エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

アジア旅行でホモデビュー

   

26歳でバイセクシャル(と、言うか男に恋愛感情は無いのだけどセックスの対象ではあるって感じ…ややこしい)な俺のホモデビュー話を。
大学に入学した1年目の夏休み、友達とT国へ旅行しに行った。お互いに彼女(しかも初彼女)もいたのだが、おセックス覚えたての俺たちは、とにかくいろいろなセックスをしてみたくて…要するに観光ついでの売春メインの旅行だったのだ。
何せ日本の風俗では、10万円あったって遊べるのは5?6回、しかも挿入無し。でも、アチラでは旅行ついでに毎晩遊んだってオツリがくるってもの。えぇ、10代だったのに鬼畜野郎ですね。ファッキンジャップと言われても言い訳できませんよ。
さてさて、そんな不純な動悸で行ったT国はまさに天国。あらかじめ調べておいたので、売春宿もスムーズに見つかり、昼は観光し、夜は欲情にまかせて女性と楽しませてもらいました。一晩で2人の女性とやったり、女性2人と3Pしたりと、いままでの人生では味わえなかった性的刺激の毎日になんと言われようとも大満足でありました。
あらゆる刺激を楽しんだ我々、今度は男2人と女性2人でスワップみたいな4Pをやってみようと思います。宿の親父に交渉すると、別の店ではできるとの事。さっそく行ってみると、すんなりOK。さっそくセックスすることにします。
やってきた女のコもヒジョーに可愛く、もうお互いの視線をバチバチ感じながらキスしたりフェラされたり…。ふたりとも、この異常なセックスに大変興奮しておりました。
さて、そろそろ裸に…と服を脱がせるてみると思わず絶句。股間にはそそり立つ立派なペニスが…。友達もフェラされたまま固まっております。あわててもう一人の女のコも全裸にしてみると、やはりペニス。そう、ふたりともニューハーフだったのです。怒りを通り越して、なんだかもうとにかくビックリ。口をアングリです。
しかし我々のおっ立ったペニスはそうは萎えません。女性以上に美人ちゃん(事実、その旅行で出会ったどの女性よりも可愛かった)だった事が我々をダークサイドへと誘います。
「ここはT国だし…誰にも言わなければ大丈夫だろ…」
「そうだな、何事も経験だし…」
「そうだよ、彼女達はもう女性なんだから」
とかなんとか。お互いに言い訳の限りを尽くし、プレイ再会でございます。あらゆるプライドを吹っ切ったこのセックスがまた官能的。友達の前でセックスすることすら初めてだってのに、ニューハーフとの初セックス、初アナルセックス。常にペニスはギンギン。彼女に促されて、もう1人の女のコがペニスを口元へ近づけてきます。ジンジンするほど興奮し、初フェラ。いままで味わった事の無い感触。