エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

泥沼

   

26歳の人妻です。なつみといいます。
私の身に今起きていることを誰かに話したくて。でも、とても他人には話せないんです。
その胸の支えを少しでも降ろしたくて・・・
私が結婚したのは、5年前。21歳の時です。
高校を卒業して就職した会社で知り合った主人と1年後に結婚。今に至ります。
事の起こりは2年前。主人が体調を崩して病院へ行った時から始まりました。
医師の診断は、とても難しい病気(病名は明かせませんが)で、長期の入院が必要、とのことでした。
直ぐに入院したことで病状は落ち着きましたが、生活は大変でした。
高額な入院費用がかかる上に主人の収入が途絶えていました。とても私のパートの給料ではやっていけません。
しかも、主人にはある程度の介護が必要なので、どうしても仕事を休みがちになります。
結局、その職場は辞めざるを得なくなり、私の独身時代の貯金で何とか繋いでいましたが、いずれ破綻することは目に見えていました。
誰かを頼ろうにも夫も私も天涯孤独。親兄弟どころか親戚も殆どいません。ですから、自分で何とかするしかありません。

私の選択は、風俗へ勤めることでした。
時間に自由が利いて高収入。夫を助ける為には、それしか道がなかったんです。
高校時代、友人の姉が風俗に勤め、短期間で数百万の貯金を作った、という話を知ってい
たのも動機の一つでした。
慣れるのは大変でした。仕事は言え、心ならずも夫以外の男性に殆ど毎日身を任せるのですから。
しかも、お客さんにはいろいろな方がいらっしゃいますから、それに慣れるのが一番大変でした・・・。
それでも、お店の宣伝もあって、「ど素人」で「うぶで可愛い」と評判になり、固定客まで付くようになってきたんです。
夫には、「夜のコンビニでアルバイトをしている」と誤魔化していました。夫はそれを真に受け、すまないと何度も何度も
頭を下げました。
夫の為とはいえ、胸が張り裂けそうでした。生活は楽になりましたが、どれだけ仕事に慣れようとも罪の意識が
消えることはありませんでした。

勤め始めて1ヶ月ほど経ったある日のことです。その日のラストに新規のお客さんが来ました。2時間の予約でした。
背が高くて筋肉質。30代半ばぐらいに見えました。
「マットはいいよ」とその男性(仮にKさんとしておきます)は言いました。
「キミ、人妻でしょ?」
お風呂で洗っている時、いきなり言われました。否定するタイミングを失ってしまい、口ごもっていると、
「いいの、いいの。俺、わかるんだよね、そういうの。」と彼は至って平静でした。
お風呂を早々に終えると、直ぐにベットでのプレイになりました。
勤め始めた頃、不本意にも感じてしまうことが何度もあったのですが、1ヶ月のお勤めで何とかコントロールできる
ようになっていたはずだったのですが・・・
Kさんの愛撫は、それまでの誰よりも的確で上手で、しかも執拗でした。体中を舌と指で丹念に愛撫され、あっという間に
全身の性感帯を見抜かれた後は、もう彼の為すがままでした。
人妻だと見抜かれて動揺していたこともあり、私は、愛撫だけで5,6回はイカされ、声を上げっぱなしでした。
彼が私の中に入ってきた後のことは、殆ど憶えていません。断片的に憶えているのは、店では禁止されている
”ナマ”のペニスで犯されたことと、言われるままに体位を変えて貫かれたこと。そして彼の精液を進んで飲んだこと
ぐらいです。余りの快感に私は、その後不覚にも失神してしまいました。

それから、彼は頻繁に店に来ては私を指名するようになりました。
何とか感じまいとしましたが、無駄でした。毎回数え切れないほどイカされ、毎回”ナマ”で犯されて、最後は失神。
ある日、Kさんが花の鉢植えを持ってきました。それを私にくれました。
いつものように私とのセックスを終えてKさんが帰った後、その花をよく見て凍り付きました。
その包装紙は、私が住んでいるマンションの斜め向かいにある花屋の物でした。
手紙が付いていました。そこには、
”お勤めご苦労さん。旦那さんも入院大変だね。今度家に遊びに行きます。”
と書かれていました。私は、呆然として立ちつくしてしまいました。
その日、不安でビクビクしながら仕事から帰ると、案の定部屋の前でKさんが待っていました。
「早速来たよ。」
そう言うと、私に部屋を開けるよう促しました。
部屋にはいると、私の服を脱がせてベットに押し倒しました。
感じまいとしましたが、やはり駄目でした。彼にアソコを舐められ、あっという間に絶頂。何もわからなくなってしまいました。
「今日は、寝かせないよ。」
彼は、快感で半狂乱になった私を余裕で貫きながら、そう囁きました。
その言葉通り、彼は殆ど朝まで私を犯し続けたのです。
3度失神させられ、その度に頬を張られて起こされ、また貫かれる、その繰り返し。
Kさんは、その間に2度私の中に射精しました。
「また来るよ。」彼は、そう言い残して帰っていきました。

