エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

夫の悪戯 クリスマスの出来事

   

2013年もクリスマスの日が近づいて来ました。
去年は、夫の友人達にエッチな姿を見られ体を弄ばれたのを思い出します。

「なぁ、今年も友達が一緒にクリスマスしたいって言ってるんだけど、良いよな」
「えっ、山口さんと伊沢さん?」
「あ〜、あいつ等独身だから淋しいだと」
「ん〜」
断る事も出来ず、今年も一緒にクリスマスを祝う事になった私。
例の如く、夫からサンタの衣装を着る事をお願いされた上にノーパンまで指定されたんです。
「ノーパンはヤダ!」
「いいだろ!去年は凄く興奮したし、今年も見たいよ」
「だって・・・友達も来るんでしょ・・・ダメよ」
「少しでいいからさぁ!いいだろ」
「もう!」
いつもながら夫が言いだしたら諦めが悪く、結局私が”うん”って言ってしますんです。

クリスマス当日の夕方、夫から電話が来て”服装大丈夫?ノーパンね”って念を押されました。
シャワーを浴びて、サンタの衣装に着替えると下着は付けませんでした。
白い太腿丈のストッキングにガーターベルトを付け、アソコは丸出しです。
鏡に映る自分の姿を見るだけで恥ずかしく、顔が火照ってきます。
夕食の準備を始め、テーブルに並べている時、夫の友人が訪れたんです。
「皐月ちゃん、久しぶり・・・相変わらずエッチな姿だね!旦那の指示かな?」
「もう山口さんそんなエッチな目で見ないで下さい」
「だって・・・なぁ!」
「もう、だから嫌だったのに・・・」
「って言う事は・・・今年もノーパンかな?」
「違います・・・」
そう言いながら2人が玄関先からリビングに歩き出した瞬間、山口さんと伊沢さんが私のスカートの
中を覗き見!
「やっぱりノーパンだ!」
「キャッ・・・エッチ」
「もう濡れているんじゃない?」
「お願い!何もしないで・・・あの人直ぐに来るって電話あったから」

そう言いながら急いでトイレに向かうと、エッチな汁が溢れ太股を伝って流れていました。
”ヤダ!こんなに濡れてる”そう思いながら拭き取ると、アソコがジンジン疼いているのが分かります。
冷静になりながら2人の待つリビングに戻ると、夫が帰宅して来ました。
「お帰り!」
「おっ、凄く可愛いよ!・・・ノーパン?」
「ん〜もう恥ずかしいから履いてもいい?」
「もう少し楽しませてくれよ。今帰ったばかりなんだし」
「ん〜少しだけね」

そう言って中に入ろうとした夫の後ろには、夏に風呂を覗いた中学生2人が立っていたんです。
「こいつら、クリスマスにブラブラ暇そうにしてたから一緒に祝おうかと思って連れて来た」
「そうなの・・・」
「こんばんは、クリスマスって感じですね」
私の姿を見ながらジロジロ見られ、何だか嫌な予感がしました。

始め中学生も大人しい感じでしたが、時間と同時に山口さんと伊沢さんにも慣れた様で、大人の
エッチな話に盛り上がり始めていました。
夫も酒を飲み始め、山口さんに酒を勧められ私も酒を飲み始めたんです。
1時間も過ぎると、夫はすっかりヘロヘロでソファーの深く横になる始末。
夕食の食器の片付けを始めると中学生の2人が手伝ってくれたんですが、キッチンの陰に移動すると
2人は手をスカートの中に入れて来ました。
「ノーパンだったんだ!エッチだな!」
「違うの!」
「もう凄い濡れてるんじゃない!」
山口さんと伊沢さんの視線、中学生の視線にアソコはダラダラとエッチな汁を溢れさせ、酒の勢いも
あり身体は火照っていたんです。
「ダメ!あんまり弄らないで・・・」
「だって凄いヌルヌルだよ。指何本も入っちゃうね」
「そんなに入れないで・・・逝っちゃうわ」
「こんな所で逝っちゃったら、きっと大人の人にバレちゃうね」
「んっ・・・・あぁぁ〜ダメぇぇぇ・・・・」

中学生相手に私は下半身をヒクヒクさせながら逝ってしまったんです。
そんな姿を山口さんと伊沢さんが見逃す訳も無く、直ぐにキッチンへ来ると、
「皐月ちゃん!中学生にまで体を弄ばれてたんだ」
「違うの!あの人にバレちゃう・・・お願い、言わないで」
「大丈夫!アイツすっかり酔って寝そうだから、気づいていないよ」
「そうなの?でも心配」

