エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★温泉ホテルで出会った家族

   

2015/02/17(火)
 日帰りで伊豆に行く事になりましたが、酒好きの先輩が「面倒だから一泊しようぜ」と自腹で泊りになりました。温泉ホテルで一緒になった家族がありました。両親と大人しい感じの美穂JC3と元気なJS6の美貴の4人家族です。

 姉妹の両親も酒好きで酒好きの先輩と盛り上がってました。ホテル内のカラオケで演歌ばっかで飽きたのか「美穂ちゃん、お風呂行こうよ」と言い出しました。そのホテルには取って付けた様な露天風呂が屋上に何個かあって、鍵を閉めればOKって感じで女の子二人で入るには少し怖いかもしれません。
 なので美穂が嫌がってたら美貴が「じゃあ、おじさんも一緒に~」と言い出しました。美貴も少し飲んでたので、テンションが高いのです。美穂にしてみればJC3で知らないオジサンと、風呂に入るなんてアリエナイので拒んでたら美貴が「じゃあオジサンと二人で入る」と言い出しました。

 さすがに妹と二人だけで入るのはマズイと美穂は思ったようですが、姉妹の両親は「面倒かけてゴメンね~」とお気楽でした。脱衣室もない簡易に区切られた露天風呂。入ったのは一人用の浴槽が二つ並んでる露天風呂です。真っ暗でしたが昼間なら海が一望出来て良い景色なはずです。

 美穂は美貴に同じ浴槽に入る様に言いましたが
「オジサンと入る~」と狭い浴槽に美貴が跨る様に一緒に入りました。
「オジサン、オチンチンおっきくなってるよ~」
「オチンチン見せて」とハシャグ美貴。

 美穂も注意してくるし流石にマズイなって思ってたら「大丈夫だよー美穂ちゃんが何か言ったらカズ君とエッチしてるの言っちゃうもん」と、美穂はどうやら美貴に弱みを握られてるようでした。美貴に勃起したチンチンを見せたり触らせたりしてたら美貴が「美穂ちゃんオジサンにフェラしてあげたら??」と言い出しました。

 スグにはウンとは言いませんでしたが、美貴に押し切られてフェラを始める美穂。思わぬ展開にドキドキしました。しかも「美貴もやってみる」とロリのWフェラを体験しちゃいました。美貴のが積極的でタマでも乳首でも言えば舐めてくれました。

 いじわるで「美穂ちゃん、アナル舐めてくれる?」と聞いたらビックリした顔をしてましたが、アナルって何?って訊いて来た美貴に言われてアナルも舐めてくれました。美貴のアナルも舐めてあげたら「お尻って気持ちいんだねー」とビックリしてましたが俺のも舐めてくれました。

「美穂ちゃん、オジサンとエッチしちゃえば?」と美貴が言いだしました。これは流石に抵抗する美穂ちゃん。彼氏もいるし嫌なんだろうけど美貴ちゃんの好奇心に押されてしまってエッチする事に。中々面白い姉妹のパワーバランスです。まあ美貴の「じゃあ美貴がオジサンとする」と言い出したのが効いたようでした。

 嫌がってた割には美穂のマンコはヌレヌレでした。「美穂ちゃん準備万端になってるね」と言ったら両手で顔を隠してました。「彼氏と最後にしたのは?」と聞いたら一月位前らしい。「じゃあエッチしたくてしょうがなかったんだね」と言ったら「ちがいますちがいます」と言ってたけどアッサリと挿入できて

「あっ!」と感じてました。驚いてたのが美貴です。生意気でマセててもJS6の美貴、生セックスは初めてらしく「ホントに入ってる~」とか茫然として言ってっました。美穂にも「彼氏のより気持ちイイ?」と聞いたら「ハイ!気持ちいいです」と答えてました。

 小心者の私は中出しする勇気もないので、射精の時は美貴の口に突っ込んで「出すから飲むんだよ」と言ったら訳も判らず口の中の精液を飲み込んでました。「飲んじゃったけど赤ちゃん出来ない?」と美貴が美穂に訊いてるのが可愛かったです。

 二人のアドレスと番号を聞いてて今でも連絡取ってるので、そのうち会いに行こうと思ってます。
関連記事

↓他のHな体験談を見る


 - 会社員の体験談 , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★目をつけていた女性をやっと

 単身赴任を終え、本社に帰って2ヶ月。目をつけていた女性をやっとモノにしました。本社ビルの清掃をしている紀代子、53歳です。小柄でおとなしそうな、好みの女性です。帰任して間もなく、男性トイレでしゃがんで便器を拭いていた彼女のパンティラインをみて欲情して以来、ねらっていました。 何日か後「食事しませんか。電話してください」と書いた紙切れを渡していました。1ヶ月以上たって諦めかけていたころ、電話がかかって

