エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

続。衛ちゃん。の続×3。

   

こーゆートキって、
にゃんにゃんなトキって、
衛ちゃんに見られてると弱くて、、
もうダメ…
これ以上デキない…
なんてなりマスが。
今日なら大丈夫ぅ(は?と)
視線がナイし。。
ダメ。もナイし。。
動けナイし。。
こんな衛ちゃん、エロくってぇ。
今日ならずぅっと大丈夫ぅ(は?と)

耳たぶちゅうも…しちゃったし、
ずっと、したかったコト、しちゃおう。。
もっと、しちゃおう。。
思う存分。
思う存分っ。なんだからぁ。

動けない衛ちゃんの胸に、
顔をうずめマス。
衛ちゃんて、あったかいネ?。

衛ちゃんの胸ぇ。。
友達のコロから想像してたナ。
今日みたいな、薄めな布地なトキ、
動きによって、胸のラインとか見えてたヨ。
ドキッてなって。
変態…みたいだけど、、
好きなヒトの体だから、気になるし…。
ラインの感じで、想像してたナ。

「うふふ?。。」
彼女ってステキ…。
するる?…って。
こんな風に、服をマクれて。。
こんなに、好きに、彼を知ることができるんデス。。
こんなに大好きな、衛ちゃんを、知ることができるんデス。。
恋人になれるってスゴイって、
いつも、思いマス。
片思いのままじゃなくて良かったって、
いつも、思いマス。

「…。」
衛ちゃんの胸に触れて…
「う…。」って。
ちゅ?して。。
もっと。気持ちイイ胸にも、
ちゅ?して。。
「んっ。」って。
舌でくにくに。。
びくっ。て。
くにくに。。って。
びくびくって。

衛ちゃん可愛くてぇ…
私ぃ…
くにくに…って。
いっぱい舐めちゃうぅ。。可愛くてぇ。。愛おしくてぇ。。
いっぱい、してるのにぃ…。
もっと、触りたい。。
舐めてたい。。
衛ちゃんの、好きなトコロ。。
気持ちイイトコロ。。
もっと。もっと。。。
心は今、こんななのぉ。。
エッチなトキ、心は、こんななのぉ。。

衛ちゃんの目に弱いのは、
いつも、見透かされてたりするの。。
だからなのかなぁ。。

こーゆートキって、
にゃんにゃんなトキって、
衛ちゃんに見られてると弱くて、、
もうダメ…
これ以上デキない…
なんてなりマスが。
今日なら大丈夫ぅ(は?と)
視線がナイし。。
ダメ。もナイし。。
動けナイし。。
こんな衛ちゃん、エロくってぇ。
今日ならずぅっと大丈夫ぅ(は?と)

耳たぶちゅうも…しちゃったし、
ずっと、したかったコト、しちゃおう。。
もっと、しちゃおう。。
思う存分。
思う存分っ。なんだからぁ。

動けない衛ちゃんの胸に、
顔をうずめマス。
衛ちゃんて、あったかいネ?。

衛ちゃんの胸ぇ。。
友達のコロから想像してたナ。
今日みたいな、薄めな布地なトキ、
動きによって、胸のラインとか見えてたヨ。
ドキッてなって。
変態…みたいだけど、、
好きなヒトの体だから、気になるし…。
ラインの感じで、想像してたナ。

「うふふ?。。」
彼女ってステキ…。
するる?…って。
こんな風に、服をマクれて。。
こんなに、好きに、彼を知ることができるんデス。。
こんなに大好きな、衛ちゃんを、知ることができるんデス。。
恋人になれるってスゴイって、
いつも、思いマス。
片思いのままじゃなくて良かったって、
いつも、思いマス。

「…。」
衛ちゃんの胸に触れて…
「う…。」って。
ちゅ?して。。
もっと。気持ちイイ胸にも、
ちゅ?して。。
「んっ。」って。
舌でくにくに。。
びくっ。て。
くにくに。。って。
びくびくって。

衛ちゃん可愛くてぇ…
私ぃ…
くにくに…って。
いっぱい舐めちゃうぅ。。可愛くてぇ。。愛おしくてぇ。。
いっぱい、してるのにぃ…。
もっと、触りたい。。
舐めてたい。。
衛ちゃんの、好きなトコロ。。
気持ちイイトコロ。。
もっと。もっと。。。
心は今、こんななのぉ。。
エッチなトキ、心は、こんななのぉ。。

衛ちゃんの目に弱いのは、
いつも、見透かされてたりするの。。
だからなのかなぁ。。

 - 未分類 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
精子タンク

その後、特に面白い事も起こらず興味を惹かれるような素材にも出会えなかったので、外回りが終わると早々に帰社した、のろのろしていると玲子に説教の口実を与えてしまう。再び玲子から呼び出しがかたった。まったく、今度は何だ?くだらない雑用なんて言い付けてきたら、浣…

no image
社内ゴルフコンペ ?