ちょっと引いてた友達も、いつのまにか彼女のペニスで初フェラ。2本同時フェラとか、いつのまにか俺たちが彼女達にご奉仕する感じに。発射の時、口中に広がる精液の感触。ドクドクと臭くて熱い精液が注がれ、嫌なんだけどスゴく興奮します。さすがに飲み込めなかったので吐き出したが、口元から股間にかけてもう精液まみれ。そのベットベトの精液ローション(すぐ乾いてギスギスって感じになる)のまま、4人で組んず解れつの2回戦目に突入です。この2回戦目が、引き返せないダークサイドへのトビラでございました…。
さて2回戦目、もう誰が誰の相手とも言えないような感じで、お互いを責め合います。そんななかで、女のコの1人が俺を背中から抱きつくような感じで押さえます。そうして、もう1人の女のコがフェラを…そう、ここまでは良かった(あらゆる面でここまでしていることが間違ってはいるけど)。問題なのはその後。女のコが友達を呼んでフェラさせたこと。否、呼びかけに応じて、俺のを奴がフェラした事。否否、その行為に、俺が異常に興奮したこと。そう、興奮してしまったのです。決して美形とは言えない我々…そんな男からのフェラだってのに、体も感情も正直。彼女たちに操られるかの要に、69の体勢に…そして当然のように友達のをフェラ。横倒しになって彼女達のを手でシゴキながら一心不乱にフェラをしあう俺たち。友達の精液が口に発射されても、クチュクチュとそのままフェラ。精液の臭いと感触、友達のフェラに俺も友達に口内発射。友達はむせ込み吐き出したが、俺はあまりの興奮に飲み込んでしまった。
さすがに燃え尽きたかの要にばったりと倒れ込む。横にいた女のコに腕枕をして、裸のまま無言で寝転びます。射精した後の寂しい感じはあっても、後悔を感じないのが逆に不思議でした。
濡れたタオルで体を拭いて(シャワーの出があまりに悪かったのです)、ホテルへ帰りすぐにシャワーへ。シャワーのトビラ越しに今日のことを話します。お互いに「やってしまった事」はあまり触れず、意外にニューハーフは気持ちよかったとか話します。話しながら、思い出してまたムクムクと息子が…。
「そんな話してたらまた立っちまったよ」
「俺もだよ、どうしようもないな」
話しながら、シャワー室のドアを開けると、ドアの近くにしゃがんでいる友達が。しばらくの無言。服を脱ぎ、ギンギンにおっ立てた包茎チンポをさらしながらこっちへ。黙ったまま、ニューハーフとしていたような激しいキスを。さっき出した、精液の臭いがします。その後は、彼女たちとしていた事をふたりだけでもう一度。
こうして、俺はホモデビューを飾りました。友達とはギクシャクすることもなく、お互いにヒミツを守り、今でも唯一セックスできる男友達として頻繁に会っています。彼女は何人か変わったし、友達も結婚して娘がいるけど、この関係、やめられそうに無いのが実にダメ人間…。

