エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

年下の同僚

   

"

266 年下の同僚を… 削除依頼
投稿者:アイコ 2005/05/15 16:46:43(AUxPIGXZ)
投稿削除

ほぼ同時期に入社した5歳年下の男の子・K君は、初めての就職で、
未経験なことばかりのため、私が指導役で、仕事を教えることに。
その彼はマジメなため「早く仕事を覚えたい」と、二人で残業になることもたびたび
ありました。
そんなある週末の日の事、残業中、たまたまTVをつけたままにしていたら、
バラエティ番組の中からから聞こえてきたのは、
お笑いタレントの「包茎」の話で、手術をしたとか、その結果どうなって、Hの時も
自信がでてきたとか…。
その内容に、私が笑いながら「男の子は大変ね〜」と彼に声をかけると、
彼は、顔を真っ赤にしてうつむいていました。
私は、ひょっとしてと思い、多少のいたずら心から、
「ねぇねぇK君は大丈夫なんでしょう?」と聞くと、彼は少しモジモジしながら、
「いや、実は僕もそう(包茎)なんですよ」と、なんとあっさり告白。
それからは仕事そっちのけで、色々と彼の身の上話を聞くことになりました。
彼の話では、今まで女の子とつきあったことがなく、しかも童貞くん。
幼い時から母子家庭で、女性に対する免疫がまるで無く育ったとのことでした。
また友達関係もマジメな子が多く、おちんちんのことは勿論、
性の知識もあまりなかったようです。
そこへいくと私は、その時こそ彼氏はいませんでしたが男性経験もそこそこあり、
事務系のOLをする前は、保育士の資格を取り、2年間の保母さんの経験もあるた
め、
男の子のおちんちんについての知識や対処法とかも習っていたので、
真性包茎と仮性包茎の違いについてや、
「子供のうちに皮を剥いておくといいんだよ」とか、
「毎日お風呂に入った時に剥くといいよ」とか、いかにも専門家のように教えると、
彼は、何度か試そうと思ったけど、痛くて、怖くなってできなかったとのこと。
私は「それは真性包茎かもしれないから、保険がきくので手術したら」と言うと、
「何か痛みを感じると、怖くなっちゃうんですよ」と言うので、
その姿があまりにも可愛くなってしまい、冗談交じりに
「じゃあ私が見てみようか?」と言うと、なんと彼は素直にうなづきました。
思ってもみなかった展開になり、私は、化粧落としのコットンパフと
濡れタオルを用意して、彼を会議室に連れて行くと、
椅子に座らせて、ズホンとパンツを脱ぐように言いました。
そして私はその前にしゃがみ、彼のおちんちんを見ると、
小さく垂れ下がった彼のおちんちんは、すっかり皮に包まれていて、
私が保母の時に見た子供のようなおちんちんでした。
私は、それを手に取りコットンで拭くと、そっと根元の方に引っ張ってみました。
彼は「痛い!」と言ったのですが、私は「ちょっと我慢して!」と
かまわずにグッと力を入れると、クルンと亀頭が顔を出しました。
しかしその亀頭には、臭いのきつい垢がビッシリと付いていて、
私は「ほらこれが何年か分の垢だよ」と言い、
コットンと濡れタオルで擦り取ろうとしたのですが、
あまりにも彼が痛がり、そんな程度ではとても取れそうもなかったため、
彼をそこに残して、お湯に浸したタオルを用意して戻ってきました。
そしてそのタオルで垢を蒸らし、なんとか擦り取るように垢を拭き取ると、
きれいになった彼のおちんちんはムクムクと頭を持ち上げてきました。
私は、「ほらきれいになったから、元気良くなったよ!」と言うと、
「すいません、ありがとうございます」と言う彼はもう涙目でした。
私は何か嬉しさを感じていたのですが、
それ以上に、目の前の大きくなったおちんちんに興奮して、

