エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

同級生の女の子??修正と補足説明?

   

?と?で若干話し口調が違いますね。
申し訳ない。失敗です。

文の中でおかしい場所も多々あると想いますが、
そこは読者さんの器量でなんとか読み替えて判断してください。

ストーリーに出している女の子は
全員、仮の人物ですので適当に
自分の知り合いを当てはめて楽しんでください。
男の子も同様に。


?の説明
あらかじめ用意していた睡眠薬を…
というような文があったと思いますがこの部分の詳しい説明を。


俺(龍司)の町に大きな公園がある
その公園は深夜シンナーなどの薬物を売る売人がしょっちゅう居り、
学生らしき人がその公園に行けば100%と言っていいほど
シンナーを買わないか、と声をかけられるらしい・・・。

その噂を聞きつけた三人は
お金を出し合い、30000円を用意した。(念のため)
そして、親がいわゆる放任主義(?)である
剛志にそのお金を託し
剛志はヤンキーなどに絡まれぬよう、
   警察などに見つからぬよう、
注意を払いながらその公園に夜の12:30に
行き、売人に声をかけられるのを待った。
その公園に行き初めて2日後売人からついに声をかけられた。

「ねぇ、君シンナーとか買わねぇか??」
『お兄さん、そういう薬物売ってるの??』
「そうだよ。買う気ねぇか??」
『シンナーは要らないけど、クロロホルム(睡眠薬)とか
 同業者で売ってる人居ない??』
「ん……まぁ居るっちゃ居るが…。」
『それ、ほしいんだ。仕入れてくんない??』
『代金は色つけるからさ。』
「おう、ガキ、世の中ってもんを分かってるなぁ(笑)」
『客に向けてガキか?』
「おっと、いけねぇいけねぇ。悪いな。お客さん。」
『じゃ、前金として、5000円ね。3日後また来るから、仕入れといてね。』
「おう。絶対来いよー。」

3日後…剛志は残りの25000円を持ってその公園に行った。
もちろん誰にも見つからないように、である。

「おい、ガキ!! おっと、違った、お客さん!!こっちだ!!」
『おう、オッサン。仕入れてくれた??』
「お前初めて会ったときお兄さんって言ってたよな…。
 まぁいいだろ。お前の言うとおり、仕入れたぜ。この量でいいか?」
『まぁ、いいけど。買う前に、この薬は本物だって誓える?』
「当然だろ。コレが商売だからな。」
『じゃ、飲んでみてよ。』
「おいおい、疑うなって。ホントだよ!!
 念のために、これがオレの携帯番号だ。また何か買いたかったら
 ここに連絡してこいよ。」
『分かった。信じるよ。 10000円でいいか?』
「もうちょっと色つけろよ。」
『じゃ15000円でいいか?』
「まいどありッ!!またいつでも来いよ!!」
『んじゃ。また会う日があれば。 さよなら』
最終的に仲良くなったもんである。


こうして睡眠薬を仕入れた三人であった。。。

?と?で若干話し口調が違いますね。
申し訳ない。失敗です。

文の中でおかしい場所も多々あると想いますが、
そこは読者さんの器量でなんとか読み替えて判断してください。

ストーリーに出している女の子は
全員、仮の人物ですので適当に
自分の知り合いを当てはめて楽しんでください。
男の子も同様に。


?の説明
あらかじめ用意していた睡眠薬を…
というような文があったと思いますがこの部分の詳しい説明を。


俺(龍司)の町に大きな公園がある
その公園は深夜シンナーなどの薬物を売る売人がしょっちゅう居り、
学生らしき人がその公園に行けば100%と言っていいほど
シンナーを買わないか、と声をかけられるらしい・・・。

その噂を聞きつけた三人は
お金を出し合い、30000円を用意した。(念のため)
そして、親がいわゆる放任主義(?)である
剛志にそのお金を託し
剛志はヤンキーなどに絡まれぬよう、
   警察などに見つからぬよう、
注意を払いながらその公園に夜の12:30に
行き、売人に声をかけられるのを待った。
その公園に行き初めて2日後売人からついに声をかけられた。

「ねぇ、君シンナーとか買わねぇか??」
『お兄さん、そういう薬物売ってるの??』
「そうだよ。買う気ねぇか??」
『シンナーは要らないけど、クロロホルム(睡眠薬)とか
 同業者で売ってる人居ない??』
「ん……まぁ居るっちゃ居るが…。」
『それ、ほしいんだ。仕入れてくんない??』
『代金は色つけるからさ。』
「おう、ガキ、世の中ってもんを分かってるなぁ(笑)」
『客に向けてガキか?』
「おっと、いけねぇいけねぇ。悪いな。お客さん。」
『じゃ、前金として、5000円ね。3日後また来るから、仕入れといてね。』
「おう。絶対来いよー。」