26歳でバイセクシャル(と、言うか男に恋愛感情は無いのだけどセックスの対象ではあるって感じ…ややこしい)な俺のホモデビュー話を。
大学に入学した1年目の夏休み、友達とT国へ旅行しに行った。お互いに彼女(しかも初彼女)もいたのだが、おセックス覚えたての俺たちは、とにかくいろいろなセックスをしてみたくて…要するに観光ついでの売春メインの旅行だったのだ。
何せ日本の風俗では、10万円あったって遊べるのは5?6回、しかも挿入無し。でも、アチラでは旅行ついでに毎晩遊んだってオツリがくるってもの。えぇ、10代だったのに鬼畜野郎ですね。ファッキンジャップと言われても言い訳できませんよ。
さてさて、そんな不純な動悸で行ったT国はまさに天国。あらかじめ調べておいたので、売春宿もスムーズに見つかり、昼は観光し、夜は欲情にまかせて女性と楽しませてもらいました。一晩で2人の女性とやったり、女性2人と3Pしたりと、いままでの人生では味わえなかった性的刺激の毎日になんと言われようとも大満足でありました。
あらゆる刺激を楽しんだ我々、今度は男2人と女性2人でスワップみたいな4Pをやってみようと思います。宿の親父に交渉すると、別の店ではできるとの事。さっそく行ってみると、すんなりOK。さっそくセックスすることにします。
やってきた女のコもヒジョーに可愛く、もうお互いの視線をバチバチ感じながらキスしたりフェラされたり…。ふたりとも、この異常なセックスに大変興奮しておりました。
さて、そろそろ裸に…と服を脱がせるてみると思わず絶句。股間にはそそり立つ立派なペニスが…。友達もフェラされたまま固まっております。あわててもう一人の女のコも全裸にしてみると、やはりペニス。そう、ふたりともニューハーフだったのです。怒りを通り越して、なんだかもうとにかくビックリ。口をアングリです。
しかし我々のおっ立ったペニスはそうは萎えません。女性以上に美人ちゃん(事実、その旅行で出会ったどの女性よりも可愛かった)だった事が我々をダークサイドへと誘います。
「ここはT国だし…誰にも言わなければ大丈夫だろ…」
「そうだな、何事も経験だし…」
「そうだよ、彼女達はもう女性なんだから」
とかなんとか。お互いに言い訳の限りを尽くし、プレイ再会でございます。あらゆるプライドを吹っ切ったこのセックスがまた官能的。友達の前でセックスすることすら初めてだってのに、ニューハーフとの初セックス、初アナルセックス。常にペニスはギンギン。彼女に促されて、もう1人の女のコがペニスを口元へ近づけてきます。ジンジンするほど興奮し、初フェラ。いままで味わった事の無い感触。ちょっと引いてた友達も、いつのまにか彼女のペニスで初フェラ。2本同時フェラとか、いつのまにか俺たちが彼女達にご奉仕する感じに。発射の時、口中に広がる精液の感触。ドクドクと臭くて熱い精液が注がれ、嫌なんだけどスゴく興奮します。さすがに飲み込めなかったので吐き出したが、口元から股間にかけてもう精液まみれ。そのベットベトの精液ローション(すぐ乾いてギスギスって感じになる)のまま、4人で組んず解れつの2回戦目に突入です。この2回戦目が、引き返せないダークサイドへのトビラでございました…。
さて2回戦目、もう誰が誰の相手とも言えないような感じで、お互いを責め合います。そんななかで、女のコの1人が俺を背中から抱きつくような感じで押さえます。そうして、もう1人の女のコがフェラを…そう、ここまでは良かった(あらゆる面でここまでしていることが間違ってはいるけど)。問題なのはその後。女のコが友達を呼んでフェラさせたこと。否、呼びかけに応じて、俺のを奴がフェラした事。否否、その行為に、俺が異常に興奮したこと。そう、興奮してしまったのです。決して美形とは言えない我々…そんな男からのフェラだってのに、体も感情も正直。彼女たちに操られるかの要に、69の体勢に…そして当然のように友達のをフェラ。横倒しになって彼女達のを手でシゴキながら一心不乱にフェラをしあう俺たち。友達の精液が口に発射されても、クチュクチュとそのままフェラ。精液の臭いと感触、友達のフェラに俺も友達に口内発射。友達はむせ込み吐き出したが、俺はあまりの興奮に飲み込んでしまった。
さすがに燃え尽きたかの要にばったりと倒れ込む。横にいた女のコに腕枕をして、裸のまま無言で寝転びます。射精した後の寂しい感じはあっても、後悔を感じないのが逆に不思議でした。
濡れたタオルで体を拭いて(シャワーの出があまりに悪かったのです)、ホテルへ帰りすぐにシャワーへ。シャワーのトビラ越しに今日のことを話します。お互いに「やってしまった事」はあまり触れず、意外にニューハーフは気持ちよかったとか話します。話しながら、思い出してまたムクムクと息子が…。
「そんな話してたらまた立っちまったよ」
「俺もだよ、どうしようもないな」
話しながら、シャワー室のドアを開けると、ドアの近くにしゃがんでいる友達が。しばらくの無言。服を脱ぎ、ギンギンにおっ立てた包茎チンポをさらしながらこっちへ。黙ったまま、ニューハーフとしていたような激しいキスを。さっき出した、精液の臭いがします。その後は、彼女たちとしていた事をふたりだけでもう一度。
こうして、俺はホモデビューを飾りました。友達とはギクシャクすることもなく、お互いにヒミツを守り、今でも唯一セックスできる男友達として頻繁に会っています。彼女は何人か変わったし、友達も結婚して娘がいるけど、この関係、やめられそうに無いのが実にダメ人間…。

