エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

コンビニの同僚と初体験

   

23のとき、6つ年上の人と。同じコンビニのバイトで、僕のほうが先輩だった。
離婚した後食べるのに困ったとかで。僕は彼女の教育係だった。
彼女は凄く可愛らしい雰囲気の人で、本当の年よりもずっと若く見えた。
最初年を聞いたときは信じられないくらい。

色々話を聞いたり、食事したりしてるうちに、彼女のことを好きになってた。
告白してホテルへ。そこで僕は童貞を失った。

シャワー浴びた後で、いっぱい触りっこした。
彼女のおっぱいは大きくはないけど形は良かった。
僕は彼女のおっぱいに夢中でぺろぺろしてた。
「●ちゃん、わんこみたいだね。可愛い」って言って、彼女は僕の頭を撫でてくれた。
もう一方の手は、僕のおちんちんを触ってた。
僕は包茎だったけど、彼女は気にしないみたいだった。
最初少し緊張して、大きくなるか不安だったけど、
皮と亀頭の間に指を差し込まれて、くにゅくにゅされてるうちに、
今までにないくらい、おちんちんが膨らんでた。

彼女が僕の上に跨ってきた。軽くキスをすると、僕のおちんちんに手を添えて、
おまんこの柔らかい肉で、僕の先っぽを包みこんだ。
僕は溜まらなくなって声を上げたら、
「●ちゃん、気持ちいいんだ」って僕の眼を見ながら愉しそうに言った。
僕は我慢出来なくなって、早く入れさせてってせがんだ。そしたら、
「いいのね?」
その前にも、自分なんかでいいの?って彼女は何度も聞いてきた。
むしろ望むところだった。
もう我慢出来ないくらい、先っぽからはぬるぬるが溢れてて、勃起しきってた。
「食べちゃうからね」って彼女は悪戯っぽく笑いながら、ぐっと腰を落とした。
彼女のアソコが僕のおちんちんを根元まで飲み込んでた。目線が釘付けになった。
凄くぬるっとしてて、温かかった。
きゅうきゅうって肉が蠢いて、僕のおちんちんにまとわりついてくる。
ああ、これが女の人の中なんだって感じだった。

彼女はしばらく僕の上でじっとしてた。
我慢出来なくなって、僕が動こうとしたら、
「ダメ。●ちゃんは動かないの」って言って、僕を制して自分で腰をぐりぐり回し始めた。
「おとなしくしてなさい。気持ちよくしたげるから」って。
最初は彼女のペースだったんだけど、気付いたら腰が勝手に動いてた。
彼女はちょっと息を荒くして、声が出るのを我慢してるみたいだった。
そのことを指摘したら、僕に身体を密着させて、耳元に口を近づけて。
「悪い子」って。そういわれたら、なんだかゾクゾクして、たまらなくなった。
「いいよ、膣内に出して。●ちゃんのいっぱい出して」
密着したまま、僕はいっぱい腰をゆすった。
頭が真っ白になって、
我慢出来なくて声を上げたら、彼女が自分の唇で僕の唇を塞いできた。
僕は彼女にキスされながら、びゅーっ、びゅーっって激しく射精してた。

その後、抜かずにもう1回。
ピル飲んでるって言ってたから、本当に遠慮なしだった。
終わった後で抜いたら、ベッドの布団の上に、信じられないくらい白いのが垂れた。
ふたりで大笑いした。
その後シャワー浴びて、抱き合いながら眠って、おきてからもう2回セックスした。

23のとき、6つ年上の人と。同じコンビニのバイトで、僕のほうが先輩だった。
離婚した後食べるのに困ったとかで。僕は彼女の教育係だった。
彼女は凄く可愛らしい雰囲気の人で、本当の年よりもずっと若く見えた。
最初年を聞いたときは信じられないくらい。

色々話を聞いたり、食事したりしてるうちに、彼女のことを好きになってた。
告白してホテルへ。そこで僕は童貞を失った。

シャワー浴びた後で、いっぱい触りっこした。
彼女のおっぱいは大きくはないけど形は良かった。
僕は彼女のおっぱいに夢中でぺろぺろしてた。
「●ちゃん、わんこみたいだね。可愛い」って言って、彼女は僕の頭を撫でてくれた。
もう一方の手は、僕のおちんちんを触ってた。
僕は包茎だったけど、彼女は気にしないみたいだった。
最初少し緊張して、大きくなるか不安だったけど、
皮と亀頭の間に指を差し込まれて、くにゅくにゅされてるうちに、
今までにないくらい、おちんちんが膨らんでた。

彼女が僕の上に跨ってきた。軽くキスをすると、僕のおちんちんに手を添えて、
おまんこの柔らかい肉で、僕の先っぽを包みこんだ。
僕は溜まらなくなって声を上げたら、
「●ちゃん、気持ちいいんだ」って僕の眼を見ながら愉しそうに言った。
僕は我慢出来なくなって、早く入れさせてってせがんだ。そしたら、
「いいのね?」
その前にも、自分なんかでいいの?って彼女は何度も聞いてきた。
むしろ望むところだった。
もう我慢出来ないくらい、先っぽからはぬるぬるが溢れてて、勃起しきってた。
「食べちゃうからね」って彼女は悪戯っぽく笑いながら、ぐっと腰を落とした。
彼女のアソコが僕のおちんちんを根元まで飲み込んでた。目線が釘付けになった。
凄くぬるっとしてて、温かかった。
きゅうきゅうって肉が蠢いて、僕のおちんちんにまとわりついてくる。
ああ、これが女の人の中なんだって感じだった。

