エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★数十年前の伝言サービスの体験談

   

2015/02/28(土)
 昔は携帯キャリアが伝言サービスを行っていたころ、連休の中日で家族が出かけて暇な私は色々残された伝言を聞いていました。その頃は女性も積極的にお相手を募集していました。そこで始めての女性の伝言が・・

「連休で暇してます。誰か遊んでもらえませんか?30台の主婦で~す。できれば話の合う同年代の方でお願いしま~す。」と、非常に軽いお誘い。私も軽いノリで・・
「私も暇しています。同じ大阪なので車で迎えに行きますからどこかドライブ行きませんか? 同じく30台の既婚サラリーマンです。」と残しました。すると、5分後。返信が!

「夜7時までしかあえないですけどいいですか?待ち合わせは難波の高島屋のあたりがうれしいな~(^o^) 」と嬉しいお誘い。

 プロフィール・車の特徴などをやりとりしながら1時間後には高島屋近辺に到着。無事お会いできました。お名前はあけみ(仮称)さん。極、普通の主婦がちょっとオシャレして買い物といういでたち。

 ドライブしながらいろいろと話をしました。天気の話とかご主人の愚痴などを聞きながらご要望の海が見たいとのことなので大阪港の方へ。人が少ないところを選んで車を止め、また話をしていると急に・・

「私はそんなに魅力ないの?」と、私 (?o?)
「全く手を出そうとしないし」と、直接的なお誘い。
「手を出して欲しいの? ふふふ」
「だって、そのつもりじゃなかったの?」
「じゃあ」と手を握って引き寄せキスしました。

「あぁ~」と早くも吐息が・・
「キスは好きなの?」
「キス久しぶりだったし、上手だから」と嬉しいお褒めのお言葉。
「じゃあ次は」と目を見つめながら、人差し指で唇から喉、おなかとなぞって行くと

「あっ、あっ、ふふ、感じてくる」ともじもじ体をよじり始めました。
「俺も、あけみさんが感じてる声を聞いて大きくなっちゃった。触ってみる?」
「うん(^o^) ほんと大きくなってるし、すごく長い」私 何も言わず、服の上から乳首を人差し指でつつく。


「ハアハア」と息も少しずつ荒くなり、俺の局部を触る手も段々と形を確かめるように手で包んでくる。
「直接触ってごらん。ファスナー開けて」と誘うと
「ふふふ じゃあ」と光る目をしながら、ファスナーを開けて、、、
「あぁ~すごい 大きいし、固い」と目は釘付けで、両手で擦り始める。
「乳首が固くなって服の上からでも分かっちゃうよ。ほらスケベやな~あけみ」と言葉攻め。
「だって、旦那が全くしてくれないし」と、言い訳をしながら、でも手はしっかり握って離さない。

「じゃあ、久しぶりの○○ポやね。美味しそうかな?」
「うん」と目はウルウル。
「舐めたい? 舐めていいんだよ ほら」と○○ポをヒクヒクさせると・・
「すごく元気やね。」といいながら、段々と近づいて確かめるように口の中でゆっくり味わい出した。
「美味しい?」
「うん とっても」と頬張ったままの返事。

 咥えて下を向いているからお尻は無防備。手を伸ばしてお尻を少し強めに揉むとお尻が複雑に動き出す。でも口は放さない。両手でお尻を開くようにすると段々と激しくなるお尻の動き。スカートの中に手をすべりこませ、お尻から○○コに指を伸ばすと、もうトロトロです。

「すごい濡れてるね。 スケベなあけみちゃん ヌルヌルで指が勝手に入っていくよ」と、まだ言葉攻めをしながら指でいじると、咥えた口を放して、手ではしっかり握ったまま「あぁ~ダメ」と逝ってしまいました。

