エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

車内で

   

I was very happy to see ?an elegant woman having slept on the train?.
思い出せば、ずいぶんと若い時のことのように思える。
あれは、20歳の時だった。
12月頃だった。
あるイベントの帰りの電車内でのことだった。
時刻は18時ごろだった。
帰りに電車は、すごくすいていた。
両端に一人ずつ座っているだけの殺風景な車内だった。
下車駅まで20分だった。
それまでほとんど乗客がいなかった。
ずっとすいたままの車内だった。
見渡すと、女性の乗客がいる。
真ん中あたりの席に座っている。
様子をみると、うつむいて目を閉じていた。
こげ茶のポニーテールで、顔立ちはついこの前見たカップルの女によく似ていて、
十分に厚着をした上着と色あせて灰色がかった黒のジーンズ姿だった。
疲れている様子で熟睡しているようだった。
隣にこっそり移動してこの女性の様子をしばらく見ることにした。
かなり寝込んでいる。
すっかり寝込んでいるからか、両足が半開きになって
ジーンズ越しに股が見えている状態だった。
その格好がとてもくっきりしていて
ペニスが充血し始めた。
まだ気付かずに寝ている。
この女性の股をみながら、ズボンの中でぴくぴくとペニスを動かした。
この女性の股越しにヴァギナを意識して凝視し続けた。
まだ寝ている。
この女性のヴァギナに入れたい、すごく入れたい。
見続けるほどその高まりは激しくなり覗きこむように見た瞬間、
ズボンの中で、射精してしまった。
手で刺激していないのに射精するのは初めてだった。
ドバーっと勢いよくパンツの中に精子を出してしまった。
こんなことは初めてだ。
よほどこの女性の股が刺激的だったのだと思った。
それからしばらくして、この女性が目が覚めたようだ。
急に隣にいることに気付き、ひどく驚いていた。
こちらも突然目を覚まされてこちらを見られて
どぎまぎしてしまった。
取り繕いようがなかった。
でも、下車する駅だったのか、女性はそのまま席を立ち、
ドアのほうに向かった。
この女性は、熟睡している間に股を開いていたことに自覚していなかった
ばかりか、その股を見られただけで射精してしまっていたことまで、
想像していたのだろうか。
ドア付近に立っている時の立ち姿は、お尻が程よく大きく丸みがありくびれがあった。
そのような姿態でうつむき加減で頬が赤らんでいた様子が、
さらに自分の女として犯したいという欲望を駆り立てた。
でも、追いかけはせずに、座席に座ったままにすることにした。
女性の股がどれほど魅惑的な空間か、裸体である必要もなく、
着衣のままでも股が強調されるような着衣なら、裸体よりもずっと
魅惑的な部分でありえることは男性視点ならではのことに違いない。
ついでに、向かいの席に青のジーンズ姿の長身グラマラスな別の女性が座っていた。
足を組んで座っていたが、こちらの様子を察したためか、席を立ち、
どこかへ行ってしまい、下車駅も異なることも付記する。
こちらもこの日はジーンズをはいていたが、パンツのなかで勢いよく射精してしまい
その残り香が以外と強く、隠しようがなかった。
くしくも、この女性と下車する駅が同じだった。
女性は去っていくようにさっさと前方を歩いて行った。
女性の股を凝視しながらの射精は実はとても気持ちがよかった。
熟睡中に女性の体に触ったりはしなかったが、触らずとも見るだけで勃起するし、
射精にいたるのは初めてだった。
いいものを見させてもらったという思いだった。
着衣のままなら女性の股の生臭いにおいはしないし、ジーンズ特有のにおいだけのする
女性のジーンズの股部分のにおいは、ずっと興奮するにちがいない。
そんなことを思いながら改札口へ歩いて行く途中で、
こんなこともついでに思い出していた。
見るだけで射精するのは知らなかったと、ある女王様が言っていた。
ただ、その女王様は見るだけで勃起するのは知っているとインタビューに応じていた。
勃起するのが分かっていて行っていることを知って興奮した覚えがある。
ついでに言うと、その女王様は結婚しないと言っていた。
結婚よりもその道を極めるほうが好きなんだと言って男を振ったことがあるとまで言っていた。
かなりの美人なのにちょっともったいないなと思った。
でも、人間、中身を変えることほど、至難の業であることはない。
外見がどれほど美しくても、中身がその道を極めたいという中身では、普通の男は付き合いきれないだろうなと
そのとき思ったものだった。
人間の現実を垣間見た一瞬でもあった。