彼女はしばらく僕の上でじっとしてた。
我慢出来なくなって、僕が動こうとしたら、
「ダメ。●ちゃんは動かないの」って言って、僕を制して自分で腰をぐりぐり回し始めた。
「おとなしくしてなさい。気持ちよくしたげるから」って。
最初は彼女のペースだったんだけど、気付いたら腰が勝手に動いてた。
彼女はちょっと息を荒くして、声が出るのを我慢してるみたいだった。
そのことを指摘したら、僕に身体を密着させて、耳元に口を近づけて。
「悪い子」って。そういわれたら、なんだかゾクゾクして、たまらなくなった。
「いいよ、膣内に出して。●ちゃんのいっぱい出して」
密着したまま、僕はいっぱい腰をゆすった。
頭が真っ白になって、
我慢出来なくて声を上げたら、彼女が自分の唇で僕の唇を塞いできた。
僕は彼女にキスされながら、びゅーっ、びゅーっって激しく射精してた。

その後、抜かずにもう1回。
ピル飲んでるって言ってたから、本当に遠慮なしだった。
終わった後で抜いたら、ベッドの布団の上に、信じられないくらい白いのが垂れた。
ふたりで大笑いした。
その後シャワー浴びて、抱き合いながら眠って、おきてからもう2回セックスした。

 - 未分類 , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
続・私が高校の夏休み頃の話です・・・

その日は母と一緒に帰り、後日病院に来た時、松葉杖を突いて休憩所に居るおじさんを見付け、この間の事を聞いてみると、「ああ、もう興奮が収まらなくてなぁ・・・奥さんに話し掛け、近づいて来た所で尻を撫でて見たんだ。奥さんは「キャッ」と言いながら、冗談は止めてって…

no image
男との思い出は、海外への旅費へと消える

357 恋人は名無しさん sage New! 2007/04/15(日) 01:32:43 ID:5NTxMB1v0ムカーシ話ですが、投下。【登場人物】年齢は全て当時。俺(22歳)Y子(18歳)彼女。K(18歳)前々彼T(18歳)前彼Y子はバイトの後輩。俺はその店の立ち上げからいた最古参だから俺が色々教えているうちに…

no image
★痴漢さんに触られ感じてしまいました

 気持ちよかった。今日の朝寝坊しちゃって、久しぶりに田○都○線の急行に乗った時の話! さ○ぬ○で並んでたらいかにもって感じのおじさんが後ろに並んできて、遅刻しそうってんでそれどころじゃない!って思った あたしは隣の列に。 で、電車が来てどばぁ~っと人が乗り込んだんだけど、押されて流されて あたしは二○玉○まで開かないドアに押し付けられる形でつぶされかけてて。急いでたから、コート着てなくって、 スカートが後ろ

no image
姉妹には萌えない

けっこう可愛い姉と妹がいるけど萌えないなぁ。実の姉妹に萌えるなんて無理だ。小、中、高の頃、3人で「キモ試し」をやっていた。まぁ、チキンレースみたいなもの。キモイのを我慢する度胸試しだから「キモ試し」って言っていた。姉が中1、俺が小5の時に始めて、妹も加わり、…

no image
セックスしていました

 本当にあった話です。 ぼくは大学生で21歳です 高2の妹がいます。 今年の夏にいとこ(25歳)が家に泊まりに来た時です。 ぼくはアルバイトに行くと言って家を出たのですが、出勤シフトを間違えていてすぐに家に帰った時です。 リビングで妹といとこがセックスし…

no image
富嶽遠景外伝後編

ぼくは、叔母の「割れ目」と教えてもらったところに指を這わせた。しっとりと、水ではない粘液でぬれた熱い部分は、ぼくの指にまとわりつき、かぶれでもするのではないかと思うほどだった。「はぁっ」叔母の激しい吐息がぼくの顔に吹きつける。叔母が、ぼくの指がさらに奥を…

no image
合格パーティー

友人のAから聞いた話。話はうまいが妄想癖と虚言癖がひどい奴だから、ネタというか創作として聞くのが適当かと。今年の春休み、Aが主宰する塾の打ち上げがあって、名門私立中に無事合格した教え子と保護者が呼ばれたんだ。塾つっても学生がやってる小さい所で、打ち上げも…

no image
いとこに、中だし

いとこに、中だし 投稿者:マツタケ 投稿日:7月31日(火) 6時20分48秒京都に嫁に行った、いとこ(由美)が子供と2人で2週間の里帰りタイミングが良いのか悪いのか、由美の親達は今朝、くじ引きで当たったグアム旅行(3泊4泊)由美が怖いから、おにいちゃん家に来てと、電…

no image
狙われた彼女10

ヤバイ、助けに行こうとした時誰かが、肩に触れた「紗織ちゃんがレイプされてる写真ばらまかれたくないだろ?」振り向くと、先輩2がいた。喋ろうとすると、先輩2「知らないふりしとけよ」私は、無言のままいると、「いや、〇〇にばれてしまう」紗織の方を見た。紗織は、壁…

no image
★接触事故の示談で妹が・・

 30歳の営業職、独身です。亡くなった両親が残してくれた、古い一軒家に一人で暮らしてきました。このあいだ、離婚した妹と会社帰りに待ち合わせて、町の居酒屋で相談にのっていました。妹は結婚して3年、子供ができなかったのは不幸中の幸いだったと思います。 その帰り道、代行を頼むのは勿体ないと妹が”少ししか飲んでいないし大丈夫”と言う事で、私の営業車を運転してくれました。途中コンビニで食べ物を買い、妹がバックを