エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

自動車教習所で、まさか?

   

あれは今から7年ほど前の事。俺は某所に合宿で免許を取りに行ったんだ。
高校を卒業してすぐ、大学に入る前に免許を取りたくて、合宿にした。

いなかの教習所で、まわりには特に何もなかった。コンビニくらいかな…。
あったのは。そんな環境だから、毎日車の勉強ばかりしてた。

ある程度、教習も進んでくると教官と一緒に車に乗る様になるじゃない。
まぁ想像つくと思うんだけど、年はまだ20中盤〜後半くらいの女の教官が
いた訳ですよ。そいつがどうも教習中にそわそわしてる。

ある時俺は思い切って聞いてみたんだ。

「先生、どうしたんですか?」
「えっ?!」

不意をつかれてビックリした様に答えた。

「あのね、○○君…。」
「はい?」
「先生ね、今日、夜暇なんだ。」
「え??…あ、はい。」

当時女とデートした事すらなかった俺は、若干動揺した。

「ゴハンでも食べに行こうか?」

旅の恥はかきすてと言うが、俺はまさにそんな心境で、「どうにでもなれっ!」と
ご飯を食べに行く約束をした。
親からも地元からも離れ、大胆になっていた事は間違いないと思う。


で、その夜メシを食べに行った。

むこうでは派手な部類に入るのかもしれないイタめし屋で、
パスタやピザなどを二人で分けながら食べた。なんかデートっぽいじゃねーか。
そこまで仲はよくなかったが、ここでかなり打ち解ける事ができた。

ぶっちゃけこの時点で結構罪悪感があった。こんな事していいのかな…という
気持ちはずっと腹の中で重い石の様に消化されずに残っていた。

そして食事が終わり、デザートとコーヒーで締めくくり、店を出た。
正直俺はここまででもかなり嬉しかったし(罪悪感もあったが)、それ以上の事はまさかないだろうと思っていた。


しかし、こんな一言で俺の心臓は一気にバクバクいいだした。

「あのね、あたしさ。○○君を見てると我慢できなくなっちゃうの」
「え…」

俺は言葉に詰まった。正直、「お、俺もです!!」とクマー!!並に
釣られてみたいのはやまやまだったんだが、何故かこういう所で
一歩引いてしまうのが俺。 だって、何に我慢できないのか、よく
分からないし…。この辺が童貞の考えww

「えっと…どういう事ですか?」
「だからぁ…分からない?」
「え……?」

「……ホテルいこ?」


俺は、黙ってしまった。何て答えりゃいいんだよ。わかんねーよ。
童貞だしww 多分顔は真っ赤だったと思う。自分で何を考えてるのかすら
よく分からなかった。

しかし、それまでと違うのは、ここはノット地元。知り合いもいないし
少しくらいハメを外したっていいや、そんな考えが頭をよぎり、俺は
「あの…、先生がいいんなら…」と答えた。

お前等なら分かるだろう。この時点で既に我慢汁出しまくりw

俺はこれから始まるであろう未知の体験に、なんだかいつもの暮らしから
抜け出して別世界に入ろうとしている様な感覚だった。

郊外の一角にあるちょい古めのホテルに入った。

部屋に入ったとたん、アンアンアンアン声が聞こえてきてビックリした。
おいおい、何で部屋に人がいいんだよ!?と思ったら、テレビがついていて
有線か何かのエロビデオが流れていただけだった。

エロい雰囲気を作り出すための初心者向けの配慮なのか?w
俺が画面をなんとなく眺めていると、

「ねぇ、こっちきて?」

ベッドの前で先生が手を伸ばしている。
ちょっと戸惑いながらも側に寄ると、ぐっと引き寄せられて抱きしめられた。
髪の毛からいいにおいがする…。しかも結構強く抱きしめられていたので
硬くなったモノが当たっていた。当たっているだけでも若干気持ちよかった。

先生がふと顔を上げる。こ、この姿勢は、キスなのでは?

無言で顔を上げられても困るんだが…。ここはキスだろ。うん。間違いない。
でもさっきご飯食べたばかりだし、自分のにおいも気になる…w
ちょっと顔をのけぞる。普通風呂入って歯磨きしてからじゃないのか?(汗)