I was very happy to see ?an elegant woman having slept on the train?.
思い出せば、ずいぶんと若い時のことのように思える。
あれは、20歳の時だった。
12月頃だった。
あるイベントの帰りの電車内でのことだった。
時刻は18時ごろだった。
帰りに電車は、すごくすいていた。
両端に一人ずつ座っているだけの殺風景な車内だった。
下車駅まで20分だった。
それまでほとんど乗客がいなかった。
ずっとすいたままの車内だった。
見渡すと、女性の乗客がいる。
真ん中あたりの席に座っている。
様子をみると、うつむいて目を閉じていた。
こげ茶のポニーテールで、顔立ちはついこの前見たカップルの女によく似ていて、
十分に厚着をした上着と色あせて灰色がかった黒のジーンズ姿だった。
疲れている様子で熟睡しているようだった。
隣にこっそり移動してこの女性の様子をしばらく見ることにした。
かなり寝込んでいる。
すっかり寝込んでいるからか、両足が半開きになって
ジーンズ越しに股が見えている状態だった。
その格好がとてもくっきりしていて
ペニスが充血し始めた。
まだ気付かずに寝ている。
この女性の股をみながら、ズボンの中でぴくぴくとペニスを動かした。
この女性の股越しにヴァギナを意識して凝視し続けた。
まだ寝ている。
この女性のヴァギナに入れたい、すごく入れたい。
見続けるほどその高まりは激しくなり覗きこむように見た瞬間、
ズボンの中で、射精してしまった。
手で刺激していないのに射精するのは初めてだった。
ドバーっと勢いよくパンツの中に精子を出してしまった。
こんなことは初めてだ。
よほどこの女性の股が刺激的だったのだと思った。
それからしばらくして、この女性が目が覚めたようだ。
急に隣にいることに気付き、ひどく驚いていた。
こちらも突然目を覚まされてこちらを見られて
どぎまぎしてしまった。
取り繕いようがなかった。
でも、下車する駅だったのか、女性はそのまま席を立ち、
ドアのほうに向かった。
この女性は、熟睡している間に股を開いていたことに自覚していなかった
ばかりか、その股を見られただけで射精してしまっていたことまで、
想像していたのだろうか。
ドア付近に立っている時の立ち姿は、お尻が程よく大きく丸みがありくびれがあった。
そのような姿態でうつむき加減で頬が赤らんでいた様子が、
さらに自分の女として犯したいという欲望を駆り立てた。
でも、追いかけはせずに、座席に座ったままにすることにした。
女性の股がどれほど魅惑的な空間か、裸体である必要もなく、
着衣のままでも股が強調されるような着衣なら、裸体よりもずっと
魅惑的な部分でありえることは男性視点ならではのことに違いない。
ついでに、向かいの席に青のジーンズ姿の長身グラマラスな別の女性が座っていた。
足を組んで座っていたが、こちらの様子を察したためか、席を立ち、
どこかへ行ってしまい、下車駅も異なることも付記する。
こちらもこの日はジーンズをはいていたが、パンツのなかで勢いよく射精してしまい
その残り香が以外と強く、隠しようがなかった。
くしくも、この女性と下車する駅が同じだった。
女性は去っていくようにさっさと前方を歩いて行った。
女性の股を凝視しながらの射精は実はとても気持ちがよかった。
熟睡中に女性の体に触ったりはしなかったが、触らずとも見るだけで勃起するし、
射精にいたるのは初めてだった。
いいものを見させてもらったという思いだった。
着衣のままなら女性の股の生臭いにおいはしないし、ジーンズ特有のにおいだけのする
女性のジーンズの股部分のにおいは、ずっと興奮するにちがいない。
そんなことを思いながら改札口へ歩いて行く途中で、
こんなこともついでに思い出していた。
見るだけで射精するのは知らなかったと、ある女王様が言っていた。
ただ、その女王様は見るだけで勃起するのは知っているとインタビューに応じていた。
勃起するのが分かっていて行っていることを知って興奮した覚えがある。
ついでに言うと、その女王様は結婚しないと言っていた。
結婚よりもその道を極めるほうが好きなんだと言って男を振ったことがあるとまで言っていた。
かなりの美人なのにちょっともったいないなと思った。
でも、人間、中身を変えることほど、至難の業であることはない。
外見がどれほど美しくても、中身がその道を極めたいという中身では、普通の男は付き合いきれないだろうなと
そのとき思ったものだった。
人間の現実を垣間見た一瞬でもあった。

