エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

ルージュの告白

   

20代OLです。
すべてひとりの男性との経験ですが、セックス告白してもいいですか?
たくさんあるので、少しずつ書いても書ききれないかもしれませんが。

最初に、つい最近あったことから。

ホテルでエッチ(昼間)をして、そのあと裸で抱き合っていたら、
携帯に電話。
無視して留守電に切り替わるのを待ってから着信を見たら、姉からでした。

彼が「かけたら?」というので、ベットから離れて窓際からかけなおしたら、
姉と話している最中に、彼が後ろから優しく抱きしめてきて、
そのまま立ったまま挿れられた。

「わかった」「んーと、それはね...」とか平静に言うのがやっと。
後ろで彼は腰をつかんで激しいピストン。
吐息でばれそうで、必死でした。
気付かない姉はゆっくり話すし、、、

ようやく切ったら力が抜けて、
溶けそうな身体をやっと壁にもたせかけて、
されるがままに快感に身をゆだねました。
耐えていた分、激しくあえいでしまい、
彼も荒い息遣いでうめくように...

彼も息をひそめて犯していたんだと思うともっと興奮してしまい、
あえぎながら名前を呼び合い、深い深いキスをしながら、
ベッドに戻って何もかも開放して愛し合いました。

彼はエッチ行為をデジカメで撮影するの大好きです。
始めは2人とも勢いだったし、抵抗もあったけど、、、
2人のセックスを撮影したビデオも沢山あります。
本当に好きだから、それすらもとても大切なものです。

彼と出遭って、口でするのが好きになりました。
恥ずかしいけど、いつも我慢できなくなるのは私の方。
キスをして、彼のシャツの上から乳首を愛撫してあげて、
彼も私の身体をまさぐるけど、
いつも私が我慢できなくなって、彼のベルトに手をかけてしまうの。

ビキニパンツの上から頬ずりしたら、
お互いにたまならなくなるから、
それも脱がして、彼の***をそのまま頬張るの。
信じてもらえないかもしれないけど、おいしいの。
もちろん、味じゃなくて、愛とか気持ちの問題なんだけど。

おしゃぶりの仕方は、その日によって変える。
たっぷりなめたり、しゃぶったり、その他....
彼の求めていることを、彼の溶けそうな見下ろす瞳や、
吐息や、快感に耐えてしかめつらした顔で、判断するの。
もちろん冷静にじゃなくて、そういうエッチなことがしたくしてしたくてたまらなくなる。

実は彼も、私と出会ってからF**されるのが好きになったんだって。
私が上手だったわけではなく、
2人の愛情で、どんどん2人がなにが気持ち良いのか、分かるようになった。
(衝動的、情熱的でとろけそうな研究)

彼が最近1番好き(だと思う)のは、
タマタマ(こういう台詞、普段言葉では言えないけど)を含んでなめなめしたあとに、
お尻の穴まで丁寧になめて、
そのタマタマとお尻の穴の間を、丁寧に時間をかけてなめること。
彼は思わずあえいでしまいます。

手ではおちんちんを握って上下してあげます。
先っぽにはつばをたっぷりつけて、ぬるぬると全体をしごいてあげます。
フルコースでしてあげるには体勢が大変なので、
私は彼を四つんばいにさせます。
彼の足の間に仰向けになったり、後ろから攻めたりします。

今でも、その格好は女の子のように恥ずかしがりますが、
実は歓んでいるのがわかるので、
普段は従順な私ですが、その時は強い言葉でその格好にさせます。
あお向けで、足をMの字に開かせてしてあげることもあります。

思い出しても愛しい...

もちろん、その後の彼は激しいです。
してあげたこと以上に愛してくれます。

完全な男に戻り、私はされるがまま。
愛されながら、魚がはねるように、何度もイかされてしまいます。
溶けてしまいます。
彼のものが入ってきて、見つめあってキスをして、
だんだん激しく動きはじめる時の高揚は、
何度味わっても忘れられません。

外で最後までしてしまった経験。

1.エレベータの中
  (深夜の雑居ビル。
   また後ろから。止まっていると開けられてしまうので、
   行ったり来たりしながら。
   私の手がボタンの付近の壁を耐えるようにつかむようにしているのが、
   色っぽかったそうな)

2.観覧車
  (東京の某遊園地の観覧車はカーテンがついていて...。
   前に下りてくるカップルも、心なしか顔が紅潮していたような。
   それで私たちも、思わず...?)

