エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

口で

   

あの日は後輩の誕生日ということで飲んでました。
俺は就活終えた大学4年だからすっごく暇で、試験前にも関わらず参加しました。
面子は男ばっかりで、女の子は1年生が一人参加してるだけ。

そんな状況で俺が一人参加してもアレかな?と思ったので、
4年の女の子を一人誘って2人で飲み会に合流しました。 二次会から途中参加
すると、俺は酒が弱いにも関わらず盛り上げるためにひたすら飲み。

周りの奴らは俺が弱いの知ってるから止めつつも、頭がクラクラして楽しい気分。
しかし店で寝てしまったようで、起きたのは二次会終わり頃。
立ちあがろうにもよろよろしてて、後輩に介抱されながら店を出ました。

俺は終電で帰ろうにも帰れない時間でした。だけど、誕生日の後輩はそこから
徒歩15分くらいのところに住んでいたため、泊めてもらうことに。

4年の女の子、1年生の女の子、それにもう一人の泥酔後輩、誕生日後輩、俺、
の5人は誕生日の後輩宅(一人暮し)へ移動を始めました。
どうやって後輩宅へ行ったのか覚えてないです。

でも俺は誕生日後輩と4年の女の子に肩を借りながら歩いたようでした。
4年の女の子ってのはサークル仲間で、サークル内では1番可愛い。
彼女は卒1の先輩と付き合っていました。

ちなみに俺はフリー。 その卒1の先輩と俺はすっごく仲が良かった。
だから恋愛感情なんて抱いてなかった…はずでした。

後輩宅へ着くと、俺はベッドに倒れこみました。
もうグラグラ地球が回ってて、今すぐにでも寝たい気分でした。
俺の性癖っていうのかな、これがちょっと変わってて。 すごくSなんですよ。
相手を服従させたいっていうか支配したいっていうか。
それでお酒が入ると誰彼かまわず噛みたくなるんです。

ベッドから立ちあがると、隣にいた奴を泥酔後輩をガジガジ噛んでました。
そうしてるうちに後輩はいい加減痛くなったようで、俺の隣から撤退。
白羽の矢は4年の女の子に立ちました。

4年の女の子は俺が酔ってるからか、仕方ないように腕や手を貸してくれました。
で、俺は記憶はあるんだけど、何やってるのか自分でもわからない状態でガジ
ガジ。 しばらくして満足すると、後輩が眠気に負け、電気を消しました。

俺は4年の女の子について行くようにベッドに横になりました。
状況はベッドに俺と4年の女の子、ベッドのすぐ横の床には1年の女の子。
さらには小さなテーブルを挟んで泥酔男。
ベッドの足元には家主である誕生日後輩。

俺は抱き枕が好きで、家で寝るときも何かにしがみつく癖があります。
だから当然のように4年の女の子を後ろから抱いて寝ようとしてました。
この時まだ頭はクラクラしてます。

だから怒られてもいいやって思いながらしがみついて寝ようとしました。しかし、
寝ようとしてみると案外寝れないもので、4年の女の子にいたずらを始めました。
最初は手で顔をペチペチ叩いてみたり、頭を撫でたり。
この辺も前の彼女と付き合ってた時の俺の癖でした。

4年の女の子は俺を無視して寝ようとするので、調子にのって指を口に突っ込も
うとしました。 でも4年の女の子は口をつむり、決して口内には入れようとしませ
んでした…。

少し躍起になった俺は何とか指を咥えさせようと、首筋や頬にキスをしました。
ムードを作れば指を咥えてくれるかな、と勝手に考えていたからです。

それでも中々受け入れない4年の女の子に対し、直接口にキスをしました。
「ダメ」と声に出さず口を動かしましたが、強くは拒みませんでした。

俺は舌を絡めようとしましたが、前歯を閉じて拒みます。
お酒は覚めつつありましたが、これではなんだか負けた気分です。
首筋や耳を優しく触り、そして舐めると4年の女の子は
「あっ…」と小さな声を出しました。

