エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★女子大生にM教育を施したが

   

2015/03/01(日)
 女子大生、彼氏ありとの最近の体験。スペック
自分:オッサン31歳、リーマン、独身、フツメン(と信じたい)
相手:女子大生21歳、misono似(以下、ミソノ)、3年付き合ってる彼氏あり

 コミュで仲良くなって、直接メールするようになってた。もらった写メがmisonoに確かに似てたけど、misono自体に興味なかったから、ふつーにメールしてた。3週間くらいメールしてなかったけど、ミソノが「今日は合コン!楽しみ!」って、つぶやいてたの見つけたから、「合コン、いい人いたかー?」と送ったとっから。
 ミソノから「年上のヤンキーっぽい人達で、帰りたい(;_;)」ってきて。「帰れば良いじゃん。お持ち帰りされてんの?」って送ったら、終電なくて皆(3:3)でカラオケだと。そしたら、ミソノが追撃で「迎えにきてくれない?」と。一回断ったけど「お願い(>_<)」ってきて、しゃーないと。

 めんどくさかったが、ほんと下心無く、俺のムスコはぴくりともせず。で、車で30分かけて迎えに行って、ミソノ乗せた。身長155くらいで、ベージュのジャケットに花柄フリルのミニスカ+黒タイツって格好。

 正直に、ムスコがちょっと眠りから覚めた。否定しない。ミソノは救出してくれたことに感謝してるらしく、ハイテンションで喋ってた。したら「ミソノ(自分のこと名前呼び)、最近男運ないんですよー、 聞いてくれますか?どっか落ち着いて話したい。襲わないならホテルでもいいですよ。」とおっしゃる。

 ホテル行って、襲わない事は保証できないし、車だし、店も開いてるとこ少なかったから、ミソノの家の目の前の公園で話を聞く事に。家は汚れてるから駄目と。

公園で聞いたのは
・彼氏と3年付き合ってて愛してるが、元カレとセフレ状態だったことがある
・男友達を家に泊めたら、それぞれヤッちゃった(3人いる)
・この頃、モテテ困る

 ムスコが「勘違いヤリマンktkr」と叫んだ。 で、外も寒いし、ミソノが「襲わないなら、家に行きましょう」というから、行くよね。襲わなくはないよ?って言いながら。で、玄関あけたら彼氏の靴が。朝一バイトだから、もう今日は来ないという。

 女の子の部屋で、白いベットにピンクのクッション、チョッパーとかプーさんとかヌイグルミ。で、部屋全体が良い匂いがする。若い子の。ミソノが部屋を片付けはじめ、座ってて下さいというから座ってると、ミニスカ黒タイツで屈んだり、四つん這いとかなるから、中身が丸見え。

 黒タイツの奥で、蛍光灯の光で若干テカテカしてる黒いパンツと、むっちりとしたお尻。光沢系の素材に弱いんだよね。もちろん覗き込んだ。パンツがやや小さめなのが、余計エロい。ちょっと突いたら、「そういうことしない約束ですよ?うち、彼氏いるんですからねっ」と。

 で、しばらくおしゃべりして、何だかんだで、襲うことにした。近寄ってくと、焦るミソノ「何ですか?やめてください!」といいつつも、抵抗が弱い。キスしようとするも「口は彼氏に悪いです・・」とそっぽ向かれ。あっち向かれたから、ちょうど良いと、耳をペロっとしてみた。

 ミソノ「あっ…!」とエロい吐息。「耳ダメです・・弱いんです。」と弱点宣告。かまわず、耳の穴に舌先入れてグリグリしたり、耳たぶ甘噛みした。「あつ、ダメですっ!そいういうのダメです・・」って言いながら、しがみついてくるミソノ。

「首、反対向けて」と命令すると、素直に従うから、これはMだと。反対側もなめて、そのたびにピクピクしてるミソノ。左手を服の中にいれて、ブラはずすと、まだ「それ以上はダメです。ミソノ、彼氏に悪いです。あっ!」って。胸を揉まれて、ハアハア言いながら答えてくる。

 意外に大きく、Eカップとのこと。服をまくって、乳首は触れないように、舌でゆっくりと触っていく。服をまくって、乳首は触れないように、舌でゆっくりと触っていく。ミソノは袖をぎゅっとしながら「あっ、あっ!」って喘いでる。乳首周りをペロペロしながら、パンツを上から触ると、熱い。「ここ、ちょー熱いよ?」といいつつ、タイツを脱がせる。

 ミソノ、ハアハア言いながら腰を上げる。パンツの中に手をいれようとすると「ホントだめ、お願い・・」っていうから、触れてなかった乳首を思いっきり、吸った。「ひゃっ!あ、気持ちイイ・・」ってつぶやくミソノ。「じゃあ、パンツ下げろよ」と命令すると従う、さすがM。

 パンツを脱がせて、手をかざすと触らなくても熱気が伝わってくる。案の定、びしょびしょで「ねえ、ビショビショだよ。こんなに濡らして。」というと、ミソノ、ハアハア言いながら「ごめんなさい、ごめんなさい」と謝る良いシステム。パンツを脱がせて、手をかざすと触らなくても熱気が伝わってくる。

