エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

実は実話です

   

ある晩の事、ツレから電話があり「いい女いるから来いよ」と言われて僕も退屈してたから出掛けた。
ツレの住んでるアパートに行くとベッドに寝ていた女は毛布被って向こうむいてしまったが、話し聞いてみると病院で引っ掛けて誘ったら付いてきたらしく既に何回もヤった後で、ベッドの下に脱ぎ捨てられてる下着が生々しく見えた。
「歳いってるけどいいぞ」
ツレの言葉にベッドの女の方見ると確かに おばさんぽい感じがした。
「てるみさん、起きて」
ツレが呼ぶと僕の母親と同じ名の女は少しだけ振り向いたが、まだ僕は気付かなかった。
立ち上がったツレが女の毛布を剥ぎ取ると嫌がったが裸の背中から尻が丸見えになった。
「やめてえ ・ ・ ・」
小さな声で抵抗するが、満更嫌がる様子でも無さそうだった。
ツレが女の片足を上げ股間へ手を入れると「あっ」と呻いた。

更に指を使って攻めて行くと次第に反応しだした。顔を両手で隠して喘ぎ始め、息も乱れてきたのがハッキリ聞こえて来るので僕も興奮してきた。

やがてツレは女の両足を持ち上げる格好で挿入していった時に女の顔が見えた。


それは母親だった ・・・。
「あっ」と僕が驚いたのと女が僕を見たのが同時だった。母も僕に気づいたらしく一瞬固まってしまった。
「母さん・・」
「ん?何? おまえの母さんか?」
「いやっ、いやっ、離して!」途端に母は激しく抵抗したがツレに奥まで塞がれてるし足も掴まれてるから無駄だった。
「うわっ凄い興奮だよ〜」
ツレは腰の動きを早め突きはじめるのを、僕は止められず見てるしかなかった。
ベッドがギシギシと音たてるくらいに激しい行為に、僕に見られてる母も異常になったのか顔振りながら感じてるようだった。
「おおぅ・ ・凄い、凄いいいぞ・・おまえの母さん凄いわ」
途切れ途切れにツレの気持ち良さげな声に僕は、 そっと母の身体へ手を伸ばしてしまい、揺れてる豊かな乳房を触ってしまった。
「ああ〜っ」何とも言えない声で喘ぐ母親を綺麗だと思った。

乳房が潰れるくらい強く握ったが母は喘ぐばかりだった・ ・ ・ 。

ある晩の事、ツレから電話があり「いい女いるから来いよ」と言われて僕も退屈してたから出掛けた。
ツレの住んでるアパートに行くとベッドに寝ていた女は毛布被って向こうむいてしまったが、話し聞いてみると病院で引っ掛けて誘ったら付いてきたらしく既に何回もヤった後で、ベッドの下に脱ぎ捨てられてる下着が生々しく見えた。
「歳いってるけどいいぞ」
ツレの言葉にベッドの女の方見ると確かに おばさんぽい感じがした。
「てるみさん、起きて」
ツレが呼ぶと僕の母親と同じ名の女は少しだけ振り向いたが、まだ僕は気付かなかった。
立ち上がったツレが女の毛布を剥ぎ取ると嫌がったが裸の背中から尻が丸見えになった。
「やめてえ ・ ・ ・」
小さな声で抵抗するが、満更嫌がる様子でも無さそうだった。
ツレが女の片足を上げ股間へ手を入れると「あっ」と呻いた。

更に指を使って攻めて行くと次第に反応しだした。顔を両手で隠して喘ぎ始め、息も乱れてきたのがハッキリ聞こえて来るので僕も興奮してきた。

やがてツレは女の両足を持ち上げる格好で挿入していった時に女の顔が見えた。


それは母親だった ・・・。
「あっ」と僕が驚いたのと女が僕を見たのが同時だった。母も僕に気づいたらしく一瞬固まってしまった。
「母さん・・」
「ん?何? おまえの母さんか?」
「いやっ、いやっ、離して!」途端に母は激しく抵抗したがツレに奥まで塞がれてるし足も掴まれてるから無駄だった。
「うわっ凄い興奮だよ〜」
ツレは腰の動きを早め突きはじめるのを、僕は止められず見てるしかなかった。
ベッドがギシギシと音たてるくらいに激しい行為に、僕に見られてる母も異常になったのか顔振りながら感じてるようだった。
「おおぅ・ ・凄い、凄いいいぞ・・おまえの母さん凄いわ」
途切れ途切れにツレの気持ち良さげな声に僕は、 そっと母の身体へ手を伸ばしてしまい、揺れてる豊かな乳房を触ってしまった。
「ああ〜っ」何とも言えない声で喘ぐ母親を綺麗だと思った。