...省略されました。全部表示する
ほぼ同時期に入社した5歳年下の男の子・K君は、初めての就職で、
未経験なことばかりのため、私が指導役で、仕事を教えることに。
その彼はマジメなため「早く仕事を覚えたい」と、二人で残業になることもたびたび
ありました。
そんなある週末の日の事、残業中、たまたまTVをつけたままにしていたら、
バラエティ番組の中からから聞こえてきたのは、
お笑いタレントの「包茎」の話で、手術をしたとか、その結果どうなって、Hの時も
自信がでてきたとか…。
その内容に、私が笑いながら「男の子は大変ね〜」と彼に声をかけると、
彼は、顔を真っ赤にしてうつむいていました。
私は、ひょっとしてと思い、多少のいたずら心から、
「ねぇねぇK君は大丈夫なんでしょう?」と聞くと、彼は少しモジモジしながら、
「いや、実は僕もそう(包茎)なんですよ」と、なんとあっさり告白。
それからは仕事そっちのけで、色々と彼の身の上話を聞くことになりました。
彼の話では、今まで女の子とつきあったことがなく、しかも童貞くん。
幼い時から母子家庭で、女性に対する免疫がまるで無く育ったとのことでした。
また友達関係もマジメな子が多く、おちんちんのことは勿論、
性の知識もあまりなかったようです。
そこへいくと私は、その時こそ彼氏はいませんでしたが男性経験もそこそこあり、
事務系のOLをする前は、保育士の資格を取り、2年間の保母さんの経験もあるた
め、
男の子のおちんちんについての知識や対処法とかも習っていたので、
真性包茎と仮性包茎の違いについてや、
「子供のうちに皮を剥いておくといいんだよ」とか、
「毎日お風呂に入った時に剥くといいよ」とか、いかにも専門家のように教えると、
彼は、何度か試そうと思ったけど、痛くて、怖くなってできなかったとのこと。
私は「それは真性包茎かもしれないから、保険がきくので手術したら」と言うと、
「何か痛みを感じると、怖くなっちゃうんですよ」と言うので、
その姿があまりにも可愛くなってしまい、冗談交じりに
「じゃあ私が見てみようか?」と言うと、なんと彼は素直にうなづきました。
思ってもみなかった展開になり、私は、化粧落としのコットンパフと
濡れタオルを用意して、彼を会議室に連れて行くと、
椅子に座らせて、ズホンとパンツを脱ぐように言いました。
そして私はその前にしゃがみ、彼のおちんちんを見ると、
小さく垂れ下がった彼のおちんちんは、すっかり皮に包まれていて、
私が保母の時に見た子供のようなおちんちんでした。
私は、それを手に取りコットンで拭くと、そっと根元の方に引っ張ってみました。
彼は「痛い!」と言ったのですが、私は「ちょっと我慢して!」と
かまわずにグッと力を入れると、クルンと亀頭が顔を出しました。
しかしその亀頭には、臭いのきつい垢がビッシリと付いていて、
私は「ほらこれが何年か分の垢だよ」と言い、
コットンと濡れタオルで擦り取ろうとしたのですが、
あまりにも彼が痛がり、そんな程度ではとても取れそうもなかったため、
彼をそこに残して、お湯に浸したタオルを用意して戻ってきました。
そしてそのタオルで垢を蒸らし、なんとか擦り取るように垢を拭き取ると、
きれいになった彼のおちんちんはムクムクと頭を持ち上げてきました。
私は、「ほらきれいになったから、元気良くなったよ!」と言うと、
「すいません、ありがとうございます」と言う彼はもう涙目でした。
私は何か嬉しさを感じていたのですが、
それ以上に、目の前の大きくなったおちんちんに興奮して、
「ねぇ立派になったついでに、もっと気持ち良くしてあげようか?」と言いながら、
下半身を出したままの彼を会議テーブルに寝かせました。
ここまでくると彼はもう私のいいなりです。
私は、ズボンとパンツを足から引き抜き、ワイシャツのボタンをはずし、
下着のTシャツを捲り上げ、彼の下半身を完全に裸にしました。
もう私の頭の中にも会社内だという意識がなかったのでしょう。
きれいになったおちんちんを握り締め、軽くしごくと、すぐにビクビクとなり、
彼の「あーっ」と言う声と共に白い液が飛び散りました。
私はその飛び散った液をタオルできれいに拭き取ると、
急いでストッキングとショーツを脱ぎ、
まだまだ萎えきらない彼のおちんちんを口にくわえ、再びビンビンにさせると
彼にまたがり、ゆっくり腰を下ろして…。

