エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

私の友達は痴漢に犯されました。

   

1か月前、私の友達は痴漢に犯されました。

私は電車通学で、ある時から頻繁に、しかも同じ人に痴漢されるようになりました。パンツの中に手を入れてクリを擦ったりアナルを弄ったりする過激な痴漢で、私は我慢できなくて友達の「優奈」に思い切って相談することにしたんです。優奈は中学からの友達で、男女ともに人気のある活発な子です。相談を受け彼女は「じゃあ明日は一緒に登校しょ。もしされそうになったら私が止めるから。」と私の相談を真摯に聴いてくれました。優奈と一緒に登校を初めてすぐに私は再び痴漢に遭います。そこで彼女は言った通りに痴漢を「何してるんだよ!」と止めてくれました。次の瞬間、痴漢は彼女の手を振り切って開いたドアから逃げたんです。そこまでで、そこで終わっていればホントに良かったんだと思います。

彼女の正義感の強さが災いしたんだと思います。優奈は痴漢を追いかけて電車から降りたんです。私はというと人ごみに押されてドアも閉まり、そこで彼女とはぐれてしまいました。そして事が起きたのがその日の夜です。優奈のお母さんから「優奈を知らない?学校にも行ってなくて、まだ家に帰ってきてないの。」と、電話がありました。すぐに今朝の事を思い起こし、事情をお母さんに説明したんです。警察も動くような騒ぎになり、結局優奈は深夜過ぎに帰宅して事態は落ち着きました。「痴漢を追いかけてたら夢中になっちゃって、道にも迷っちゃって携帯も失くしちゃって、心配かけてごめんね。」と優奈に言われました。それで痴漢の事は終わったと思っていました。

それから1週間くらいたちました。家に帰ると母に「あなた宛ての郵便よ」とおっきな封筒を渡されました。差出人は「岩永優奈」とあります。何かのサプライズかな?と思って部屋に戻って封を切ります。中身はDVD-Rが1枚入っていました。ごはんも後回しにして、PCのスイッチを入れて、そのDVDを再生したんです。再生しなければよかったです。中身は自撮りの映像でした。手持ちなのか焦点が合わず激しく揺れています。場所は駅だか、公園だかのトイレのようでした。汚いトイレ。とたんにカメラの揺れがおさまり、焦点が合います。映し出されたのは、女の人でした。洋式の便座に座って下着も身に着けずに股を広げ、口はタオルのようなもので塞がれ、目はトイレットペーパーで覆い隠してあります。恥女といっても過言じゃない姿です。撮影者は無言で女性の膣を弄りまわし、その激しさに合わせるように女性も身悶えしていました。撮影者はどうやら男性だったようです。すでに勃起した、長い、本当に長いペニスを女性に挿入しました。男のピストンに合わせて女性の腰も動きます。女性は男の腰の動きに甘い声で必死に応えていました。そしてその激しい動きで目元のトイレットペーパーが下にずり落ちます。その目を私は知っていました。快楽で歪んでしまってはいるけど、間違えようがありません。その女性は優奈でした。そのまま優奈は男に犯され続け、中に出されるとほぼ同時に果てたようでした。直後場面が車の後部座席のようなところに変わります。足し撮りをしたのでしょう。座席には優奈がぐったりと倒れこんでいました。そんな彼女を映しながら、男がゆっくりと話し始めました。「えー、こんにちは。君を痴漢してたものです。見たら分かると思うけど、優奈ちゃんは今さっき私と契約をしました。」意味が分かんない。頭が混乱します。「私はこの先君に2度と痴漢をしない。そしてその代わりにと優奈ちゃんは自分の身体で性欲を発散してほしいと申し出てきたんです。驚きますよね。もちろん私はその申し出を受け入れました。契約成立です。こうして録画したのを君に送ったのは、私が優奈ちゃんにひどいことをしていない、優奈ちゃんが嫌がってないってことを君に知ってもらうためです。ないとは思うけど、もしこの情報や映像を他人に教えたりしたら、優奈ちゃんもひどいことをされちゃうし、学校にも知られて退学とかの可能性もあるから、優奈ちゃんのためにもやめてあげてね。この映像は定期的に送ります。」

