エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

叔母夫婦と混浴

   

20年以上まえ、小学6年のとき、おれは子のない30代の叔母夫婦と3人で温泉にいった。叔父がここは混浴だといった。

へやでいっしょに浴衣に着替えた。目の前で叔母もショーツだけになって浴衣をきた。おれは、おばの乳首や裸体を凝視した。おれもパンツ一枚になって、叔母に浴衣をきせてもらった。そのとき叔母はおれの胸からへそ、下腹部をさわった。  
 
風呂にはほかに60代くらいの夫婦がいた。「しつれいします」「どうぞどうぞ」といった。おとな4人は湯船のふちに腰掛けて、せけん話をしてた。お互いの夫婦生活も笑いながら話してた。そのうち4人ともタオルをはずし、下腹部もさらしてた。

60おばさんは叔父をみて「いい男。あそこもりっぱ」といった。叔父は「そちらさんも、お若いですね。締まりもいいでしょうね」といいかえした。おれはずっと勃起してて湯船につかってた。

叔母が我慢するなといった。おれは60夫婦の間にすわった。叔母夫婦は、「おさきに」といって風呂からでてってしまった。すぐ60おばさんがおれの勃起部分を手でしごいた。おれの精液が出た。60おじさんは何事もないような笑顔をしてた。  

夕食後、60夫婦をおれたちの部屋によんで、ビール飲みながらまたせけん話。おれは背を向けてテレビをみてた。しばらくして、話し声がしなくなった。おれはトイレにたった。そのとき、60おばさんが叔父の浴衣のすそに手をつっこんでるのがみえた。 

トイレからか帰ると60おばさんと叔父がいなくなってた。叔母が横になった60おじさんの腰をもんでいた。おじさんは手を叔母の両足の間に手をいれてたが、あわててはなした。叔母はおれに「お願い」と1時間くらい風呂にはいって来るようにいった。  

風呂にはいってると、べつの年配女の2人つれがはいってきた。一人は老婆で歩けない。「君てつだって」といわれた。いわれるまま老婆を横から肩車した。胸、脇腹、腰、ふとももを密着させて、湯船まで中腰でつれて歩いた。また勃起した。2人ともおれの下腹部を何度も見ていた。若い方が何度もありがとうねといった。  

老婆はみためより重かった。おれは湯船にへたりこんだ。おれをはさんで2人が湯船すわりこんだ。ぴったり体を寄せてきた。「君は一人?家族は?」などと聞かれた。それまでのことを正直に話した。「えー」「きゃはは」などとわらいながら聞いてた。

若い方が「じゃ君はさみしいね」といって、いきなりおれをもちあげ、自分の膝のうえにのせて、下腹部を自分の目の前にした。「くわえさせて」といって勃起したものをくわえた。おれは若い方の両足の付け根にてをのばした。十分ぬれてた。いじった。ときどき反応して腰をひねった。

「いれさせてほしい」といったら若い方は湯船のふちに手をついて、尻をつきだした。「どうぞ。でもわかる?したことある?」といわれた。おれは無言で挿入した。すぐはてた。湯船のふちに腰掛けたら、こんどは老婆があそこをにぎった。また立ったがすぐに精液がすこし出た。  

翌朝、叔父に「また来よう。父母に内緒だぞ」といわれ、おれはうなづいた。そのとき、叔母はうれしそうにおれのくちびるを奪った。

20年以上まえ、小学6年のとき、おれは子のない30代の叔母夫婦と3人で温泉にいった。叔父がここは混浴だといった。

へやでいっしょに浴衣に着替えた。目の前で叔母もショーツだけになって浴衣をきた。おれは、おばの乳首や裸体を凝視した。おれもパンツ一枚になって、叔母に浴衣をきせてもらった。そのとき叔母はおれの胸からへそ、下腹部をさわった。  
 
風呂にはほかに60代くらいの夫婦がいた。「しつれいします」「どうぞどうぞ」といった。おとな4人は湯船のふちに腰掛けて、せけん話をしてた。お互いの夫婦生活も笑いながら話してた。そのうち4人ともタオルをはずし、下腹部もさらしてた。

60おばさんは叔父をみて「いい男。あそこもりっぱ」といった。叔父は「そちらさんも、お若いですね。締まりもいいでしょうね」といいかえした。おれはずっと勃起してて湯船につかってた。

叔母が我慢するなといった。おれは60夫婦の間にすわった。叔母夫婦は、「おさきに」といって風呂からでてってしまった。すぐ60おばさんがおれの勃起部分を手でしごいた。おれの精液が出た。60おじさんは何事もないような笑顔をしてた。  

夕食後、60夫婦をおれたちの部屋によんで、ビール飲みながらまたせけん話。おれは背を向けてテレビをみてた。しばらくして、話し声がしなくなった。おれはトイレにたった。そのとき、60おばさんが叔父の浴衣のすそに手をつっこんでるのがみえた。 

トイレからか帰ると60おばさんと叔父がいなくなってた。叔母が横になった60おじさんの腰をもんでいた。おじさんは手を叔母の両足の間に手をいれてたが、あわててはなした。叔母はおれに「お願い」と1時間くらい風呂にはいって来るようにいった。  

風呂にはいってると、べつの年配女の2人つれがはいってきた。一人は老婆で歩けない。「君てつだって」といわれた。いわれるまま老婆を横から肩車した。胸、脇腹、腰、ふとももを密着させて、湯船まで中腰でつれて歩いた。また勃起した。2人ともおれの下腹部を何度も見ていた。若い方が何度もありがとうねといった。  

