エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

レイプ

   

23の元保育士です。前働いていた保育園でレイプされました。
 1年前のあの日は私が最後まで園にいたんです。
 そして夜の9時を過ぎていたのを覚えています。私は自分の机で明日の準備をしている時急に職員室の電気が切れました。廊下の電気も切れていたので周りの灯りは外灯だけになり私がビックリしている所へ人が職員室に入ってきたのが解りました。

 そしてその人達は部屋に入るとすぐ私を捕まえようとしていました。
 その後どうなったのか解りませんが私は必死に逃げようと暴れていましたが体の大きい男に押さえられれば逃げる事もできませんでした。
 その後一瞬だけ沈黙があり私の周りには男が二人いて私の聞き覚えのないの言葉で話している(在日の外人?)のが解りました。そして、その後一人の男が私のズボンを下ろそうとする時私はこれがレイプだと認識したんです。

 ズボンやショーツを脱がされながらも私は足で抵抗しましたがすぐに足も押さえられると何も着ていない下半身に男は顔を埋め唾液でベトベトにしていきました。
 もう一人の男はそんな私に何か話し掛けて来ていましたが私には解りませんでした。
 そして私が身に着けていたエプロンを外し上着のジャージのファスナーを下ろすとTシャツの中へ手を入れてきました。

 しばらくTシャツの中で私の胸はもまれていましたが、男はナイフを取り出すとTシャツとブラをナイフで切り裂いていきました。切り裂かれる時私はすごい恐怖感を感じ気が狂いそうになりました。“何をされてもいい命だけは…”とも思ったのも本当です。

 Tシャツが剥ぎ取られると上着のジャージが手首に巻きついていて露になった胸を男達はもんだり舌で舐られていました。私は閉ざされた口でただ泣くしかありませんでした。そして一人の男が裸になると私の体の上にのり私の体の中へ入ってきました。
 私の男性経験なんて片手で数えれる位しかありませんでした。
 決して快楽ではないのですが、いままでと違う感覚が大きく開かされた足と男の動きで犯されている事を教えてくれているみたいでした。

 私は始め目を閉じながらも男達の動きが解りました。両腕をもう一方の男に押さえつけられ思うように動けません。
 はじめ体の中でゆっくりと動いていたものは徐々にその動きが激しくなってきました。私の中に出そうとしているのが分かりました。
「あぁっ、だめっ・・・お願いっ・・・中はやめてっ! あぁんっ・・・出さないでぇ!!」
 次の瞬間っ! 私の膣の中で男のオチンチンがビクンッビクンッと脈打つのがハッキリ分かり・・・。ピュピュッと熱いものが・・・。
「いやぁっ!・・・あっ、あっ・・・出てるっ・・出てる・・・ひどい・・・ひどいよ・・・いや・・・」
 男は気持ちよさそうな表情を浮かべていました。
かいい 急に動きが止まったかと思うと私の中に熱い排出液が入ってくるのを感じました。
 男は搾り出すようにブルブルッと私の子宮の入り口までオチンチンを押し込んできました。子宮の中に直接精子を流し込まれた感じ・・・。
「(妊娠しちゃう・・・)」

 男が私から離れると私は仰向けで横を向き涙が耳の方へ流れ、放心状態になっていました。
 気がつかないうちにジャージも脱がされていました。
 そして私の口の中にはもう一人の男のものが入れられていて吐く様な感覚に襲われると同時にまた我に返ったような気がします。
 もう一人の男は職員室の床に寝てると私を男の上で跨がせようとしました。私が男達の言い成りになり、起き上がり跨ぐごうとした時、私の体からさっきの男が残していった物が太股を伝っていきました。

 再び男が私の体の中に入ると跡が付く位、腰を強く握られ力任せに私の腰を動かされました。
 この後、何をされたのか良く覚えていませんが結局、激しく突き動かした後に男は私の上に乗ったまましばらく休むように動かなくなり少し経ってから私の体から離れていきました。

 男達からの行為はこれで終わりませんでした。
 私は泣きながら寝てしまっていました。起されると再び男達のものを銜えさせられそしてまた男の上に跨りました。
 でも今までとは違っていました。もう一人の男は私の大きなお尻から私の中へと入れてこようとしたんです。
 私は嫌がりましたが強引に入ってきました。そしてしばらくこの体勢のままレイプされ最後は二人とも体の中に体液を残していきました。
 男達が去り私は裸で暗い園内の保健室で体を拭き落ちていたジャージを来て帰りました。