結局それでおさまらなかった私は、その後すぐ、会社の近くのホテルをとり、
朝まで、童貞くんを賞味させていただきました。
彼とはそれ以来、会社には内緒で、週一ペースで楽しませてもらっています。
童貞くんって、従順だし、私の言うことをすべてきいてくれるので、
本当に可愛いなぁと思います。

"
"

266 年下の同僚を… 削除依頼
投稿者:アイコ 2005/05/15 16:46:43(AUxPIGXZ)
投稿削除

ほぼ同時期に入社した5歳年下の男の子・K君は、初めての就職で、
未経験なことばかりのため、私が指導役で、仕事を教えることに。
その彼はマジメなため「早く仕事を覚えたい」と、二人で残業になることもたびたび
ありました。
そんなある週末の日の事、残業中、たまたまTVをつけたままにしていたら、
バラエティ番組の中からから聞こえてきたのは、
お笑いタレントの「包茎」の話で、手術をしたとか、その結果どうなって、Hの時も
自信がでてきたとか…。
その内容に、私が笑いながら「男の子は大変ね〜」と彼に声をかけると、
彼は、顔を真っ赤にしてうつむいていました。
私は、ひょっとしてと思い、多少のいたずら心から、
「ねぇねぇK君は大丈夫なんでしょう?」と聞くと、彼は少しモジモジしながら、
「いや、実は僕もそう(包茎)なんですよ」と、なんとあっさり告白。
それからは仕事そっちのけで、色々と彼の身の上話を聞くことになりました。
彼の話では、今まで女の子とつきあったことがなく、しかも童貞くん。
幼い時から母子家庭で、女性に対する免疫がまるで無く育ったとのことでした。
また友達関係もマジメな子が多く、おちんちんのことは勿論、
性の知識もあまりなかったようです。
そこへいくと私は、その時こそ彼氏はいませんでしたが男性経験もそこそこあり、
事務系のOLをする前は、保育士の資格を取り、2年間の保母さんの経験もあるた
め、
男の子のおちんちんについての知識や対処法とかも習っていたので、
真性包茎と仮性包茎の違いについてや、
「子供のうちに皮を剥いておくといいんだよ」とか、
「毎日お風呂に入った時に剥くといいよ」とか、いかにも専門家のように教えると、
彼は、何度か試そうと思ったけど、痛くて、怖くなってできなかったとのこと。
私は「それは真性包茎かもしれないから、保険がきくので手術したら」と言うと、
「何か痛みを感じると、怖くなっちゃうんですよ」と言うので、
その姿があまりにも可愛くなってしまい、冗談交じりに
「じゃあ私が見てみようか?」と言うと、なんと彼は素直にうなづきました。
思ってもみなかった展開になり、私は、化粧落としのコットンパフと
濡れタオルを用意して、彼を会議室に連れて行くと、
椅子に座らせて、ズホンとパンツを脱ぐように言いました。
そして私はその前にしゃがみ、彼のおちんちんを見ると、
小さく垂れ下がった彼のおちんちんは、すっかり皮に包まれていて、
私が保母の時に見た子供のようなおちんちんでした。
私は、それを手に取りコットンで拭くと、そっと根元の方に引っ張ってみました。
彼は「痛い!」と言ったのですが、私は「ちょっと我慢して!」と
かまわずにグッと力を入れると、クルンと亀頭が顔を出しました。
しかしその亀頭には、臭いのきつい垢がビッシリと付いていて、
私は「ほらこれが何年か分の垢だよ」と言い、
コットンと濡れタオルで擦り取ろうとしたのですが、
あまりにも彼が痛がり、そんな程度ではとても取れそうもなかったため、
彼をそこに残して、お湯に浸したタオルを用意して戻ってきました。
そしてそのタオルで垢を蒸らし、なんとか擦り取るように垢を拭き取ると、
きれいになった彼のおちんちんはムクムクと頭を持ち上げてきました。
私は、「ほらきれいになったから、元気良くなったよ!」と言うと、
「すいません、ありがとうございます」と言う彼はもう涙目でした。
私は何か嬉しさを感じていたのですが、
それ以上に、目の前の大きくなったおちんちんに興奮して、

