エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★数十年前の伝言サービスの体験談

   

2015/02/28(土)
 昔は携帯キャリアが伝言サービスを行っていたころ、連休の中日で家族が出かけて暇な私は色々残された伝言を聞いていました。その頃は女性も積極的にお相手を募集していました。そこで始めての女性の伝言が・・

「連休で暇してます。誰か遊んでもらえませんか?30台の主婦で~す。できれば話の合う同年代の方でお願いしま~す。」と、非常に軽いお誘い。私も軽いノリで・・
「私も暇しています。同じ大阪なので車で迎えに行きますからどこかドライブ行きませんか? 同じく30台の既婚サラリーマンです。」と残しました。すると、5分後。返信が!

「夜7時までしかあえないですけどいいですか?待ち合わせは難波の高島屋のあたりがうれしいな~(^o^) 」と嬉しいお誘い。

 プロフィール・車の特徴などをやりとりしながら1時間後には高島屋近辺に到着。無事お会いできました。お名前はあけみ(仮称)さん。極、普通の主婦がちょっとオシャレして買い物といういでたち。

 ドライブしながらいろいろと話をしました。天気の話とかご主人の愚痴などを聞きながらご要望の海が見たいとのことなので大阪港の方へ。人が少ないところを選んで車を止め、また話をしていると急に・・

「私はそんなに魅力ないの?」と、私 (?o?)
「全く手を出そうとしないし」と、直接的なお誘い。
「手を出して欲しいの? ふふふ」
「だって、そのつもりじゃなかったの?」
「じゃあ」と手を握って引き寄せキスしました。

「あぁ~」と早くも吐息が・・
「キスは好きなの?」
「キス久しぶりだったし、上手だから」と嬉しいお褒めのお言葉。
「じゃあ次は」と目を見つめながら、人差し指で唇から喉、おなかとなぞって行くと

「あっ、あっ、ふふ、感じてくる」ともじもじ体をよじり始めました。
「俺も、あけみさんが感じてる声を聞いて大きくなっちゃった。触ってみる?」
「うん(^o^) ほんと大きくなってるし、すごく長い」私 何も言わず、服の上から乳首を人差し指でつつく。


「ハアハア」と息も少しずつ荒くなり、俺の局部を触る手も段々と形を確かめるように手で包んでくる。
「直接触ってごらん。ファスナー開けて」と誘うと
「ふふふ じゃあ」と光る目をしながら、ファスナーを開けて、、、
「あぁ~すごい 大きいし、固い」と目は釘付けで、両手で擦り始める。
「乳首が固くなって服の上からでも分かっちゃうよ。ほらスケベやな~あけみ」と言葉攻め。
「だって、旦那が全くしてくれないし」と、言い訳をしながら、でも手はしっかり握って離さない。

「じゃあ、久しぶりの○○ポやね。美味しそうかな?」
「うん」と目はウルウル。
「舐めたい? 舐めていいんだよ ほら」と○○ポをヒクヒクさせると・・
「すごく元気やね。」といいながら、段々と近づいて確かめるように口の中でゆっくり味わい出した。
「美味しい?」
「うん とっても」と頬張ったままの返事。

 咥えて下を向いているからお尻は無防備。手を伸ばしてお尻を少し強めに揉むとお尻が複雑に動き出す。でも口は放さない。両手でお尻を開くようにすると段々と激しくなるお尻の動き。スカートの中に手をすべりこませ、お尻から○○コに指を伸ばすと、もうトロトロです。

「すごい濡れてるね。 スケベなあけみちゃん ヌルヌルで指が勝手に入っていくよ」と、まだ言葉攻めをしながら指でいじると、咥えた口を放して、手ではしっかり握ったまま「あぁ~ダメ」と逝ってしまいました。

「随分敏感だね~ ほんとにスケベやね」
「久しぶりやったし、触り方が優しい!」と・・
「ところで、お口入れるだけでいいの? 久しぶりに奥まで激しく突かれたいんじゃない?」と振ってみると
「うん」と照れながら・・
「じゃあ、ラブホに行こうか? 着くまで舐めてていいよ」と車をスタートしたら、パクッと咥える素直なあけみ。

 咥えたまま30分くらいで適当なラブホに到着。そろそろ時間もなくなってきており急いで服を脱ぎかけた。が、あけみは感じすぎたのか服を脱ぐのもモタモタ。その脱ぎかけた乱れた服装に刺激され、そのまま襲い後ろからハメました。

 ずっと○○ポを咥えてたので、ヌルヌルでスムーズに奥まで到着。

「あぁー 奥までかき回して~」と箍が外れたみたいです。
「めちゃめちゃに犯して~」というので、お尻をスパンキングしながら奥に当てると潮を吹いて床に崩れてしまいました。

「スケベなあけみさん ほら、俺はまだいってないよ。 立って」と言い、近くにあった洗面台につかまらせて又後ろから。
「ほら鏡を見てごらん。うっとりしたあけみが映ってるよ。」といいながらゆっくり奥まで抜き差しすると・・

「あぁ~ いやらしい顔している~ 気持ちいい~ あぁ~ また ダメ あぁ~」と逝きそうなので、今度は両手で左右のお尻を叩くと「お○こいい~」と絶叫してまた床へ。自分の潮でビチョビチョです。

 そろそろ時間もないので逝かせてもらいたいので、床でお尻をあげさせてまた入れて、激しく動かすと訳の分からない言葉を叫びながら何回も逝ってました。そろそろ、と腰を持って一番奥に当てたままドクドクと発射したところ「あぁ~出てるの分かる~ また逝っちゃう~」と・・

