エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

こばめまさん

   

1年前で最悪と嬉し恥ずかしい出来事です。私が高2で一人暮らしの大3のおにぃがいます。「夏休みに入るから少し地元帰るわ!」と連絡があって私は「欲しいものがあるから前の日に泊まりに行きたい」と言うといいよと言うことでおにぃのとこに行きました。
おにぃはその日バンドの練習あいてるからオレも行こうか?」と言われて場所集合でショッピングデートしました♪
おにぃはカッコいいしスポーツできてバンドも組んでいて人気があります。あと優しいです。このときもバイト代で服買ってもらいました♪
私は自分で言うのは可笑しいですがけっこう告白されたこともあるし可愛いいとかルックスが整ってるとか言われます。
私はいつからか覚えていませんがおにぃのことが好きで意識するようになっていました。その日の夜はおにぃの家にお泊まりして恋愛トークに。私「おにぃって大学入ってから付き合ってないよね?」兄「ん!?バイトとかバンドで忙しいしなぁ後今のうちに遊んでおきたいし!笑っいい人いたら付き合うかもな。」私「私がつき合ってあげよか?おにぃならいいよ。」兄「何言ってんだか。お前ならもっといいこ見つかるよ笑っ」
私は少し本気で言ったつもりでしたが全然相手にされませんでした。少しショックでした。
お風呂先に頂いておにぃのベッドに。おにぃもあがってきて寝るかと言われ、兄「じゃあオレはソファーで寝るからベッドつかいな」私「クーラーがんがんで寒いから一緒に寝ようよー。」兄「ん!?寝てほしいんか?笑っ」私「うん♪」おにぃは恥ずかしそうな顔して腕枕してもらって寝ました。この時はわからなかったけどおにぃはいい臭いがして落ち着きます。友達との会話で異性で好きな人の匂いはいい臭いがすると知りました。次の日、電車で帰宅することにこの日の服装はショートパンツに薄着の服で兄「かわいいけど寒くない!?」私「大丈夫♪」かわいい言われて嬉しかったなぁ。遊んでから夕電で帰宅。おにぃは疲れて目の前で仮眠してました。この時初めてありえない痴漢に合いました。
夕電だったため満員で混んでました。発進して少しして太ももに違和感がしました。少しずつ上にあがっきたので痴漢だと思いました。私は痴漢にあっても少し触れば離れていくので知らんぷりしてました。というより他の人に見られるのが恥ずかしいです。でも今回の痴漢はしつこくて髪の毛に息が当たってきもちわるかったです。さすがヤバイと思ったのでおにぃに助けてもらおうとしたらエスカレートしてズボンの上からワレメを擦られて、ショートパンツだったため隙間から指を入れられて誰にも触られたことないのに知らないおやじにぐちゃぐちゃにされました。泣きそうになりおやじが耳元で「かわいい顔してぐちゃぐちゃになってHなんだね」と言われて私は方針状態になってしまいました。抵抗もできずやられるままにやられてると、おにぃが気付いて抱き寄せられて危機から脱っすることができました。おにぃは捕まえようとしてましたがすぐ駅だったため痴漢おやじは逃げていってしまいました。
私たちもその駅で降りてトイレに行って帰りました。おにぃはなんで早く言わへんだんや。オレも私に早くきずかへんでゴメンなと言ってきました。
その日の夜におにぃの部屋に行って一緒に寝ていい?と言うといつもと違う反応でいいよ!といわれました。
兄「なんかゴメン」私「おにぃのせいじゃないから大丈夫やで、初めて触られて気持ちわるかったけどね」
兄「・・・お前って処女やったん?」私「だって初めては好きな人じゃないと恥」兄「もう止めて寝よか」私「・・・おにぃやったらいいで!本気」この時なんでこんなこと言ってしまったんだろうと思います。
この後抱きつかれて、キスしていい?と言われて受け入れて長いキスして下着脱がされてるのに全然拒めませんでした。おにぃの匂いとテクですぐイってしまいました。おにぃは指に付いた私のねばねばしたのをペロッとなめてこの後はお前にははやいよ。と言われて頬にキスされて寝ました。
今もおにぃのことは好きですが私は彼氏もできてまだいれてはないですがあの日以来Hにはまっちゃいました。
おにぃなら最後までやってもよかったのにと今でも思います。