3日後…剛志は残りの25000円を持ってその公園に行った。
もちろん誰にも見つからないように、である。

「おい、ガキ!! おっと、違った、お客さん!!こっちだ!!」
『おう、オッサン。仕入れてくれた??』
「お前初めて会ったときお兄さんって言ってたよな…。
 まぁいいだろ。お前の言うとおり、仕入れたぜ。この量でいいか?」
『まぁ、いいけど。買う前に、この薬は本物だって誓える?』
「当然だろ。コレが商売だからな。」
『じゃ、飲んでみてよ。』
「おいおい、疑うなって。ホントだよ!!
 念のために、これがオレの携帯番号だ。また何か買いたかったら
 ここに連絡してこいよ。」
『分かった。信じるよ。 10000円でいいか?』
「もうちょっと色つけろよ。」
『じゃ15000円でいいか?』
「まいどありッ!!またいつでも来いよ!!」
『んじゃ。また会う日があれば。 さよなら』
最終的に仲良くなったもんである。


こうして睡眠薬を仕入れた三人であった。。。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image

一月位前の学校帰りにターゲットを探していると駐車場で2人のJs3年位の子が一輪車に乗って遊んでいた。さっそく彼女達の3メートルくらい後ろに停めてあった車の横に行きボンネットに持ち歩いているR記録用の録画機をセットしてからチンポを扱き始めた。彼女達はスグに…

no image
堕ちていくのは運命だったのか(続)

違うホテルのコースだったので、予約時にリクエストしていたツーサムでのゴルフは不可能になり、組み合わせでのゴルフプレーになる。まさかそんな事があるのか、スタートの時間がきて私は目を疑った・・昨日プールで広子と話をしていた夫婦らしき二人の男女との組み合わせだ…

no image
凄い経験

いつも最強線で通学している2年の男子です。 先日は人生変わる様な凄い経験してしまいました。 確かに最強線は込みますが僕はいつも遅い時間帯で通学していたのでラッシュのピークはず れていました、しかし、たまたま学祭の準備でいつもより早い電車に乗った時の事です。 い…

no image
初物

以前セックスフレンド募集に載せたんですよ。そしたら19歳の経験のない女の子からお返事を頂きました。 以前好きな人がいて告白したら「処女とは付き合うつもりはない」と言われたそうで、それがコンプレックスになっていたそうです。 でも、いざ会う段階になってバック…

no image
知ってしまった

はじめまして、35歳の私に22歳の妻の夫婦です。実は妻の話題ではなく妻の母親、即ち義理の母のことなんです。私達夫婦は結婚して2年になりますが子供は居りません。妻は一人娘で妻の父親は50歳で会社を経営する社長です。義理の母は43歳で会社の事務職を2人の事務…

no image
友達の母

以前から、気になっていた友達の母のパンツを偶然トイレに行ったとき洗濯機からゲット。早くこれでオナニーしようと適当に友達に言い訳して、早々に帰宅。さぁ、やるぞとチ○ポを扱き出した途端、電話が・・友達の母から。パンツをポケットにしまいこむのを見られたらしい。…

no image
★会社の人妻事務員を落した告白

 先週末に職場の忘年会があり、以前から目をつけていた人妻の事務員をぐでんぐでんに酔わせてラブホに連れ込み合体に成功。意識はそこそこあったものの足にきていて真っ直ぐ歩けなかったので、腰に手を回して抱きかかえながら、歩けるようになるまで「休むだけだから大丈夫。」などと騙し騙し強引にIN。 「早く帰らないと旦那に叱られる…」とか「子供が待ってるから…」とか言っていたが、部屋の入口でキスをしながら尻をなでま

no image
★体が宙に浮くほど良かったSEX

 昨日、一回り上の男性(既婚)と理想のエッチを楽しみました。私、独身27歳今まで付き合った彼氏は5人いましたがノーマルなエッチばかりで、逝ったことがなかったの。ネットで知りあいましたが、相手もまさか私がAVみたいなエッチを望んでるとは思われてなくて、キスするまで3回のデートはご飯だけの関係でした。 エッチな下着に、誘惑出来そうな服着てディナー、ちょっと酔った勢いで私からキスしました。彼もその気にな

no image
意趣返し

もう5年ぐらい前の話ですが・・・。嫁のA子は、大学時代のサークル仲間で、小柄で鈴木あみに似た顔立ちだった為、サークルのアイドル的な感じでした。大学卒業前の飲み会で距離が近くなり、付き合いだして、そのままプロポーズして、就職してすぐに結婚。当初はうまくいって…

no image
お見合いパーテイ

バツ1になって3年、友達とお見合いパーティーに行ったの。いろんな人と話してて、2対2でパーティー終わってからカラオケに行ってはしゃぎながら飲んでました。飲みすぎてソファーで寝てしまったまで覚えてます。気がつくと、ラブホのベットで好きじゃないほうの男の人と…