「お願い…チューしようよ…」
と耳元でささやくと、4年女は少しずつ口を開きました。
10分くらいでしょうか、ひたすら舌を絡めてキスをし続けました。

俺は次第に性欲が出てきて、胸を触りました。大きくはありませんが柔らかく、
とても興奮しました。 4年の女の子に「声を出しちゃ駄目だよ」とささやくと、
下半身に手を伸ばしました。

しかし前からでは両腿をきつく閉め拒みます。俺はお尻の方から触ると、パンティ
をほんの少し横にずらし、指を入れ始めました。アソコはグチュグチュでした。
俺はクンニがあまり好きではないのですが、気分が高揚していたので、アソコの
愛液を指ですくって舐めました。まったくの無味無臭。

初めての経験に驚きつつ、「ねぇ、アソコ舐めさせてよ」というと、
4年の女の子は拒否しました。
「お風呂入ってないから駄目だよ…」 何度お願いしても拒否されました。

「じゃあ入れたい。しようよ…」
そう言うと、「私の…小さいから駄目…○○のは入らないよ…」と断られました。
俺はアソコが太く、普通のゴムは入らないんです。

4年女は俺のアレに手を伸ばすとニギニギし始めました。
小さく柔らかく温かい手がアレを刺激します。
「じゃあ無理やり入れようか…?」 わずかにSっ気を発揮すると、
「ゴムないし駄目。もうおしまい」と言われました。

ここで止められるわけありません。
「じゃあ口でして?」と言うと意外にも、
「それならいいよ・・・」とのこと。
俺の腰まで頭を下げ、4年女がフェラチオを始めました。
これが想像に反して上手かった。

「サークル1の美女が俺のをしゃぶっている・・・」
・・・気持ちいい・・・
すぐそばには後輩達が寝ているという興奮も手伝って・・・俺はイきました。

ご近所の女の子と・・・。エッチ体験・・・。

あの日は後輩の誕生日ということで飲んでました。
俺は就活終えた大学4年だからすっごく暇で、試験前にも関わらず参加しました。
面子は男ばっかりで、女の子は1年生が一人参加してるだけ。

そんな状況で俺が一人参加してもアレかな?と思ったので、
4年の女の子を一人誘って2人で飲み会に合流しました。 二次会から途中参加
すると、俺は酒が弱いにも関わらず盛り上げるためにひたすら飲み。

周りの奴らは俺が弱いの知ってるから止めつつも、頭がクラクラして楽しい気分。
しかし店で寝てしまったようで、起きたのは二次会終わり頃。
立ちあがろうにもよろよろしてて、後輩に介抱されながら店を出ました。

俺は終電で帰ろうにも帰れない時間でした。だけど、誕生日の後輩はそこから
徒歩15分くらいのところに住んでいたため、泊めてもらうことに。

4年の女の子、1年生の女の子、それにもう一人の泥酔後輩、誕生日後輩、俺、
の5人は誕生日の後輩宅(一人暮し)へ移動を始めました。
どうやって後輩宅へ行ったのか覚えてないです。

でも俺は誕生日後輩と4年の女の子に肩を借りながら歩いたようでした。
4年の女の子ってのはサークル仲間で、サークル内では1番可愛い。
彼女は卒1の先輩と付き合っていました。

ちなみに俺はフリー。 その卒1の先輩と俺はすっごく仲が良かった。
だから恋愛感情なんて抱いてなかった…はずでした。

後輩宅へ着くと、俺はベッドに倒れこみました。
もうグラグラ地球が回ってて、今すぐにでも寝たい気分でした。
俺の性癖っていうのかな、これがちょっと変わってて。 すごくSなんですよ。
相手を服従させたいっていうか支配したいっていうか。
それでお酒が入ると誰彼かまわず噛みたくなるんです。