でもしない訳にはいかん。いきなりぶちゅっ!とかはできないので、
ちゅっと軽めに「ちゅっ」くらいのキスをした。

「もっと!」

全然不満だったらしいw でも、そのおねだりの仕方がかわいくて、
自分が失敗した、という感じにはならなかった。このあたりは年上の
配慮なんだろうか。

今度は少し長めに深く、少し唇が噛み合うくらいまでキスをした。

「んっ…」

先生が声にもならない様な声を出した。そんな声出されたらこっちも
興奮しますがな!! テンションの上がった俺は、舌を入れてみた。

ちゅっ… ぴちゃ…

何ともエロい音がする。

「んんっ」

おおっ!これは感じているのか? 自分がうまくできているのか心配
だったが、どうやら感じてくれているらしく、嬉しくなった。

あれは今から7年ほど前の事。俺は某所に合宿で免許を取りに行ったんだ。
高校を卒業してすぐ、大学に入る前に免許を取りたくて、合宿にした。

いなかの教習所で、まわりには特に何もなかった。コンビニくらいかな…。
あったのは。そんな環境だから、毎日車の勉強ばかりしてた。

ある程度、教習も進んでくると教官と一緒に車に乗る様になるじゃない。
まぁ想像つくと思うんだけど、年はまだ20中盤〜後半くらいの女の教官が
いた訳ですよ。そいつがどうも教習中にそわそわしてる。

ある時俺は思い切って聞いてみたんだ。

「先生、どうしたんですか?」
「えっ?!」

不意をつかれてビックリした様に答えた。

「あのね、○○君…。」
「はい?」
「先生ね、今日、夜暇なんだ。」
「え??…あ、はい。」

当時女とデートした事すらなかった俺は、若干動揺した。

「ゴハンでも食べに行こうか?」

旅の恥はかきすてと言うが、俺はまさにそんな心境で、「どうにでもなれっ!」と
ご飯を食べに行く約束をした。
親からも地元からも離れ、大胆になっていた事は間違いないと思う。


で、その夜メシを食べに行った。

むこうでは派手な部類に入るのかもしれないイタめし屋で、
パスタやピザなどを二人で分けながら食べた。なんかデートっぽいじゃねーか。
そこまで仲はよくなかったが、ここでかなり打ち解ける事ができた。

ぶっちゃけこの時点で結構罪悪感があった。こんな事していいのかな…という
気持ちはずっと腹の中で重い石の様に消化されずに残っていた。

そして食事が終わり、デザートとコーヒーで締めくくり、店を出た。
正直俺はここまででもかなり嬉しかったし(罪悪感もあったが)、それ以上の事はまさかないだろうと思っていた。


しかし、こんな一言で俺の心臓は一気にバクバクいいだした。

「あのね、あたしさ。○○君を見てると我慢できなくなっちゃうの」
「え…」

俺は言葉に詰まった。正直、「お、俺もです!!」とクマー!!並に
釣られてみたいのはやまやまだったんだが、何故かこういう所で
一歩引いてしまうのが俺。 だって、何に我慢できないのか、よく
分からないし…。この辺が童貞の考えww

「えっと…どういう事ですか?」
「だからぁ…分からない?」
「え……?」

「……ホテルいこ?」


俺は、黙ってしまった。何て答えりゃいいんだよ。わかんねーよ。
童貞だしww 多分顔は真っ赤だったと思う。自分で何を考えてるのかすら
よく分からなかった。

しかし、それまでと違うのは、ここはノット地元。知り合いもいないし
少しくらいハメを外したっていいや、そんな考えが頭をよぎり、俺は
「あの…、先生がいいんなら…」と答えた。

お前等なら分かるだろう。この時点で既に我慢汁出しまくりw

俺はこれから始まるであろう未知の体験に、なんだかいつもの暮らしから
抜け出して別世界に入ろうとしている様な感覚だった。

郊外の一角にあるちょい古めのホテルに入った。

部屋に入ったとたん、アンアンアンアン声が聞こえてきてビックリした。
おいおい、何で部屋に人がいいんだよ!?と思ったら、テレビがついていて
有線か何かのエロビデオが流れていただけだった。

エロい雰囲気を作り出すための初心者向けの配慮なのか?w
俺が画面をなんとなく眺めていると、

「ねぇ、こっちきて?」

ベッドの前で先生が手を伸ばしている。
ちょっと戸惑いながらも側に寄ると、ぐっと引き寄せられて抱きしめられた。
髪の毛からいいにおいがする…。しかも結構強く抱きしめられていたので
硬くなったモノが当たっていた。当たっているだけでも若干気持ちよかった。

先生がふと顔を上げる。こ、この姿勢は、キスなのでは?

無言で顔を上げられても困るんだが…。ここはキスだろ。うん。間違いない。
でもさっきご飯食べたばかりだし、自分のにおいも気になる…w
ちょっと顔をのけぞる。普通風呂入って歯磨きしてからじゃないのか?(汗)