...省略されました。全部表示する
ほぼ同時期に入社した5歳年下の男の子・K君は、初めての就職で、
未経験なことばかりのため、私が指導役で、仕事を教えることに。
その彼はマジメなため「早く仕事を覚えたい」と、二人で残業になることもたびたび
ありました。
そんなある週末の日の事、残業中、たまたまTVをつけたままにしていたら、
バラエティ番組の中からから聞こえてきたのは、
お笑いタレントの「包茎」の話で、手術をしたとか、その結果どうなって、Hの時も
自信がでてきたとか…。
その内容に、私が笑いながら「男の子は大変ね〜」と彼に声をかけると、
彼は、顔を真っ赤にしてうつむいていました。
私は、ひょっとしてと思い、多少のいたずら心から、
「ねぇねぇK君は大丈夫なんでしょう?」と聞くと、彼は少しモジモジしながら、
「いや、実は僕もそう(包茎)なんですよ」と、なんとあっさり告白。
それからは仕事そっちのけで、色々と彼の身の上話を聞くことになりました。
彼の話では、今まで女の子とつきあったことがなく、しかも童貞くん。
幼い時から母子家庭で、女性に対する免疫がまるで無く育ったとのことでした。
また友達関係もマジメな子が多く、おちんちんのことは勿論、
性の知識もあまりなかったようです。
そこへいくと私は、その時こそ彼氏はいませんでしたが男性経験もそこそこあり、
事務系のOLをする前は、保育士の資格を取り、2年間の保母さんの経験もあるた
め、
男の子のおちんちんについての知識や対処法とかも習っていたので、
真性包茎と仮性包茎の違いについてや、
「子供のうちに皮を剥いておくといいんだよ」とか、
「毎日お風呂に入った時に剥くといいよ」とか、いかにも専門家のように教えると、
彼は、何度か試そうと思ったけど、痛くて、怖くなってできなかったとのこと。
私は「それは真性包茎かもしれないから、保険がきくので手術したら」と言うと、
「何か痛みを感じると、怖くなっちゃうんですよ」と言うので、
その姿があまりにも可愛くなってしまい、冗談交じりに
「じゃあ私が見てみようか?」と言うと、なんと彼は素直にうなづきました。
思ってもみなかった展開になり、私は、化粧落としのコットンパフと
濡れタオルを用意して、彼を会議室に連れて行くと、
椅子に座らせて、ズホンとパンツを脱ぐように言いました。
そして私はその前にしゃがみ、彼のおちんちんを見ると、
小さく垂れ下がった彼のおちんちんは、すっかり皮に包まれていて、
私が保母の時に見た子供のようなおちんちんでした。
私は、それを手に取りコットンで拭くと、そっと根元の方に引っ張ってみました。
彼は「痛い!」と言ったのですが、私は「ちょっと我慢して!」と
かまわずにグッと力を入れると、クルンと亀頭が顔を出しました。
しかしその亀頭には、臭いのきつい垢がビッシリと付いていて、
私は「ほらこれが何年か分の垢だよ」と言い、
コットンと濡れタオルで擦り取ろうとしたのですが、
あまりにも彼が痛がり、そんな程度ではとても取れそうもなかったため、
彼をそこに残して、お湯に浸したタオルを用意して戻ってきました。
そしてそのタオルで垢を蒸らし、なんとか擦り取るように垢を拭き取ると、
きれいになった彼のおちんちんはムクムクと頭を持ち上げてきました。
私は、「ほらきれいになったから、元気良くなったよ!」と言うと、
「すいません、ありがとうございます」と言う彼はもう涙目でした。
私は何か嬉しさを感じていたのですが、
それ以上に、目の前の大きくなったおちんちんに興奮して、
「ねぇ立派になったついでに、もっと気持ち良くしてあげようか?」と言いながら、
下半身を出したままの彼を会議テーブルに寝かせました。
ここまでくると彼はもう私のいいなりです。
私は、ズボンとパンツを足から引き抜き、ワイシャツのボタンをはずし、
下着のTシャツを捲り上げ、彼の下半身を完全に裸にしました。
もう私の頭の中にも会社内だという意識がなかったのでしょう。
きれいになったおちんちんを握り締め、軽くしごくと、すぐにビクビクとなり、
彼の「あーっ」と言う声と共に白い液が飛び散りました。
私はその飛び散った液をタオルできれいに拭き取ると、
急いでストッキングとショーツを脱ぎ、
まだまだ萎えきらない彼のおちんちんを口にくわえ、再びビンビンにさせると
彼にまたがり、ゆっくり腰を下ろして…。

