エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

あの日から

   

27歳のOLです。もうだいぶ前(去年の初夏)のことですが、あの日以来私のセックスに対する考え方がすっ かり変わってしまった出来事があったので、告白してみたくなり投稿しました。

まず、その日の朝の通勤のときから始まります。その日は少し汗ばむ位の陽気でとても気持ち良かったので、ミニスカートに紺のハイソックスという少し若すぎるような格好で出かけました。

パンストははかずに生足です。満員電車なので、それまでも何回かは痴漢にあったことはありましたが、スカートの上かせいぜいパンスト越しに触られる程度でした。その日もしばらくすると男の手がお尻を触ってきて、徐々にスカートの中に忍び込んできました。

その時私は、「今日は生足だ」ということに気がつき、このままでは直接パンティーの上から、もしかするとパンティーの中にも入れられてしまうかもと思いました。

そのとたん、私自身何故なのかわからないのですが、徐々に濡れてくるのが判りました。案の定、生足であることから、痴漢さんも大胆になり、パンティー越しにあそこを大胆に責めてきて、脇から直接指を入れてきました。

この痴漢さんはものすごいテクニシャンで、どんどんあそこが濡れてきて、思わず声が出そうになるのを必死でこらえていました。何故か逃げることもせず、 むしろもっと責めてほしくなって少し足を開いてしまいました。

そうして10分位でしょうか、もう逝きそうになるのを必死で我慢したが、どうしてもこらえられなくなって、目で痴漢さんに合図して次の駅で降りてしまいました。

そして携帯で会社に電話し、通勤途中で体調が悪くなったので今日はお休みすることを伝え、そのまま彼とホテルへ行きました。

これまで私は4人程の男性とお付き合いしたことがあり、それなりにセックスに興味もあり快感も知っていましたし、オナニーも時々はしていましたが、いずれもノーマルなものばかりで、ましてや恋人でもない人とのセックスなんて考えたこともありませんでした。

何故この日に限りこんな行動をとったのかはいまでも判りません。多分痴漢さんのテクがすごかったのでしょう。 ホテルでは昼過ぎまで彼に責められつづけ、何回逝ったかわかりません。まずは痴漢らし
く(?)立って服をきたままキスをし、胸を揉まれ、下半身の大事な所を指と舌で攻められつづけました。その後はベットで服を脱がされましたが、下着とハイソックスははいたままで、彼のペニスを挿入されてしまいました。

これまで付き合ったどの人よりも立派なペニスで、大きさも勿論ですが形がすごいというか….。

正常位で足首を持って脚を大きく広げられると、パンティーの脇から激しく挿入されている彼のペニスが見え、また、ハイソックスをはいたままなので、その光景がいかにも犯されている、責められているといった感じで、今までに経験したことがない快感が襲い、自分でも信じられないくらい大きな声を出してしまいました。

そうして何度も犯された後、午後の早い時間に家に帰りました。帰りの電車の中でもついさっきのセックスを思い出し、あそこが熱くなってくるのでした。

家に帰ってシャワーを浴びたのですが、それでも体の疼きがとまらず、オナニーをしました。でもまだ満足できなくて、先日街頭で配られていたテレクラのティシュを探し、電話をしてしまいました。

テレクラに掛けたのは初めてです。電話に出た男性は、友達と3人で来ているという事で、早速待ち合わせをしました。あった時にあらかじめどんなプレーがしたいかと聞かれたので、とにかくいやらしく、激しく犯してほしいとお願いしました。

男性3人とホテルへ直行し、部屋へ入るなり羽交い絞めにされて胸を鷲掴みにされ、あそこも指や舌で責められました。

後ろ手に縛られ、2人に左右の乳首を吸われ、もう一人は足首を掴んで脚を大きく開かれ、クンニされました。それからかわるがわる犯されました。

ちなみに、痴漢のところで書いたように、パンティーをはいたままの挿入が好きなので、今度もショーツをはいたまま脇から挿入され、ハイヒールも履いたままでした。

一通り犯された後、「もっと刺激的なことをしよう」といわれ、バスルームに連れて行かれました。一人がマットに仰向けに寝て、騎乗位で深々と挿入された後、もう一人が私の体を前に倒すと、ローションでお尻をマッサージしてきました。

そして、いきなり私のアヌスに彼の固いペニスを押し込んできたのです。激痛が走り、おもわず悲鳴をあげて逃げようとしましたが、屈強な男たちにがっちりと腰や肩を抑えられ、お○こには大きなペニスを根元まで差し込まれていて、逃れることは出来ませんでした。

挿入の時は痛かったのに、一度奥まで入れられてペニスが動き出すと、これまで経験したことがない快感が襲い、恥ずかしげもなく大きな声で喘いでしまいました。

そして口にはもう一人のオチンチンが…..。同時に3つの穴を攻められ、胸を激しく揉まれて、もうほとんど失神状態でした。

それから彼らと別れるまで、何度も犯され、何度逝ってしまったのかわかりません。なぜあの日に限りあんなに淫乱になったのか、なぜあんなことをしてしまったのか自分でもわかりません。あの日以来私は変わってしまいました。

