エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

あなた ごめんなさい

   

あなた(主人)、ごめんなさい。先日あなた以外の男性に抱かれました。あなたも知っているA課長です。結婚して20年、今までこんな事は思ってもいませんでした。A課長は余り仕事が出来ない私を常にフォローしてくれ上司としてとても尊敬していました。単身赴任のA課長は本社に行く事は話したよね。それは、先日のお別れ会の時です。課でのお別れ会、と言いましたが実は2人だけの会でした。言い出しは私です。
その日、仕事が終了後、少しばかりの食べ物を抱え課長のアパートに行きました。その時は本当に食事だけの思いでした。課長と会食しながらいろいろ話している時、ふと課長が「私には妻がいるのにこんなこと何だけど、あなたが好きだったんだよ、会社で合うのが楽しみだったんだけどもう会えなくなるね」。私も課長には好意を持っていた事は事実です。でも私には主人がいるし課長にも奥さんがいる。でも心は揺れ動いていました。
暫くのお互い沈黙の後、課長に私は引き寄せられ抱きしめられました。課長の顔が目の前にありました、目を閉じると課長の唇が私の唇に。
課長「ごめんね、こんなことしちゃダメだよね。でもとっても寂しいんだよ。あなたとの思い出が欲しかったから」
私 「…、私も本当は課長が好き。だから気にしないでね」
その時、再び唇と唇が遇いました。今度は先ほどよりディープ、課長の手が服の上から私の胸に着ました。私は課長の手を払うと少し寂しそうでした。
課長「こんなことしてはいけないよね、本当にすまない」
私 「さっき、思い出が欲しいと言ったよね、私も同じ思いです。課長の好きにして下さい。5分したら隣の部屋に着て下さい」と言い残し私は隣の寝室に行き下着だけになりお布団に潜りました。
5分後、課長は着ました
私 「主人以外の男性の所で服を脱ぐのは初めて、主人以外の男性は知らないけど課長との思い出を作らせて下さい」
課長「ありがとう、2人だけの思い出作ろうね」
全裸になった課長は私の隣に、そして私は下着を全て外されました。
とっても恥ずかしかったけど全身を愛撫され体は反応していました。課長のモノが顔の前にきたときそれを口に含みました。
暫く愛撫か続き、課長が私の上になり私の足を広げてきました。
課長「本当にいいんだね、後悔しないよね」
私 「はい」
課長のモノが私の中に侵入し荒々しく動きました。
私 「もうダメ、課長は強いんだから」
課長「俺だって逝きそうなんだから、あなたは人の奥さんだからもしかの事があってはいけないから防具付けてから逝かせてね」
私 「たまに来る奥さんと使うものを私に使わないで。今日は心配ない日だから思いっきり課長の思いを私の中にぶつけて」
私は何て事言ってるのだろうと思いました。
更に荒々しさを増した攻撃は「逝くよ」の言葉で終わり、私の子宮に課長の体液が浴びせられました。
私 「最高ランクのことしたんだから私のこと、忘れないでね。本当に2人目の男性と言う事だけは信じて下さい」
本当は心配ない日か分からなかったけど、奥さんと使ってる物は嫌だった使いたくなかった、でも今日生理がきました。だから告白する気になりました、私の最高の思い出として。
今まではこのサイト、見ていただけの私が告白する立場にいる。でも今後はやはり見るだけにします。だってもう不倫はしないから、だから あなた ごめんなさい

あなた(主人)、ごめんなさい。先日あなた以外の男性に抱かれました。あなたも知っているA課長です。結婚して20年、今までこんな事は思ってもいませんでした。A課長は余り仕事が出来ない私を常にフォローしてくれ上司としてとても尊敬していました。単身赴任のA課長は本社に行く事は話したよね。それは、先日のお別れ会の時です。課でのお別れ会、と言いましたが実は2人だけの会でした。言い出しは私です。
その日、仕事が終了後、少しばかりの食べ物を抱え課長のアパートに行きました。その時は本当に食事だけの思いでした。課長と会食しながらいろいろ話している時、ふと課長が「私には妻がいるのにこんなこと何だけど、あなたが好きだったんだよ、会社で合うのが楽しみだったんだけどもう会えなくなるね」。私も課長には好意を持っていた事は事実です。でも私には主人がいるし課長にも奥さんがいる。でも心は揺れ動いていました。
暫くのお互い沈黙の後、課長に私は引き寄せられ抱きしめられました。課長の顔が目の前にありました、目を閉じると課長の唇が私の唇に。
課長「ごめんね、こんなことしちゃダメだよね。でもとっても寂しいんだよ。あなたとの思い出が欲しかったから」
私 「…、私も本当は課長が好き。だから気にしないでね」
その時、再び唇と唇が遇いました。今度は先ほどよりディープ、課長の手が服の上から私の胸に着ました。私は課長の手を払うと少し寂しそうでした。
課長「こんなことしてはいけないよね、本当にすまない」
私 「さっき、思い出が欲しいと言ったよね、私も同じ思いです。課長の好きにして下さい。5分したら隣の部屋に着て下さい」と言い残し私は隣の寝室に行き下着だけになりお布団に潜りました。
5分後、課長は着ました
私 「主人以外の男性の所で服を脱ぐのは初めて、主人以外の男性は知らないけど課長との思い出を作らせて下さい」
課長「ありがとう、2人だけの思い出作ろうね」
全裸になった課長は私の隣に、そして私は下着を全て外されました。
とっても恥ずかしかったけど全身を愛撫され体は反応していました。課長のモノが顔の前にきたときそれを口に含みました。
暫く愛撫か続き、課長が私の上になり私の足を広げてきました。
課長「本当にいいんだね、後悔しないよね」
私 「はい」
課長のモノが私の中に侵入し荒々しく動きました。
私 「もうダメ、課長は強いんだから」
課長「俺だって逝きそうなんだから、あなたは人の奥さんだからもしかの事があってはいけないから防具付けてから逝かせてね」
私 「たまに来る奥さんと使うものを私に使わないで。今日は心配ない日だから思いっきり課長の思いを私の中にぶつけて」
私は何て事言ってるのだろうと思いました。
更に荒々しさを増した攻撃は「逝くよ」の言葉で終わり、私の子宮に課長の体液が浴びせられました。
私 「最高ランクのことしたんだから私のこと、忘れないでね。本当に2人目の男性と言う事だけは信じて下さい」
本当は心配ない日か分からなかったけど、奥さんと使ってる物は嫌だった使いたくなかった、でも今日生理がきました。だから告白する気になりました、私の最高の思い出として。
今まではこのサイト、見ていただけの私が告白する立場にいる。でも今後はやはり見るだけにします。だってもう不倫はしないから、だから あなた ごめんなさい

