エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

フェラがなくては生きられない

   

21歳の時
会社で残業していると
同僚の太めの結構ぽっちゃりした真里子が
僕を見つけて
彼女も僕の横の席に来て一緒に残業していた

付き合ったことが、まだない僕でも
「こいつ俺に気があるな」と解っていた

話しながら仕事をしていると
真里子は
「S(俺の事)は彼女いたことあるの?」から
始まりエッチな話になり

真里子「社長のちんちんなら500円でフェラするな」
俺「フェラ好きなの?」
真里子「まだしたことないけど興味はある」
俺「じゃあ、俺のフェラしてよ」
真里子「え〜・・・だめだよ〜・・・付き合ってないもん」
俺「いいじゃんフェラしてよ、お前がフェラとか言うから勃起しちゃったよ。」
真里子「私もしたいけど〜・・・だめだよ〜・・・」

もう完全俺のこと誘ってるなと確信しました。

そんな誘われ方してしまったら、童貞の俺は
好きなタイプはスレンダーな巨乳ですが
体目当てで、太めの美人ではない真里子と付き合うことにしました

そして一週間後に真里子の家に泊まりにいき
セックスをするため
お互い順番に風呂に入り、
布団に入りました

まず太めなだけあって、かなりの巨乳をもみ
真里子「あ・・・・はずかしい・・・・・あ・・・・」
俺「やばいおっぱいて超気持ちイ」
真里子「私も・・・気持ちイ・・」
俺「ちんちん触って」
真里子「うん・・・・・あ・・すごい・・・・こんななんだ・・・・なんかすごく大きいよ
・・・・・・・ちんちんて気持ちね・・・・」
俺「フェラして」
真里子「恥ずかしい・・・・」
俺「じゃパンツの上から舐めて」(自分も恥ずかしかった)
真里子「・・・・うん」、と
うなずき布団のなかにもぐり、
またの間に入った真里子は
パクッと咥えました

お互いに念願のフェラです。
パンツごしなのに
真里子の舌の動きも唇の感触、暖かさに感激しました

ちゅぱちゅぱ・・・ちゅうちゅう
俺「すごい・・・気持ちイ・・・・」
真里子「もぐもぐ・・・・気持ちイ?」
俺「すごい・・・・真里子はちんちん咥えてるんだよ・・・やらしいね」
真里子「うん・・・ちゅぱちゅぱ・・・・やらしい・・・・・」
もうパンツは真里子のよだれでびちょびちょです。
なんてスケベな女なんだ・・・・

しばらくパンツごしでフェラを堪能してから
真里子に仰向けに寝てもらい
真里子のおっぱいを揉みながら舐める
「あ・・・・きもちい・・・・・」
「真里子もちんちん触ってて」

それから三十分くらい触りあいました
たんに胸をもみながら、ちんちんを触ってもらってるだけなのに
童貞の僕には頭がおかしくなってしまいそうなくらい興奮しました

俺「またパンツの上からフェラして」
真里子「え〜パンツ?」
俺「え?生がいい?」
「うん生で舐めたい」
「じゃ・・・生でお願い・・・・」
めちゃくちゃ恥ずかしいかったのを隠しながらちんぽを出した

仰向けの俺の右横から、真里子はちんぽをうれしそうにしゃぶり始めた。

ちゅぽちゅぽ、ぴちゃちゅぽ
「あ・・・すごい、全然違う・・・・超気持ちイよ真里子・・・・」
「すっごい、ぴくんぴくんしてるよちんちん・・・ちゅぽちゅぽれろれろ・・・・
私も生だと・・・んちゅう・・・ぴちゃちゅぽ・・・すごい気持ちイ・・・・
ちゃんと皮向けてるから亀頭がプニプニしてて・・・ん・・・
ちゅぽ・・・・・・ちゅぽん・・・・・口のなかいっぱい・・・・ちゅぽ」

そう言いながら玉をもみ始めた。

「ああやばいそれすごい気持ちイ・・・いっちゃいそう」

「えへ・・・レロレロ・・・・玉ちゃん気持ちイの?・・・・れろれろ」

真里子は右手で竿を扱きながら、左手で玉を円を描くようにもみ、裏筋を舌で舐めてる。

「ああ・・・そのまま・・続けて・・・いきそう・・・あ・・・」

レロレロぺろん・・・ちゅぽん・・・ちゅぽんちゅぱちゅぱ・・・ちゅぽちゅぽ・・・

裏筋をなめてたと思ったら、亀頭を咥えしゃぶりだし、吸い付き
その間も玉をもみ続けてる。
「あ・・いく・・・」
「ん!!・・・・・ぷはっ・・・・・・!!」

真里子は初めての精液にびっくりして口を離し
吐き出した。
俺のちんぽはもの凄い大量の精子をびゅびゅーーーと
だしてぴくんぴくんしてる。
真里子「おいしくない・・・・・・」
俺はぐったり
「気持ちよかった?」
「うん気持ちよかったよ・・・・」
俺は精子を拭いて
二人でまた布団に入り