 お互い汗まみれ(潮まみれ?)の体を洗いっこしながら、また難波に送って生きました。相性はよかったみたいで、3年くらいお付き合いさせていただいた良い思い出です。
関連記事

↓他のHな体験談を見る


 - おじさんの体験談 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
出会い系で若い子と援交した妄想話

 私は45歳のブサイクで老け顔のロリコンなオジサンです。でもこんな私でも援交でなら若い女の子とエッチ出来るのが、この国の素晴らしいとこです。私はいつものように援交でなら会える出会い系サイトを使い、18歳の女の子のプロフを一人一人見て年齢認証してない子に・・まず最初に一枚で食事デートしながら、エッチの条件を相談させてくださいとメールを送った。

no image
★援交募集掲示板を利用した援交人生

 43歳、既婚です。但し子供なし。妻とは結婚14年目ですが結婚後して間もなくセックスレスに陥り、しばらくは渋谷のホテトルで性欲処理に明け暮れるものの、10年ほど前から援助交際に目覚め、今日まで多少の波があるものの、100人近くの女(の子)を抱いてきた。 一人目は「みや」と名乗る、援交募集掲示板で募集してた「女子高生」、ホ別ゴム付き5万円の条件で渋谷で待ち合わせ、どきどきして待っていると、現れたのは

no image
★俺の子供かもしれないなぁ~

 今から28年前の話です。新宿歌舞伎町を目的も無く歩いていると、私の前を20代後半と思われる小柄な女性がゆっくりとした足取りで歩いていました。彼女のペースに合わせ横に付き50m程歩きながら、彼女を見ていると逃げる素振りも無いので、声をかけお茶に誘うと、OKということで、喫茶店に入り、話をしました。  話を聞くと、彼女は茨城県から出てきており、1週間後にはお見合い相手と結婚することとなっていて、気が落ち着かな

no image
★モデルっぽい女性をおやじのテクニックで・・

 去年の初夏のこと。おれはまた性懲りもなく渋谷のクラブAに来ていた。目的はナオに会うためだ。ナオと知り合ったのはその1ヶ月前。始発までヒマをつぶすためにさして興味もない、女の子と話していたところ、たまたまドリンクを持って現れたのが、その子の友人のナオだった。ひと目惚れだった。165cm以上はあるBLENDAモデルっぽい長身、に小麦色に日焼けした肌。 今どきのお姉ギャルスタイルに、男をバカにしたような挑発的な切

no image
★他人の男性を交えて妻とSEXした告白

 私49才、妻43才のどこにでもいるような夫婦です。サイトの告知で知り合った38才単独男性Hさんとの交際をお話しします。写真付きのメールを頂き容姿や言葉遣いなど妻が大変気に入った様子でしたので、とりあえずメールからお付き合いが始まりました。既婚ということもあってかセックスにがっついている様子もなく、とても紳士的な印象で数回のメール交換の後(初メールから約3週間後)一緒に食事だけの約束をしました。 

no image
★若い女とのスワッププレイは天国

 彼女は18才。私は45才。犯罪的なカップルだ。彼女もオレも相当スケベである。彼女の躯にセックスのよさを仕込み、彼女は何度もイクような躯に仕上げた。フェラの技術も日に日に腕を上げた。そんな彼女を私ひとりで独占することはもったいない。 他の男にも若い肉体と教え込んだ性テクニックを味わってもらいたいという願望が沸き上がってきたと同時に、若い肉体にオレ以外のペニスを経験させたかった。或る週末の土曜日、彼女を

no image
★おじさんのチョー嬉しい出来事

 俺38才のサラリーマン。一部上場企業に勤めてるが、伯父さんのコネで就職した三流大学卒の万年平社員決定で、会社では三流と呼ばれ馬鹿にされ彼女も居ないオッサンで、性欲はもっぱら風俗で晴らしていました。 両親が高校生の頃に亡くなり一応都内の閑静な某所に住んでいます。正月に伯父さんの家に挨拶に行き、お酒をたらふく飲んで酔っ払い電車に乗ってたら、高校生くらいの若い娘が酔っぱらいの爺に絡まれた。

no image
★バツ1人妻の女体は美味

 俺も悪よのう。同僚吉田の母親が倒れ自宅でリハビリしていると聞き、見舞いに行くとヘルパ-さんが来ていた。「ヘルパ-さんにいつも助けられて」と疲れた顔で吉田が話し始めた。「様子はいかがですか」と話しかけるヘルパ-さんがこちらを向くと「あれっ」とお互いに声が出そうになった。 近所に住む旦那の浮気で離婚した、子供の同級生の美人母親直子であった。同僚宅を引き上げる直子に「お茶でも」と誘うと「ビックリしまし

no image
★心に残る女性の話・・1/2

 40を過ぎた今でも心に残っている女性の事を書かせて頂きます。子供の頃、ある団地に住んでいた私には、同じ年の友達がいました。私はその友達のお母さん、視姦の対象としておりました。 その友達一家とは、幼稚園の頃から家族ぐるみでお付き合いしておりました。その友達とは毎日のように遊ぶ関係が、小学校に入ってからも継続しておりました。当時は彼女の事を「○○さんのおばさん」と呼んでおりましたが、ここではT子さんと

no image
★抱きたい憧れの女性同僚

 自分48歳。妻、子供一人。現在勤めてる会社の事務員さん(50才)との話です。家では、ほとんど別居状態?妻とは必要以外しゃべることもなくもう何年もセックレスです。私、今の会社に8年前途中入社です。彼女はこの会社に20年前からおり以前から顔見知りでした。 かわいらしい人だなーぐらいしか思っていなかったけどいざ、同僚となると素敵な人だなーと思うようになってきた。訪問する営業マンには大人気で「あの人 彼氏いる