3.都心の有名な公園。
  公園でキスをしていたら、変な気持ちになってしまい、
  薄暗くなってから、彼の股間に顔をうずめて軽く(でも生で)キス。
  いよいよ我慢できなくなって、そこの駐車場でしてしまった。

4.仲間で行ったスキー旅行の有名ホテル。
  男女でいくつかの部屋に分かれたが、当然私たちは別部屋。
  深夜(明け方?)密会して、非常階段で。。。


まだあるけど、この辺で。

20代OLです。
すべてひとりの男性との経験ですが、セックス告白してもいいですか?
たくさんあるので、少しずつ書いても書ききれないかもしれませんが。

最初に、つい最近あったことから。

ホテルでエッチ(昼間)をして、そのあと裸で抱き合っていたら、
携帯に電話。
無視して留守電に切り替わるのを待ってから着信を見たら、姉からでした。

彼が「かけたら?」というので、ベットから離れて窓際からかけなおしたら、
姉と話している最中に、彼が後ろから優しく抱きしめてきて、
そのまま立ったまま挿れられた。

「わかった」「んーと、それはね...」とか平静に言うのがやっと。
後ろで彼は腰をつかんで激しいピストン。
吐息でばれそうで、必死でした。
気付かない姉はゆっくり話すし、、、

ようやく切ったら力が抜けて、
溶けそうな身体をやっと壁にもたせかけて、
されるがままに快感に身をゆだねました。
耐えていた分、激しくあえいでしまい、
彼も荒い息遣いでうめくように...

彼も息をひそめて犯していたんだと思うともっと興奮してしまい、
あえぎながら名前を呼び合い、深い深いキスをしながら、
ベッドに戻って何もかも開放して愛し合いました。

彼はエッチ行為をデジカメで撮影するの大好きです。
始めは2人とも勢いだったし、抵抗もあったけど、、、
2人のセックスを撮影したビデオも沢山あります。
本当に好きだから、それすらもとても大切なものです。

彼と出遭って、口でするのが好きになりました。
恥ずかしいけど、いつも我慢できなくなるのは私の方。
キスをして、彼のシャツの上から乳首を愛撫してあげて、
彼も私の身体をまさぐるけど、
いつも私が我慢できなくなって、彼のベルトに手をかけてしまうの。

ビキニパンツの上から頬ずりしたら、
お互いにたまならなくなるから、
それも脱がして、彼の***をそのまま頬張るの。
信じてもらえないかもしれないけど、おいしいの。
もちろん、味じゃなくて、愛とか気持ちの問題なんだけど。

おしゃぶりの仕方は、その日によって変える。
たっぷりなめたり、しゃぶったり、その他....
彼の求めていることを、彼の溶けそうな見下ろす瞳や、
吐息や、快感に耐えてしかめつらした顔で、判断するの。
もちろん冷静にじゃなくて、そういうエッチなことがしたくしてしたくてたまらなくなる。

実は彼も、私と出会ってからF**されるのが好きになったんだって。
私が上手だったわけではなく、
2人の愛情で、どんどん2人がなにが気持ち良いのか、分かるようになった。
(衝動的、情熱的でとろけそうな研究)

彼が最近1番好き(だと思う)のは、
タマタマ(こういう台詞、普段言葉では言えないけど)を含んでなめなめしたあとに、
お尻の穴まで丁寧になめて、
そのタマタマとお尻の穴の間を、丁寧に時間をかけてなめること。
彼は思わずあえいでしまいます。

手ではおちんちんを握って上下してあげます。
先っぽにはつばをたっぷりつけて、ぬるぬると全体をしごいてあげます。
フルコースでしてあげるには体勢が大変なので、
私は彼を四つんばいにさせます。
彼の足の間に仰向けになったり、後ろから攻めたりします。

今でも、その格好は女の子のように恥ずかしがりますが、
実は歓んでいるのがわかるので、
普段は従順な私ですが、その時は強い言葉でその格好にさせます。
あお向けで、足をMの字に開かせてしてあげることもあります。

思い出しても愛しい...

もちろん、その後の彼は激しいです。
してあげたこと以上に愛してくれます。

完全な男に戻り、私はされるがまま。
愛されながら、魚がはねるように、何度もイかされてしまいます。
溶けてしまいます。
彼のものが入ってきて、見つめあってキスをして、
だんだん激しく動きはじめる時の高揚は、
何度味わっても忘れられません。

外で最後までしてしまった経験。

1.エレベータの中
  (深夜の雑居ビル。
   また後ろから。止まっていると開けられてしまうので、
   行ったり来たりしながら。
   私の手がボタンの付近の壁を耐えるようにつかむようにしているのが、
   色っぽかったそうな)

2.観覧車
  (東京の某遊園地の観覧車はカーテンがついていて...。
   前に下りてくるカップルも、心なしか顔が紅潮していたような。
   それで私たちも、思わず...?)

