エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

春休み

   

20歳くらいの頃、 同じ遊び仲間のグループがあって、そこに2つ下の人懐っこい女の子の友達がいた。
彼女は無邪気でいつも甘えてくる妹みたいな存在。
ある日、彼女は学校が春休みだからずっと家でヒマをもてあましてると言った。
家も近くだったから、電話をいれてみた。

「もしもし、」
「あ?○○(オレの名)連絡くれたの?うれしい」受話器のむこうからはしゃぐ声
「うん。今なにしてる?」
「う?んお食事してる」
「一人なの?」
「いま、お留守番なの。誰も居ないよ」
「じゃあ、いまから行ってもいい?」
「ほんと!待ってる」

家に到着。
部屋に入ってしばらく、2人でアルバムとか見てたりお話したりしてるうち、頬が触れたのでなんとなくお互いキスをした。
彼女を、抱き寄せるようにひざの上に乗せて抱きしめながらさらにお互い舌を絡め、濃厚なキスを続けた。
最初はほんの戯れだったが、もう頭が真っ白。彼女も抵抗はみせない。手を下へスライドして服の上から胸を触りながら、夢中で首筋にたくさんキスをした(首フェチなので)
そして、セーターに手を入れてブラをはずした。
「だめ。明るいから・・・」あうっ・・カーテンは閉めてあるが、まっ昼間、部屋は明るい。
「じゃあ、さわるだけ」
「うん」
彼女の乳房は小さい体の割には思ったより、大きくやわらかかった。指で軽く乳首をさするように揉んでみた。彼女は体をビクッとさせ
「・・んぁ・・」と、か細い声を漏らした。

どうしても生で胸が見たくて、さりげなく服のすきまから確かめるように胸を見た。彼女はとても肌が白く、乳房とても綺麗な形をしていた。
突然「みたぁ?、見たでしょ?」と顔を近づけてきた。
「見た・・ごめんでも綺麗だった・・」むくれていたがそんなに怒った顔はしていなかったので、少しほっとした。
調子に乗った俺はあそこが濡れていないか気になって短パン?に手を入れた。(あ、ショートパンツか!)
その下は、ストッキングを履いていて股のつけ根あたりに指を這わせる。
今度はストッキングの下に手を伸ばし、パンツの中に手を入れようとすると彼女が手を掴んできた。
「だめ・・・」
「だめ?」
「だーめ、だめ」  ここまできて・・。彼女はけっこう強く拒むのでムリと思った。

じゃあ、ストッキングの上からパンツに手を入れていい?
「えー、それって生で触るのと一緒じゃない。」(その通りです)と言っていたが、すでにパンツの中に指を滑り込ませていた。
ストッキングの越しでもあそこが湿ってるのがわかった。
クリトリスをしばらく撫でていると
「痛い・・」どうやらストッキング越しでは、敏感なクリトリスは刺激が強すぎたみたいだった。
「生でいい?」コクリと無言で頷く。パンツに手をいれた。まさぐると手のひらに陰毛があたる。感触は少し固めだった。
濡れたあそこに指を這わすように撫で、クリトリスを指で撫でた。思ったより大きく固く勃起していた。

「ここ?クリトリス?」
「ん」
「感じる?」
「ん」
彼女はベットに横たわり乱れた服がよけい興奮を覚えさせた。
表情は髪に隠れて見えないが時折、開いた口元から
「はぁ、んん・・」と吐息が漏れていた。
一度パンツから手を抜いて、指を見たらぬらぬらしてた。
鼻に近づけると彼女はそれに気づいて
「やあぁ!匂わないで!!」と泣きそうな声で手を強くつかんできた。
「わかった、もうしないよ。ごめん」
俺はGパンを脱ぎ、いざ!という時、彼女は言った。