その後も時々彼らと会って同じように犯してもらっています。また、オナニーで満足できない時は、わざとブラウスの胸元を少し開け、ミニスカートで街に出て、声をかけてきた男性とその場限りのセックスをしています。もう、「普通の恋人に抱かれる」ようなセックスでは満足できなくなってしまいました。

27歳のOLです。もうだいぶ前(去年の初夏)のことですが、あの日以来私のセックスに対する考え方がすっ かり変わってしまった出来事があったので、告白してみたくなり投稿しました。

まず、その日の朝の通勤のときから始まります。その日は少し汗ばむ位の陽気でとても気持ち良かったので、ミニスカートに紺のハイソックスという少し若すぎるような格好で出かけました。

パンストははかずに生足です。満員電車なので、それまでも何回かは痴漢にあったことはありましたが、スカートの上かせいぜいパンスト越しに触られる程度でした。その日もしばらくすると男の手がお尻を触ってきて、徐々にスカートの中に忍び込んできました。

その時私は、「今日は生足だ」ということに気がつき、このままでは直接パンティーの上から、もしかするとパンティーの中にも入れられてしまうかもと思いました。

そのとたん、私自身何故なのかわからないのですが、徐々に濡れてくるのが判りました。案の定、生足であることから、痴漢さんも大胆になり、パンティー越しにあそこを大胆に責めてきて、脇から直接指を入れてきました。

この痴漢さんはものすごいテクニシャンで、どんどんあそこが濡れてきて、思わず声が出そうになるのを必死でこらえていました。何故か逃げることもせず、 むしろもっと責めてほしくなって少し足を開いてしまいました。

そうして10分位でしょうか、もう逝きそうになるのを必死で我慢したが、どうしてもこらえられなくなって、目で痴漢さんに合図して次の駅で降りてしまいました。

そして携帯で会社に電話し、通勤途中で体調が悪くなったので今日はお休みすることを伝え、そのまま彼とホテルへ行きました。

これまで私は4人程の男性とお付き合いしたことがあり、それなりにセックスに興味もあり快感も知っていましたし、オナニーも時々はしていましたが、いずれもノーマルなものばかりで、ましてや恋人でもない人とのセックスなんて考えたこともありませんでした。

何故この日に限りこんな行動をとったのかはいまでも判りません。多分痴漢さんのテクがすごかったのでしょう。 ホテルでは昼過ぎまで彼に責められつづけ、何回逝ったかわかりません。まずは痴漢らし
く(?)立って服をきたままキスをし、胸を揉まれ、下半身の大事な所を指と舌で攻められつづけました。その後はベットで服を脱がされましたが、下着とハイソックスははいたままで、彼のペニスを挿入されてしまいました。

これまで付き合ったどの人よりも立派なペニスで、大きさも勿論ですが形がすごいというか….。

正常位で足首を持って脚を大きく広げられると、パンティーの脇から激しく挿入されている彼のペニスが見え、また、ハイソックスをはいたままなので、その光景がいかにも犯されている、責められているといった感じで、今までに経験したことがない快感が襲い、自分でも信じられないくらい大きな声を出してしまいました。

そうして何度も犯された後、午後の早い時間に家に帰りました。帰りの電車の中でもついさっきのセックスを思い出し、あそこが熱くなってくるのでした。

家に帰ってシャワーを浴びたのですが、それでも体の疼きがとまらず、オナニーをしました。でもまだ満足できなくて、先日街頭で配られていたテレクラのティシュを探し、電話をしてしまいました。

テレクラに掛けたのは初めてです。電話に出た男性は、友達と3人で来ているという事で、早速待ち合わせをしました。あった時にあらかじめどんなプレーがしたいかと聞かれたので、とにかくいやらしく、激しく犯してほしいとお願いしました。

男性3人とホテルへ直行し、部屋へ入るなり羽交い絞めにされて胸を鷲掴みにされ、あそこも指や舌で責められました。

後ろ手に縛られ、2人に左右の乳首を吸われ、もう一人は足首を掴んで脚を大きく開かれ、クンニされました。それからかわるがわる犯されました。

ちなみに、痴漢のところで書いたように、パンティーをはいたままの挿入が好きなので、今度もショーツをはいたまま脇から挿入され、ハイヒールも履いたままでした。

一通り犯された後、「もっと刺激的なことをしよう」といわれ、バスルームに連れて行かれました。一人がマットに仰向けに寝て、騎乗位で深々と挿入された後、もう一人が私の体を前に倒すと、ローションでお尻をマッサージしてきました。

そして、いきなり私のアヌスに彼の固いペニスを押し込んできたのです。激痛が走り、おもわず悲鳴をあげて逃げようとしましたが、屈強な男たちにがっちりと腰や肩を抑えられ、お○こには大きなペニスを根元まで差し込まれていて、逃れることは出来ませんでした。