それで映像は終わっていました。頭が真っ白でした。

私がDVDを見てから1か月が過ぎようとしています。私の手元のDVDは3本に増えました。

1か月前、私の友達は痴漢に犯されました。

私は電車通学で、ある時から頻繁に、しかも同じ人に痴漢されるようになりました。パンツの中に手を入れてクリを擦ったりアナルを弄ったりする過激な痴漢で、私は我慢できなくて友達の「優奈」に思い切って相談することにしたんです。優奈は中学からの友達で、男女ともに人気のある活発な子です。相談を受け彼女は「じゃあ明日は一緒に登校しょ。もしされそうになったら私が止めるから。」と私の相談を真摯に聴いてくれました。優奈と一緒に登校を初めてすぐに私は再び痴漢に遭います。そこで彼女は言った通りに痴漢を「何してるんだよ!」と止めてくれました。次の瞬間、痴漢は彼女の手を振り切って開いたドアから逃げたんです。そこまでで、そこで終わっていればホントに良かったんだと思います。

彼女の正義感の強さが災いしたんだと思います。優奈は痴漢を追いかけて電車から降りたんです。私はというと人ごみに押されてドアも閉まり、そこで彼女とはぐれてしまいました。そして事が起きたのがその日の夜です。優奈のお母さんから「優奈を知らない?学校にも行ってなくて、まだ家に帰ってきてないの。」と、電話がありました。すぐに今朝の事を思い起こし、事情をお母さんに説明したんです。警察も動くような騒ぎになり、結局優奈は深夜過ぎに帰宅して事態は落ち着きました。「痴漢を追いかけてたら夢中になっちゃって、道にも迷っちゃって携帯も失くしちゃって、心配かけてごめんね。」と優奈に言われました。それで痴漢の事は終わったと思っていました。

それから1週間くらいたちました。家に帰ると母に「あなた宛ての郵便よ」とおっきな封筒を渡されました。差出人は「岩永優奈」とあります。何かのサプライズかな?と思って部屋に戻って封を切ります。中身はDVD-Rが1枚入っていました。ごはんも後回しにして、PCのスイッチを入れて、そのDVDを再生したんです。再生しなければよかったです。中身は自撮りの映像でした。手持ちなのか焦点が合わず激しく揺れています。場所は駅だか、公園だかのトイレのようでした。汚いトイレ。とたんにカメラの揺れがおさまり、焦点が合います。映し出されたのは、女の人でした。洋式の便座に座って下着も身に着けずに股を広げ、口はタオルのようなもので塞がれ、目はトイレットペーパーで覆い隠してあります。恥女といっても過言じゃない姿です。撮影者は無言で女性の膣を弄りまわし、その激しさに合わせるように女性も身悶えしていました。撮影者はどうやら男性だったようです。すでに勃起した、長い、本当に長いペニスを女性に挿入しました。男のピストンに合わせて女性の腰も動きます。女性は男の腰の動きに甘い声で必死に応えていました。そしてその激しい動きで目元のトイレットペーパーが下にずり落ちます。その目を私は知っていました。快楽で歪んでしまってはいるけど、間違えようがありません。その女性は優奈でした。そのまま優奈は男に犯され続け、中に出されるとほぼ同時に果てたようでした。直後場面が車の後部座席のようなところに変わります。足し撮りをしたのでしょう。座席には優奈がぐったりと倒れこんでいました。そんな彼女を映しながら、男がゆっくりと話し始めました。「えー、こんにちは。君を痴漢してたものです。見たら分かると思うけど、優奈ちゃんは今さっき私と契約をしました。」意味が分かんない。頭が混乱します。「私はこの先君に2度と痴漢をしない。そしてその代わりにと優奈ちゃんは自分の身体で性欲を発散してほしいと申し出てきたんです。驚きますよね。もちろん私はその申し出を受け入れました。契約成立です。こうして録画したのを君に送ったのは、私が優奈ちゃんにひどいことをしていない、優奈ちゃんが嫌がってないってことを君に知ってもらうためです。ないとは思うけど、もしこの情報や映像を他人に教えたりしたら、優奈ちゃんもひどいことをされちゃうし、学校にも知られて退学とかの可能性もあるから、優奈ちゃんのためにもやめてあげてね。この映像は定期的に送ります。」