ベッドから立ちあがると、隣にいた奴を泥酔後輩をガジガジ噛んでました。
そうしてるうちに後輩はいい加減痛くなったようで、俺の隣から撤退。
白羽の矢は4年の女の子に立ちました。

4年の女の子は俺が酔ってるからか、仕方ないように腕や手を貸してくれました。
で、俺は記憶はあるんだけど、何やってるのか自分でもわからない状態でガジ
ガジ。 しばらくして満足すると、後輩が眠気に負け、電気を消しました。

俺は4年の女の子について行くようにベッドに横になりました。
状況はベッドに俺と4年の女の子、ベッドのすぐ横の床には1年の女の子。
さらには小さなテーブルを挟んで泥酔男。
ベッドの足元には家主である誕生日後輩。

俺は抱き枕が好きで、家で寝るときも何かにしがみつく癖があります。
だから当然のように4年の女の子を後ろから抱いて寝ようとしてました。
この時まだ頭はクラクラしてます。

だから怒られてもいいやって思いながらしがみついて寝ようとしました。しかし、
寝ようとしてみると案外寝れないもので、4年の女の子にいたずらを始めました。
最初は手で顔をペチペチ叩いてみたり、頭を撫でたり。
この辺も前の彼女と付き合ってた時の俺の癖でした。

4年の女の子は俺を無視して寝ようとするので、調子にのって指を口に突っ込も
うとしました。 でも4年の女の子は口をつむり、決して口内には入れようとしませ
んでした…。

少し躍起になった俺は何とか指を咥えさせようと、首筋や頬にキスをしました。
ムードを作れば指を咥えてくれるかな、と勝手に考えていたからです。

それでも中々受け入れない4年の女の子に対し、直接口にキスをしました。
「ダメ」と声に出さず口を動かしましたが、強くは拒みませんでした。

俺は舌を絡めようとしましたが、前歯を閉じて拒みます。
お酒は覚めつつありましたが、これではなんだか負けた気分です。
首筋や耳を優しく触り、そして舐めると4年の女の子は
「あっ…」と小さな声を出しました。

「お願い…チューしようよ…」
と耳元でささやくと、4年女は少しずつ口を開きました。
10分くらいでしょうか、ひたすら舌を絡めてキスをし続けました。

俺は次第に性欲が出てきて、胸を触りました。大きくはありませんが柔らかく、
とても興奮しました。 4年の女の子に「声を出しちゃ駄目だよ」とささやくと、
下半身に手を伸ばしました。

しかし前からでは両腿をきつく閉め拒みます。俺はお尻の方から触ると、パンティ
をほんの少し横にずらし、指を入れ始めました。アソコはグチュグチュでした。
俺はクンニがあまり好きではないのですが、気分が高揚していたので、アソコの
愛液を指ですくって舐めました。まったくの無味無臭。

初めての経験に驚きつつ、「ねぇ、アソコ舐めさせてよ」というと、
4年の女の子は拒否しました。
「お風呂入ってないから駄目だよ…」 何度お願いしても拒否されました。

「じゃあ入れたい。しようよ…」
そう言うと、「私の…小さいから駄目…○○のは入らないよ…」と断られました。
俺はアソコが太く、普通のゴムは入らないんです。

4年女は俺のアレに手を伸ばすとニギニギし始めました。
小さく柔らかく温かい手がアレを刺激します。
「じゃあ無理やり入れようか…?」 わずかにSっ気を発揮すると、
「ゴムないし駄目。もうおしまい」と言われました。

ここで止められるわけありません。
「じゃあ口でして?」と言うと意外にも、
「それならいいよ・・・」とのこと。
俺の腰まで頭を下げ、4年女がフェラチオを始めました。
これが想像に反して上手かった。

「サークル1の美女が俺のをしゃぶっている・・・」
・・・気持ちいい・・・
すぐそばには後輩達が寝ているという興奮も手伝って・・・俺はイきました。

ご近所の女の子と・・・。エッチ体験・・・。

 - 未分類 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
【胸糞】母が不倫相手の子供を死産して病院に遺体を置いたまま逃げ