23の元保育士です。前働いていた保育園でレイプされました。
 1年前のあの日は私が最後まで園にいたんです。
 そして夜の9時を過ぎていたのを覚えています。私は自分の机で明日の準備をしている時急に職員室の電気が切れました。廊下の電気も切れていたので周りの灯りは外灯だけになり私がビックリしている所へ人が職員室に入ってきたのが解りました。

 そしてその人達は部屋に入るとすぐ私を捕まえようとしていました。
 その後どうなったのか解りませんが私は必死に逃げようと暴れていましたが体の大きい男に押さえられれば逃げる事もできませんでした。
 その後一瞬だけ沈黙があり私の周りには男が二人いて私の聞き覚えのないの言葉で話している(在日の外人?)のが解りました。そして、その後一人の男が私のズボンを下ろそうとする時私はこれがレイプだと認識したんです。

 ズボンやショーツを脱がされながらも私は足で抵抗しましたがすぐに足も押さえられると何も着ていない下半身に男は顔を埋め唾液でベトベトにしていきました。
 もう一人の男はそんな私に何か話し掛けて来ていましたが私には解りませんでした。
 そして私が身に着けていたエプロンを外し上着のジャージのファスナーを下ろすとTシャツの中へ手を入れてきました。

 しばらくTシャツの中で私の胸はもまれていましたが、男はナイフを取り出すとTシャツとブラをナイフで切り裂いていきました。切り裂かれる時私はすごい恐怖感を感じ気が狂いそうになりました。“何をされてもいい命だけは…”とも思ったのも本当です。

 Tシャツが剥ぎ取られると上着のジャージが手首に巻きついていて露になった胸を男達はもんだり舌で舐られていました。私は閉ざされた口でただ泣くしかありませんでした。そして一人の男が裸になると私の体の上にのり私の体の中へ入ってきました。
 私の男性経験なんて片手で数えれる位しかありませんでした。
 決して快楽ではないのですが、いままでと違う感覚が大きく開かされた足と男の動きで犯されている事を教えてくれているみたいでした。

 私は始め目を閉じながらも男達の動きが解りました。両腕をもう一方の男に押さえつけられ思うように動けません。
 はじめ体の中でゆっくりと動いていたものは徐々にその動きが激しくなってきました。私の中に出そうとしているのが分かりました。
「あぁっ、だめっ・・・お願いっ・・・中はやめてっ! あぁんっ・・・出さないでぇ!!」
 次の瞬間っ! 私の膣の中で男のオチンチンがビクンッビクンッと脈打つのがハッキリ分かり・・・。ピュピュッと熱いものが・・・。
「いやぁっ!・・・あっ、あっ・・・出てるっ・・出てる・・・ひどい・・・ひどいよ・・・いや・・・」
 男は気持ちよさそうな表情を浮かべていました。
かいい 急に動きが止まったかと思うと私の中に熱い排出液が入ってくるのを感じました。
 男は搾り出すようにブルブルッと私の子宮の入り口までオチンチンを押し込んできました。子宮の中に直接精子を流し込まれた感じ・・・。
「(妊娠しちゃう・・・)」

 男が私から離れると私は仰向けで横を向き涙が耳の方へ流れ、放心状態になっていました。
 気がつかないうちにジャージも脱がされていました。
 そして私の口の中にはもう一人の男のものが入れられていて吐く様な感覚に襲われると同時にまた我に返ったような気がします。
 もう一人の男は職員室の床に寝てると私を男の上で跨がせようとしました。私が男達の言い成りになり、起き上がり跨ぐごうとした時、私の体からさっきの男が残していった物が太股を伝っていきました。

 再び男が私の体の中に入ると跡が付く位、腰を強く握られ力任せに私の腰を動かされました。
 この後、何をされたのか良く覚えていませんが結局、激しく突き動かした後に男は私の上に乗ったまましばらく休むように動かなくなり少し経ってから私の体から離れていきました。

 男達からの行為はこれで終わりませんでした。
 私は泣きながら寝てしまっていました。起されると再び男達のものを銜えさせられそしてまた男の上に跨りました。
 でも今までとは違っていました。もう一人の男は私の大きなお尻から私の中へと入れてこようとしたんです。
 私は嫌がりましたが強引に入ってきました。そしてしばらくこの体勢のままレイプされ最後は二人とも体の中に体液を残していきました。
 男達が去り私は裸で暗い園内の保健室で体を拭き落ちていたジャージを来て帰りました。