でもしない訳にはいかん。いきなりぶちゅっ!とかはできないので、
ちゅっと軽めに「ちゅっ」くらいのキスをした。

「もっと!」

全然不満だったらしいw でも、そのおねだりの仕方がかわいくて、
自分が失敗した、という感じにはならなかった。このあたりは年上の
配慮なんだろうか。

今度は少し長めに深く、少し唇が噛み合うくらいまでキスをした。

「んっ…」

先生が声にもならない様な声を出した。そんな声出されたらこっちも
興奮しますがな!! テンションの上がった俺は、舌を入れてみた。

ちゅっ… ぴちゃ…

何ともエロい音がする。

「んんっ」

おおっ!これは感じているのか? 自分がうまくできているのか心配
だったが、どうやら感じてくれているらしく、嬉しくなった。

 - 未分類 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
旦那を性的にいじめています…

お仕置きなのかどうかはわからないけど、お願いされるのでいじめています。 する時は休日の午前中が多いです。 まず2,3日前に、オナニー禁止を言い渡しておきます。 当日は、まだ旦那が寝ている時から始めます。 最初はごく普通におちんちんをさわって、イかせないように30分位ゆっくり先っぽをこねくり回し続けます。しばらくすると、イかせてとお願いしてくるので、手を止めて「私を上手にイかせてくれたら触ってあげるけど

no image
合唱部の後輩

高校時代合唱部に所属していて卒業後はコーチとして週1回程度(大学との兼ね合いもあって不定)、指導をしにいっていた。私立と言うこともあり施設は充実していて合唱部が使う音楽室小(といっても普通の音楽室並で40人入っても余裕)と隣に吹奏楽部が使う音楽室大、その通路の…

no image
脱がされた12歳の胸 目撃

小六の時、もともと男女の仲のいいクラスだったんだけど、夏休みに女子のグループからいっしょにプールに行こうと誘われた。向こうのグループは、ちょっと派手で明るいタイプの子中心の五人で、その中に、クラスの男子の半分は憧れてたと思われる、成績優秀でかわいくておっ…

no image
■おいしかった、若い女との初3P体験・・1/2

 今まで一番、おいしかった、また、一番興奮したHな話です。私は、仕事が終わって飲みに行くときにはいつも一度自宅に帰ってから出るのですが、あの日はなんか帰るのが面倒でスーツ姿のまま行きました。腹も減っていたしとりあえずよくいく居酒屋へ急ぎました。車を止め、中へ入って行くと混んでいて座るところと探すと、カウンターの端の方から2つ目が1人分だけ空いています。 そこへ座ると隣の席のジャージ姿の若い女の子(

no image
佐智枝とディルド その1

あちこちの寝取られサイトに刺激を受け、この年で火が付いた40前半の男性です。正直、この年で、まさか妻に夢中になるとは、想像もしていませんでした。子供二人は大学に進学し、それぞれ都内と横浜に憧れの下宿暮らし。同い年の妻は日テレの杉上佐智枝アナに似た、活発で…

no image
★アレの感触が凄かったので忘れられない

 都内に住むOLです。毎日通勤は満員電車です。年齢はもう40を超えました。独身です。20年以上、毎日満員電車で通勤してます。本当は満員電車でなくてもいけるんです。学生のころに始めて痴漢に会いました。怖かったです。 でも衝撃でした。知ってる人でした。先生・・毎日触られました。触らされました。エスカレートしました。逝かされるようになりました。射精もさせられました。私のハンカチに。ある日、電車から連れ出されま

no image
妻の妹に手を出してしまった告白

 私は45歳、あるデパートのスポーツ用品売り場で勤務しております。妻も同じデパートの食料品売り場で、係長までしていて勤務は約19年。43歳です。僕は大学生時代は、バスケットボールの選手でしたが、これでは食えないので、デパートに誘われて働きました。妻も16歳から22歳までは、女性のファッションモデルをしていて、それなりに人気がありました。 でもある俳優さんとの不倫で、写真週刊誌などで話題に上りモデル

no image
罰ゲームーEND

「私も初めてだから痛くしないでね。」「うん。」そしてついに僕は姉のアソコに入れてしまいました。「痛い?」「ううん。それより早く入れて。」思ったよりも簡単に入りついに完全に入ってしまいました。「いい、慎也、私のクリちゃん可愛がってね。」「うん。たくさん可愛…

no image
★炭焼き小屋でのSEXは真っ赤に燃えた

 炭焼き窯のそばに有る作業場と休憩室での出来事。窯が開いた1日目は、パートのおばさんが何人も来て、作業場は賑やかになるが、2日目・3日目になるとパートのおばさんと俺だけの時も有り、作業場に有る休憩室は丁度いいデート室になる。 仕事中にそれとなく話をしてOKの雰囲気なら弁当を食べて、スグに抱きついていく。 抱きついて口を吸いながらシャツの上からオッパイを揉み仰向けに寝かすと、下半身を裸にして指先でクリち

no image
ワールドカップの観戦中の出来事 (オーストラリア戦)

6/4 日本vsオーストラリア「先輩!明日の試合ですけど、○○で大スクリーンで観戦出来るらしいんですよ!」「そうなのか?早速予約入れないと・・・?」「もう予約がいっぱいらしいんですが、知り合いに頼んで、3人分Getしましたよ」「お~やるなお前!千夏も喜ぶ…