「随分敏感だね~ ほんとにスケベやね」
「久しぶりやったし、触り方が優しい!」と・・
「ところで、お口入れるだけでいいの? 久しぶりに奥まで激しく突かれたいんじゃない?」と振ってみると
「うん」と照れながら・・
「じゃあ、ラブホに行こうか? 着くまで舐めてていいよ」と車をスタートしたら、パクッと咥える素直なあけみ。

 咥えたまま30分くらいで適当なラブホに到着。そろそろ時間もなくなってきており急いで服を脱ぎかけた。が、あけみは感じすぎたのか服を脱ぐのもモタモタ。その脱ぎかけた乱れた服装に刺激され、そのまま襲い後ろからハメました。

 ずっと○○ポを咥えてたので、ヌルヌルでスムーズに奥まで到着。

「あぁー 奥までかき回して~」と箍が外れたみたいです。
「めちゃめちゃに犯して~」というので、お尻をスパンキングしながら奥に当てると潮を吹いて床に崩れてしまいました。

「スケベなあけみさん ほら、俺はまだいってないよ。 立って」と言い、近くにあった洗面台につかまらせて又後ろから。
「ほら鏡を見てごらん。うっとりしたあけみが映ってるよ。」といいながらゆっくり奥まで抜き差しすると・・

「あぁ~ いやらしい顔している~ 気持ちいい~ あぁ~ また ダメ あぁ~」と逝きそうなので、今度は両手で左右のお尻を叩くと「お○こいい~」と絶叫してまた床へ。自分の潮でビチョビチョです。

 そろそろ時間もないので逝かせてもらいたいので、床でお尻をあげさせてまた入れて、激しく動かすと訳の分からない言葉を叫びながら何回も逝ってました。そろそろ、と腰を持って一番奥に当てたままドクドクと発射したところ「あぁ~出てるの分かる~ また逝っちゃう~」と・・

 お互い汗まみれ(潮まみれ?)の体を洗いっこしながら、また難波に送って生きました。相性はよかったみたいで、3年くらいお付き合いさせていただいた良い思い出です。
関連記事

↓他のHな体験談を見る


 - おじさんの体験談 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★俺の人妻食い自慢です

 こんにちは。はじめまして。みなさん、人妻.NETで何人の人妻とやりましたか?人妻に限れば、僕は三人です。簡単に僕のスペックは42歳、身長175体重68。埼玉県に住む、平日休みのサラリーマンです。 ちと古いですが、昔は吉田栄作に似てるとよく言われました。今日はイチバン最初に会った人妻の話をします。3年前、ギリギリ^_^30代の僕。相手はユミ。32歳看護師。同い年の旦那、子供なし。埼玉県鴻巣市でよく待ち合わせしました

no image
★おじさんのエロな体験談・・2/2

 ある日、学校帰りに、胸元が緩いシャツと、やや短めのスカートを着たT子さんを見つけ、また焦茶ぶっと乳首でも見せてもらおうと、後をつけて近所の商店街に入った私。そこで、T子さんは店々の男たちの視姦に晒されていたのです。八百屋では、T子さんが来るや否や若い店員や店主までもが周りを取り囲み、 浮き出た乳首を堪能する間もなく「ほら、奥さん、この大根…」などと誘導して前かがみにさせ、開いた胸元に血走らせた視線を

no image
★美人で金欠の女性との定期SEX

 1か月に一度だけ会うことにしていた27歳の女がいた。元キャバ嬢だが今はエステに通いながら店を出す準備期間とか言って無職。チャットサイトで知り合って、会ったその日に万札1枚で円光。めちゃめちゃ美人なのに金欠。話は早かった。 こんな腹の出た40過ぎたオッサンの勃起した、だらしないペニスをお風呂で優しく洗ってくれる。たまらずそのまま風呂場でフェラチオを要求。彼女は笑顔でフェラをしてくれる。そのあと湯船

