エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

剣道部合宿最終日

   

2001年、高3の夏、剣道部の合宿で館山に行きました。10日の合宿の間、普段は午前2時間半、午後4時間の練習で泳ぐどころじゃなかったけど、最終日だけは午後の練習が無く、みんなで泳ぎにいきました。練習でくたびれ果て、しかもミニ国体の候補選手ということで3年でただ一人引退せず部に残った僕には一緒に遊ぶ仲間もおらず、砂浜に寝ころがって海をぼんやり眺めていました。しかし、それも1時間もするとあまりに暑くなり、ボートを借りて沖に出てみる事に。

冷えたビールを買ってこぎ出すと、1年生の女子部員の一人が「せんぱ?い、乗せてください」と泳いで寄ってきた。入部したときから意識してしまっていたかわいい子だったので、もちろん僕はまんざらでもない。
「おう!」と答えて後輩の両手をつかみ、ボートに引き上げようと思い切り引き上げた瞬間、水がうまい具合に谷間に溜まってしまったたらしく、真っ白なおっぱいが両方ポロリ。

ボートに飛び乗った後輩は一瞬気づかず、反対に凍結してしまった僕に驚いていましたが、1秒半ほどすると悲鳴を上げてしゃがみんでしまいました。
僕はとにかく後ろを向き「いいから早く戻せ」と、訳が分からないまま諭して、取り急ぎ頭の中を整理しました。
「落ち着け」。「先輩らしくしないと」。と必死で心の中で繰り返す一方、頭に浮かんでくるのは「でかいな!」の一言。当時、僕には彼女がいましたが、その後輩の胸の膨らみというか体積というかボリュームというかは、少なくとも高3の彼女の倍はありました。身長はどちらも165位で同じだけど、体の線はずっと後輩の方が細いのに。普段は道衣と胴に守られていて分からなかったけれど、かなりの巨乳だったことにびっくり。彼女は肉まん位のDカップでしたが、後輩のはグレープフルーツかプリンスメロン位は余裕である。

10秒ほどして、「もういいですよ」と声が掛かり振り向くと、豊かな乳房を水着の中に戻した後輩は僕と向かい合わせに座り「見ちゃいました?」だって。
「あ、ほとんどみえなかった」とかこたえたものの、かなりしっかり見てしまっていた僕は顔が燃えるように熱くてかないません。
そこで僕が救われたのは、後輩があまり気にする様子もなく「別にいいですよ?。見られても」って笑ってくれたこと。しばらくすると気まずい雰囲気はすっかり飛んでいきました。しかし、僕は相変わらず辛い。オールを漕いでいるとどうしても目線は水着に包まれた豊かな膨らみが気になって仕方なく、おまけに合宿中はほとんどオナっていなかったためアソコはどんどん膨張。
ビールを開けて乾杯すると後輩は調子に乗ったのか「○○先輩(僕の彼女)のよりはあるでしょ?」と得意げに自分の乳房を手のひらで持ち上げてみたりして。

もう、僕はこらえきれず「確かに、○○のよりはかなりすごい」とか言って胸にタッチ。と同時に後輩を押し倒してしまいました。海岸はもう遙か彼方だし、みんな遊んでるし。
最初「ちょっ、まっ、先輩、あたしそういうつもりじゃ。。。」と体をこわばらせた後輩も、慣れないお酒のせいかキスした後は無抵抗。トミーガールの赤い水着をはがすと、再び大きな乳房が目の前に広がりました。
優しく揉みながら「すごいねこれ、サイズは?」と聞くと「Fでちょっときついぐらい。部では一番大きいよ」と、また得意げに答える。そりゃそうだ。この子が入ってくるまでは自分の彼女の胸が一番大きかったのだから。
もちろん、同じ大きいといっても、DとFでは「格」の違いがある。それに、張りが全然違う。大きいのに、彼女のよりずっと綺麗に上を向いている。もみしだく手を押し戻そうとする力で、皮膚がはち切れそうだ。

Hにそこそこ慣れていた僕は、20分ほどで一通り前儀を終え、いざ挿入しようとする。当然、後輩は処女。一度目と二度目は痛がる彼女の中で、少しおいて3度目はお互い快感の絶頂の中で果てました。彼女のあそこと血まみれのボートの中を海水で洗って、何事も無かったように帰りました。その後輩が、今高3の受験生となった僕の彼女です。

