。これには彼女、動揺したらしくいつものあえぎ声とは違う声をだしていましたが、そんなことはおかまいなくキツキツマンコを味わうおれ。実は、こんなことを考えてたんですわ。

「おぉ〜もう、たまらんわい。まだ女になりきっとらん、デカ乳の10代のガキの肉体をおれはいまむさぼっとるぞ。このスベスベのピチピチのムチムチの肌、え〜の〜ぉ。ほれぼれするわ。こいつ、おれの下で足を広げて感じまくっとるやんけ。円光でひっかけたんちゃうで。男の魅力で手に入れたんじゃ。おれって勝ち組?アハハハハ!!」

まぁ、こんなかんじ。アホですわ。普段、こんなアホなこと、思ってませんで。でも、こわいね〜。人間ハイになると。入れてから2分後、おれは大満足のフィニッシュ。一方、彼女はというと・・・

「こわいぃぃ・・・(TT)」

といいながら、なっなんと泣き出したやありませんか。今度はこっちが動揺。やりすぎちゃったんですよね。たがをはずしすぎ。正直、やってるときも思ってたんですが、擬似レイプでしたね。まずったー、一時の気分でかわいそうなことしちゃいましたよ。バレンタインデーが台無し。

結局、ホワイトデーを待たずして近日中に彼女指定のどこぞのブランドの春物を上納することになったのでした。痛いな・・・。そこまでしてあげるつもり、なかったのに。予想外の出費。でも、今回はしょうがないね。おれが悪いからね。まだバイバイしたくないしね^^;


 - 未分類 , , , , , , , , , ,

  関連記事

no image
タイのバンコック

私の、昔の思い出を聞いて下さい。私がまだ中学二年生の頃でした。私は父親の仕事の都合でタイのバンコックに住んでいました。当時でもタイの日本人社会は大きく駐在員の家族を含め多数の日本人が住んでいました。日本人の駐在員の奥様達は、開放的なタイの気候、風土の為か…

no image
久々会った元カノと。

大学の頃に付き合ってた元カノ(25)との話です。(169cmの長身細身体型でかなりのエッチ好きです)別れてから1年半経った頃、彼女の方から「久々飲もうよ!」と連絡があり、都内某所で数時間飲んだ後、酔っていたせいか、はたまたお互い暗黙の了解があったのか、自然と僕…

no image
キスフェチな彼女

高校生の頃の話です。僕はバレーボール部に所属してましたが、どうしょうも下手だったので補欠でした。で、補欠の奴は、レギュラーのみの練習のときは、玉拾いか若しくは体育館の端っこで一人で真上にトスをし続けるという練習をさせられます。僕も玉拾い係じゃない時はいつ…

no image
ソープに堕ちたわけ

はじめまして、恵子です。28歳のOLです。 今年のお正月の休みに同僚の由理子と由理子の彼と3人で那須高原の温泉に3泊4日で行って来ました。 年内は大変忙しかったので、何もしないでのんびりリフレッシュのつもりで。 由理子から誘われたのでしたが、由理子の彼が…

no image
★妻が他人に襲われてから夫婦間が変わりました

 末に起きた出来事です。北海道に住む私は、妻と子供2人の4人家族。10月に友人とキャバクラに行き、もらった名刺を大事に持ち帰った為、妻にバレ喧嘩となった。その時は謝って何とか仲直りしたんですが、11月に懲りずに、また友人と飲みに出かけ、またまたキャバクラへ・・。結局妻にバレ、1ヵ月以上も口を聞いてもらっていませんでした。 そんな最中、私の携帯に一本の電話が・・。それは幼稚園からで、息子を迎えに来てほしい

no image
僕の風俗体験日記

1996年、春。隆志はとある高校を卒業した。受験に落ちた隆志と、大学に合格した友人である健太郎は、とあるたくらみを企てていた。「なあ、健太郎よ。俺らはついに高校3年間で童貞捨てられなかったよな・・。」「ああ、そうだな・・。」 3月とはいえ、まだまだ冷たい…

no image
補習授業

私は月曜日に補習に行ったら、理科の先生に単位が足りないからこのままじゃ留年。と言われ私は『お願いします単位下さい』と頼みました。すると先生は私の制服のリボンを外しリボンで手首を縛り犯されました。私を机に座らせオッパイをわしずかみにし、恥ずかしいことブラ外…

no image
彼女の友達 3

この話は「彼女の友達」の続編になります。今回は風俗の体験ではありませんが、初回が風俗の体験だった為、和えてこちらに書かせていただきます。ついに土曜日がきました。めぐみさんに誘われ、香織(彼女)の家に向かう俺。足取りはものすごく重いです。着かなければいいの…

no image
妻も子供も・・・。

もう5年以上も前の話です。ようやく話せる状態にまで、回復しました。きっかけは妻のクルマのナビソフト差し替えでした。会社から帰って妻からクルマのカギを受け取り、頼まれていた地図ソフトを交換した際、ふと悪戯心が騒ぎ出しました。ナビには通過足跡を残す機能がついて…

no image
ゆき

「誰だろ?こんな時間に・・・」電話の呼び出し音で、目覚めた僕が時計を見ると、午前1時を回っていた。携帯の画面を見ると、そこには「ゆき姉ちゃん」との表示。「ゆき姉ちゃん」とは、母の妹の娘で、僕より2つ上の従姉弟である。互いの実家が近い為、幼い頃は一緒に遊ん…