エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★同級生のオッパイに魅了された

   

2015/02/15(日)
 学生の時に仲良しメンバー男2女3で集まってた時になんか胸の話になって、A君が「何Cupあるの?」とか聞いてきて一緒にいたさやは「Cあるよ」とかいいはじめて、唯も「あたしもC」とか答えたから

 自然と次は私が言わないといけなくなったから仕方なく「ん~Dかな」って答えたら、A君とB君は「見た感じでCとDなんてわかんないよな」とかいいはじめた。
「ちょっと見栄張って嘘ついたろ~」とか言われたから否定してたら、なんかちらっと見せて確認しようって流れになった。なんか少しHな雰囲気になってたしみんな興奮してたからか、少し大胆になってた。

 A君とB君が見てる前でさやと唯と一緒にシャツのボタン胸元まで開けて、全部じゃないけど谷間見えるくらいで見せてあげたら「ヤバいみんな意外とあるんだな」ってA君はかなり興奮した感じで、B君も「いつも制服だからあんまわかんないけど、スゲー」とか言いながら見てた。

 でも二人が「さやと唯と同じにしか見えないけど本当にDなの?」って聞いてきました。ブラ見せるだけでもかなり恥ずかしくて緊張してたからはっきり「あるよ」とはなかなか言えずにいたら、さやが「じゃあみんなでシャツ脱げばいいんでしょ」っていいながらボタン全部外してブラだけになった。

A君とB君は「さやヤバいエロい」「凄ぇ~」とかなりテンション高めで盛り上がってきて、唯も恥ずかしがってたのに「仕方ないなぁ」みたいにシャツ脱いでた。

 さやがピンクで唯は白のブラだったのは今でも覚えてる。それからまた私が注目されたから、緊張してるのばれない様にさらっとシャツ脱いでブラだけになったら「本当だ、マジおっきいなぁ」ってA君に言われた。

 これでやっと終わるかな~って思ってたら、二人が「ここまできたら少しでいいから触りたい」 とかいい始めて、さやと唯は「さすがにそれはダメ」って拒否ってたんだけど、かなり真剣にお願いされたから、仕方なく一人づつA君とB君に触らせる事になった。

 この時点でタイミングのがしたから断れなかったし、急な展開に本当かなり緊張してまともに考えられなかった。結局触らせなきゃ終わらない状況だったから仕方なく、でも皆の前じゃ恥ずかしいからもう一つの部屋で順番にする事に・・

 最初はさやが入っていって、A君も続いて入りました。なんか待ってる間が長く感じて「早く終われ~」って思ってました。それからA君がでてきて「Bマジ感動するぜ」とかなりテンション高めで話して、B君も嬉しそうな顔ですぐ部屋に入っていった。

その後A君が「本当柔らかいな」っていいながら唯とあたしの胸チラチラ見てくるので、なんか恥ずかしいのとのぼせる様な感じでふわふわしてました。

 唯は「大丈夫かなぁ」って小声で聞いてきたけど、なんか声でなくてとりあえずうなづいてるしかできなかった。それからさやとB君が出てきて唯とA君が部屋に入りました。さやは「あいつら触りすぎだし」と顔赤くしながらシャツ着て、B君は何も言わなかったけどさやの着替える様子見てニヤついてたのがなんかいやらしかったです。

 またしばらくしてA君といれかわりでB君が入っていって、その後二人で出てきました。唯もさやの時と同じ感じで顔真っ赤ですぐに着替えてた。とうとう自分の番がきたので緊張してるの悟られないように部屋に入ると、寝室らしくベッドがあったのでとりあえず座るとすぐA君が入ってきました。

 そしたら「やっぱ一番大きいよな」とか言いながら隣にきてブラの上から触ってきました。いきなりだったからびっくりしたけどA君はさやと唯ので慣れてきてたのか、かなり大胆に揉んできて「一番柔らかいし凄いなぁ」って言いながらさらに後ろに周りこんで両手で掴んできました。

 恥ずかしすぎて黙ってると、なんかおっぱいさわりながら抱き着いてくる感じでかなり密着してきてA君の荒い息遣いが近くで聞こえるのがちょっとヤバかった。しばらくその状態で触られてて、もう興奮と緊張で時間とかわかんなくなってたらいきなりB君が入ってきて「A長すぎ俺の番だろ~」 と言ってもA君が止めないのでB君は私の前にきて二人で触り始めました。

 それでやっと「やだっ」て声が出せたんだけど二人は無視して触ってるし、A君は後ろから触りながらスカートの下に手を入れてきてお尻まで触ってきたから「ちょっと」って止めようとしたらいきなり変な感じがしてびくっってなった。

「えっ?」って思ったらB君がブラの中に手入れて乳首触ってた。しかも止めずにどんどん触るので、思わず出そうになる声我慢するので精一杯でした。我慢してうつむいてると前にいるB君の股間がすぐ近くにあって、明らかに大きくなってるしで、本当にどうにかなりそうでやばかったです。
関連記事