3.都心の有名な公園。
  公園でキスをしていたら、変な気持ちになってしまい、
  薄暗くなってから、彼の股間に顔をうずめて軽く(でも生で)キス。
  いよいよ我慢できなくなって、そこの駐車場でしてしまった。

4.仲間で行ったスキー旅行の有名ホテル。
  男女でいくつかの部屋に分かれたが、当然私たちは別部屋。
  深夜(明け方?)密会して、非常階段で。。。


まだあるけど、この辺で。

 - 未分類 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
小・中学時代の追憶(1)

 このシリーズ、「小・中学時代の追憶」と称する以上、もちろん実体験であって、単なる妄想や作りごとの類ではないのですが、なんせ事件によっては二十●年以上前の出来事だったりするので、事実関係がかならずしも正確とは言えないことをまずお断りしておきます。 前回の…

no image
同僚の娘9才綾香

・・・↓の続き綾ちゃんをバスマットに立たせて全身を洗う、アソコを洗う時は手にたっぷりボディーシャンプーを付けて刺激しながら洗う何時もならアソコを洗う時はお互いが触り合いながらだが、紀子ちゃんがいるのでノーマルに洗ったがクリを刺激すると感じたのか反応を示す…

no image
先輩カップル。

今年の秋に先輩カップルの正志さん(28)と志穂さん(28)と一緒に那須の別荘に遊びに行った時のこと。ちなみに自分は浩二(22)彼女は優(20)で優は色白で胸はCカップ顔はホントに結構かわいいと思う。夜になり4人で呑んで楽しく過ごしていた。先輩カップルは8…

no image
妹観察記録

2歳年下の妹の体に興味を持ったのは、俺が小学校6年生の時だった。最初は単なる興味本位だった。しかし、眠っている妹の性器に初めて触れた時、想像をはるかに超えるその柔らかさに一瞬で心を奪われてしまった。その日から、俺は妹にはっきりと性欲を抱くようになった。そ…

no image
妹の浮気現場・続き

 妹はゆっくりとKのチンポを咥えフェラしはじめた。 突然わたしの携帯がけたたましく鳴り響く。 わたしは慌ててその携帯を放り投げ、ベッドの下に潜り込んだ。 妹たちもびっくりしたのだろう、わたしがいた寝室に来て「なにーこれ兄貴の携帯だよー。びっくりさせるなぁ…

no image
バスの添乗員さんとのエロ話

 僕が過ちを犯した話です。当時僕は大学生で21歳で二つ下の恭子という彼女がいました。僕は恭子のことが大好きで、学校を卒業して仕事に就いたら結婚も考えてました。夏休みを利用して旅行へ行こうということになり、海はよく一緒に行っていたので、今回は北陸へ観光へ行くことにしました。3泊4日の旅で、北陸は初めてだったので、添乗員さんが付いてくれるプランにしました。

no image
一回の過ち

ある地方都市に住む内科医の妻です。私達夫婦はボランティアやゴルフのコンペに参加するグループを作ってアクティブに活動しています。毎月、このグループのなかで参加者を募りコンペに参加していますが、そのなかにN医師が居ます。彼は私より10歳年下の外科医です。私の夫…

no image
彼女が欲しくエッチがしたかったので

 俺は正直そんなにモテないし友達づきあいも苦手なので、友達にコンパや紹介などに誘われる事も少なく、基本一対一じゃないと女性と話ができない人間だ。しかもSの精神が強く女の子をいじりたくなったり、いじめたくなったりと散々エッチをする時もソフトSMをするのが大好きだった。

no image
★人目がなければ男は何処でもできる

 少し前の事なんですけどね。野外露出をしました。彼女を車に乗せて山に向かってドライブ。山道に入ったところで彼女に裸になってもらいました。そのままやったら丸見えなんで私のシャツを羽織らせました。もちろん前のボタンは開けたままです。 寂しい山道やからすれ違う車もありません。時折、前を全開にはだけます。横目で彼女の裸をチラリチラリ・・道路の隅に車の止めれるスペースを発見!そこに車を止めました。私はタバコ

no image
★人妻ってホントにいいですね

 以前会社にパートで来ていた人妻さん、俺の仕事のアシスタントのように、いつも書類の整理や物品の受け取りには車で一緒に行動してしていたので、車の中で色々話をしていた。少しポッチャリで顔は並の人だった。いつの間にかその人の旦那の話をするようになり、旦那はあまり構ってくれないらしい。 ある日の夕方もう暗くなってから自然とお互いの手が触れたりしてとうとう車を停めて抱き合ってしまった。「もう私貴方のが欲しく