 - 未分類 , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
姉とお風呂で柔軟体操9

俺たちは、母親に聞こえないように気をつけながら、柔軟体操(のふりをした愛撫)を密かに続けた。姉は左右開脚を始めた。ベッドの端に足を掛けて反対側の脚をカーペットの上に伸ばし、190度くらい開脚した。俺は姉の後ろに回って、補助をしながら、右手は後から姉のマンスジを…

no image
★オナホールをあなたは信じますか?

 この話は、妻が勤める会社の社長から聞いたものです。40歳になる妻は経済的な理由から今の会社で働く事になったのです。仕事は集配センターの事務と荷物の包装です。ぽっちゃりタイプの妻はお尻が大きくよくドライバーに冷やかされていたそうです。 会社の懇親会で妻が社長に経済的な理由で働く事になったことを話したそうなのですが、しばらくして社長から呼ばれた妻は別の仕事の話を持ちかけられたそうです。その内容を聞いて

no image
妻を貸出してしまった

(1)プロローグ 私は愛する妻・香里を他人に貸し出すなんて絶対に考えられないと思っていた。香里を愛していたし、愛してくれていた。 生きると言うことの難しさを教わった時でもあった。何もかも夢を描いて努力すれば、思いのままになると信じていたしこれまではその夢…

no image
ふたなり牧場の朝は早い 1

まだ空が白み始めるよりも早い時間に牧場の双舎(ふたしゃ、と読む)の大きな扉をお姉さんが朝一番に開けにくる彼女が身を包んでいる作業着は着古され洗っても落ちない精液や愛液の染みがそこかしこに見受けられた「みんな~!朝だよ~!」双舎内に元気のいい声が響き渡り、…

no image
★スナックで経験した色々なエロな出来事

 いつも行くスナックで飲んでいると女の子(A子)が突然、『あんなのに興味があるんだ』と言ってきた。実はスナックに入る前に本屋でSMの本を、立ち読みしていたのを見られていたらしい。エッていう感じで顔を見ていると、続けて『Hさんはどっち?』と聞くので、『両方』とだけ答えた、雰囲気から信用されてないのがわかったが、 そのまましばらく飲みながらおしゃべりをしていたが、彼女が席を立つ時『最後まで残っていて』

no image
憧れの人妻を寝取られパート4

7月10日ついに飲み会の日。仕事が終わると俺はダッシュで会場の居酒屋に行った。彼女はもう来ていた。彼女の浴衣姿。無茶苦茶セクシーだった。彼女の裸足。思ったとおりとても形がいい。抜けるような白さ。俺は座敷に上って話そうよと彼女を先に上げた。浴衣の裾からふくらは…

no image
出会い系の自暴自棄な女性と

 週末の夜はひと通り登録してある出会い系サイトをチェックする。今一番は待っているサイトは以前友達に紹介ポイントが入るから、登録するだけしてよと言われて登録したサイト「Jコミュ恋愛板」近所を中心に、会えそうな距離の女性の書き込みをまんべんなく見てると「彼氏が浮気した!最悪!!誰か愚痴聞いて遊んでください!!」みたいな書き込みがあり、早速連絡をしてみた。

no image
教え子との体験 1

こんにちは。僕は25歳で今春から大阪の某市立中学で新米教師をしています。身長が181cmで体重が68kgの細身で、職場に若い先生が少ないのもあって生徒にコクられたりもします。聖職者とあって教え子に手を出すのはタブーだと思うんですが、元々ロリ気味な僕にとって女子毎日中…

no image
若い男の子の厭らしい視線が私に…

 今夜は主人の帰りが遅くなると聞いていたので、さっきまで家から少し離れたショッピングモールに行ってきました。 パートから帰りシャワーを浴び…黒いショーツを履き…ノーブラで黄色のキャミを着て…白いタイトミニを履き…裸足にサンダルという格好で出かけました。 …

no image
漫喫

「生理前で少しえっちな気分なので、胸を中心に気持ち良くしてもらいたいです」 ある掲示板の投稿にそう書かれていたので返信し、会うことになりました。 仕事を済ませ、横浜に向かいました。 待ち合わせのお店は僕が前もって決めていたお店で。 僕がお店に着く頃に、店内…