↓他のHな体験談を見る


 - 学生の体験談 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★ナンパした女に罵られた俺の話

 俺は女の味を知ったのはちょっと遅かったんだけど、高校時代は毎日2回自分でやってました。で、高校を出てソープで初体験後、世の中にこんなに気持ちいいことがあったんだと、手当たり次第やりまくってました。正直ちょっと仮性なのと、早いのがコンプレックスだったんですが、当時はまだまだ元気いっぱいで回数には自信がありました。 その時に大学の好き者仲間と飲みに行ってはナンパするのが、ほぼ日課みたいになってたんで

no image
★先輩とした忘れられないSEX

 高校時に留年食らった先輩みさよが同じクラスになり、それはそれは喜びました。その先輩は化粧がちょいとキャバいけど身体は今で言う紀香的の感じでした。不良でお馬鹿さんだったけど卒業式前に「大好きでした! 今度会って下さい」と告白したら「卒業できたらね。」と。 そしてなんと同級生も同じクラス、しかしやはり先輩らしく振る舞い真面目系の僕にはお声も掛かりませんでした。しかし何故かよく2人になる時間が出来たり

no image
★不慣れな愛撫でしたが筆を下ろしました

 恥ずかしい話ですが、大学一年の時に筆下ろししました。相手は同級生の香織。小柄なややポチゃボディで、胸もおっきくて、高校時代はか香織はモテていた。丁度夏休みに地元に帰りバイトをしていた店に香織が現れた。「アレッ?たかしくん?」と陳列してる時に声を掛けてきた。就職した仕事帰りか、ブラウスにスカートの制服姿だった。 親しくは無かったがたまたま三年間同じクラスで、卒業以来だったから盛り上がりメアドを交換

no image
★俺の初体験は先輩のお母さん

 僕の初体験、今年の夏です。相手は高校の先輩のお母さんでした。僕はまだ、高校3年生で、別の社会人となっている友達と飲みに行っていた時、街でバッタリであったのです。先輩のお母さんなので、高校生で飲みに行っていることが、先輩(卒業し、 現在は大学生)の耳に入ると恐ろしくて、どうしょうかと思いました。でも「黙っていてあげるから、今日は一緒にどう」の誘いに、2次会のカラオケに同行しました。先輩のお母さんと女友達

no image
★映画館が縁で未亡人とエロフレに

 前に日活ロマンポルノで28歳位の女性に痴漢することができたので、この日も一人で成人向け映画館に行き、後方で一人で観ている女性が居ないか探していると、40歳くらいの女性が入ってきたので、後を追い女性の左隣の席に座ることができた。 私が隣に座ると、彼女は一瞬こちらを見たが、別に気にする様子も無く普通に映画を観ていた、そこで彼女の太腿に左手を載せてみると、彼女はこちらを睨みつけ、右手で私の手を払い除けなが

no image
★親子ほど離れた親友の母親とのSEX・・2/2

 おばさんの髪の毛が垂れて、それが胸や腹をくすぐって凄く感じました。どんどん下の方に向かって俺の体を舐めたりキスしたりするおばさん、へそのところまで来ると「先の方がびしょびしょじゃない」と俺のチンコを優しくつまんで言いました。 俺が恥ずかしそうに笑うと、おばさんは何のためらいもなくチンコをパクッと咥え込みました。これはたまりません、情けないの2連発ですが、ベロを少し動かされただけだったのに快感が頂

no image
★女先輩からSEXのイロハを教わった

 大学1年の夏休みに、同じ高校の2年先輩の女性から10日間ほどの九州旅行に誘われた。高校の時、同じクラブの先輩で、同じ大学でやはり同じサークルの先輩だ。すでに旅行計画はできており、私は自動車の運転と荷物持ち的な役目だった。彼女は温泉が好きで、しかもいろいろな混浴温泉も。 女性一人での混浴にはちょっと抵抗があったのか、カップルでの入浴の方が入りやすかったのだろう。でも彼女は凄く大胆で、胸は何時も露出、タ

no image
★信じられない事をされていました

 父の遠縁にあたる千尋さんとの話。千尋さんは、僕が中学の時、両親が不在のたびに家に泊まって僕の面倒を見てくれた。凄く美人でスタイルがよく優しくて、医者をやってる旦那さんも家に帰らない日がよくある忙しい人だが、真面目ないい人だった。 中2の連休中、千尋さんが泊まりにきた。いつものように過ごし、次の日の朝トイレで僕は驚いた。自分のペニスに部屋の色付きのティッシュの欠片が皮の間に挟まっていたから。トイレ

no image
バスの添乗員さんとのエロ話

 僕が過ちを犯した話です。当時僕は大学生で21歳で二つ下の恭子という彼女がいました。僕は恭子のことが大好きで、学校を卒業して仕事に就いたら結婚も考えてました。夏休みを利用して旅行へ行こうということになり、海はよく一緒に行っていたので、今回は北陸へ観光へ行くことにしました。3泊4日の旅で、北陸は初めてだったので、添乗員さんが付いてくれるプランにしました。

no image
★知り合いのイチャイチャに嫉妬

 ある週末の朝、彼女が大学のゼミ飲みから帰ってきた日のこと。いつもはしっかり整えている髪の毛がややボサボサ気味で、酔いがまだ多少残っている彼女の姿に何かエロい色気を感じてしまった僕は、彼女がベッドに入るや襲い、激しいエッチをしました。 1回戦が終わってかなり満足した状態でベッドに寝ていると、突然「あのさ…話があるんだけど…」と切り出されました。急にローテンションな話しぶりに何か嫌な予感を覚えつつ、僕