エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

うちの娘 3

   

うちの妻はパート勤めです。
スーパーのレジです。
家族しか知らないのですがノーパンです。
私服なのでいつもスカートです。
奈緒はいつも学校帰りに店に行ってます。
そして妻と一緒に帰ってくるのです。

さて私とのSEXですが、いつも昼間です。
私は時々昼間時間があくのです。
妻は毎週水曜と日曜が休みです。
そして子宮には避妊器具が入ってます。
これは婦人科で入れて貰うのです。

体位はバックが好きでいきなり犯します。
スカートを捲り挿入。
妻の要求なんで。

うちの妻はパート勤めです。
スーパーのレジです。
家族しか知らないのですがノーパンです。
私服なのでいつもスカートです。
奈緒はいつも学校帰りに店に行ってます。
そして妻と一緒に帰ってくるのです。

さて私とのSEXですが、いつも昼間です。
私は時々昼間時間があくのです。
妻は毎週水曜と日曜が休みです。
そして子宮には避妊器具が入ってます。
これは婦人科で入れて貰うのです。

体位はバックが好きでいきなり犯します。
スカートを捲り挿入。
妻の要求なんで。

 - 未分類 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
林道で拾った夫婦と完

由紀子さんと一緒に内風呂を出ると、ヒロシさんの指示通り由紀子さんにマッサージを始めた。浴衣姿の由紀子さんをうつぶせに寝かせると、腰を中心に揉み始める。ヒロシさんには好きなところを揉んでいいと言われているが、さっきまで童貞だった俺にそんな勇気はなく、内風呂…

no image
無防備なおばさん【無防備シリーズ最新作!】

僕の住む家は、街から離れた山間の小さな集落です。僕の家から坂道をクネクネと降りると一件の家があるんです。そこには、50歳位のおばさん夫婦が住んでいます。おばさんの子供は、もう大きくなって街に出て行った様で、普段はおじさんと2人で住んでいる。ある日の事、僕…

no image
私 もしかして変態?

4人家族の中学1年です。兄は高校2年です。 夏休みも残りわずかになり、毎日宿題に追われています。 私は、最近覚えたオナニーに夢中で毎晩お風呂上がりに 自分の部屋のベットでしています。 昨日の事ですが、隣の部屋から兄が覗いている事に気付き ました。 兄の部屋と…

no image
信也くんにプレゼント 投稿者:34歳子連れ×1

34歳子連れ×1も今年で35歳・・歳は取りたくないです夜の7時を過ぎた頃に信也君が来ました信也くんの好きなすき焼きと小さなデコレーションケーキにローソクを1本高校1年生だからローソクは1本にしました それと 娘の綾の小学校1年生を一緒に祝いのケーキです。母親公認で…

no image
美和子物語

いつまでやんの、ウザイなぁ。 エェ加減に終われば。                                                                                                      …

no image
大人の私は我慢して…6

(こんな風にじっと見たのって、初めて…。それも、大好きなたくちゃんの…オチンチンに…こんどーむかぶせてるとこ…。たくちゃん、上手…♪こんな風につけるんだぁーって…勉強にもなるし(///)。あれ?あれ?裏とか表とかあるのかな…。あとで聞いてみよ…かな?)サササッ…

no image
露出癖 2

うちの娘の名は麻衣。13歳。妻のミチと良く似ている。ワンピースを良く着ている。しかも下着は無し。制服のスカートはミニ。一度見てみたらなんと何も穿いてない。「大丈夫なのか?」と聞くと、「平気だよ!」の返事。麻衣の露出癖は妻のミチの影響だと思う。おしっこを教え…

no image
★コンビニの女性店員とのロマン

 仕事帰りにいつも立ち寄る某コンビニの熟女店員、千葉さん。見た目は30代中盤から後半だが身体つきがムッチリしている。初めは無難に天気の話からだんだんと日常会話などをレジで話しかけるようになった。すっかり顔も覚えてもらい入店した段階で目が合うとニコっと笑って会釈してくれるようになった。 ある日雑誌コーナーで立ち読みしていると千葉さんが「今日も暑かったですね」 と話しかけてきた。思い切って食事に誘ってみ

no image
楽しい夏のパーティーだった

今から10年前俺が高校2年の時の話。俺は中学時代からバリバリのヤンキーで当時工業高校に通っていた。何の不満も無く女にもてたい一心でツッパテいた中学時代から女に不自由する事は無く勉強もしないで単車と女と楽しい日々を送っていた。そんなある日夏休みに入った頃、近所…

no image
まだ続々々々・隣の少女

佳純ちゃんが帰った後、俺は疲れたので寝た。どのくらい寝たのか、ドアのノック音で目が覚めた。「うあーい」寝ぼけ気味でドアを開けると、佳純ちゃんと母親が立っていた。「あ、お休みだったんですか?ごめんなさい」「あ、どうも。いいですよ、何か?」横にいる佳純ちゃん…