 - 未分類 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★お手軽な抜くだけのヤンキー女・・1/2

 道沿いの自販機の所でタバコ休憩してたら、l半ヘルを被った爆音原付スクーターの女の子が近づいてきて「これ(ZRX1100)お兄さんの?」って声を掛けられた。「そうだけど何?」って言ったら俺の横に座り「後に乗せてくれない?」って。「俺、2ケツはしないんだわ。」って答えた。 「後に乗せてくれたら犯らしてあげるからどう?」って馬鹿を言うので「お前まだガキンチョじゃん。遠慮しとくわ。もっとおっぱいが大きくなってから出直

no image
隣の席の由美子

ものすごーく古い話し。漏れ達の賞は、水泳の着替えは賞6まで教室で男女いっしょ。賞5のとき。  隣の席の由美子はとてもやさしくて、結構可愛い娘。でも、ちょっと大胆で、着替える時もお尻半分見えてる。漏れは、着替えの時間がとても楽しみだった。おバカな漏れは、水…

no image
アップルの「グーグルマップ」不採用の理由

アップルの「グーグルマップ」不採用の理由2012年9月27日11:33JST 米インターネット検索大手のグーグルのエリック・シュミット会長は、アップルが同社の最新携帯端末向け基本ソフト(OS)「iOS6」で、地図ソフトを評価の低い自社製ソフトに切り替えるよりも、グーグルの地図…

no image
★こんな事が有るんですね!?

 商品を紹介(あわよくば買ってもらえたらなんて思っています)をして回っていた時の出来事なのですが、自分は家庭の器具の修理を主でまわってるので、ついでな感じで「修理する器具ありますか?」と一言言って回ったりもしました。その時のお客で自分の中で事故?は起きたのです。 その家に行った時、チャイムを鳴らしてスピーカー越しの声が女性にしてはトーンが低く、声も小さかったので「風邪気味かな?」と思っていました。器具

no image
欠陥車のお陰で…

その日は親戚の結婚式に家族で招待された帰りの事だった。クリスマスの近い12月の半ばの週末、俺たち家族は高速道路で2時間、一般道を更に1時間ほど行った場所の親戚の結婚式に呼ばれ俺の運転する車で行った。式は淡々と進み無事に大団円のうちにお開きになった。時間は…

no image
中一後輩を脅してセックス漬け。

俺は同学年の連中よりも体格が一回りでかいし、声が低くて顔も優しくはないし厳つい。入学して早々、先輩等に勝手にDQN扱いされた俺は使用禁止にされている空教室に連れていかれ、「調子のってんじゃねえぞお前」と、囲まれてどつき回された。たまたま俺が転んだ先にモップが…

no image
★出会い系サイトのワクワクメール

 土曜日の深夜、22才OLとワクワクメールでアポ、別1と格安。待合わせ場所に来たのは、黒髪のセミロングで小柄で地味な感じの娘。服装もTシャツにジーンズとラフな感じ。しかも胸の膨らみがかなり目立つ。顔もなかなか可愛い感じで久々に大当たりの予感。 ホテルに向かう車で話すと、就職で4月から1人暮らしで、地元はなれて友達も居なく寂しくてサイトに登録したらしい。地元に彼氏は居るが、GWに会ったがその後会ってないとの

no image
エロノートに書けば?

しずかは朝から俺のところに来た。≪みんながいないときに馬に犯されたいです≫自分から馬に犯されたいと言うとはなかなか言えることではない。しかし、どのみち犯されるのだからあきらめているのだろう。今日は机を用意してバックスタイルで手足を机の脚に括り付けたそして…

no image
おばさんはエッチの先生

 高1の昭彦だ。オレは大発見をした。おばさんのアソコは蛸なんだ! おばさんは、オレのエッチの先生だ。童貞だったオレを誘惑してくれて、初めてエッチをして以来、オレに彼女が出来たときに備えて、いま、おばさんはオレを猛特訓してくれてる。そのせいか、最近おばさん…

no image
精子タンク

その後、特に面白い事も起こらず興味を惹かれるような素材にも出会えなかったので、外回りが終わると早々に帰社した、のろのろしていると玲子に説教の口実を与えてしまう。再び玲子から呼び出しがかたった。まったく、今度は何だ?くだらない雑用なんて言い付けてきたら、浣…