「アレ持ってる?」
「え?コンドーム?いやもってない・・・」
「いま、危険日かも・・」あうぅ・・ しまった痛恨の一撃!!
そう、とつぜんの訪問にそんな用意をしてるわけがなかった。
俺というと、下半身はブリーフ一丁のはづかしい姿。彼女は俺のムスコを見て
「興奮しちゃってるね、かわいそう。」
の時、2週間も溜まっていたので、アレは激しく勃起していた。
「あとね、もうすぐ親かえってくるかも」げっマジ?
「口でやってよ」
「やだぁ・・」
「・・・じゃあ、手でやってくれる?」
「それならいいよ」
「どうやってやるの?」
「こうやって・・・」

ブリーフを脱ぎ、ベットに仰向けになった。向かい合う形でお互い肩に顔を向き合う形で、彼女に右手でアレを握ってもらった。
ほのかに上気した彼女の顔、髪のいい匂いがした。
彼女の手を取り、アレを握らせた。飛ばないように親指で先っちょを押えるようにしてもらった。
「で、上下にこするの」
「こう?」
慣れない手つきでシコシコシコ・・・そして・・・数分後、どくどくと大量の精液がでた。「ううぁ・・」思わずうめき声が出た。
彼女を抱きしめながら果てた・・・先っちょを押さえてたので、精子は下に流れぐちょぐちょ音がした。
しばらく彼女を抱きしめ余韻にひたった。彼女はたくさん出た精子を興味深そうな目で
「わー、こんなに出るものなの?」
「いや、溜まってたから」
「手、ねちょねちょ。」

「ごめん、ティッシュ取るから・・」
ティッシュを探す俺の後ろで彼女は
「どんな味がするのかな?」なんて言ってたので、あとで
「もしかして舐めた?」と聞いたら
「舐めないよ?」
「ほんとに?マジでどうなん?」とつっこんで聞いてみたが
「うふふ、ないしょ」と笑いながらごまかされた。

こんなキモチイイ射精は後にも先にもこれだけです。テックスよりずっとよかった。

20歳くらいの頃、 同じ遊び仲間のグループがあって、そこに2つ下の人懐っこい女の子の友達がいた。
彼女は無邪気でいつも甘えてくる妹みたいな存在。
ある日、彼女は学校が春休みだからずっと家でヒマをもてあましてると言った。
家も近くだったから、電話をいれてみた。

「もしもし、」
「あ?○○(オレの名)連絡くれたの?うれしい」受話器のむこうからはしゃぐ声
「うん。今なにしてる?」
「う?んお食事してる」
「一人なの?」
「いま、お留守番なの。誰も居ないよ」
「じゃあ、いまから行ってもいい?」
「ほんと!待ってる」

家に到着。
部屋に入ってしばらく、2人でアルバムとか見てたりお話したりしてるうち、頬が触れたのでなんとなくお互いキスをした。
彼女を、抱き寄せるようにひざの上に乗せて抱きしめながらさらにお互い舌を絡め、濃厚なキスを続けた。
最初はほんの戯れだったが、もう頭が真っ白。彼女も抵抗はみせない。手を下へスライドして服の上から胸を触りながら、夢中で首筋にたくさんキスをした(首フェチなので)
そして、セーターに手を入れてブラをはずした。
「だめ。明るいから・・・」あうっ・・カーテンは閉めてあるが、まっ昼間、部屋は明るい。
「じゃあ、さわるだけ」
「うん」
彼女の乳房は小さい体の割には思ったより、大きくやわらかかった。指で軽く乳首をさするように揉んでみた。彼女は体をビクッとさせ
「・・んぁ・・」と、か細い声を漏らした。