フェイク入れてるので辻褄が合わなかったらごめんなさい。長文です。我が家は両親と年子の姉と4人暮らしだった。両親とも安定した仕事をしていて習い事もたくさんさせてもらって、とても幸せな子供時代だったと思う。しかし私たちが中学生の頃、母があまり家に帰ってこなく…

no image
謎の親子

元ネタはどっかの掲示板。見つからないので勝手に再構築した。「何歳までなら混浴を許せる?」とかいう内容だったと思われ。       ☆               ☆こないだ、友達と2人で近場の温泉に行ったときの話です。ちなみに2人とも独身の♀(20代)で…

no image
★女同級生の罠でオモチャにされています・・2/2

 バイブを出し入れされ、クリトリスまで指で転がされると遂に限界が訪れ、私は彼の目の前で逝かされました。ヒクヒクしながら意識朦朧となっている私の目の前に彼は、大きく怒り狂った肉棒を差し出して来たんです。夫の物とは比較にならない位の大きさに驚きを感じていました。 そして、彼はバイブを抜くと、自分の巨根を差し込んで来たんです。身動きできない私はただ彼の肉棒を受け入れるしか無く、メリメリと襞が開かれ奥に奥

no image
相性

やっぱり相性ってあるみたいだ妻を何人かの男とやらせたことあるけど、高校生の童貞から爺さんまで、、、一回こっきりで終わる場合もあるけど、気に入った相手だと何回かやらせる。情が移って、互いに本気で惚れちゃうことがあるね。俺がいることさえ忘れて熱中、夜の9時から…

no image
love4団

はじめまして!LOVE4団のMちゃんでーす。LOVE4団なんてセンスないけど、これはあくまでも仮称、仮称ですからね。私たちLOVE4団は真実の愛を追求する、それはそれは崇高な理想をもったグループです。それでは団員をご紹介しましょう。(もちろん、仮名です)まず、リーダー格のE…

no image
振り返ってみてみると、

当方、二十歳の喪女です胸がスーッとするのとはちょっと違うけど、衝撃的なことがあったので二週間ほど前の朝、満員電車に乗ってたら、後ろから肩を突かれた振り返ってみてみると、そこに完全に見た目やくざな兄ちゃんがいた180以上ある身長に、坊主頭、ひげを生やして、目つ…

no image
念を使った復讐

中学1年~2年で結構ひどい虐め受けてました。原因が容姿のことだったので、思春期の私にはとても辛かったです。(今はお化粧で隠せますが…その頃は家でも学校でもどんな理由であれ中学生にお化粧はNGでした。)陰口だったのが暴言→罵言と変わり、校舎横の裏道で小突き回…

no image
水泳の授業をサボろうとした結果

 夏なので体育で水泳をやったときのことですが、私は泳ぎも苦手で見学してぼーっとしてる方が好きなので、生理を理由にしてさぼることにしました。 ところが、体育の先生は、よくチェックしてるんですよね。 生理の時期が違うことに気づき、それでつっこまれたので返答に…

no image
妻、有紗と先輩(3)最終章

 有紗のアヌスにストッパーが捻じ込まれて、すでに10分を経過している。吊られている有紗の裸身の揺れが小刻みで震えている。「お願い—おトイレに行かせて—–」 有紗のお腹がときどき、「ゴロゴロ—–ゴロゴロ—–」 と鳴っている。苦しさに耐えかねて有紗が泣いて…

no image
置き引きおっさん

自転車置き場にて。20mくらい先で財布を落とした女性を発見。その人は気づかずそのまま外へ。拾って、声をかけよう近づいたら少し遠くから60代くらいのハゲオヤジが走ってきて財布を拾って懐に入れるのを見てしまった。オッサンに「それどうするつもりですか?」と聞い…