2001年、高3の夏、剣道部の合宿で館山に行きました。10日の合宿の間、普段は午前2時間半、午後4時間の練習で泳ぐどころじゃなかったけど、最終日だけは午後の練習が無く、みんなで泳ぎにいきました。練習でくたびれ果て、しかもミニ国体の候補選手ということで3年でただ一人引退せず部に残った僕には一緒に遊ぶ仲間もおらず、砂浜に寝ころがって海をぼんやり眺めていました。しかし、それも1時間もするとあまりに暑くなり、ボートを借りて沖に出てみる事に。

冷えたビールを買ってこぎ出すと、1年生の女子部員の一人が「せんぱ?い、乗せてください」と泳いで寄ってきた。入部したときから意識してしまっていたかわいい子だったので、もちろん僕はまんざらでもない。
「おう!」と答えて後輩の両手をつかみ、ボートに引き上げようと思い切り引き上げた瞬間、水がうまい具合に谷間に溜まってしまったたらしく、真っ白なおっぱいが両方ポロリ。

ボートに飛び乗った後輩は一瞬気づかず、反対に凍結してしまった僕に驚いていましたが、1秒半ほどすると悲鳴を上げてしゃがみんでしまいました。
僕はとにかく後ろを向き「いいから早く戻せ」と、訳が分からないまま諭して、取り急ぎ頭の中を整理しました。
「落ち着け」。「先輩らしくしないと」。と必死で心の中で繰り返す一方、頭に浮かんでくるのは「でかいな!」の一言。当時、僕には彼女がいましたが、その後輩の胸の膨らみというか体積というかボリュームというかは、少なくとも高3の彼女の倍はありました。身長はどちらも165位で同じだけど、体の線はずっと後輩の方が細いのに。普段は道衣と胴に守られていて分からなかったけれど、かなりの巨乳だったことにびっくり。彼女は肉まん位のDカップでしたが、後輩のはグレープフルーツかプリンスメロン位は余裕である。

10秒ほどして、「もういいですよ」と声が掛かり振り向くと、豊かな乳房を水着の中に戻した後輩は僕と向かい合わせに座り「見ちゃいました?」だって。
「あ、ほとんどみえなかった」とかこたえたものの、かなりしっかり見てしまっていた僕は顔が燃えるように熱くてかないません。
そこで僕が救われたのは、後輩があまり気にする様子もなく「別にいいですよ?。見られても」って笑ってくれたこと。しばらくすると気まずい雰囲気はすっかり飛んでいきました。しかし、僕は相変わらず辛い。オールを漕いでいるとどうしても目線は水着に包まれた豊かな膨らみが気になって仕方なく、おまけに合宿中はほとんどオナっていなかったためアソコはどんどん膨張。
ビールを開けて乾杯すると後輩は調子に乗ったのか「○○先輩(僕の彼女)のよりはあるでしょ?」と得意げに自分の乳房を手のひらで持ち上げてみたりして。

もう、僕はこらえきれず「確かに、○○のよりはかなりすごい」とか言って胸にタッチ。と同時に後輩を押し倒してしまいました。海岸はもう遙か彼方だし、みんな遊んでるし。
最初「ちょっ、まっ、先輩、あたしそういうつもりじゃ。。。」と体をこわばらせた後輩も、慣れないお酒のせいかキスした後は無抵抗。トミーガールの赤い水着をはがすと、再び大きな乳房が目の前に広がりました。
優しく揉みながら「すごいねこれ、サイズは?」と聞くと「Fでちょっときついぐらい。部では一番大きいよ」と、また得意げに答える。そりゃそうだ。この子が入ってくるまでは自分の彼女の胸が一番大きかったのだから。
もちろん、同じ大きいといっても、DとFでは「格」の違いがある。それに、張りが全然違う。大きいのに、彼女のよりずっと綺麗に上を向いている。もみしだく手を押し戻そうとする力で、皮膚がはち切れそうだ。

Hにそこそこ慣れていた僕は、20分ほどで一通り前儀を終え、いざ挿入しようとする。当然、後輩は処女。一度目と二度目は痛がる彼女の中で、少しおいて3度目はお互い快感の絶頂の中で果てました。彼女のあそこと血まみれのボートの中を海水で洗って、何事も無かったように帰りました。その後輩が、今高3の受験生となった僕の彼女です。

