エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

伯母

   

ある休みの日の午後、伯母が実家からの差し入れを持って仕事帰りにやってきた。ちょうど昼時で家に誰もいない事を告げると伯母は優しく「ご飯はどうするの?」と聞いて来た。僕が「ない。」と告げると「じゃあ作って行ってあげるよ」とキッチンに向かい料理を始めた。

キッチンで料理をする伯母の細身でスレンダーな身体にしゃがれたハスキーな声。少し垂れた尻にピタリと張り付くデニムにうっすらと見えるブラのライン。耐え切れずに後ろから抱き付いた。

びっくりしたように身体を硬直させる伯母。
「ちょっと…」
と一瞬抵抗したものの長い茶色のきれいな後ろ髪に顔をうずめてうなじに舌を這わせるとピクピクと身体を震わせ感じていた。

コンロの火を消すと伯母は僕を背中の冷蔵庫に押し付け僕のTシャツを脱がせて乳首に吸い付いた。右手はしっかりと股間をまさぐりだんだんと舌を這わせるとあっという間に全裸にされてしまった。

完全に勃起した股間を何のためらいなく一気に奥まで頬張ると ジュプジュプ音をたて涎を垂らしながら思いっきり吸い付いて来た。

しばらくしてリビングのソファーで伯母も全裸になり今度は僕の愛撫。小振りな乳房にじらすように舌を這わせると腰を突き出しおねだりしてきた。中指を奥まで突っ込むとハスキーでいやらしい溜め息が出た。伯母は指で2度程行った後
「もうだめ…ちょうだい…」
と扱いて再び吸い付いて来たから69の態勢になり内腿からクリまでビショビショにすると身体を起こして腰を降る。顔面騎乗位から下に下がり限界が来た様に一気に奥までズブリと入れた。伯母の暖かな窒はキツく狭く動く度にジュプジュプと音を経てていた。

伯母はまた果てたところで正常位になり熱く抱き締め激しく動いた。いつものハスキーな声で喘ぎ求める伯母に激しく突きまくると僕は伯母の中に果てた。

きれいに口で掃除してもらうと携帯番号を交換して、未だに密会を重ねています。

もう伯母に惚れてます。

ある休みの日の午後、伯母が実家からの差し入れを持って仕事帰りにやってきた。ちょうど昼時で家に誰もいない事を告げると伯母は優しく「ご飯はどうするの?」と聞いて来た。僕が「ない。」と告げると「じゃあ作って行ってあげるよ」とキッチンに向かい料理を始めた。

キッチンで料理をする伯母の細身でスレンダーな身体にしゃがれたハスキーな声。少し垂れた尻にピタリと張り付くデニムにうっすらと見えるブラのライン。耐え切れずに後ろから抱き付いた。

びっくりしたように身体を硬直させる伯母。
「ちょっと…」
と一瞬抵抗したものの長い茶色のきれいな後ろ髪に顔をうずめてうなじに舌を這わせるとピクピクと身体を震わせ感じていた。

コンロの火を消すと伯母は僕を背中の冷蔵庫に押し付け僕のTシャツを脱がせて乳首に吸い付いた。右手はしっかりと股間をまさぐりだんだんと舌を這わせるとあっという間に全裸にされてしまった。

完全に勃起した股間を何のためらいなく一気に奥まで頬張ると ジュプジュプ音をたて涎を垂らしながら思いっきり吸い付いて来た。

しばらくしてリビングのソファーで伯母も全裸になり今度は僕の愛撫。小振りな乳房にじらすように舌を這わせると腰を突き出しおねだりしてきた。中指を奥まで突っ込むとハスキーでいやらしい溜め息が出た。伯母は指で2度程行った後
「もうだめ…ちょうだい…」
と扱いて再び吸い付いて来たから69の態勢になり内腿からクリまでビショビショにすると身体を起こして腰を降る。顔面騎乗位から下に下がり限界が来た様に一気に奥までズブリと入れた。伯母の暖かな窒はキツく狭く動く度にジュプジュプと音を経てていた。