1年前で最悪と嬉し恥ずかしい出来事です。私が高2で一人暮らしの大3のおにぃがいます。「夏休みに入るから少し地元帰るわ!」と連絡があって私は「欲しいものがあるから前の日に泊まりに行きたい」と言うといいよと言うことでおにぃのとこに行きました。
おにぃはその日バンドの練習あいてるからオレも行こうか?」と言われて場所集合でショッピングデートしました♪
おにぃはカッコいいしスポーツできてバンドも組んでいて人気があります。あと優しいです。このときもバイト代で服買ってもらいました♪
私は自分で言うのは可笑しいですがけっこう告白されたこともあるし可愛いいとかルックスが整ってるとか言われます。
私はいつからか覚えていませんがおにぃのことが好きで意識するようになっていました。その日の夜はおにぃの家にお泊まりして恋愛トークに。私「おにぃって大学入ってから付き合ってないよね?」兄「ん!?バイトとかバンドで忙しいしなぁ後今のうちに遊んでおきたいし!笑っいい人いたら付き合うかもな。」私「私がつき合ってあげよか?おにぃならいいよ。」兄「何言ってんだか。お前ならもっといいこ見つかるよ笑っ」
私は少し本気で言ったつもりでしたが全然相手にされませんでした。少しショックでした。
お風呂先に頂いておにぃのベッドに。おにぃもあがってきて寝るかと言われ、兄「じゃあオレはソファーで寝るからベッドつかいな」私「クーラーがんがんで寒いから一緒に寝ようよー。」兄「ん!?寝てほしいんか?笑っ」私「うん♪」おにぃは恥ずかしそうな顔して腕枕してもらって寝ました。この時はわからなかったけどおにぃはいい臭いがして落ち着きます。友達との会話で異性で好きな人の匂いはいい臭いがすると知りました。次の日、電車で帰宅することにこの日の服装はショートパンツに薄着の服で兄「かわいいけど寒くない!?」私「大丈夫♪」かわいい言われて嬉しかったなぁ。遊んでから夕電で帰宅。おにぃは疲れて目の前で仮眠してました。この時初めてありえない痴漢に合いました。
夕電だったため満員で混んでました。発進して少しして太ももに違和感がしました。少しずつ上にあがっきたので痴漢だと思いました。私は痴漢にあっても少し触れば離れていくので知らんぷりしてました。というより他の人に見られるのが恥ずかしいです。でも今回の痴漢はしつこくて髪の毛に息が当たってきもちわるかったです。さすがヤバイと思ったのでおにぃに助けてもらおうとしたらエスカレートしてズボンの上からワレメを擦られて、ショートパンツだったため隙間から指を入れられて誰にも触られたことないのに知らないおやじにぐちゃぐちゃにされました。泣きそうになりおやじが耳元で「かわいい顔してぐちゃぐちゃになってHなんだね」と言われて私は方針状態になってしまいました。抵抗もできずやられるままにやられてると、おにぃが気付いて抱き寄せられて危機から脱っすることができました。おにぃは捕まえようとしてましたがすぐ駅だったため痴漢おやじは逃げていってしまいました。
私たちもその駅で降りてトイレに行って帰りました。おにぃはなんで早く言わへんだんや。オレも私に早くきずかへんでゴメンなと言ってきました。
その日の夜におにぃの部屋に行って一緒に寝ていい?と言うといつもと違う反応でいいよ!といわれました。
兄「なんかゴメン」私「おにぃのせいじゃないから大丈夫やで、初めて触られて気持ちわるかったけどね」
兄「・・・お前って処女やったん?」私「だって初めては好きな人じゃないと恥」兄「もう止めて寝よか」私「・・・おにぃやったらいいで!本気」この時なんでこんなこと言ってしまったんだろうと思います。
この後抱きつかれて、キスしていい?と言われて受け入れて長いキスして下着脱がされてるのに全然拒めませんでした。おにぃの匂いとテクですぐイってしまいました。おにぃは指に付いた私のねばねばしたのをペロッとなめてこの後はお前にははやいよ。と言われて頬にキスされて寝ました。
今もおにぃのことは好きですが私は彼氏もできてまだいれてはないですがあの日以来Hにはまっちゃいました。
おにぃなら最後までやってもよかったのにと今でも思います。