コンコン!社長室の扉を叩いた。「どうぞ!」ドスの聞いた声が聞えた。中に入ると社長が、真剣な顔で私を見ていた。”飛ばされるのか”と諦めていた。社長は、そこに座りなさい。と指を指した。社長「すまない!」 突然の出来事で驚いた。私 「えっ」社長「君の奥さんに失…

no image
他人(ひと)の皮を被る 二話

「なんとか上手くいったか……」 晃はソファで息を吐いた。深く眠り込んだ奈津美に起きる気配はない。 晃はその奈津美のスーツをそうっと脱がしにかかる。 ブラウス姿にすると酒の匂いが強まった。 クールな美人が頬を染めて酒の匂いをさせるのはそそる絵面だ。 さらに…

no image
★定年間近の課長のセクハラで嫌になります

 私は、某市役所の臨時職員をしています。三十四歳です。顔も十人並みだし、スタイルにはけっこう自信があります。OLをしていた時は営業職でしたし、二十代の頃は、けっこう遊んでいましたから、男あしらいにも多少は馴れています。営業なんかしていたことのある女の子なら、誰でも営業先で口説かれたり、いろいろとエッチな目にはあっていると思います。 直属の上司である課長のNさんは、来年定年を控えているのですが、いつ

no image
★私の体を犯されたくて露出スタイル

 レイプされたくて夏の夜に生足にミニスカートに、おヘソが見えるチューブトップで山道を一人であるいてました。ワンボックスカーが止まり中から四人の男の人が降りてきました。無理矢理にワンボックスカーの後ろの席に入れられました。山の頂上まで連れてかれました。 二人がかりで押さえられ他の二人がチューブトップを下にさげました。ねぇちゃんノーブラなんだと言われました。ニップレスも着けてないから乳首がわかるぞと言

no image
★若き日のあやまちを告白

 これは俺が高2の時の話です。俺は高校に入り、隆と直樹という2人と仲良くなった。隆と直樹は属に言う不良グループ。しかし不思議なことになぜかそこに地味めな俺が入ってしまった。俺は2人に憧れを抱く反面負い目も感じていた。ある日、3人で酒を飲もう。となり、当然居酒屋などには行けず、家でも飲むわけには行かないので、3人で誰にも見つからないようにとラブホに入り、飲むことにした。 そしてラブホで飲みだし、その

no image
★ストリップ小屋での体験談

 西船xのストリップ劇場に週3回は通ってました。舞台に上がる勇気の無い私は、もっぱら出番の終わった踊り子さんに個室で別料金で本番を楽しんでませてもらいました。確か1回、3000円位だったかな。若かったので最低2人の踊り子さんにお世話になってました。 場内の脇に個室が3つ位あって、ドアが閉まっていると使用中で、開いていて、中に踊り子さんがいれば、早い者順です。中に入ってお金を渡します。下半身だけ脱いで、せん

no image
中1の男の子と

これは自分が高校最後の(3年)学年になってすぐの話です。自分が中3の頃から知っていたk(当時中1)との体験談です。中学に入ってすぐのkはまだ部活が始まっておらず、kは野球をやっていたので友達と公園で野球をやっていた。k達が野球をやっていた公園は俺の家から歩い…

no image
我は海の子

「今日も熱いな、いったい何度ある」 「38度、晴天の真夏だよ」 「死ぬーーーー、夏休みで部活とは情けないよ」 「俺達生物部は餌をやらないといけないからな」 携帯電話が鳴って勇がとった。 「石倉部長ですか、待っているんですけど……、わかりました」 「部長い…

no image
先輩のお気に入りのデルヘル嬢が妻だった。

嘘の様な本当の体験談です。某食品メーカーで営業をする私。同じ職場に5つ年上の先輩・藤田さんと言う独身男性がいます。藤田さんは、独身と言う事もありデリヘルを呼んでは欲求を解消していました。そして、デリヘル嬢をカメラで撮影しては、私達後輩に自慢げに見せつけて来…