そんな中、中学生は手を放す事無く指を穴に入れたまま、出し入れを繰り返してました。
「お前らエッチだな!もっと凄いの見せてやるからなぁ」
「駄目よ!変な事しないで」
「皐月ちゃん!去年のプレゼント持って来て」
「あれは駄目よ」
「じゃ、一緒に2階で探そうかな?」
そう言いながら山口さんに連れられ2階の寝室に行くと段ボールに入れていた道具が
見つけられました。
そしてその場で全裸にされた私は体中をロープで縛られ、バイブとアナルパールを差し込まれ
た状態でサンタの服装に戻されたんです。
リビングに戻ると夫は既にイビキを掻き寝ている様で、その横で中学生にエッチな姿を見られた上に
道具を手にした中学生がバイブのスイッチを強弱させならが出し入れを繰り返したのです。
私は直ぐに2度目の絶頂を迎え、4人に見つめられる中ヒクヒクと体を震わせ逝ったんです。
山口さんと伊沢さんは私の逝く姿を見ながら、クリトリスと刺激し始め皮を捲られるとローターを
押し当てて来ました。絶頂を迎えたばかりで敏感になったクリトリスの刺激は凄く、私は今まで
感じた事の無い刺激と興奮、やがてオシッコが漏れる感覚に陥ると同時に生暖かい感触と同時に
陰部から大量の潮を噴き上げたんです。
物珍しい目で、中学生2人が見入っている中、私は更に山口さんの手マンで潮を噴き続けさせられたんです。
その後は意識朦朧となり、正直何が生きているか分かりません。
だた男4人が全裸で代わる代わる私と繋がった事は確かなようです。

何時間が過ぎたんでしょうか?
私は中学生2人と一緒に風呂に入っていました。
風呂でも私は1人にバックから入れられ、もう一人の物を咥えています。
綺麗に舐めろと命令されながら、私は彼らの精液を飲まされました。
体を綺麗に洗った後、風呂から出ると夫が1人TVを見ながら水を飲んでいる様でした。

「お〜何だ風呂に入っていたのか?お前ら身体綺麗に洗って貰ったのか?」
「はい!隅々まで綺麗にしてもらいました」
「そうか!山口達は帰ったんだな?寝ちゃってて知らなかったよ」

部屋を見ると2人の姿は無く、帰った様でした。
時計を見ると12時を回っており、中学生達も帰ると言うので家まで送ってあげたんですが、
お尻や胸を揉まれながら”また遣らせろよ”と言われ”内緒にしてね”と答える私でした。

2013年もクリスマスの日が近づいて来ました。
去年は、夫の友人達にエッチな姿を見られ体を弄ばれたのを思い出します。

「なぁ、今年も友達が一緒にクリスマスしたいって言ってるんだけど、良いよな」
「えっ、山口さんと伊沢さん?」
「あ〜、あいつ等独身だから淋しいだと」
「ん〜」
断る事も出来ず、今年も一緒にクリスマスを祝う事になった私。
例の如く、夫からサンタの衣装を着る事をお願いされた上にノーパンまで指定されたんです。
「ノーパンはヤダ!」
「いいだろ!去年は凄く興奮したし、今年も見たいよ」
「だって・・・友達も来るんでしょ・・・ダメよ」
「少しでいいからさぁ!いいだろ」
「もう!」
いつもながら夫が言いだしたら諦めが悪く、結局私が”うん”って言ってしますんです。

クリスマス当日の夕方、夫から電話が来て”服装大丈夫?ノーパンね”って念を押されました。
シャワーを浴びて、サンタの衣装に着替えると下着は付けませんでした。
白い太腿丈のストッキングにガーターベルトを付け、アソコは丸出しです。
鏡に映る自分の姿を見るだけで恥ずかしく、顔が火照ってきます。
夕食の準備を始め、テーブルに並べている時、夫の友人が訪れたんです。
「皐月ちゃん、久しぶり・・・相変わらずエッチな姿だね!旦那の指示かな?」
「もう山口さんそんなエッチな目で見ないで下さい」
「だって・・・なぁ!」
「もう、だから嫌だったのに・・・」
「って言う事は・・・今年もノーパンかな?」
「違います・・・」
そう言いながら2人が玄関先からリビングに歩き出した瞬間、山口さんと伊沢さんが私のスカートの
中を覗き見!
「やっぱりノーパンだ!」
「キャッ・・・エッチ」
「もう濡れているんじゃない?」
「お願い!何もしないで・・・あの人直ぐに来るって電話あったから」