 - 未分類 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
6年前に援した人妻~からまさかの電話が

 すごい偶然なんだけど5,6年前に円した人妻と電話がつながった。当時33くらいで背が小さくやせ型で好みだった。しばらく定期で付き合っていたが旦那の転勤とかで別れた。その後自分も引っ越し、ふらっと入ったテレクラでこの人妻と繋がったんだから世の中狭いものだ。声に聞き覚えがあり、話すうちに向こうも思い出してきて思い出話に花を咲かせた。

no image
会社が始まる前に倉庫で・・・

会社が始まる前に倉庫でしました。その後、事務所で顔合わせるのがものすごく恥ずかしかった…。前日から彼と倉庫で待ち合わせをする約束をしていました。通勤電車の中でも「こんな朝早くに会社に行って、男とSEXする約束してるんだ私…」と思うとそれだけで恥ずかしくてひと…

no image
出会い系の人妻は中出しOKで発射

 今日は2月に出会った人妻と会って来た。決して美人ではないし、ややぽちゃなのだがとにかく俺好みの身体をしてる。39歳にして大きな胸、それでいて下腹はでていない。尻の肉付きがよく、バックでハメながら尻肉を掴むと程よく指が食い込む。真っ白な尻肉と濃い茶色のアナル、アソコを出入りする赤黒い自分のチンポ。これが見られるだけでもすごく楽しい。

no image
★アスレチック場でいきなり

 夫との営みも5年はありません。40歳になり、性欲がさらに強くなった気がしてました。出会い系で知り合った男性 48歳の既婚お茶・ランチ・映画のみだけで4回デートしました。けど、先日の日曜日ドライブデートしたのです。 山の頂上辺りにアスレチック場があり、家族連れでにぎわってました。その場所から茂みを通りすぎると、ベンチが一つ見晴らしが良かった。ここまでは爽やかな風と景色で浸ってました。

no image
私の奴隷狩り、強姦儀式

 暗い部屋に入った男は電灯のスイッチを手探りしている。暗闇に慣れた私の目が彼の腕をとらえ、すかさず手首を後ろ手に捻り上げる。悲鳴は私の片手が塞ぐ。手をふりほどこうとする男をベッドに引きずり連れて行く瞬間は背中をゾクゾクさせる。獲物を捕まえた猛獣の心境はこ…

no image
★酔った男を持ち帰りました話

 今から4年前で私が20歳の頃の話です。当時付き合い始めた彼が、実は二股かけられてたことを知り、友人と居酒屋に飲みに出かけた。私は当時ザルだったので、ジョッキ5杯・日本酒・カクテルをチャンポン状態。友人も失恋直後だったこともあり、2人で愚痴りながらガンガン飲みました。 金曜だったので店内は混み合ってて、カウンターに座っていたのですが、隣には20代後半位の男性二人が座っていました。「男なんて性懲りもないよ

no image
22歳の時に(ver.2)

 あれは8年前、僕が社会人になっての1年目の22歳のときでした。就職した会社に、パートで勤めていた美人の人妻がいました。その女性はとても優しい人で、社会人になったばかりの世間知らずの僕に、上司が教えてくれない仕事の細々としたことや、僕の悩み事の解決策など…

no image
喪女

すごく長いんですが投下します。二年前の話です。私子…私、19才大学生友子…私の同級生、同い年、派手目の美人彼男…友子の彼氏。かなり小柄で弱々しげだけど、怒ると迫力がすごい同子…同級生、友子の友達私は背が高く(170cm)体格もゴツめというか太め筋肉質。剛毛癖毛な…

no image
姉ちゃんとセックス

 僕が高校1年で16歳のとき、友達から教わったばかりのオナニーに明け暮れていました。もちろん童貞でした。 僕は姉と同じ部屋だったので、最初のころは姉が留守のときだけオナニーをしていました。 姉は3つ年上の19歳でOLでした。平日は朝早く出勤して、遅く帰ってくるの…

no image
★配達の仕事でのエロな体験談

 夕食の材料を配達する仕事をやっていて、営業をしていた。アパートの部屋を1軒ずつノックしてパンフレットを説明。とあるアパートでノックしたらかなり元気のいい声で返事があり、ドアが開いた。ガチャ・・絶句・・ピンクのネグリジェ姿、若かった俺は実はそう言う姿に免疫が無いのでその場で鼻血を出して倒れてしまった。 大丈夫?とネグリジェの奥さんが言う声でハッと目が覚めた。鼻血・・奇麗に拭かれてる。奥さんがやって