老婆はみためより重かった。おれは湯船にへたりこんだ。おれをはさんで2人が湯船すわりこんだ。ぴったり体を寄せてきた。「君は一人?家族は?」などと聞かれた。それまでのことを正直に話した。「えー」「きゃはは」などとわらいながら聞いてた。

若い方が「じゃ君はさみしいね」といって、いきなりおれをもちあげ、自分の膝のうえにのせて、下腹部を自分の目の前にした。「くわえさせて」といって勃起したものをくわえた。おれは若い方の両足の付け根にてをのばした。十分ぬれてた。いじった。ときどき反応して腰をひねった。

「いれさせてほしい」といったら若い方は湯船のふちに手をついて、尻をつきだした。「どうぞ。でもわかる?したことある?」といわれた。おれは無言で挿入した。すぐはてた。湯船のふちに腰掛けたら、こんどは老婆があそこをにぎった。また立ったがすぐに精液がすこし出た。  

翌朝、叔父に「また来よう。父母に内緒だぞ」といわれ、おれはうなづいた。そのとき、叔母はうれしそうにおれのくちびるを奪った。

 - 未分類 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
マキとの関係

 姪っ子のマキ(高一)とお金を払ってエッチな事をする関係が続いています。 金額の詳細は マンコ触り(指入れも)オッパイ揉みと乳首舐め 手コキ が各五千円。 キス(舌入れは二千円アップ) が七千円。 フェラが一万円。 こんな金額です。全部フルにすると二万五…

no image
パチ屋

パチ屋で知り合った人妻(Y子)と仲良くなりました。何度か顔を合わせてるうちに、親しくなっちゃって…。夏だし、薄着で体型はムッチリしててエロいんだよね。本命の彼女はスレンダーで、一度ムッチリしてる人とやってみたいとひそかに憧れてた。ある日、Y子が俺の気持ち…

no image
★痴漢されて当然の服装

 Y液近くで超挑発する服装の女発見。とりまかぜ通しの良い白の良い透けすけカーディガンに下はすぐ黒ぶら。おっぱいはカーディガンで隠しながら歩いていたが、Kカップは有りそうで。いやある。ほぼほぼブラからこぼれて乳首が見えそう。 下は長いストレッチのピチピチスカートにモリマン先端まであろうかと言うスリット。良く確認したらモリマン近くまでのミニスカートはいてた。横には高校生の男をつれていた。これは予想だか

no image
妻の妹に手を出してしまった告白

 私は45歳、あるデパートのスポーツ用品売り場で勤務しております。妻も同じデパートの食料品売り場で、係長までしていて勤務は約19年。43歳です。僕は大学生時代は、バスケットボールの選手でしたが、これでは食えないので、デパートに誘われて働きました。妻も16歳から22歳までは、女性のファッションモデルをしていて、それなりに人気がありました。 でもある俳優さんとの不倫で、写真週刊誌などで話題に上りモデル

no image
痴女っ娘クラブ

「うん、今日も可愛いわ……ふふふ」鏡に映った自分の姿に、満足げに微笑む少女…この辺りでは名門校として知られる女子校の制服を着ている。黒のストレートの髪は肩口より僅かに長い、その顔には年齢相応のうっすらとした化粧が施されている。特に唇は艶めかしいぬめりを持…

no image
★痴漢の微妙なタッチに病みつき

 通学で電車を使ってます。毎朝身動きできないくらいのラッシュ。ある日、お尻にもぞもぞと動く感触に痴漢だ!とすぐにわかりました。周りを見ても誰だかわからないし、動くにも動けずもともと小心者の私は声も出す事も出来ずにいると、 プリーツスカートの中の太ももに手が入り込んで、撫でまわされ、お尻をつかまれ、揉まれ、何も出来ない私をいい事にエスカレートして、直にお尻をまさぐられワレメにも手が・・処女でオナニー

no image
知り合いの娘

Aさんとの関係が続いて4年位たったころです。関係が始まった頃、まだ中学生だったYちゃんも19歳になっていました。当時、僕はスタンドで、働いていて、土曜の夜にはよく、峠を攻めに行っていました。愛車は、もちろん、86トレノです。Yちゃんも、免許を取り、車を持…

no image
ひらいて【二次創作】

「ひらいて」かさついた指先。そのごつごつとした四角い掌。丸い肩から伸びた二の腕の、少しだけ残った半袖の日焼け跡。その腕に抱かれてまどろむ午後を、私はこんなにも求め続けていた。「ひらいて」たとえは灰色のソファーベッドに三角に座った私に跪いて、私の膝小僧に手…

no image
★人妻と円をした体験談

 今回ははじめて円を利用?したときの話を書きます。自分は外回りの仕事をしているのですが、数年前のある日、非常にむしゃくしゃしていて円のサイトを見ていたら、近くで32歳の主婦の募集があったので「別1でどうですか?」と返事したら「いいですよ」との事。 仕事中?もうどうでもいいや!ということで、待ち合わせ場所に駆けつけました。まあ、年齢なりといった感じのちょいヤンキー入った感じの女性。ぎこちないながらも

no image
★俺の担当者の女性とのエロ事

 二年前おれは仕事のことで悩んでた。ものすごく上司とあわなかったのな。上司はいつもおまえはまだ何もできないだろ?って奴で、いい意味では親分肌だったけど。おれは新入社員からその上司についてたから、まあ、社会の常識とかもその上司に教えてもらってた。  ただ時間が経ってもおれへの認識を変えてくれない上司に…結構イライラがたまってた。おれのいた部署は営業で、営業補佐事務の女の子が付いてくれるの。で、おれを担