結局それでおさまらなかった私は、その後すぐ、会社の近くのホテルをとり、
朝まで、童貞くんを賞味させていただきました。
彼とはそれ以来、会社には内緒で、週一ペースで楽しませてもらっています。
童貞くんって、従順だし、私の言うことをすべてきいてくれるので、
本当に可愛いなぁと思います。

"

 - 未分類 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
下の階に住んでいるおじさんと人妻美佐子5

 わたしは、木戸の絶妙な舌使いに身体全身が 痙攣さえおこし始めている。愛液がどんどんと溢れだし、木戸の顔をみると口のまわりは 水あめ舐めたようにベトベトして光っているのである。木戸は 「うめぇぜ-。。。。。女の卑猥な味は最高だよ。  とくに美佐子のようなお…

no image
2.息子のお友達に見られて興奮する私

玄関に向かうと、男の子2人が立っていました。「入っていいのよ」息子も走って来て、お友達をリビングに連れて行ったんです。初めは大人しくアニメのDVDを見ていたんですが、やがて部屋中を駆け回り始めたんです。鬼ごっこと言った感じで、家中を駆け回る3人。私は1人寝…

no image
親も親なら

『蛙の子は蛙』という諺があるけど、最近それを身をもって実感することになった13歳になる息子がいるのだが、妻が息子の部屋を掃除してて机の奥から1足の黒いパンストを発見したのだ俺に見せてくれたのだが、黒いパンストには息子の精液を思われるものが付着して乾いてたまさ…

no image
巨根の男とSEXしたらカラダが離れられなくなります・・・

私は、関西で小学校教諭をしている32才です。名前は香織(仮)としておきます。今年の夏は一つ年下の同僚の美奈(仮)と二人で海に行こうという話になり、彼氏がいない女二人、車で日本海を目指したのです。場所は夕日ヶ浦温泉。ホテルは海岸から歩いてすぐの所に予約していたので、先にチェックインを済ませ、水着になって砂浜へと直行。昼間は海で過ごし、ナンパされながらも適当に無視しながら、楽しみました。海は遠浅で凄く

no image
昨夜、同じ学校のDQN女とラブホに泊まってしまった

先輩の車で電車で40分くらいの距離まで連れて行かれてから置き去りにされたんだその時の時間は午前二時電車は動いてないし、タクシーで帰ったらいくらかかるかわからないし…国道沿いにはファミレスもネカフェなかった…あったのはラブホだけDQNがなぜかせめてシャワーだけ…

no image
入社研修で、Rさんと初体験

23歳のときのことです。長期の研修が東京で開催され、私はそれに参加しました。研修は、全国から同業者が集い、仕事の内容や問題点について皆で話し合い、検討し、学んでいくというもの。経験も浅く、(もう大人なのに)人見知りもする私は、皆に着いていくだけでいっぱいい…

no image
目の前で痴漢が行われていた

夜19時の、席は埋まってるけど全然混んでない井の頭線で、下北沢から乗って来た男が私の隣に立っている女の子の後ろにスーッと近寄った。男は薄いスウェットみたいな生地のズボンの上から自分の股間をきゅきゅっと揉んだ。男が手を離したソコは、横になった富士山のように…

no image
俺にもエッチな事させれ

えと、二月くらいです、寒かったです。彼女と飲んで、移動してたんですけどやっぱり運転やばいからってことで公園の駐車場にとめたんです。で、彼女とちちくりあってたんですよ、普通に。そいで、エリのアソコいじくったりしてたんです。その公園は結構人こなくて、もっぱら…

no image
かべに穴をあけてしまいました。

  僕は風呂に入ると必ず洗濯物を物色して妹(高一)の下着を見つけ風呂の中で下着を使ってオナニーしています。 おもにパンティーなどを使い、汚れてる部分を舐めてオナニーします。ブラジャーも使う時もあり、いろいろです。 最後に下着にむかって射精をします。 その…

no image
父の養分にされた息子

嫁が父親と不倫関係を五年以上も続けていたこと俺達夫婦の子供は俺の父親の子供であり、俺は托卵されていたこと仲が良かったと思っていた俺の両親は、実は仮面夫婦だったことこれ全部を同時に知った瞬間が俺にとって最大の修羅場だった未熟な俺が悪いと自分を責め続けていた…