 案の定、びしょびしょで「ねえ、ビショビショだよ。こんなに濡らして。」というと、ミソノ、ハアハア言いながら「ごめんなさい、ごめんなさい」と。で、じっくり、穴の周辺とクリトリス周辺を触ってから、本体へ。クリに触った瞬間「ゃ、あっ!」と一段と高い声。

 ソフトタッチで、ちょこちょこといじってると、小さい声で「イキそうです」という。「聞こえない。」というと、ミソノもうちょっと大きな声で「ぁ、それ以上触られると、イキそうなんですっ!」って言うから、指を止める。「彼氏いるから駄目なんでしょ?」っていうと、黙ってるミソノ。

「動かさなくていいの?イキたくない?」といってちょっと動かすと、喘ぎながら一層しがみついてくる。で、指とめて「どうする?」
ミソノ「お願いします。ちょっと動かして下さい。」「ちょっと?」グリグリっとして止める。ミソノ、グリグリしてるときは喘ぐが、止めるとハアハア言いながら見つめてくる。

「もっと長くお願いします。イカせてください。」っていうから「彼氏はいいの?彼氏とはしてないんでしょ?」って言いながらグリグリ。ミソノ「あ、気持ちい、ダメ、ダメ、ダメ」言いながら喘ぐ。「じゃあ、彼氏に謝っとけ。ならイカせてあげるから。」というと、ミソノ「ハイ。ゴメンナサイ、イカセテください」

「よし、じゃあイっていいよ」といって、左手でクリいじって、腰下から回した右手で穴の周辺をいじって、乳首を舐め続けた。しばらくすると、ミソノが「あ~、気持ちいい!イッチャいそうです、いっちゃう、いっちゃう」「イクッ!」といって、体が思いっきり跳ね上がる。

 イッたようだ。脱力して、ハアハア言って、時々まだピクっとなるミソノ。自分もパンツを脱いで、フェラさせたかったけど、力抜けてて全然動かなくなってるから「入れるからこっち向いて」というと「もう、ダメです。ダメですよ、入れちゃ」っていうから、ゴムつけて構わずゆっくりと突っ込む。

「ぁ、ダメです」って言いながら、やっぱりしがみつくミソノ。濡れててスムーズに入るが、やはり狭い。奥までいれて、急にガツンガツンと動かす。 それに合わせて「あ! あ!、き、気持ちイイっ」と喘ぐ。

 若いと言葉のバリエーションがないなーとか、このヤリマンの彼氏にはなりたくないな、と思いつつ、腰を振る。太ももがミソノの愛液でちょっと冷たく感じる。で、一旦抜いて、「後ろ」といって、むっちりとしたお尻をこっちに向けさせ、バックで攻めた。バックのパンパンという音と、ミソノの喘ぎ声が合って、エロかった。

 途中、膝が抜けたのかうつ伏せになったから、うつ伏せバックにして、正常位に戻して、「イクよ?」というと「はい、ィ、イイですよ。」というから「イってください、じゃないの?」と乳首をつまみながらいうと「っはい!ごめんなさい!イってください!ゴメンナサイ」と従順。

 良い教育うけてんなーと思いつつ、ストローク速くして、「イクよ?」「ハイ!」「イクよ?」「気持ちイイです!」っての繰り返して、ゴムに大量に射精。で、ハアハア言ってるミソノにお掃除フェラさせてながら「彼氏より気持ちよかった?」って聞いて、ふぐふぐと頷かせて、終了。

 全体的にMの素質があり、教育も若干受けてきてるから、よかったわ。謝るシステムが最初から備え付けは大きなポイントだ。ハアハアしてるから、ほっといて、服来て「帰るわ。ゴム片しとけな。」って言ったら、頷いて、裸で玄関まで送ってくれた。イイ子だなって思った。

 賢者モードじゃなかったら、頭でも撫でてやったとことだが。その後は、M女教育をして、この前の4月に自分が転勤で消滅。後ろ手で縛って目隠しで「怖い、怖い」って言いながらピクピク、イクように。

 あっちの部屋は、彼氏が大阪に帰ってる時とか使ってたから、修羅場はなかった。1回ヤリながら「彼氏にサイテーなことしてるな。イクときは『ジュン君、ゴメンネ』でイけよ」と言ったら、ホントに「ジュン君ゴメンネ、ゴメンネ、ミソノいっちゃう!ゴメっ!」で言って、ワラタ。