 - 未分類 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★ほれぼれした外国人並の巨根

 42歳のコンビニ店員のパートをしている主婦です。子供は中学生が2人います。子供もだいぶ手が離れたので自由な時間が取れるようになりました。仕事場にアルバイトで入ってきた大学生の友くん、背は180CMぐらいあって顔もまあまあ、福島から上京して来てウブな感じがかわいい。 シフトの終わりが一緒の時があって食事に誘ってみたの、そうしたら「みなこさんの手料理が食べたい」とか言うから二人でスーパーで買い物して友

no image
キャンプ場で 続き

 キャンプ場での出来事の続きです。 妹兄妹はみんなが寝ている大部屋でとうとう本番行為までいきました。 妹は声を出さないように必死で口を手で塞いでいました。 時たま兄がキスで塞いでる時もありました。 それでも喘ぎ声は漏れて、んんん・・と苦しそうな声が聞こえ…

no image
妹が俺の部屋に入ってくるなり

妹「お兄ちゃん助けて!」いつも強気な妹が泣きべそかいてた俺「な、何?何事だよ?」妹「胸が小さいって馬鹿にされた・・・」俺「え?(笑)」妹「笑うな!笑い事じゃない!」俺「誰に言われたの?(半笑)」妹「友達。ううん、やっぱり違う、ライバルみたいな存在。」妹「…

no image
★職場の女を酒に誘い輪姦した告白

 俺には同じ職場にセックスフレンドがいる。名前は、仮にK子としておこう。もともとアパートが近いので、仕事が終わってから一緒に飲みに行ったりすることが多かったので、そのうちにハメ友達になった。去年、短大を卒業して俺の職場に採用された21歳で、結構な美人。芸能人に例えるなら、永作博美似のちょっとロリ入った娘だ。 で、二週間くらい前に違う部署の友人達三人で俺のアパートで飲み会をやった。友人二人は、あまり

no image
★民宿の女将との思い出

 当時私は親元を離れて夜間の大学に通っていました。昼間は仕事をしてました。旅行が好きなので、休みが2日続くと電車に乗り一人旅に出かけたものです。サークルなどには参加して無く友達もいませんでした。その日も2日の休みに入り電車に乗り山奥の方へ向かいました。 小さな駅で降り、バスに乗ってさらに山の奥に向かいました。行き先は決まっていませんでしたが、地図を見てそこに民宿があるのは知っていました。午後3時頃

no image
★今も思い出す10年前のHな事

 私は保健婦としてある職場の医務室に勤務していた時、通勤バイクで転倒した男の子と相手をしました。まだ19歳でした。とにかく真面目そうでおとなしい子。私は当時は結婚していて、40歳になったばかり。 ズボンを半分おろしてもらって、消毒していると、勃起してきました。見慣れているとはいえ、やはり若い男の子のものは新鮮です。男の子は「ごめんなさい」ととてもはずかしそうに謝ってきたので「若いからね」とさすると

no image
大嫌いな妹を犯した話

俺には4つ下の妹がいるんだが、本当に何故だかわからないがある時から急に妹のことが憎くて憎くて堪らなくなった。原因があった訳ではない。自分でも分からないけど、何故だか見てるだけでイライラし、声を聞くだけでぶん殴りたくなる。元々、仲が良い兄妹ってわけではなく、…

no image
★モデルっぽい女性をおやじのテクニックで・・

 去年の初夏のこと。おれはまた性懲りもなく渋谷のクラブAに来ていた。目的はナオに会うためだ。ナオと知り合ったのはその1ヶ月前。始発までヒマをつぶすためにさして興味もない、女の子と話していたところ、たまたまドリンクを持って現れたのが、その子の友人のナオだった。ひと目惚れだった。165cm以上はあるBLENDAモデルっぽい長身、に小麦色に日焼けした肌。 今どきのお姉ギャルスタイルに、男をバカにしたような挑発的な切

no image
★白人女性のエロの神が降臨

 親父の脛をかじりハワイでサーフィンをしていた私です、が親父が急に癌で闘病生活に入り、急遽帰国・・親父の店(古物商)を継いで3年が経ったある日の夕方の事です。 私は、店を閉めようとシャツターのスイッチを入れ駐車場に行こうとした時、見せの前で地図を見ながら迷っている様子の白人女性と出くわしました。ロザンナ32歳・・スタイル抜群の赤毛の子です。

no image
中学時代

俺が中学の時みんなで学校近くの中央公民館で野宿をしようということになった。俺はイケメンのダチとオナニーをした。俺らは二人で抜け出しまず俺から始めた、俺はジーパンのチャックからペニスを取り出したダチは俺のオナニーを食い入るように見つめた。見られているという…