真里子とキスをした
体目当ての俺はキスにびっくりした
めちゃくちゃ気持ちよかった
本当に好きになってしまいそうになるくらい
キスが気持ちよく興奮した

俺「ファーストキスよりファーストフェラのほうが先だね」
真里子「うん、」
と、また長いあいだキスをし続けてた
なんてスケベな女なんだ

「またフェラして」
「うん」

真里子はまたさっきのように竿を扱きながら、玉を円を描きながらもみ
亀頭をしゃばりだす。
本当にこいつ、ちんぽ舐めるの好きだな

俺「今度は、いったあとも続けてそのまま舐め続けて二回連続でいかせて」
「ちゅぽちゅぽ・・・・・ん?・・二回?・・・・・ちゅぽちゅぽ」

またどんどんうまくなってるのか
あっというまに五分くらいでいかされましたが
また「ん!ぷはっ!!・・」と吐き出しました
「だめだ・・・びっくりしちゃう」
おれ「はぁ・・・気持ちイ・・・気持ちイよ」
「ほんと?」
精子をまたふき
二回目のフェラにすぐうつる真里子
「ちゅぽちゅぽ・・・ちょぽんちゅぽん・・・ん・・・ちゅぽ」
「あ・・ちょ・・やばい・・・まって」
「ちゅぽちゅぽ・・・ん?・・・ちゅぽ・・・・・・・・どうしたの?」
「ごめん気持ちよすぎて、やばい」
「なんで?舐めてあげるよ。ちゅぽちゅぽちゅぽ」
真里子はしゃぶり吸い付き
「ああ・・・だめだめ!おしっこ出ちゃう!!」
「ちゅぽん・・・え?そうなの?」

「気持ちよかったよ。ありがとう」
「おいしかった、えへ」

とこの日はそのまま挿入はせずねむりにつきました。
次の日も朝会社に行く前にフェラやシックスナインで四回いかせてもらってから会社にいき
それからしばらく毎日のようにフェラでいかせてもらいました

21歳の時
会社で残業していると
同僚の太めの結構ぽっちゃりした真里子が
僕を見つけて
彼女も僕の横の席に来て一緒に残業していた

付き合ったことが、まだない僕でも
「こいつ俺に気があるな」と解っていた

話しながら仕事をしていると
真里子は
「S(俺の事)は彼女いたことあるの?」から
始まりエッチな話になり

真里子「社長のちんちんなら500円でフェラするな」
俺「フェラ好きなの?」
真里子「まだしたことないけど興味はある」
俺「じゃあ、俺のフェラしてよ」
真里子「え〜・・・だめだよ〜・・・付き合ってないもん」
俺「いいじゃんフェラしてよ、お前がフェラとか言うから勃起しちゃったよ。」
真里子「私もしたいけど〜・・・だめだよ〜・・・」

もう完全俺のこと誘ってるなと確信しました。

そんな誘われ方してしまったら、童貞の俺は
好きなタイプはスレンダーな巨乳ですが
体目当てで、太めの美人ではない真里子と付き合うことにしました

そして一週間後に真里子の家に泊まりにいき
セックスをするため
お互い順番に風呂に入り、
布団に入りました

まず太めなだけあって、かなりの巨乳をもみ
真里子「あ・・・・はずかしい・・・・・あ・・・・」
俺「やばいおっぱいて超気持ちイ」
真里子「私も・・・気持ちイ・・」
俺「ちんちん触って」
真里子「うん・・・・・あ・・すごい・・・・こんななんだ・・・・なんかすごく大きいよ
・・・・・・・ちんちんて気持ちね・・・・」
俺「フェラして」
真里子「恥ずかしい・・・・」
俺「じゃパンツの上から舐めて」(自分も恥ずかしかった)
真里子「・・・・うん」、と
うなずき布団のなかにもぐり、
またの間に入った真里子は
パクッと咥えました

お互いに念願のフェラです。
パンツごしなのに
真里子の舌の動きも唇の感触、暖かさに感激しました

ちゅぱちゅぱ・・・ちゅうちゅう
俺「すごい・・・気持ちイ・・・・」
真里子「もぐもぐ・・・・気持ちイ?」
俺「すごい・・・・真里子はちんちん咥えてるんだよ・・・やらしいね」
真里子「うん・・・ちゅぱちゅぱ・・・・やらしい・・・・・」
もうパンツは真里子のよだれでびちょびちょです。
なんてスケベな女なんだ・・・・