26歳の人妻です。なつみといいます。
私の身に今起きていることを誰かに話したくて。でも、とても他人には話せないんです。
その胸の支えを少しでも降ろしたくて・・・
私が結婚したのは、5年前。21歳の時です。
高校を卒業して就職した会社で知り合った主人と1年後に結婚。今に至ります。
事の起こりは2年前。主人が体調を崩して病院へ行った時から始まりました。
医師の診断は、とても難しい病気(病名は明かせませんが)で、長期の入院が必要、とのことでした。
直ぐに入院したことで病状は落ち着きましたが、生活は大変でした。
高額な入院費用がかかる上に主人の収入が途絶えていました。とても私のパートの給料ではやっていけません。
しかも、主人にはある程度の介護が必要なので、どうしても仕事を休みがちになります。
結局、その職場は辞めざるを得なくなり、私の独身時代の貯金で何とか繋いでいましたが、いずれ破綻することは目に見えていました。
誰かを頼ろうにも夫も私も天涯孤独。親兄弟どころか親戚も殆どいません。ですから、自分で何とかするしかありません。

私の選択は、風俗へ勤めることでした。
時間に自由が利いて高収入。夫を助ける為には、それしか道がなかったんです。
高校時代、友人の姉が風俗に勤め、短期間で数百万の貯金を作った、という話を知ってい
たのも動機の一つでした。
慣れるのは大変でした。仕事は言え、心ならずも夫以外の男性に殆ど毎日身を任せるのですから。
しかも、お客さんにはいろいろな方がいらっしゃいますから、それに慣れるのが一番大変でした・・・。
それでも、お店の宣伝もあって、「ど素人」で「うぶで可愛い」と評判になり、固定客まで付くようになってきたんです。
夫には、「夜のコンビニでアルバイトをしている」と誤魔化していました。夫はそれを真に受け、すまないと何度も何度も
頭を下げました。
夫の為とはいえ、胸が張り裂けそうでした。生活は楽になりましたが、どれだけ仕事に慣れようとも罪の意識が
消えることはありませんでした。

勤め始めて1ヶ月ほど経ったある日のことです。その日のラストに新規のお客さんが来ました。2時間の予約でした。
背が高くて筋肉質。30代半ばぐらいに見えました。
「マットはいいよ」とその男性(仮にKさんとしておきます)は言いました。
「キミ、人妻でしょ?」
お風呂で洗っている時、いきなり言われました。否定するタイミングを失ってしまい、口ごもっていると、
「いいの、いいの。俺、わかるんだよね、そういうの。」と彼は至って平静でした。
お風呂を早々に終えると、直ぐにベットでのプレイになりました。
勤め始めた頃、不本意にも感じてしまうことが何度もあったのですが、1ヶ月のお勤めで何とかコントロールできる
ようになっていたはずだったのですが・・・
Kさんの愛撫は、それまでの誰よりも的確で上手で、しかも執拗でした。体中を舌と指で丹念に愛撫され、あっという間に
全身の性感帯を見抜かれた後は、もう彼の為すがままでした。
人妻だと見抜かれて動揺していたこともあり、私は、愛撫だけで5,6回はイカされ、声を上げっぱなしでした。
彼が私の中に入ってきた後のことは、殆ど憶えていません。断片的に憶えているのは、店では禁止されている
”ナマ”のペニスで犯されたことと、言われるままに体位を変えて貫かれたこと。そして彼の精液を進んで飲んだこと
ぐらいです。余りの快感に私は、その後不覚にも失神してしまいました。

それから、彼は頻繁に店に来ては私を指名するようになりました。
何とか感じまいとしましたが、無駄でした。毎回数え切れないほどイカされ、毎回”ナマ”で犯されて、最後は失神。
ある日、Kさんが花の鉢植えを持ってきました。それを私にくれました。
いつものように私とのセックスを終えてKさんが帰った後、その花をよく見て凍り付きました。
その包装紙は、私が住んでいるマンションの斜め向かいにある花屋の物でした。
手紙が付いていました。そこには、
”お勤めご苦労さん。旦那さんも入院大変だね。今度家に遊びに行きます。”
と書かれていました。私は、呆然として立ちつくしてしまいました。
その日、不安でビクビクしながら仕事から帰ると、案の定部屋の前でKさんが待っていました。
「早速来たよ。」
そう言うと、私に部屋を開けるよう促しました。
部屋にはいると、私の服を脱がせてベットに押し倒しました。
感じまいとしましたが、やはり駄目でした。彼にアソコを舐められ、あっという間に絶頂。何もわからなくなってしまいました。
「今日は、寝かせないよ。」
彼は、快感で半狂乱になった私を余裕で貫きながら、そう囁きました。
その言葉通り、彼は殆ど朝まで私を犯し続けたのです。
3度失神させられ、その度に頬を張られて起こされ、また貫かれる、その繰り返し。
Kさんは、その間に2度私の中に射精しました。
「また来るよ。」彼は、そう言い残して帰っていきました。