どうしても生で胸が見たくて、さりげなく服のすきまから確かめるように胸を見た。彼女はとても肌が白く、乳房とても綺麗な形をしていた。
突然「みたぁ?、見たでしょ?」と顔を近づけてきた。
「見た・・ごめんでも綺麗だった・・」むくれていたがそんなに怒った顔はしていなかったので、少しほっとした。
調子に乗った俺はあそこが濡れていないか気になって短パン?に手を入れた。(あ、ショートパンツか!)
その下は、ストッキングを履いていて股のつけ根あたりに指を這わせる。
今度はストッキングの下に手を伸ばし、パンツの中に手を入れようとすると彼女が手を掴んできた。
「だめ・・・」
「だめ?」
「だーめ、だめ」  ここまできて・・。彼女はけっこう強く拒むのでムリと思った。

じゃあ、ストッキングの上からパンツに手を入れていい?
「えー、それって生で触るのと一緒じゃない。」(その通りです)と言っていたが、すでにパンツの中に指を滑り込ませていた。
ストッキングの越しでもあそこが湿ってるのがわかった。
クリトリスをしばらく撫でていると
「痛い・・」どうやらストッキング越しでは、敏感なクリトリスは刺激が強すぎたみたいだった。
「生でいい?」コクリと無言で頷く。パンツに手をいれた。まさぐると手のひらに陰毛があたる。感触は少し固めだった。
濡れたあそこに指を這わすように撫で、クリトリスを指で撫でた。思ったより大きく固く勃起していた。

「ここ?クリトリス?」
「ん」
「感じる?」
「ん」
彼女はベットに横たわり乱れた服がよけい興奮を覚えさせた。
表情は髪に隠れて見えないが時折、開いた口元から
「はぁ、んん・・」と吐息が漏れていた。
一度パンツから手を抜いて、指を見たらぬらぬらしてた。
鼻に近づけると彼女はそれに気づいて
「やあぁ!匂わないで!!」と泣きそうな声で手を強くつかんできた。
「わかった、もうしないよ。ごめん」
俺はGパンを脱ぎ、いざ!という時、彼女は言った。

「アレ持ってる?」
「え?コンドーム?いやもってない・・・」
「いま、危険日かも・・」あうぅ・・ しまった痛恨の一撃!!
そう、とつぜんの訪問にそんな用意をしてるわけがなかった。
俺というと、下半身はブリーフ一丁のはづかしい姿。彼女は俺のムスコを見て
「興奮しちゃってるね、かわいそう。」
の時、2週間も溜まっていたので、アレは激しく勃起していた。
「あとね、もうすぐ親かえってくるかも」げっマジ?
「口でやってよ」
「やだぁ・・」
「・・・じゃあ、手でやってくれる?」
「それならいいよ」
「どうやってやるの?」
「こうやって・・・」

ブリーフを脱ぎ、ベットに仰向けになった。向かい合う形でお互い肩に顔を向き合う形で、彼女に右手でアレを握ってもらった。
ほのかに上気した彼女の顔、髪のいい匂いがした。
彼女の手を取り、アレを握らせた。飛ばないように親指で先っちょを押えるようにしてもらった。
「で、上下にこするの」
「こう?」
慣れない手つきでシコシコシコ・・・そして・・・数分後、どくどくと大量の精液がでた。「ううぁ・・」思わずうめき声が出た。
彼女を抱きしめながら果てた・・・先っちょを押さえてたので、精子は下に流れぐちょぐちょ音がした。
しばらく彼女を抱きしめ余韻にひたった。彼女はたくさん出た精子を興味深そうな目で
「わー、こんなに出るものなの?」
「いや、溜まってたから」
「手、ねちょねちょ。」

「ごめん、ティッシュ取るから・・」
ティッシュを探す俺の後ろで彼女は
「どんな味がするのかな?」なんて言ってたので、あとで
「もしかして舐めた?」と聞いたら
「舐めないよ?」
「ほんとに?マジでどうなん?」とつっこんで聞いてみたが
「うふふ、ないしょ」と笑いながらごまかされた。