 その後、聞いたらミソノがジュン君に別れ話したら、ジュン君別れないって。DT卒業した女がそんなに大事かねーと思ったわ。
関連記事

↓他のHな体験談を見る


 - おじさんの体験談 , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★男の理性は常にしたいモード

 私は40代の男ですが、お祭りでパレードがあって見ていた時の事、私の前に制服のJKが居たんです。周りは酷い人込みで、何かの拍子にJKのお尻に私のペニスが触れました(ズボンごしに)。一瞬そのJKが後ろを振り返り私の方を確認したのですが、その後何事も無かった様に前を向き、相変わらずJKの柔らかいお尻に私のペニスは触れたままになっていた。 心無しか、その時のJKの瞳は潤んでいたような気がします。それに私は猛烈な興奮

no image
浴場点検する全裸の女性と遭遇した体験談

 これは、年に四、五回ですが、温泉宿に泊まって、深夜温泉に入っていると、女性が入ってくる事があります。私自身は女性用の温泉かとびっくりしますが、勿論、入ってきた女性の方も驚いています。その女性は女将か仲居頭です。男性用の温泉の方も、不定期に確認しないと清掃などに手抜きがあったりするようで、深夜に抜き打ちで点検するらしいです。

no image
★おじさんのエロな体験談・・2/2

 ある日、学校帰りに、胸元が緩いシャツと、やや短めのスカートを着たT子さんを見つけ、また焦茶ぶっと乳首でも見せてもらおうと、後をつけて近所の商店街に入った私。そこで、T子さんは店々の男たちの視姦に晒されていたのです。八百屋では、T子さんが来るや否や若い店員や店主までもが周りを取り囲み、 浮き出た乳首を堪能する間もなく「ほら、奥さん、この大根…」などと誘導して前かがみにさせ、開いた胸元に血走らせた視線を

no image
★町内会のバスツアー

 町内会の日帰り温泉バスツアーに参加した。参加者は夫婦、それも定年を過ぎた老夫婦ばかり。単身は私と世話役の町内会長の奥さんだけで、自然にバスでは同じシート、温泉会館での食事も隣り合わせの席になった。 そのせいで、日ごろ話す機会がなかった奥さんとすっかり打ち解け、帰途に。そのバスの中でのことだ。私と奥さんは一番後ろの2人掛けシートに並んで座った。窓際に奥さん、通路側が私。湯疲れもあってか、ほかの参加

no image
★オンナはやはり下着で興奮する

 4年前にサイトで知り合った人妻。どこにでもいる田舎の30代後半の主婦。4年も週に二回は朝~夕方までホテルデートばかりの為、服装はオバサンなのにギャルファッション、化粧も派手にして下着も通販で買うセクシーランジェリーにTバック。 アナルも調教した為、危険日は、自らアナル中出しをねだる変態女に覚醒した。会えない時の毎日のメールや電話は、[今度は、どんな下着と服装で来て欲しい?今度は安全日だからアナルとアソ

no image
★楽器仲間のオフ会でよがる人妻を

 昨年の冬、とある楽器趣味コミュで仲良くなった奴らと、泊りがけオフ会することになった。その中で一番仲がよかった人妻(旦那は出勤でこなかった)がいて、会議室をかりて仲間で演奏会後、廊下で別れるときにそっと後ろについていって、部屋のドアを閉めるときに入り込んで犯すように抱いた。 女なんかもう随分抱いてなかったし20も年下(つまり、俺かなりおっさん)のものすごく小柄で、抱きしめたら折れそうなほど華奢な体に

no image
★おじさんのエロな体験談・・1/2

 皆さんの体験談のように刺激的ではありませんが、40を過ぎた今でも心に残っている女性の事を書かせて頂きます。子供の頃、ある団地に住んでいた私には、同じ年の友達がいました。私はその友達のお母さん、視姦の対象としておりました。 その友達一家とは、幼稚園の頃から家族ぐるみでお付き合いしておりました。その友達とは毎日のように遊ぶ関係が、小学校に入ってからも継続しておりました。当時は彼女の事を「○○さんのおば

no image
★何でもありの熟女とのSEX事情の体験談

 現在43歳。今までおおよそ70人位とセックスしました。その内半分が年下。半分が年上。年下は18歳の高校生や20位の処女とも。でも、若い子よりも、年上のおばさんとのセックスの方が好き。最年長では50代後半かな、この位になると少し自己嫌悪 に陥る。 普段は真面目そうな貞淑な主婦を装っているくせに、俺とのセックスの時には俺のをクワえたり、アヘアヘ言ってるのを見るのが好き。ホントおとなしそうなおばさんで

no image
★おじさんの出会い系暦の話

 皆さんよりちょっと(かなり?)長く生きているオジさんの経験です。1人は、22才のころ出会ったS子。仕事で出張して最後の日、新入社員だった僕は先輩達と揃って打ち上げパーティーへ。15人位で呑んでいるうちに隣に移動してきたS子が積極的にしなだれかかって来た。 先輩達が冷やかしながらも「おいッ!K坊、先にホテルへ連れて帰ってやれ!」「後でおばさん達がうるさいからな」そうなんです、ホテルには先にお休みに

no image
★おじさんのチョー嬉しい出来事

 俺38才のサラリーマン。一部上場企業に勤めてるが、伯父さんのコネで就職した三流大学卒の万年平社員決定で、会社では三流と呼ばれ馬鹿にされ彼女も居ないオッサンで、性欲はもっぱら風俗で晴らしていました。 両親が高校生の頃に亡くなり一応都内の閑静な某所に住んでいます。正月に伯父さんの家に挨拶に行き、お酒をたらふく飲んで酔っ払い電車に乗ってたら、高校生くらいの若い娘が酔っぱらいの爺に絡まれた。