そう言いながら急いでトイレに向かうと、エッチな汁が溢れ太股を伝って流れていました。
”ヤダ!こんなに濡れてる”そう思いながら拭き取ると、アソコがジンジン疼いているのが分かります。
冷静になりながら2人の待つリビングに戻ると、夫が帰宅して来ました。
「お帰り!」
「おっ、凄く可愛いよ!・・・ノーパン?」
「ん〜もう恥ずかしいから履いてもいい?」
「もう少し楽しませてくれよ。今帰ったばかりなんだし」
「ん〜少しだけね」

そう言って中に入ろうとした夫の後ろには、夏に風呂を覗いた中学生2人が立っていたんです。
「こいつら、クリスマスにブラブラ暇そうにしてたから一緒に祝おうかと思って連れて来た」
「そうなの・・・」
「こんばんは、クリスマスって感じですね」
私の姿を見ながらジロジロ見られ、何だか嫌な予感がしました。

始め中学生も大人しい感じでしたが、時間と同時に山口さんと伊沢さんにも慣れた様で、大人の
エッチな話に盛り上がり始めていました。
夫も酒を飲み始め、山口さんに酒を勧められ私も酒を飲み始めたんです。
1時間も過ぎると、夫はすっかりヘロヘロでソファーの深く横になる始末。
夕食の食器の片付けを始めると中学生の2人が手伝ってくれたんですが、キッチンの陰に移動すると
2人は手をスカートの中に入れて来ました。
「ノーパンだったんだ!エッチだな!」
「違うの!」
「もう凄い濡れてるんじゃない!」
山口さんと伊沢さんの視線、中学生の視線にアソコはダラダラとエッチな汁を溢れさせ、酒の勢いも
あり身体は火照っていたんです。
「ダメ!あんまり弄らないで・・・」
「だって凄いヌルヌルだよ。指何本も入っちゃうね」
「そんなに入れないで・・・逝っちゃうわ」
「こんな所で逝っちゃったら、きっと大人の人にバレちゃうね」
「んっ・・・・あぁぁ〜ダメぇぇぇ・・・・」

中学生相手に私は下半身をヒクヒクさせながら逝ってしまったんです。
そんな姿を山口さんと伊沢さんが見逃す訳も無く、直ぐにキッチンへ来ると、
「皐月ちゃん!中学生にまで体を弄ばれてたんだ」
「違うの!あの人にバレちゃう・・・お願い、言わないで」
「大丈夫!アイツすっかり酔って寝そうだから、気づいていないよ」
「そうなの?でも心配」

そんな中、中学生は手を放す事無く指を穴に入れたまま、出し入れを繰り返してました。
「お前らエッチだな!もっと凄いの見せてやるからなぁ」
「駄目よ!変な事しないで」
「皐月ちゃん!去年のプレゼント持って来て」
「あれは駄目よ」
「じゃ、一緒に2階で探そうかな?」
そう言いながら山口さんに連れられ2階の寝室に行くと段ボールに入れていた道具が
見つけられました。
そしてその場で全裸にされた私は体中をロープで縛られ、バイブとアナルパールを差し込まれ
た状態でサンタの服装に戻されたんです。
リビングに戻ると夫は既にイビキを掻き寝ている様で、その横で中学生にエッチな姿を見られた上に
道具を手にした中学生がバイブのスイッチを強弱させならが出し入れを繰り返したのです。
私は直ぐに2度目の絶頂を迎え、4人に見つめられる中ヒクヒクと体を震わせ逝ったんです。
山口さんと伊沢さんは私の逝く姿を見ながら、クリトリスと刺激し始め皮を捲られるとローターを
押し当てて来ました。絶頂を迎えたばかりで敏感になったクリトリスの刺激は凄く、私は今まで
感じた事の無い刺激と興奮、やがてオシッコが漏れる感覚に陥ると同時に生暖かい感触と同時に
陰部から大量の潮を噴き上げたんです。
物珍しい目で、中学生2人が見入っている中、私は更に山口さんの手マンで潮を噴き続けさせられたんです。
その後は意識朦朧となり、正直何が生きているか分かりません。
だた男4人が全裸で代わる代わる私と繋がった事は確かなようです。

何時間が過ぎたんでしょうか?
私は中学生2人と一緒に風呂に入っていました。
風呂でも私は1人にバックから入れられ、もう一人の物を咥えています。
綺麗に舐めろと命令されながら、私は彼らの精液を飲まされました。
体を綺麗に洗った後、風呂から出ると夫が1人TVを見ながら水を飲んでいる様でした。

「お〜何だ風呂に入っていたのか?お前ら身体綺麗に洗って貰ったのか?」
「はい!隅々まで綺麗にしてもらいました」
「そうか!山口達は帰ったんだな?寝ちゃってて知らなかったよ」

部屋を見ると2人の姿は無く、帰った様でした。
時計を見ると12時を回っており、中学生達も帰ると言うので家まで送ってあげたんですが、
お尻や胸を揉まれながら”また遣らせろよ”と言われ”内緒にしてね”と答える私でした。