 - 未分類 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
何が縁で結婚できるか分かりませんね。

 12年ほど前、住んでいる町の駅前の居酒屋で、いつものように同僚と飲んでいた。その日はいつもと趣向を変えてビルの上の階の行ったことのないスナックへ。スナックではひげ面の50代くらいのマスターと、20代前半くらいの少しかわいいお姉ちゃんが笑顔で迎えてくれた。数十分後、店内にトイレがなかったため、一旦店から出て廊下のトイレに向かった時、俺の後ろからお姉ちゃんがついてきた。

no image
★人生初の5Pを経験しました

 ひよんな事から男3対女2の経験をしました。小学校の頃から仲がよくて高校は別々になった人もいたけど、よくよく遊んでいた仲間同士でした。仕事についてから中々全員が一緒に集まることは無かったけど、先日金曜日に集まり5人でカラオケに行きお酒を飲み、過ごし、終電も無くなり、結局は近くに1人で住んでいた私の部屋に全員泊まる事になりました。 部屋に帰っても懐かしさでお酒を飲みながらの昔話で盛り上がり、次第に一

no image
女の先生×男子生徒

大学4年、教育実習生として母校(高校)へ2週間行った。就くことになったクラスで初めて挨拶した時1人の男の子と目が合った。悪戯な笑みを浮かべてこっちを見ていた。見るからにやんちゃな感じの男の子で手を焼くことになりそうな気がした。先が思いやられるな。。と思った。そ…

no image
★飲み会の後のゲームで興奮した体験談

 高校の時の友達と同窓会つーか飲み会やって、二次会で仲の良いグループ(♂5♀4)でカラオケ行って、流れで王様ゲームみたいな事をやってた。(先にお題を皆で決めて数字クジを引く。王様はいない。)酒入ってるから当然下ネタに走る。キスしたり(当然♂×♂や♀×♀の場合もあったが…)、上半身裸や、下着姿になったりして盛り上がり、結構ピークになってた時のお題が 『2番が5番のアソコを1分舐める』見事に5番を引き当てた俺。  2番を引い

no image
生徒会の同級生

俺は高校時代生徒会に所属していた。同じ生徒会で同い年のMとは2年の文化祭のころから付き合うようになった。Mは見た目は大した事はなかったが、接する機会が多く恋愛の話しや真面目の話などもするようになって、なんとなく親密な関係になっていった。生徒会の仕事で学校が…

no image
女子大生2

 匿名既婚男性です。前回、処女の女子大生との体験を書きました。 会って三回目で処女をいただいたのですが、二回目までについては前回書きましたので今回は最後までいった時のことを書かせていただきます。 二回目の行為の時に最後の段階でY美が「田舎に彼氏がいるので…

no image
童貞君と

  K君と付き合い始めた頃の体験です。友人の弟(D)の家庭教師をすることになりました。高校2年生の男の子でカワイイ。 勉強し始めたけれど、私に「Mは彼氏いるの?」とか勉強以外の質問をしてきたりしましたが、ちゃんと家庭教師してきました。 何回かしたある日、D…

no image
私の性癖を覚えていた人妻

 以前の派遣先でお世話になった奥さんなんですが、隣街へ勤務となったので、だめもとで連絡すると食事でもということになりまして・・(ニヤリ)当然、食事だけで終わるはずもなく食後の相談を・・「それはない!」「ないない絶対にない!」と渋る奥さんを乗せラブホへ着くと、辺りをキョロキョロ「早くいきましょ」っと急かされ部屋へ到着。(笑)

no image
アナニーにはまったら、黒人まで行ってしまった

俺は、大学2年で一人暮らしをしている。身長が170cm弱で、体重も夏場には50kg台になるくらいのガリで、スポーツも勉強もそれほど得意ではない。ただ、唯一、イケメンという取り柄がある。男前と言うよりは、美形と言われる俺は、とにかく小学生の頃、いや、幼稚園の頃からモ…

no image
事故の後遺症? その2

引っ越した先では子供を引っ張り込まないと約束させました。事故から何気に毎日過ごしてきたので妻の変化に気づきませんでした。夜の夫婦生活も週に1、2回と事故前から増えもせず減りもせずでした。ただ天然でおおらかな性格でしたが服装はキッチリしていたのですが事故後は…