挿入の時は痛かったのに、一度奥まで入れられてペニスが動き出すと、これまで経験したことがない快感が襲い、恥ずかしげもなく大きな声で喘いでしまいました。

そして口にはもう一人のオチンチンが…..。同時に3つの穴を攻められ、胸を激しく揉まれて、もうほとんど失神状態でした。

それから彼らと別れるまで、何度も犯され、何度逝ってしまったのかわかりません。なぜあの日に限りあんなに淫乱になったのか、なぜあんなことをしてしまったのか自分でもわかりません。あの日以来私は変わってしまいました。

その後も時々彼らと会って同じように犯してもらっています。また、オナニーで満足できない時は、わざとブラウスの胸元を少し開け、ミニスカートで街に出て、声をかけてきた男性とその場限りのセックスをしています。もう、「普通の恋人に抱かれる」ようなセックスでは満足できなくなってしまいました。

 - 未分類 , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
クリーニング屋のお姉さんと

クリーニング屋のお姉さんと 投稿者:学 投稿日:8月18日(金) 15時29分55秒 二年前から行ってるクリーニング屋の店員とエッチした。そこには25歳と23と33の3人がいてエッチしたのは33歳の万由子で結婚してて子供も二人いた。 その人が当番の日に出す日が多かったん…

no image
となりのおばさん

これは、僕の中一の頃の体験。隣にマンションが建って、いろんな人が引っ越してきた。その中に、きれいなおばさん(エリさん)がいて、すぐに仲良くなった。おばさんには娘がいて、大学生のユカ姉ちゃんと高校生のタマキちゃん(お姉ちゃんをつけると怒る)。お父さんは単身…

no image
主婦友達から相談

この前、主婦友達から相談を受けたんです。その相談内容は、旦那以外の男性と関係を持ちたいとのことだったんです。私が、そんなことしたらダメ、もし浮気をしてバレでもしたときどうするのかと聞くと彼女はこう答えました。『浮気は一回だけ、セックスレスの状態はもううん…

no image
岡村隆史、『めちゃイケ』板野友美ツイッター炎上騒動に苦言

4月20日18時30~放送のテレビ番組『めちゃ×2 イケてるッ!スペシャル』(フジテレビ系)の企画「AKB48どっきり受験 抜き打ち期末テスト」で、お笑いタレント・キンタロー。がAKB48の曲に合わせてダンスをするたびに、AKB48のメンバー・板野友美が不機嫌そうにし、笑いをさ…

no image
窓からお尻を

(●高校2年生の時の体験)「男性に見られることに興奮を覚えることに気づいたのは,高校2年生になったばかりのことでした。その日,私は日直でしたので,世界史の先生の言いつけで,授業中に使用する資料プリントを教室まで運んでいたのです。クラス全員の分ですから,両…

no image
先輩の奥さんとベランダでいい事を・・

 先日、先輩の家に泊まりに行ったときの話しです。奥さんのひとみさんとは、去年にも実は一度だけエッチな事をした事があります。今回は無理だろうと思っていましたが、これまた夢のように上手くいきました。いつものように晩御飯を済ませ、先輩はビールを飲んでいびきをかいて寝ていました。ベランダで洗濯をしていたひとみさんに呼ばれて、ベランダまでいきました。

no image
★同僚女を会社のオフィスで無理やり・・2/2

 そして例の居酒屋から1週間くらい経った平日、松原さんが作製した印刷データのトラブルがあり、俺と彼女は遅くまで残業になった。残業は珍しいことではないし、フロアに2人だけなんてこともしょっちゅうだったから、別に誰も気に留めない。俺は何もすることがないんだけど、消灯と施錠はかならず役職者がしなければならないから、東風麻雀をしながら松原さんが終わるのを待っていたわけ。  21時を少し廻ったくらいのところで、

no image
ミカ

大学のとき、何か勘違いした俺女系がいた。男前なセリフを好んで言うくせに、下ネタには拒否反応示すヤツで、俺とは何となく心の友的に接してきてた。俺は飾りもの的なテンションに違和感感じながら、まー他人事だからとほっといた。そしたら、ある日夜中突然押しかけてきて…

no image
小6夏の体験談

3時間目に体育で水泳があったので、家から海パンを履いてその上に体操用の短パンを履いて登校しました。1.2時間目が図工で、授業中席を立ち女子の所で話をしていました。その時、違う女子がいきなり短パンをずらしてきて足のくるぶしのところまでずらされました。女子達…

no image
★人生いろいろアレもいろいろ

 私の初体験は、5年前に生保レデイとし始めたときでした。企業保険の加入社対象の一泊での忘年会があり、私たち女性は全員が接待係りを務めました。32社の参加があり、男の方は酔っぱらってくるとキスを求め触ってくるは私は困って逃げていましたが、上司の場の雰囲気を壊してと注意を受けました。 その一言で先輩に遠慮していたのが吹っ切れ、男性の膝から膝えと飲みまくりました。気がついた時には男性が私の上にのっかかり、