 - 未分類 , , , , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
高校の時から思い続けてた女の子

俺の童貞喪失は大学一年のとき。 相手は高校生の頃、ずっと想い続けてた女だったからすげー燃えたな。 まずは一人暮らしの俺んちに彼女が泊まりにきた。夜、テレビを見てたら我慢できなくなって抱きつく。 すると彼女は「電気消して、、、」と。 このとき、俺は童貞であると…

no image
★強姦が現実なのか妄想なのか

 これから書くことは、まぎれもない事実です。私は、強姦されました!何人もの男たちが代わる代わるに私の膣に突っ込んできたんです!明らかに犯罪です、婦女暴行罪です。でも私は警察には行ってません!何故?どうして?そう思われるでしょうねぇ? 私だって行けるものなら警察に何とかしてほしいです。奴らは好きな時に前触れもなくやってきます。来るときは匂いでわかるんです。凄く、臭い悪臭が鼻を衝いてきます!トラウマで

no image
★旦那との単調なSEXに不満を感じて

 旦那が出張中に浮気をしました。相手は出会い系サイトで知り合った35歳の男性です。結婚して4年も経つと夫婦生活も落ち着き、単調な毎日が続いていました。夜の方もめっきり回数が減り、より淡泊に。 そんな日々に嫌気がさしていた時、週刊誌に載っていた、人妻.NETというサイトにアクセスしてみたんです。正直、相手は誰でも良かった。ただ刺激が欲しかっただけ…なので一番最初にメールをくれた方とやりとりしました。メールの

no image
息を吐くように嘘をつく中国人、崩壊はすでに始まっている

“中国人は息を吐くように嘘をつき、次の息で新たな嘘をつく”…中国崩壊はすでに始まっている、“異人種・中国人”をよく知るべし2013.12.2107:00(1/5ページ)[国際ビジネス]中国の東北地方で訓練に出発する人民解放軍の空軍兵士ら=2011年2月(新華社=共同)「人…

no image
★思わぬ後輩からの粋な差入れ

 どーもです、大晦日の話しですが、31日は中学時代の仲間と年超しパーティーをすることが恒例となっており31日の夜に久しぶりに昔の仲間と会い、男8名で大盛り上がりで騒いでおりました。 23時過ぎに仲間の一人がタバコを買いに行くと言うので、4名で近くのコンビニへ行ったときに入口付近でたむろしていた若者5名(18位)にいきなりガンを飛ばされた友人Aが酔っていたからなのか、いきなりの顔面キック!

no image
セクハラカウンセラー

セクハラカウンセラーを失職させました。一応フェイク入ってます。昔々、カウンセラー養成講座みたいなのに通ってた時のこと。講座初日、何となく嫌な空気を感じたのと、何でか言わないといけないと思って「同い年の彼氏います~」って言っておいた。(実際は居なかった)講…

no image
平井さんに処女を捧げれば良かったと後悔した話

中学生のころ私はお絵描き掲示板にはまっていた。その中でなんとなくなかよくなり、メッセンジャーやスカイプIDを教える仲になるまでの人も何人かいたその中で猛アピールをかけてくる人がいた。安田としよう。安田は好きだったがそのころは恋愛感情までにはならなかった。年…

no image
★援交は楽しい事ばかりではない

 43歳、既婚です。但し子供なし。妻とは結婚14年目ですが結婚後して間もなくセックスレスに陥り、しばらくは渋谷のホテトルで性欲処理に明け暮れるものの、10年ほど前から援助交際に目覚め、今日まで多少の波があるものの、100人近くの女(の子)を抱いてきた。 一人目は「みや」と名乗る、援交募集掲示板で募集してた「女子高生」、ホ別ゴム付き5万円の条件で渋谷で待ち合わせ、どきどきして待っていると、現れたのは

no image
私と友犬の性癖

もう、気づけば5年になります。彼との出会いは5年前、それは突然訪れました。私49歳、夫55歳、子供はもう、独立し家には夫と2人で過ごしています。街外れの田舎に私達夫婦は住んでいます。夫は5年前に、課長に出世し海外出張も多くなりました。その頃、ちょうど子供も都心へ…

no image
強気な嫁が部長のイボチンで泡吹いた

嫁の麗子とは結婚してまだ2年だ。お互いに32歳で、職場結婚だ。大手ハウスメーカーに勤務していて、世帯年収は1700万ほどあり、余裕のある生活を送っていた。つきあい始めの頃は、俺の方が引っ張っていくような関係だったが、今は思い切り尻に敷かれている。嫁の方が出世して…