エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

エステでの出来事

   

2009年9月の出来事。

会社の先輩に紹介され初めてメンズエステに行った。「割引券あげるから行ってみたら」といわれ仕事帰りに行ってみた。駐車場に車を停め緊張しながら店に入った。

受付 「初めてですか?」
僕  「あっ、はい」
受付 「コースが4つありますがどれになさいますか?」
僕  「あっ、あのーこの割引券貰ってきたんですが」
受付 「この券をご利用でしたら60分7500円のコースになりますがよろしいですか?」
僕  「じゃあそれで」

待合室で待ってる間緊張で2回もトイレに行く僕。そして、いよいよ名前を呼ばれ席を立った。

エステ嬢(以下マイ) 「マイっていいます。よろしくお願いします。」
僕  「あっよろしく」
マイ 「そしたら、このパンツに着替えてください。着替え終わったらこのボタンを押してくださいね。」
僕  「わかりました」

着替え終わりボタンを押すと

マイ 「失礼しまーす」
僕  「よろしくお願いします」
マイ 「それではこの台の上にうつ伏せになってください」
僕  「あっ、はい」

そしていよいよマッサージが始まった。まずは背中に温かいローションを塗ってマッサージ。その後、腕、お尻、足と進んでいく。マッサージの間他愛のない会話続く。細い腕の割には力が入っていて気持ちいい。

マイ 「そしたらお湯で流しますねー」
 
一通り流し終わると

マイ 「次に仰向けになってくださーい」
僕  「はい」

ローションを胸のところに垂らす。そしてマッサージ。マイちゃんの服装のせいか少しあそこが反応してしまう僕。
そしていきなり

マイ 「そしたらパンツを取りますねー」
僕  「えっ!」
マイ 「恥ずかしがらなくてもいいですよー」
僕  「わかりました」

そして僕のあそこにローションを垂らしゆっくりしごくマイちゃん。

マイ 「大きくなってきましたね。気持ちいですか?」
僕  「はい、気持ちいいです」

すると左手であそこを、右手でアナルを攻めるマイちゃん。初めてのアナル攻めに体に電気がはしる僕。

マイ 「少しなら触ってもいいですよ」

というと僕の手をとり上着の中にもっていくマイちゃん。

僕  「えっ、こんなの、いいんですか?」
マイ 「お兄さんだけ特別ですよ。店の人には内緒ですよ」
僕  「あっ、わかりました」

マイちゃんは下着をつけておらず生パイを揉み揉みする僕。乳首がいい感じで立ってきているのがわかる。

そしてついに

僕  「あーー、いっちゃいそう!」
マイ 「いいですよ。おもいっきり出してください」
僕  「あーーいくーー」

いった僕の口に顔を近づけるといきなりキスをするマイちゃん。

僕  「メンズエステってこうゆう所なんですね」
マイ 「健全な店もありますけど、ぬき有のところが多いんですよ。でも、タッチやキスはお兄さんだけ。特別ですよ。」
僕  「そうなんだ、ありがとう」

体を洗ってもらいタオルで綺麗に拭き取ってもらったら

マイ 「また来てくださいね」
僕  「はい、また来ますよ」

まさかメンズエステでぬきがあるとは思わずに行った僕。驚きと興奮で初エステを終えた。
それから月に2度は通っている。ソープより安いから僕にとっては手軽な息抜きとなっている。

2009年9月の出来事。

会社の先輩に紹介され初めてメンズエステに行った。「割引券あげるから行ってみたら」といわれ仕事帰りに行ってみた。駐車場に車を停め緊張しながら店に入った。

受付 「初めてですか?」
僕  「あっ、はい」
受付 「コースが4つありますがどれになさいますか?」
僕  「あっ、あのーこの割引券貰ってきたんですが」
受付 「この券をご利用でしたら60分7500円のコースになりますがよろしいですか?」
僕  「じゃあそれで」

待合室で待ってる間緊張で2回もトイレに行く僕。そして、いよいよ名前を呼ばれ席を立った。

エステ嬢(以下マイ) 「マイっていいます。よろしくお願いします。」
僕  「あっよろしく」
マイ 「そしたら、このパンツに着替えてください。着替え終わったらこのボタンを押してくださいね。」
僕  「わかりました」

着替え終わりボタンを押すと

マイ 「失礼しまーす」
僕  「よろしくお願いします」
マイ 「それではこの台の上にうつ伏せになってください」
僕  「あっ、はい」

そしていよいよマッサージが始まった。まずは背中に温かいローションを塗ってマッサージ。その後、腕、お尻、足と進んでいく。マッサージの間他愛のない会話続く。細い腕の割には力が入っていて気持ちいい。