しばらくパンツごしでフェラを堪能してから
真里子に仰向けに寝てもらい
真里子のおっぱいを揉みながら舐める
「あ・・・・きもちい・・・・・」
「真里子もちんちん触ってて」

それから三十分くらい触りあいました
たんに胸をもみながら、ちんちんを触ってもらってるだけなのに
童貞の僕には頭がおかしくなってしまいそうなくらい興奮しました

俺「またパンツの上からフェラして」
真里子「え〜パンツ?」
俺「え?生がいい?」
「うん生で舐めたい」
「じゃ・・・生でお願い・・・・」
めちゃくちゃ恥ずかしいかったのを隠しながらちんぽを出した

仰向けの俺の右横から、真里子はちんぽをうれしそうにしゃぶり始めた。

ちゅぽちゅぽ、ぴちゃちゅぽ
「あ・・・すごい、全然違う・・・・超気持ちイよ真里子・・・・」
「すっごい、ぴくんぴくんしてるよちんちん・・・ちゅぽちゅぽれろれろ・・・・
私も生だと・・・んちゅう・・・ぴちゃちゅぽ・・・すごい気持ちイ・・・・
ちゃんと皮向けてるから亀頭がプニプニしてて・・・ん・・・
ちゅぽ・・・・・・ちゅぽん・・・・・口のなかいっぱい・・・・ちゅぽ」

そう言いながら玉をもみ始めた。

「ああやばいそれすごい気持ちイ・・・いっちゃいそう」

「えへ・・・レロレロ・・・・玉ちゃん気持ちイの?・・・・れろれろ」

真里子は右手で竿を扱きながら、左手で玉を円を描くようにもみ、裏筋を舌で舐めてる。

「ああ・・・そのまま・・続けて・・・いきそう・・・あ・・・」

レロレロぺろん・・・ちゅぽん・・・ちゅぽんちゅぱちゅぱ・・・ちゅぽちゅぽ・・・

裏筋をなめてたと思ったら、亀頭を咥えしゃぶりだし、吸い付き
その間も玉をもみ続けてる。
「あ・・いく・・・」
「ん!!・・・・・ぷはっ・・・・・・!!」

真里子は初めての精液にびっくりして口を離し
吐き出した。
俺のちんぽはもの凄い大量の精子をびゅびゅーーーと
だしてぴくんぴくんしてる。
真里子「おいしくない・・・・・・」
俺はぐったり
「気持ちよかった?」
「うん気持ちよかったよ・・・・」
俺は精子を拭いて
二人でまた布団に入り

真里子とキスをした
体目当ての俺はキスにびっくりした
めちゃくちゃ気持ちよかった
本当に好きになってしまいそうになるくらい
キスが気持ちよく興奮した

俺「ファーストキスよりファーストフェラのほうが先だね」
真里子「うん、」
と、また長いあいだキスをし続けてた
なんてスケベな女なんだ

「またフェラして」
「うん」

真里子はまたさっきのように竿を扱きながら、玉を円を描きながらもみ
亀頭をしゃばりだす。
本当にこいつ、ちんぽ舐めるの好きだな

俺「今度は、いったあとも続けてそのまま舐め続けて二回連続でいかせて」
「ちゅぽちゅぽ・・・・・ん?・・二回?・・・・・ちゅぽちゅぽ」

またどんどんうまくなってるのか
あっというまに五分くらいでいかされましたが
また「ん!ぷはっ!!・・」と吐き出しました
「だめだ・・・びっくりしちゃう」
おれ「はぁ・・・気持ちイ・・・気持ちイよ」
「ほんと?」
精子をまたふき
二回目のフェラにすぐうつる真里子
「ちゅぽちゅぽ・・・ちょぽんちゅぽん・・・ん・・・ちゅぽ」
「あ・・ちょ・・やばい・・・まって」
「ちゅぽちゅぽ・・・ん?・・・ちゅぽ・・・・・・・・どうしたの?」
「ごめん気持ちよすぎて、やばい」
「なんで?舐めてあげるよ。ちゅぽちゅぽちゅぽ」
真里子はしゃぶり吸い付き
「ああ・・・だめだめ!おしっこ出ちゃう!!」
「ちゅぽん・・・え?そうなの?」

「気持ちよかったよ。ありがとう」
「おいしかった、えへ」

とこの日はそのまま挿入はせずねむりにつきました。
次の日も朝会社に行く前にフェラやシックスナインで四回いかせてもらってから会社にいき
それからしばらく毎日のようにフェラでいかせてもらいました