乳房が潰れるくらい強く握ったが母は喘ぐばかりだった・ ・ ・ 。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
女友達のお願い 完結

あの事以来、俺はA美の事で頭の中が一杯だった。日曜日はA美を送り仕事場に行き書類の整理をしていた。しかし全く集中なんか出来ない。2chに投稿すればだいぶ気が紛れるのではないかと思い、事実を少しずつ書き始めて行った。そしてその日の夜は妻と電話で普通の会話をし、…

no image
痴漢されて感じる妻

2年前、私はある条件を飲んで妻と結婚した。ちょっとMっ気のある私は、妻のSっぷりに惚れたんです。キリッとした顔立ち(まぁ美人)に、ハッキリした性格と男負けしない妻は、仕事も真面目にきっちりこなすタイプでした。そんな妻と出会って、直ぐに一目惚れ。私から告白し…

no image
お互いの体をむさぼる様に求めあいました

 日曜日の午後、わたしは主人に「友達と吉祥寺でお茶と買い物して来るね」と告げて出かけて来ました。その友達が男性である事と、お茶と買い物の間に行く所がある事は省略したけど・・。主人は手のかからない人で、この日も「ああ、行っといで」なんて感じで笑顔で送り出してくれました。じゃね、と言って主人の顔を見た時、ちょっぴり胸がドキドキしました。

no image
岡村隆史、『めちゃイケ』板野友美ツイッター炎上騒動に苦言

4月20日18時30~放送のテレビ番組『めちゃ×2 イケてるッ!スペシャル』(フジテレビ系)の企画「AKB48どっきり受験 抜き打ち期末テスト」で、お笑いタレント・キンタロー。がAKB48の曲に合わせてダンスをするたびに、AKB48のメンバー・板野友美が不機嫌そうにし、笑いをさ…

no image
厨房に…:変態おじさん

まだ夏休みのころの思い出を紹介しよう。一応妄想だと思って聞いてください。夜に散歩をしていた時、近くの公園に女の子が2人…遠くから様子を伺っていると、タバコを吸っていた。暗くて顔まではよく見えなかったが、可愛い感じの子だった。俺は『火貸してくれない?』と言い…

no image
勘ちゃん

空気読まないで投下私子18バイト勘ちゃん25バイト先の社員お嬢23勘ちゃんと同じ元バンドのメンバーイケ面24勘ちゃんと同じバンドの元メンバーで、お嬢の彼氏パートのオバちゃん達私子と勘ちゃんと同じ職場のオバちゃん勘ちゃんは背は低いし顔はイマイチだったけど職場のみん…

no image
★先輩嬢の枕営業的な罠にはまりました

 金欠気味ではあった私に、うまく話しかけてきたキャッチに促されるように、アルバイトでキャバ嬢をすることになりました。話しが上手すぎて断り切れなかったんです。自由出勤でしたので、スケジュールに負担はかからないのですが、先輩の胡桃さんに教えてもらっていたのです。 胡桃さん指名の時は必ず横についていた。常連の山之内さんは最初からいやらしかったんです。「19歳ってことはもう処女じゃないよね?初体験は何歳の

no image
★合コンの帰りに変な事されました

 私は結婚して3年の29歳、子供はまだいません。夫婦中も普通だと思ってる。会社の同僚が、人が一人足りないって言って、結婚してる私が合コンに参加できないって断ったんだけど、童顔だから24歳には見えるし、男性が迫ってきても断ればいいんだから~~ね、とお願いされて合コンに参加することになりました。 いろいろな男性と話も弾み、お酒も進み、結婚してることを忘れてしまいそうでした。でも途中から、体が熱くなり、

no image
Nと俺

俺には大学時代、Nという友人がいた。友達の少ない俺にとって「親友」と呼べる、貴重な存在だった。Nはいわゆるイケメンで、当時サークルの女性部員の間では、俺とNとで 人気を二分・・・などするはずもなく、完全にNの独占状態だった。orzヤツは頭も良く、更にテニスで…

no image
キャバクラのお姉さん

僕は大学に入ると居酒屋でバイトを始めました。夜のバイトなので、時給が良く、学校に支障が無いし、何と言っても賄い飯が出るのが魅力でした。さて、その居酒屋の周りにはスナックやキャバクラが多く、仕事を終えたお姉さん達がよく飲みに来ていました。M美さんもその1人…