伯母はまた果てたところで正常位になり熱く抱き締め激しく動いた。いつものハスキーな声で喘ぎ求める伯母に激しく突きまくると僕は伯母の中に果てた。

きれいに口で掃除してもらうと携帯番号を交換して、未だに密会を重ねています。

もう伯母に惚れてます。

 - 未分類 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
別れさせ屋のお仕事

こんにちは、僕は27才の男です。僕は探偵事務所に勤めています。最初は探偵事務所の仕事は尾行とか、調査とかスパイみたいでカッコいいと思って入ったんですけど、ほとんどが浮気調査ばっかりでした。でも、浮気調査と同時にやっている「別れさせ屋」っていう仕事もありま…

no image
妹の浮気現場。続き2

 「んんああん・・・いい・・・・もっとぉ・・・」 しかしすげえな、なんてエロい妹だ。わたしはあふんあふんと喘ぐ妹にギンギンに勃起してしまった。 「ああん・・あたしもういきそう・・・だめぇ・・・・・・」 「いきそう?」 「うん・・いきそう・・・いっていい?…

no image
ギャフンと言わせてやるぜ

当時の年齢 俺21 彼女24 浮気相手のオッサン34合コンで知り合った3歳年上の彼女と付き合いだして、半年が経ったあたりから彼女が「忙しい」を理由に会う機会が少なくなった。まぁ向こうは社会人だし仕方ないか、と思いながら大学生活を楽しみながら、特に気にせずに過ごし…

no image
侵姦コンパ

"「あぁっ、ぁんっ、ぁぁあぁぁあっ」「マジでカワイイな、オマエ。反応もイイしよ。今年の新入生初めてのアタリだぜ」「はぁっ、ぁあぁんっ、ぁはぁぁあっ」――ナンダ、コレハ。酩酊した脳が、突然の状況に明確な答えを弾き出せない。まるで電池の切れかけた電卓の様に、バ…

no image
商学部の女子生徒

俺は都内の私大に通ってたんだけど、その当時商学部の「ある」女子生徒がAVに出てるという、実しやかな情報が流れ始め、俺を含めた当時の同級生は真偽を確かめたくて情報の出所を確認し、そのVideoを買って(レンタルでは無かったので)「似てる」だの「別人」だの騒いで盛り…

no image
★プチ小遣い稼ぎをしましたが

 今日池袋でブラブラしてたら声かけられた。【プチで30分1万円あげる】ってさ。暇だったし話を聞いて交渉成立。プチ(手コキとキスと上の生おさわりだけ)だし、ホテルやマンガ喫茶に入るのもったいないから、人気のいない場所に行こうって言われて。 歩いた。すごく。歩きながらべたべた触ってきてまだまばらに人がいるのに胸触ったりお尻触ったり。恥ずかしいしあまりに遠いから【まだつかないんですか?それに触るなら前金して

no image
不倫している年下の彼と

私と年下の彼はとある理由がきっかけで『人妻クローバー』の掲示板で出会って約三年。現在遠距離恋愛中。この彼とホテルでエッチした時。彼の失態で私は怒っていた。エッチなんかしない。と思っていたけど、彼のしょんぼりした顔みると可愛くてついつい、、彼が私をベッドに…

no image
★おじいちゃんに頼まれたのでエッチしました

 由理香は17歳の女子高生です!由理香のお母さんは、一人暮らしのお年寄のホームケアのお仕事をしているの。ある日、お母さんが急用で「お小遣いはずむから、どうしても・・」と頼まれて、由理香が71歳の上田さん宅のおじいちゃん家へ代わりに行ってほしいとたのまれ、由理香もお小遣い目当てで、予定も無かったし、簡単な家事をするだけだと言われたので、引き受けたのね。 それで、前もってお母さんに上田さん家に連絡を入

no image
小5の頃

小5の頃、俺は忘れ物の王様だった。正直宿題なんて殆どやったこと無くて毎日先生に怒られてた。当時クラスの女子に俺に引けを取らないくらい宿題しないS美がいて、俺とS美は一番前の席で定着していた。S美は正直言って可愛いわけでなく、少しヤセで活発な子だった。ある…

no image
エッチ教室

家の近くにテニスのクラブハウス兼物置があった。いくつかの部屋に区切られていてトイレも中にありテーブルが1つありパイプ椅子が6つあった。ここはいつも鍵が掛かってなくて誰でも入れるようになっていた。小学校の近くでもあったので放課後は男子児童1?6年までの小学生…