こんなキモチイイ射精は後にも先にもこれだけです。テックスよりずっとよかった。

 - 未分類 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
デパガのノリカです。

ノリカがデパガ1年生の時のお話です・・・高卒の女の子ってえ、ふつう食品とかに配属なのにぃ、急に欠員が出たとかいってえ、ノリカぁ、いきなり婦人フロアに配属されちゃったんですぅ。ほんとぉ、婦人はモデルみたいな先輩ばかりなのでえ、B102W76H98のぉ、ぽっ…

no image
年下から調教されちゃうなんて

夏のある日、友達の家にCDを返しに行ったら その友達がいなくて妹が出てきたことがあった。 何度か会ったことはあるけど挨拶くらいでちゃんとしゃべったことはない。 出かけてると言われ、CDを渡してくれるように頼み家を後にした。 階段を下りてマンションの下のところで友…

no image
2008年の姫始め

2007年の大晦日に、友人とカウントダウンを迎えた後の話です。先週、「カウントダウンはどう過ごす?」と友人に尋ねられ、私は「多分、テレビを観ながら過ごすことになるんだろうな」と答えました。今年で29歳になる私は、遠く離れた実家に戻る旅費や時間がもったいな…

no image
水泳の授業をサボろうとした結果

 夏なので体育で水泳をやったときのことですが、私は泳ぎも苦手で見学してぼーっとしてる方が好きなので、生理を理由にしてさぼることにしました。 ところが、体育の先生は、よくチェックしてるんですよね。 生理の時期が違うことに気づき、それでつっこまれたので返答に…

no image
海にドキドキ感を求めて行った時の話

 何かドキドキ出来ることはないかなとずっと探してました。地元は海沿いにあり、穴場もたくさんあるので、夏ですし何となく海って何かあるかもという軽い気持ちで海へ。そこは穴場でせまいビーチですが、その日は男性数人とカップルが人組と家族連れが1組だけ。 私はもしかしたら海に入るかも、と思って着替えやすいTシャツワンピのみで一応ビキニも持って行きました。行ってみたらものすごくのんびり出来る環境。しばらく浜辺

no image
★風俗レビューの告白・・1/2

 就職して3年ぐらいの少し余裕が出来た頃、先輩に誘われて初風俗デビューした。正直俺はモテなかったし、女の経験だって1人しかいなかった。そんなレベルで行くとハマるぞ!とよく言われてたから、自ら行こうとはしなかった。金曜だったかな、飲んでる時に「風俗行くか!」となり、そのまま連行された。 初めての風俗だからそれはもう究極に緊張してた。池袋の細長いビルで、ケバケバしい外観の入り口を今でも思い出します。週末

no image
小1でディープキス~クンニ、フェラ

俺が小5~6くらいの話夏休みに親の知り合いの人の家に数日泊まりにいった外で遊んでいるとその人の家の隣に住んでる同い年の男の子と仲良くなったタメという事もあり話が合い、その日は彼の家に泊まる事になった家に行くと彼の弟(小3くらい)と妹Aちゃん(小1、美系)がいた…

no image
忘れられない思い出

「カズが今度通う高校ってさぁ…」ナルが僕のベッドの上で、つまらなそうに切り出した。仄かなBabydollの香りが女のコを感じさせる。僕は、この匂いをさせるナルが好きだった。「なんだよ?」「共学なんよね?」「当たり前だよ。俺最初っから男子校だけはパスって思ってたか…

no image
夫にもされたこのないことを

私は東京外国語大を卒業し松○電工の本社に就職しました。今は名前が変わってしまった会社です。そこで5つ年上の今の夫と知り合い、25歳の時に結婚しました。夫は私を本当に愛してくれ、私も夫を心から愛し、幸せな結婚生活でした。しかし、結婚から1年後、義父が舌癌に掛か…

no image
戸田エ○カ

夏休み限定のつもりでバイトしてましたが、戸田エ○カに会えるので続けることにしました。でも、学生なので平日は夜からになってしまい、いつもの時間じゃなくなってしまい今日まで会えませんでした。でも、今日やっと会えました。久しぶりに見て、喜んでたらレジに来て、「…