 - 未分類 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
屈辱の診察(2)

脱腸の手術で入院した時の事です。明日が手術という日に看護婦さんがきて、「陰毛と足の毛をそらなければならないので、陰毛はご自分でお風呂に入ったときに剃ってください。足のももの後ろは、自分で剃れないので私がそりますね。病室で剃りますか?それとも、処置室で剃り…

no image
深夜残業中に一線を超えてしまった

新人社員Kちゃんのミスで、教育係だった俺と二人で残業してた時のはなし。仕事は夜の11時過ぎにようやく目処が付いたのだが、帰るのも面倒になった俺は、会社に泊まっていくことを伝え、Kちゃんにはタクシー代を渡し気を付けて帰るように言った。30分ほどするとKちゃんがコン…

no image
とある中国地方の温泉での話

とある中国地方の温泉での話。 そこの温泉宿は男女別の室内風呂と混浴の露天風呂が二つあった。 あとから知ったんだけどその露天風呂は基本的に混浴なんだけど、中から鍵がかけられて 家族風呂に出来るつくりになっていた。 そうとは知らずにそこの露天風呂に一人で入りにい…

no image
プラトニック

うちの職場にカップルがいる。社内恋愛が規制されてるわけでもないんで、それだけなら何てことない。ところが、一方が既婚者だったりする。これだと倫理的に問題はあるが、周りがとやかく言うのも野暮だよね。子供じゃないんだから、面倒が起きたら自分で責任取れよって感じ…

no image
姉さん女房を寝取らせて7

嫁の瞳と後輩のアキラとの関係は、一気に様変わりしていた。嫁が、もうアキラと会わないと言って別れ話をしに行き、結局別れられずに帰ってきて以来、開き直ったようにアキラとの関係を隠さなくなった。家にいる時も、俺の目の前でも、1時間おきくらいにアキラから来るメール…

no image
パイナップル

三年前、普通の人より一年多くかかって工業系の大学をでた俺は、二回目の就活をするのが億劫で、学生時代バイトしていた料理屋に、そのまま見習いとして雇ってもらった。そこで、ウェイトレスをしていた、四つ年下の優と出会った。初めは、元気な子だなー、くらいにしか思っ…

no image
ドMな私が元彼と不倫セックスした

今の旦那と付き合ってた時にセフレだった男と会ってしまって激しく後悔してます。まずは私と旦那様のことから…。一昨年に子供が生まれてから、セックスがつまらなくなった。子供が途中で起きてしまう事が多く、手早くパパッとすまされて日々物足りなさを感じていた。中途半…

no image
★これも近親相姦なのかな~?

 先週、妻の妹が泊まりで遊びに来た日のことです。いつものように、夜子供らが寝静まった後、妻とえっちしていました。もちろん、妹も寝ていました。別室とはいえ妹が泊まりに来ている手前、妻は最初えっちにやや抵抗していましたが、キスしながらの乳首攻撃に徐々に態度を緩め、気が付くと全裸で2人絡み合っていました。 妹に聞こえないように、声を押し殺しながらもビクビクと感じている妻が妙にいやらしく、こっそり夜這いし

no image
2o年前の妻からの告白

妻は20歳で結婚した。相手は25歳だったそうだ。そんな告白を聞いたのは私が妻と結婚した20年前のことだった。私も妻のお互いばつ一同士です。妻と結婚してそんな告白を聞いたのは結婚して1年位たったころだったと思う。妻は決して美人ではないが身体は誰が見ても肉感的だと思…

no image
元風俗嬢の嫁と寝取られ生活33

拓人と純一君と3人でよく会うようになって、寝取られ性癖が治らない俺は、純一君を拓人に寝取らせてみたいと考えるようになっていた。次に3人で食事をするのを、純一君の家で食べると言うことにして、その時に純一君には女の子の格好で拓人を出迎えるように命令してみた。抵…