それで映像は終わっていました。頭が真っ白でした。

私がDVDを見てから1か月が過ぎようとしています。私の手元のDVDは3本に増えました。

 - 未分類 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
夏の終わりに・・・

この前、章の高額を犯った。夜の10時頃に公園でチャリを跨いだまま携帯に夢中になってるのを見つけたんだが背中の開いた紐キャミとデニムのショーパン。アクセラリージャラジャラに軽くメイクしていて生意気そうだけど、たしかに可愛い。声をかけたら予想通りの大人を舐めき…

no image
★バスや電車の痴漢被害の意識が薄れて

 私は、25才のOLをしてる人妻です。旦那の転勤で、住んでいる所まで引っ越しになり、私の職場も同じ会社ですが、今まで車での出勤がバスと電車に変わりました。旦那は、逆に近くになり自転車で通勤しています。新しい職場に通勤する様になって週3日は、バスと電車で痴漢に遭っています。 私は、自分で言うのも変ですが、芸能人で言うと、南 明奈によく似てる言われて違いは、髪の色が黒か茶髪の違いだけで小柄で胸が巨乳のため

no image
母親交換2

 一週間後、今度は聡の家に私達は集まった・・・ 聡の話によれば、涼子さんは、毎週土曜に仕事が休みで、平日は大体何時も20時過ぎに帰って来るという事だった。 涼子さんが休みの前日の金曜日・・・ この日私と猛は、聡の家に泊まる計画を立てていた。 聡から、休みの…

no image
妻の寝顔

俺は昨夜、明美と別れ快い疲れを感じながら帰宅した。居間に灯りがついていないので妻は寝ているようだ。居間の灯りをつけ上着を脱いだ。居間には妻の写真が飾ってある。宮島の回廊を背にした妻、華厳の滝で写した妻、いずれも可愛い笑顔を見せている。この妻の笑顔が一番気…

no image
★出会い人妻の一期一会した体験談

 人妻くるよで新しく人妻と知り合いました。掲示板には「はじめまして よろしくお願いします♪」だけ。ひとまずお声がけをしたら返信が来ました。「旦那とは事情で別居中です。大丈夫ですか?」大丈夫というか、むしろ大歓迎だった。それから会話を膨らませ直メに変更。相手は隣県にお住まいの30代前半人妻さん。 子供は1人。旦那さんは単身赴任中。サイトでの登録では目的としてえっちなことが書かれていたので、そちらの方面

no image
酔っぱらいOL

 彼女は泥酔状態でした。終電にほど近いに女性が一人でフラフラ歩いていました。年の頃は22?25歳と言ったところ。そそる体とは言えないが、普通体型。 スーツ姿ではあるが、なんだかあどけない感じが抜けない雰囲気を持った子だった。 僕は31歳の男。嫁と子供が眠っている…

no image
賭けマージャン

マージャンで彼女を賭けた。お互い彼女も知っている仲間4人でマージャンしていたら「彼女を賭ける」こととなった。最初は冗談のつもりだったけど、話が盛り上がってお互い引くに引けない約束となってしまった。当然、その場には彼女達はいない訳で、クリスマスに行くことにな…

no image
ザーメン処理嬢

始業間もない午前9時半、私のデスクの電話に内線の電話が鳴った。《はい、管理課、白井です。》《おはよう、白井君… 今からお願いしたいんだけど、いいかなぁ…》それは同じ会社の上司、総務課の新井課長からだった。《は、はい…いいですけどやりかけの仕事の後でよろし…

no image
エリと…:変態おじさん

以前の続きです。数週間音沙汰もなく平和に暮らしていましたが、突然エリから連絡がきて、『会いたい』とメールがきました。とりあえず会って話を聞くと『彼氏とケンカした、一人じゃつまらないから遊んで』とのこと…いきなりホテルに連れ込みデニムのスカートを捲り上げ、…

no image
★M気の妻がとんでもない事を

 妻の恭子は33才になります。以前から恭子のM気には気づいていたのですが、ある日相当お酒を飲んだあとのセックスの最中に恭子から告白されました。「一度でいいから、たくさんの男の人に色んな命令とかされて、むちゃくちゃに犯されてみたいの・・」驚きました。 まさか妻がそんなことを考えていたとは「どんなひどい事をされるかわからないよ・・」「どんな人でもいいのか・・」私は妻の気持ちを確かめるように言うと「それは