 - 未分類 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★入院生活がエロゲ風で良かった

 俺は現場仕事の職人で、ある日ちょっとした事から大ケガをしてしまった。救急車で運ばれ、右手の複雑骨折と右肩の亀裂骨折、右足も骨折してしまい、即手術で入院をしてしまった。 色々と検査もして、とりあえず頭とかは異常無かったが絶対安静で、入院した日は痛くて寝れないぐらいだった。そして、小便がしたくなったが動けなかったので、ナースコールで看護師さんを呼ぶとメチャクチャ可愛い北乃きい似の小さい看護師さんが来

no image
風俗嬢との思い出話

社会人一年目のちょうどこの時期、職場の歓迎会の飲みのあと、課長に連れられて初めて風俗に行った。風俗に抵抗あったけど、酔ってたのと課長の強引さについ乗せられて。ヘルス、って言うのかな。口とか素股でイカせてくれる店。同じくらいの年の子で、顔はお世辞にもいいと…

no image
★サイトの出会いは怖いんですが・・

 やっぱりサイトで知り合ってすぐに会うのは怖い。話してみて性格が合うかも結構重要だし。1ヶ月のやりとりをして先週逢いました。知り合ったサイトの 『即アポ』 の中での写メだとビミョーだったけど会ってみたら、笑顔の素敵なリーマンでした♪ 居酒屋で2時間ほど雑談して、ホテルに行くと思いきや彼の家へ。 メールでお互いあってみてストライクならエッチって事で逢って、話しも合うし一回合体だな!と手をつないで彼の家

no image
★妻の秘密に困惑

 昨年12月に24♂(D介)&21♀(K美)のご夫婦(S夫妻)が、近所に引っ越して来ました。ちなみに我が家は41♂(私)&41♀(H子)子供は20才&18才ですので、S夫妻は子供の方が先に友達になり遊びに来る様になりました。 今年の2月ぐらいから妻の習い事が増え、始め夜や土日にも出かける様になり前は週1ぐらいだったSEXが週2〜3回になりサービスも凄く良くなり??浮気??なんて思うようになりました。

no image
夜の公衆トイレ

 先週、彼女と食事をした後、深夜ひとりで家に帰るためにJRの新大久保駅のそばを歩いていたら、おばさん(30半ばぐらいかな?)がニコニコしながら近寄ってきて僕の手を取るとある方向に引っ張って行こうとするんです。 僕はその意味がすぐにピンときたので「金が無いから…

no image
★レズ天国な女子テニス部なんです

 17才の高三の香里です。テニスクラブに属してます。つい先日クラブ練習の終了後、部室で同期で同じクラブの沙緒里と明子そして私の三人で着替えをしていました。女性だけなので三人とも上はノーブラ下はシーツ一枚で、汗をタオルで拭いていました。 沙緒里が突然に香里の乳は大きくていいな・・と言いながら、沙緒里はわたしの乳に触れてきました。三人の中では、確かに一番大きい(B83)だからいやだ沙緒里ったら。と両手

no image
★恩師も女だった不倫の体験談

 28歳の時、妻が妊娠して禁欲状態におかれた俺は、中学時代の恩師と不倫してしまった。当時先生は48歳、女優の山下容莉枝さんに似た感じだった。それまで50歳前後の女性は「おばさん」でしかなかったが、先生は素敵だった。先生とならセックスしたいと思った。先生のあえぐ顔が見たいと思った。「奥さんが妊娠中じゃ、彰伸君も辛いわねえ。こればっかりは、先生が代わりにってわけにはいかないしね。」「先生にご主人がいなければ

no image
出会い系で軽いヤンキー娘と

まずは自己紹介から・・俺28歳、身長170、体重60、独身、ココリコ田中に似てるらしい。女(SNS非婚者交流掲示板のプロフ)22歳 身長165~170/体重?? 体系普通 車好き 写メなし。SNS非婚者交流掲示板〟をぼーっと見てたら「なにしてんの~?」とメールが来る。

no image
またやっちゃった?

また佳代悪戯しました。今度は確信犯でw課長と、私と、佳代先輩と佳代先輩と同期のひろ子先輩と4人で出張に行くことになったので睡眠薬を持参。課長は取引先の接待に行くことになり、女性二人を夜中に歩かせるのは危険と言うことで(課長ナイス!)ボディーガード兼道案内役…

no image
★人妻に任せた濃厚なSEX

「ホントに出会い初めて?」「ホントよ。友達と、最近要求不満気味ね・・なんて話してたらこのサイトを教えてもらって、それで・・」彼女と知り合ったのは人妻.NETというサイト。アドレスを交換してセフレとして現在でも関係は続いている。 目当てのラブホがあるようで誘導される。ラブホのシステムに戸惑う俺をさりげなく誘導し部屋に入る。こちらも余裕のあるところを見せていきなり押し倒しはせず、ソファで飲み物に口をつけな