マイ 「そしたらお湯で流しますねー」
 
一通り流し終わると

マイ 「次に仰向けになってくださーい」
僕  「はい」

ローションを胸のところに垂らす。そしてマッサージ。マイちゃんの服装のせいか少しあそこが反応してしまう僕。
そしていきなり

マイ 「そしたらパンツを取りますねー」
僕  「えっ!」
マイ 「恥ずかしがらなくてもいいですよー」
僕  「わかりました」

そして僕のあそこにローションを垂らしゆっくりしごくマイちゃん。

マイ 「大きくなってきましたね。気持ちいですか?」
僕  「はい、気持ちいいです」

すると左手であそこを、右手でアナルを攻めるマイちゃん。初めてのアナル攻めに体に電気がはしる僕。

マイ 「少しなら触ってもいいですよ」

というと僕の手をとり上着の中にもっていくマイちゃん。

僕  「えっ、こんなの、いいんですか?」
マイ 「お兄さんだけ特別ですよ。店の人には内緒ですよ」
僕  「あっ、わかりました」

マイちゃんは下着をつけておらず生パイを揉み揉みする僕。乳首がいい感じで立ってきているのがわかる。

そしてついに

僕  「あーー、いっちゃいそう!」
マイ 「いいですよ。おもいっきり出してください」
僕  「あーーいくーー」

いった僕の口に顔を近づけるといきなりキスをするマイちゃん。

僕  「メンズエステってこうゆう所なんですね」
マイ 「健全な店もありますけど、ぬき有のところが多いんですよ。でも、タッチやキスはお兄さんだけ。特別ですよ。」
僕  「そうなんだ、ありがとう」

体を洗ってもらいタオルで綺麗に拭き取ってもらったら

マイ 「また来てくださいね」
僕  「はい、また来ますよ」

まさかメンズエステでぬきがあるとは思わずに行った僕。驚きと興奮で初エステを終えた。
それから月に2度は通っている。ソープより安いから僕にとっては手軽な息抜きとなっている。

 - 未分類 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
お医者さんになって…

これは、お医者さんごっこをしたときのお話しです。椅子を2脚使いました。向かい合わせて腰掛けて、お医者さんごっこ、スタートです!『また会えて嬉しい…』「いや、『今日はどうしました?』とかだろ…。」「…え?先生(私)は、あなた(患者さん)に片想い中(の設定)…

no image
アナニーにはまったら、黒人まで行ってしまった

俺は、大学2年で一人暮らしをしている。身長が170cm弱で、体重も夏場には50kg台になるくらいのガリで、スポーツも勉強もそれほど得意ではない。ただ、唯一、イケメンという取り柄がある。男前と言うよりは、美形と言われる俺は、とにかく小学生の頃、いや、幼稚園の頃からモ…

no image
友達の叔母さんが・・・2

 先輩の1人が携帯で誰かを呼びだしたようで、叔母さんの耳元で何かを言ったみたいだが俺には聞こえなかった。 すると、叔母さんは「それだけは・・ダメよ」と言うのが聞こえた。それから10分ぐらいしてもう一人の叔母さんが 現われた。そのまま奥にいって2人の先輩が…

no image
★酔った女を成り行きでエロした告白

 久しぶりに夜遅くに電車に乗ったときのこと。終電まで1時間ぐらいあったので駅はそんなに混んでいなかった。座って電車を待っていると、一目で酔っ払っていると解る女がホームに下りてきた。明らかに千鳥足、ホームの壁にもたれるように立っていたが崩れるように地面にしゃがみ込み近くの人に手を貸されるほどだった。 歳は19~22歳ぐらい学生といった感じだった。しばらくして電車が来た。俺とその女は乗り込んだ。電車は

no image
★白人女性のエロの神が降臨

 親父の脛をかじりハワイでサーフィンをしていた私です、が親父が急に癌で闘病生活に入り、急遽帰国・・親父の店(古物商)を継いで3年が経ったある日の夕方の事です。 私は、店を閉めようとシャツターのスイッチを入れ駐車場に行こうとした時、見せの前で地図を見ながら迷っている様子の白人女性と出くわしました。ロザンナ32歳・・スタイル抜群の赤毛の子です。

no image
最低のエロ教師

ここはとある高校。ベテラン教師52歳のY男は熱血指導で知られており、PTAからの評価も高かったのでかなりいい気になっていたのだろう。教室に入ってくるなり、いきなりこう言った。お前ら!こないだのテストの点数は何だ!平均が悪すぎるぞ!罰として全員服を脱ぎなさい!…

no image
★若い女体を好きな様にして良いのだろうか

 新入社員の有希子は高校を出たばかりの18歳で、長い髪の清純無垢な美少女でした。それは半年前、酔っ払いに絡まれていたところを助けた女子高校生でした。半年振りの偶然の再会は、俺よりも有希子の方が感激が大きく、声を掛けようか迷っているうちに有希子の方からアプローチをかけてきました。 断る理由などありません。こんな清純派の美少女を手に入れられるのは、私レベルの男では今後ありえないと思いました。私は入社2年

no image
飲み会でお持ち帰りしたら僚の彼女って打ち明けられ仰天した話1

"数が月ほど前の話俺は40半ばのわりと仕事はバリバリするタイプ外見はわりと真面目にみえ 職場での信望もあると思ってる。身長は168で高くなく,肩幅が広いのでがっちり体型に見える。彼女 スレンダー かわいい服の上からはそんなに胸は大きく見えない4月から採用の…

no image
院長夫人?

ブルー系の下着が微かに透けている事を告げると、夫人は顔を赤らめ「下のスコートで分からないと思ったんだけど」と恥ずかしそうに答える。「でも、それもお似合いです私達、男性としては欲望をそそられてしまいます」「まぁ、欲望なんて、はっきり言われるのですね」博信は…

no image
ありがとう由香、由香。

俺が大学生のとき付き合っていた彼女の話をする。今から10数年以上も前の話だ。大学に入って2年目の夏休みのこと。1年生のようにバイトや遊びに精を出すこともなく、かといって3年生のように就職活動に追われることもない大学2年の夏休み。基本、大学の夏休みは暇だ。年頃の…