no image
★定年後に外国人と乱交した体験談

 いわゆる団塊の世代で、今年の3月一杯で60歳を過ぎて定年退職をしました。妻は8歳下で52歳、退職金も出版社なので2500万円ぐらいは出ました。40年近く働いた自分へのご褒美に、ヨーロッパ旅行を吟味して、半年前から各旅行代理店のパンフレットを見ては決めていました。個人旅行ですが、参考にしました。 子供も女の子は26歳で結婚していますし、男の子は23歳でアメリカで仕事をしています。まだまだわが夫婦は

no image
★私の愛人はお嬢様

 彼女との、愛人契約もまもなく終わりに近づき、こんないい女と別れるのは、惜しいのですが、何かの切れ目が何とやらで、仕方がないと思い、いい思い出として思っていましたが、そんなとき、今月で契約が終る事を告げると、彼女から最後にどこかに旅行したいと言ってきて、それも彼女が全部面倒見てあげるからと、提案してくれてしかも来月に丁度出張があるからと言うと、それに合わせることになりました。 仕事の関係で、結構全

no image
★おじさんの出会い系暦の話

 皆さんよりちょっと(かなり?)長く生きているオジさんの経験です。1人は、22才のころ出会ったS子。仕事で出張して最後の日、新入社員だった僕は先輩達と揃って打ち上げパーティーへ。15人位で呑んでいるうちに隣に移動してきたS子が積極的にしなだれかかって来た。 先輩達が冷やかしながらも「おいッ!K坊、先にホテルへ連れて帰ってやれ!」「後でおばさん達がうるさいからな」そうなんです、ホテルには先にお休みに

no image
★おじさんのチョー嬉しい出来事

 俺38才のサラリーマン。一部上場企業に勤めてるが、伯父さんのコネで就職した三流大学卒の万年平社員決定で、会社では三流と呼ばれ馬鹿にされ彼女も居ないオッサンで、性欲はもっぱら風俗で晴らしていました。 両親が高校生の頃に亡くなり一応都内の閑静な某所に住んでいます。正月に伯父さんの家に挨拶に行き、お酒をたらふく飲んで酔っ払い電車に乗ってたら、高校生くらいの若い娘が酔っぱらいの爺に絡まれた。

no image
★抱きたい憧れの女性同僚

 自分48歳。妻、子供一人。現在勤めてる会社の事務員さん(50才)との話です。家では、ほとんど別居状態?妻とは必要以外しゃべることもなくもう何年もセックレスです。私、今の会社に8年前途中入社です。彼女はこの会社に20年前からおり以前から顔見知りでした。 かわいらしい人だなーぐらいしか思っていなかったけどいざ、同僚となると素敵な人だなーと思うようになってきた。訪問する営業マンには大人気で「あの人 彼氏いる

no image
★ギャル系の2人組が声を掛けて来た

『ねぇ、おっちゃんなんか奢って♪』コンビニ近くでジュースを飲んでると、ギャル系のミニ浴衣2人組が声掛けてきた。『おっちゃん?』とツッコミ入れようとしたらなかなか可愛い2人。祭りの深夜営業のパチンコでガッチリ買って気分良かったから『おぅいいぞ、好きなもん買ってきな』と1K渡すと『えっ?マジ?』と逆に聞かれた。 笑顔を返すとそのままコンビニに入っていた。少しすると出てきて隣に座ってきた。2人で『いただきまぁす』といってジュース

no image
★おばさんも女性なんですねーー

 大手銀行に就職した私は、入社1年目、私鉄沿線の支店に配属された。近くにアパートを見つけ、入居した。36、7年も前のことだ。一階と二階に三戸が壁を接し、階段も廊下も外、トイレは水洗式ではなく、お風呂もないというぼろアパートだった。 私が入ったのは真ん中の部屋。階段に近い部屋は空き部屋、奥の隣に40前後のおばさんが一人で暮らしていた。駅前で鉄板焼き屋をしていることを、あとで知った。日曜日の午後、回覧板を届