エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★神社の巫女さんと神秘的な体験談

   

2015/02/19(木)
 結婚8年の36歳、妻は32歳ですが、このお話に妻は直接関係ありません。私の1年先輩の元同僚で、今では課長代理に出世している三浦さんの話です。実は、三浦さんの奥様の小春は、私の元カノだったのですが、秘密はそれにとどまらなかったのです。

 13年前、私は新卒で採用されましたが3流大卒なので、県庁所在地の本社ではなく片田舎の営業所へ配属になりました。私は、あんまり田舎町に住みたくなかったので、電車で15分の隣の市のワンルームマンションを借りて住みました。そのマンションの隣にあるアパートに住む、その市にある大学の2年生の女子大生が元カノの小春なんです。
 近所の神社の祭祀で見た、とても美しい巫女さんを近所のコンビニで見かけ「あ、巫女さん!」と言ったのがきっかけで交際がはじまり、そして美しい女子大生と付き合えば、当然欲しくなります。

「君が欲しいけど、巫女さんはエッチしちゃマズイよね?」
「あれ、バイトだから・・」

 まだ男を知らない無垢な肌を露にし、イタイケな淫裂を開かれて優しく舐められれば、高潔な巫女が似合う小春も秘めやかな喘ぎ声を洩らしました。ジュルルル・・と自ら溢れさせた淫水に音をたてられる羞恥と、淫芽を剥かれて弾かれる快感に、上気したとろける肌をくねらせ、ますます淫水を滴らせました。

 破瓜の痛みに苦悶するも、2回、3回と回数を重ねるごとに、剥かれた淫芽だけでなく、掻き回す陰茎での快楽を覚え、艶めかしく淫らに性の快楽を知っていきました。

 私の配属された営業所は、大規模な機構改革が行われ、私の住む市にある支社へ統合されました。私は配属2年で、そのまま支社ではなく、本社へ異動になり、性感を覚え色気を放つようになった小春と止む無くお別れしてしまいました。

 その本社で一緒だったのが1年先輩の三浦さんで、とても良くしてくれたのですが、2年後、私のいた営業所が統合された支社に異動になってしまいました。私は、本社に異動してすぐに短大卒の新人だった可愛い童顔の妻と出会い、結婚に至りました。

 元カノの小春は、私のいた営業所が統合された支社に採用されていて、そこで三浦さんと出会って私達の1年後に結婚したのです。三浦さんの結婚式に出た私は驚きました。もちろん小春も驚いていましたが、私も小春も、昔愛し合った仲だということを口外する事はありませんでした。

 私にはずっと小春に未練がありましたが、既に私も結婚してしまったし、三浦さんなら小春を幸せにしてくれるだろうと思いました。
関連記事

↓他のHな体験談を見る


 - 会社員の体験談 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★山中で女上司が用を催したのがキッカケで

 女上司と一緒に行った打合せの帰り道。車で山越え中のどうしようもないタイミングで、女上司の尿意が限界に。仕方がないので舗装していない林道に車を突っ込み、奥で用を足させる。ソッチ系の趣味はないので車で待っていると、女上司の悲鳴が聞こえた。駆けつけると、女上司はコケてスーツを泥まみれにし、だいぶキレていた。車は自車で、トランクには趣味のフットサル用の練習着がある。  車に戻って練習着を渡すと、女上司は

no image
★泊まりの研修でエロ研修も

 会社の保養所で1泊2日の社員研修がありました。同期の女子社員の4人部屋で、12時頃には消灯しましたが、のどが渇いたので一人で玄関の自販機に飲料を買いに出ました。ちょうど2年先輩のSさんが自販機で買っているところでした。 しゃべりながら一緒に部屋に向かい、途中でいきなり腕をつかまれ食堂に引っ張り込まれました。真っ暗な食堂の中で抱きすくめられ、キスされ、驚いて持っていたペットボトルを床へ落としてしま

no image
★保険の契約を取るのに枕営業とは

 私が渋谷のある会社に勤めていると、ある上司が「保険に入っているか、いなかったら紹介するよ。」と言われると早速美人の女優の竹下○子似の外交員がやってきた。抜かりないなと思っていると「ここだとゆっくりお話しもできないので、よかったらお食事しながらどうですか?」と言われると、当時20歳の田舎者の私は鼻の下を伸ばしながら付いて行った。 宗教とかマルチなども大抵このパターンで引っかかるんですな。旨い洋食の