 - 未分類 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
お姉ちゃんのパンツでオナニーしたい俺はクズな弟だorz

・・・と僕がお姉ちゃんの前で汚らわしい妄想にふけりつつ罪悪感にまみれていたら、すぐに「タっくん(仮名)は可愛い弟だよ」ってお姉ちゃんの声がした。 お姉ちゃんのお手手が僕の頭を撫でていた。そしてお姉ちゃんはするっと自然にパンツを脱いで、 僕のズボンのチャック…

no image
不倫関係・・・

この間、うちの嫁さんの同僚とセックスした・・・。×イチで27歳。なかなか色っぽい感じの女。3人で居酒屋に行った時の事だ。「アンタの旦那、メチャ好みや、欲しいなぁ。」と、ウチの嫁さんに絡みだした。初めは冗談だと思っていたが、嫁さんがトイレにたった時、俺の手…

no image
★ハプニングバーで複数の男にアレを入られぱなし・・

 私は、37歳、バツイチOLです。主人と離婚してから3年ほどたちますが、セックスはなく、オナニーばかりしています。先日の新年会のあと、一気に爆発してしまいました。新年会は取引先の企業と一緒に行いました。結構遅くなってしまい、タクシーで帰るしか方法はありません。帰る方向が同じだった取引先のTさんと一緒に帰ることになりました。 Tさんは一緒に仕事をしたり、みんなで飲みに行ったりしているんで、特別な感情は

no image
★お酒が入ると大胆になる私の告白

 一昨日の夜のことなんですが、私明日誕生日で、だからちょっと早いけど、誕生日を祝って知り合いの五つ年上の男の人が夕飯奢ってくれるって言うから、行ってきたんです。最初は普通に飲み食いしてたんですが、相手がかなりお酒すすめてくるんですね・・、相手は私がお酒弱いの知ってるはずなのに。だからちょっとおかしいと思ったけど、断るの悪いのでかなり泥酔するまで飲みました。  それで、お店出る時には私フラフラで、相

no image
妹の人生初ちんこ(3)

ある日、妹が「ねぇ、峠に行ってみたい。車出せない?」と言ってきました。まぁ、紅葉の季節だし、それもいいかな。「この前、友達と頭文字Dみてさぁ」「そっちかよ!」うちには、割と新しい軽と、オンボロセダンがあるんですが、まあ、どっちかは親に借りれるだろうと。他県…

no image
40代のパートの美人奥さんと

職場の奥さんを好きになってしまい、今は深い関係になってます。スペック俺: 中肉中背 34歳既婚 子有り オリラジあっちゃん似奥さん: 夏帆がそのまま歳を重ねた感じ 47歳既婚 中学生と大学生の子有り俺の働いている会社は食品の管理を行っていて、ある日パート…

no image
どんと祭での出来事

1月14日地元でどんと祭が開かれた。地元で、水回り工事の店を開く我が家は商工会に入っており毎年恒例のどんと祭は、必ず出席しなければならなかった。どんと祭は、商工会と青年会がメインで開催する1年の初めの行事であった。我が家は、出店(でみせ)で焼き鳥を売る担当にな…

no image
★専業主婦ですが寂しくて行動しました

 大学2年の時、当時付き合っていた同級生だった彼氏と初体験しました。それから28歳で今の旦那と結婚するまで10人以上とエッチしてきました。その相手を振り返ってみると、すべて同じ年か年上ばかりでした。それも最高の年齢差はなんと17歳上です。 結婚して旦那の仕事の関係で知らない土地に嫁いだ私は、日中は寂しさもありインターネットで遊ぶことが多くなりました。結婚して半年経った頃、7歳年下の大学生とメル友になりま

no image
★職場の飲み会で打ち解けて・・

 職場の(複数の部が合同)飲み会で、業務の話しかしたことが無い女性と隣り合わせになった。最初は話が全然弾まなかったものの、学生時代のクラブが同じだった事が途中で分かり、俄然盛り上がった。一次会が終わり、二次会の店(カラオケ)に向かう途中で『一曲歌うぐらいだろうね』との問いかけに少し真顔の顔で『別の店に行く?』と答えてきた。 こちらの『行こうか?』には答えず腕をくまれ、二次会の店と逆の方向に歩き出した。

no image
行ってきました。23歳、男

行ってきました。23歳、男最初に目星つけてたところではなく、客引の兄ちゃんに誘われ最初にアルバム見た所へ目星をつけてたところは、アルバムにHPで顔出ししてた嬢がいなかったし、ほかの子は新人らしくアルバムが無かったので。実際に行った所は60分2万5千か、80分3万円し…