no image
★映画館の熟女のアルバイト

 東京近郊のショッピングモールでのことです。よく映画見にいくのですがファーストフードの外の席でいつも昼食をとっています。くるたびにぽっちゃり40代ぐらいの女性がコーヒーだけで同じ席にいるんです。3回目の時に思い切って声をかけてみました「いつもいますね。待ち合わせですか?」すると「お金なくて遊んでくれない?いくらでもいいよ」私は冗談っぽく「お金ないしなー2千円しかもってないし・・」おどろいたことに「

no image
★お酒の勢いでSEXした年上の女子社員

 入社一年目の私は修行的意味合いで地方営業所に行かされました。必ずしも全員がそういう道を通るわけではありませんでしたので、早い話が貧乏くじです。その営業所は小さい建物ながら一軒を丸ごと借り受けており、三階には三畳ほどに仕切られたスペースが二つありました。  これが「寮」でして、この一つが私のネグラとなったのです。このレベルが当たり前の時代…だったわけではありません。学生でさえ、もっと普通のアパートに

no image
★居酒屋で年上の女性との出会い

 私が25歳のときの出来事です。その日私は出張で福岡に来ていました。仕事を終え、夕飯を食べようと近くの居酒屋さんのカウンターで一人で飲んでいました。カウンターの近くにはテレビがあり一人、テレビを見ながら飲んでいると、そのテレビをさえぎるようにスーツ姿の女性が一人やってきました。 しばらくそのままテレビを見ていたのですが、その女性の向こうのテレビを見ていたので、気になったのか「席を替わりましょうか?」

no image
★不倫は麻薬ですね・・止められません!

 全くの健全な上司と部下の関係が一転、社内不倫となったのは、一瞬でした。部下の一人が退職するため送別会を開いたのですが、その帰りに帰る方向が彼女と同じでタクシーが一緒になりました。 お互いにだいぶ酔っていて、楽しく会話をしていた矢先、彼女が寝てしまいました。起こしてもダメなので、彼女のマンションまで肩を担いで連れていくことに…。久しく女性に触れることが無かったので、干支一回りも年が違う若い女の子に

no image
★素晴らしい女子高校生の体を堪能

 以前勤めていた会社でバイトをしていた、JK3の涼子ちゃんとハメハメしちゃいました。涼子ちゃんは会社ではアイドル的存在で顔も可愛く人気がありました。私は転職したんですが、ちょこちょこ涼子ちゃんとメールをしていましたが、最近忙しくてメールもご無沙汰でした。 そして先日、久しぶりに涼子ちゃんからドライブに行きたいとメールがありました。仕事も落ち着いてきたし、たまには気晴らしするか!と言うことでドライブ

no image
★テレクラ遊びは止められません

 去年の12月の暇な日にテレクラに出動しました。何人か話しをしてもなかなか良い人と繋がらず退室時間ギリギリに二十歳の大学生につながり、とりあえず昼メシ奢ることで会う約束、 約束の場所に行くとスタイルが良いおとなしそうなM美ちゃんが、近くの居酒屋でランチをしたら、以外に話しが合ったのでダメ元でホテルに誘うと少し黙っていたので強引にホテルへ連れ込み…

no image
★車の中で我慢できなくはめましたが

 当時付き有ってた子と車の中でいちゃいちゃしていたら、やりたくてたまらなくなってしまった。車走らせて、郊外のほうに行った。キスしながら、パンツの中に手を入れるとそこはもう大洪水状態だった。彼女は俺のものをズボンのチャック下ろして引っ張り出して、フェラを始めた。 俺は、指で洪水状態のところをかき回した。手だけで逝ってしまったようだった。俺は、我慢ができくなり、助手席を倒しすとパンツを脱がした。上にな

no image
★ホレた女の太股のTatooに意気消沈

 友人の紹介で知り合ったM美、27歳。細身でモロに俺のストライクゾーンど真ん中!!何度か真面目にデートに誘って、M美もどうやら俺の事が気に入ったみたいで嬉しかった。明るくて気が利くM美にホレてしまった。 ところが先日、2人で居酒屋で軽く飲んでなかなか良い雰囲気になり「今夜こそ!」と思ってたらM美もどうやらその気の様子。ホテルに入ってディープKiss、舌を絡めてもう息子さんはギンギンの爆発寸前に。M美は「

no image
★オヤジが女2人を連れて来れてくるなんて

 私がある田舎に勤務していたとき、私のアパートの隣に住んでる単身赴任のオヤジと仲良くなり、休みの前の日はよく二人で酒を飲んでましたが、あるとき「女ナンパしてくるわ」といって30分ぐらいしてくると30代の女性二人連れてきました。 一人は知らない女性(ゆき・仮名)でしたが、もう一人は私の勤務する会社のパートさん(しょうこ・仮名)でした。しょうこは、美人でしたが、男好きで地元では有名な女性で結構嫌われ者でし