no image
★アパートの隣室の51歳のおばさん

  社会人1年生の俺が配属先はある地方都市、借りたアパートの隣に51歳の一人暮らしのおばさんがいた。名前を春子さんといい、エクボが可愛い優しい女性で、知らない街に住む俺に親切にしてくれて、週末は一緒にご飯を食べたりしていた。ゴールデンウィークに帰省したお土産を持って、それを肴にお酒を飲んだ。 可愛いと思っていた春子さんが少し上気して色っぽくなった。母子ほどの年の差なのに俺は春子さんに女を感じてしまっ

no image
★課長の奥さんを抱かせて頂きました

 38歳のサラリーマンです。私が就職したのは16年前、新人の私は課長のお宅へ呼ばれて奥様のお相手をした事があります。当時課長は57歳、あまり出世欲のない温厚な方でした。奥様は54歳、やっぱり大人しそうで上品な方でした。課長は、奥さんが妊娠しなくなったら、奥さんが他の男に中出しセックスされているところを見たいという、変わった性癖の持ち主でした。 課長は、課長のお子さんより若い私を指名して、若くて硬いペニスで

no image
★キンタマを含むのが好きな同僚

 同僚の久美子とのSEXを思い出すと興奮する。会社の廊下で誰もいないのを確認して、制服のスカートの中に手を入れる、制服の襟から手を入れて乳首を揉む。本人も興奮すると言っていた。その日の夕方はもうすっかり準備ok。 指フェラが好き、お互いに指フェラをしあう。片手は乳首をひねる。小さな形のいい乳首は、今まで経験したこと無いくらいに硬くなる。とにかく硬い。びっくりするくらい。フェラはあまり経験が無いみた

no image
★タクシー待ちの酔った女性と・・2/2

「うっちょーん!」と彼女は元気よく起き上り、俺を見ながら爆笑。やられた・・・と思い、今度は俺が倒れ掛かってみました。別に逃げるわけでもなく、俺は彼女の太ももに顔を付けてる状態です。「ちょっとーっ!寝ちゃダメだぞ!起きなさい!」もう俺の顔に伝わる太ももの温かくて柔らかい感触にヤラれてましたw「もう眠過ぎて・・・」とわざと顔を擦りつけるように振ると、くすぐったいと暴れる彼女。

no image
★事務員さんと不倫エロな事した告白

 会社の事務員さんを頂いた経験を思い出しました。そのおいしい思いを思い出しながら書きます。その人の名前はみほこさんといって、30代後半で既婚ですが、スタイルも良く夏はいつもミニスカートを履いて、薄いストッキングという丁度ちびくろさんのN美さんみたいな感じだと思います。内勤の私とは二人だけになる事が多く、よく話したりして仲は良かったです。ちびくろさんと同じく関係を持つまでは夏はいつもムラムラしてました

no image
★嫁を朝いきなり襲って犯してみた

 昨晩、些細な事で嫁とケンカした。私が頼んだ用事を見事に忘れた事に腹を立ててのケンカだった。今考えると大人げなかったと思うが、その時は腹が立って仕方なかった。いつもなら11時過ぎに嫁と一緒にベットに入るのだが、昨夜は私が先に寝てしまった。1時間くらいしてから嫁もベットに入って来たが、端の方で私に触れないように寝ていた。 そのまま朝になり、私は出勤の為に起きた。いつもなら嫁はまだ寝ている時間だが、昨

no image
★入院した時の看護師さんとの体験談

 1ヵ月半ほど前、下痢がひどく高熱が出たとき、2階の寝室から1階へ降りようと階段を降り始めた時足を踏み外し、下まで落ちてしまいました。一人暮らしだったので、自分で救急車を呼びました。左足首の骨折・右腕骨折・腰部打撲。おまけに急性胃腸炎で入院になってしまいました。 6人部屋は満室で個室しか空いていなかったので個室に回されましたが、古い病院なので料金も3500円高いだけだったので保険で全然まかなえました。寝間