エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

また

   

1年ほど前に友人の家で焼肉をして飲んだ時に友人は先に酔いつぶれ寝てし
まい、お母さんと二人で彼を部屋に運び寝かせ残ったお母さんと僕の二人で
飲みました。
母子家庭でしたので他には誰も居なく下ネタで盛り上がった時に、お母さん
のオッパイを揉んでしまいました。

僕は酔うと歯止めが利かず側に居る女性に欲情してしまう酔い癖があり、遂
に友人のお母さんにも手を出してしまいました。
お母さんも服の上からのタッチは喜んではしゃいでいましたが、服の中に手
を入れてお腹や背中を触って行くと「ダメ?ダメダメ」と離れて行きました
が、僕がしつこく迫って乳首を摘んだときにビクッとして「ダメって言って
るでしょ?」と言いながら目を瞑りました。
二人とも相当酔っていましたので歯止めが利かず、そのまま抱き合いする事
をしてしまいました。
朝方目を覚ましお母さんが全裸で横に寝ているのを見て、記憶が甦り慌てて
起こして帰りました。

それが一年前の事でしたが、その後正月に友人宅で飲んだ後にまた手を出し
てしまい抱いてしまいました。そして三月に友人の転勤が決まり友人宅で送
別会を開き飲んだ後にまたやってしまいました。
転勤先に赴任する日に友人から「お袋のことを頼むな」と言われドキッとし
ました、友人はお母さんとの事を知っていて言ったのかどうか今でも分かり
ませんがそれ以降関係が深まっています。

1年ほど前に友人の家で焼肉をして飲んだ時に友人は先に酔いつぶれ寝てし
まい、お母さんと二人で彼を部屋に運び寝かせ残ったお母さんと僕の二人で
飲みました。
母子家庭でしたので他には誰も居なく下ネタで盛り上がった時に、お母さん
のオッパイを揉んでしまいました。

僕は酔うと歯止めが利かず側に居る女性に欲情してしまう酔い癖があり、遂
に友人のお母さんにも手を出してしまいました。
お母さんも服の上からのタッチは喜んではしゃいでいましたが、服の中に手
を入れてお腹や背中を触って行くと「ダメ?ダメダメ」と離れて行きました
が、僕がしつこく迫って乳首を摘んだときにビクッとして「ダメって言って
るでしょ?」と言いながら目を瞑りました。
二人とも相当酔っていましたので歯止めが利かず、そのまま抱き合いする事
をしてしまいました。
朝方目を覚ましお母さんが全裸で横に寝ているのを見て、記憶が甦り慌てて
起こして帰りました。

それが一年前の事でしたが、その後正月に友人宅で飲んだ後にまた手を出し
てしまい抱いてしまいました。そして三月に友人の転勤が決まり友人宅で送
別会を開き飲んだ後にまたやってしまいました。
転勤先に赴任する日に友人から「お袋のことを頼むな」と言われドキッとし
ました、友人はお母さんとの事を知っていて言ったのかどうか今でも分かり
ませんがそれ以降関係が深まっています。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
愛し君へ2

『玉置は本が好きなのか?』俺は話を反らすために質問した。『はい。本って、内容ももちろん面白いですけどその人なりの哲学っていうか、考えがわかって楽しいんです』『本ってそんなに奥深いのか?俺は面白ければいいけどな』『大野君は本っていうかマンガでしょ?』『うぐ…

no image
興味があったので乱交パーティに参加して見ました。

 友達の裕子の車で、郊外のきらびやかなネオンの点滅するモーテルに到着。入り口で31番の席札を手渡され、案内された部屋には私達前後の年齢の方が40人ほどみえ、しばらく雑談していました。しばらくすると「それじゃ、皆さん、お風呂、入りましょう」の案内があり、最初に10番までの方が部屋を出て行かれました。

no image
叔母と禁断な肉体関係に・・

 あれは私が高校1年の夏に始まった。それは母親の5番目の妹のS叔母さんとのSEXだ。夏休み、両親は会社の夏休みで2週間海外旅行に行くことになった。その間、母親が私の面倒をS叔母さん(当時確か36歳)に頼んだことからだ。S叔母さんはご主人が単身赴任で海外出張中で、子供はいなく時間的に余裕があるためだった。

no image
★女の同僚から「帰っちゃいや」と言われれば

 冬の寒い時期だった。膝下まで雪が積もっていた。夜半、新年会が終わって、会場差し回しの送迎バスを降りようとしたら、まだ酔いつぶれた同僚がシートにうずくまっている。 「おい、山下さん!(仮名)」声をかけたが、反応がない。完全に酔っぱらっている。「どうしますか、自宅までお送りしますよ」運転手の言葉に甘え、酔いつぶれた同僚のアパートの近くまでバスに乗せてもらった。

no image
家の前に泥酔女が落ちてた

先週、残業して終電で帰ってきたら、マンションのドアの前に何か落ちてた。恐る恐る近づいてみると、泥酔した女。里田まいっぽい感じ。ドアを開けるためにどけたら、感触が柔らかくてドキドキ。そのまま静かにひきずって部屋の中に入れた。むにゃむにゃ言うだけで、全然目を…

no image
祭りの後

夏祭りが盛況に終わった後の反省会。その彼女とは、年に何回かある町内のイベントで会う10年来の気心が知れた仲だった。20数人の参加だったが、偶然隣り合わせの席だった。祭りの間からアルコールが入っていたこともあり、皆テンションが上がっていた。乾杯の後の彼女の第一…

no image
エロゲーがくれた幸福。

 大学出て東京でふらふらしていたら、実家に強制送還されて、流れ流れて、中古ゲーム・書籍ショップの店員orz。25歳オーバー、資格なし、コネなし、彼女なし。自分でまいた種だけど、ちょっとな。 こんなしょうもない人生の清涼剤は、女子高生バイトのみやびちゃん。ロン…

no image
性奴に堕ちる時

1年程前のことだが、40近くのいい年になって中学の同窓会とやらに出席した。この年になって初めて出席する事にした理由は、唯一会いたい女性がいて、当時クラスのマドンナ、いや学年のマドンナの美由紀が来ると聞いたからであった。当日来たのは15名で、美由紀の容姿は…

no image
こたつで

こたつに入ってテレビを見ていたら、隣にいた中1の妹がぐっすり眠っていた。目を覚ます気配が無かったから、ジャージの上から太ももに手を置いてそのまますーっと上のほうへ…。服の上からマンコのあたりをぷにぷにと揉むようにしながら、割れ目を探ろうとしたが感触がわか…

no image
★友人の彼女をレイプしたい願望の妄想

 昔の話になるけど、友人の彼女の事がおれは好きだった。顔も声も身体も何から何までが好みで、オナニーに使うこともためらうくらいに好きになっていた。けどそれが叶うはずもなく、イチャつく2人を目の前にして、まるでお預けをくらっている飼い犬のような惨めな思いを重ねていた。それから数年も経つうちに、友人の彼女はおれのもっぱらの性欲の捌け口になっていた。 毎晩のようにPCに彼女の顔画像を広げては、オナニー。それ