エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

純子

   

1987年9月号
 家に誰もいない日のこと、私の家の二階の窓からは高校が見えるの。もちろん授業中なのよ。
 その日はカゼで熱出してねてたんだけど、すぐ近くの高校をながめてたら、こっち見てる男の人がいたの。パジャマ姿だったから、恥ずかしくてふとんの中にもぐりこんじゃった。こんな姿、男の人に見られるなんて!
 どうせなら下着で…なんて衝動的に思っちゃって、汗でベトベトしてるパジャマを脱ぎました。さりげなく、窓の前に立ってみると、その人は気付いていないみたいだったから、ほーっと一息。それでも、他の人に見られたんじゃないかって思うと、恥ずかしくて、恥ずかしくて…。なんとなく、あそこが熱くなってきて…。さわってみると、ヌルヌルしてる。もうダメ!全部脱いで、あそこに指を遊ばせながら高校の方を向いて…。

 そして、部屋を出ると熱のせいもあって、だんだん体まで暑くなってきて、はーはーいってる…。苦しい!でも、すごく緊張してて、家の中歩いてると、ジュースが廊下とかにポタポタ落ちていくの。下に降りても、窓からは高校が見える。居間のソファに座って、あそこをずっと触ってた。クリちゃんはもう丸見えで、白いジュースがソファにまで流れそう。皮のソファは冷たくて、一層暑くなってきそう。
 手鏡を持ってきて、あそこを写して、ジュースが勢いよく流れてるの見て、指を食べさせた。声が出ちゃう。隣の人はいるいんだから…。声出しちゃダメって、自分で自分に言ってるのに、声があ…ああんっっ。もういっぽん。二本の指が飲み込まれてく…。あそこがひくひくって、イッちゃった。

 さて、後始末して寝ないとヒドくなっちゃう…。なんて思いながら、高校を見ると
…さっきの人が見ていました。全裸の私を。恥ずかしい!あんなところから見られるなんて、わかんないわよねって自分に言って、ティッシュでソファに流れたジュースをふこうかな…と思ってたら、また衝動的に“なめてみたい”なんて思っちゃって…、ソファの前に跪いて、ぢゅるってなめてみた。
 すごく生ぐさいにおいがして、しょっぱかったけど、体のぬくもりであったかくてすごくヘンな感じだった。
 それからというもの、高校の前でオナニーするのが日課になりました。それから今日はどうかなって、ジュースの味をみるのも。 あの日から、少しヘンタイっぽくなった私です…。

神奈川県横浜市 純子 15歳 ♀


データベースへ
1987年10月号
 はぁい、純子です!9月号に載っててびっくり!でも、ゼンゼンハードじゃなくて、めぐみさんやAYAさんにかなわない。ちょっとぐっすんしてる純子。でもねぇ、今度はこの前のよりちょっとはハードなのよ。

 今ね、パパもママも旅行いっていないの。でも、悪いなぁ…って思いながらも、パパとママの部屋に入ってあさっちゃった。本棚とか、色んな引き出しを開けるの。机の下の戸をあけると、雑誌が山のように積んであるの。見ると、「PLAY○○Y」「S&Mス○イパー」なんて本ばっかり。これは「男○通信!!」

 パパったらこんな本たくさん買い込んで…。ママがいるのに。けど、今の旅行で激しいのしてるんだろうな…。考えてたら、ヌレてきちゃった。パンティの上から触ると、もうぐっしょり。
 こういう本って…。中を見てると、女の人の体がいっぱい載ってるの。私って少しレズの気があるから、女の人の体を見ると興奮しちゃって…男の人みたい。もうガマン出来ない。手をアソコに持っていって、くちゅくちゅってクリちゃんをいじめるの。もう立っていられない。「あっあうん」思わず声が出ちゃう。早く欲しいの。でも、そんなことしてくれる男の人いないし…。
 そうだ、あれだ!
 私は自分の部屋にもどって、シーブリーズの見本品のスプレーを持って来ました。直径2・5センチくらい。それに、コ○ドーさんかぶせて、アソコにもっていって、
…でも、それを上にずらして、クリちゃんせめて興奮させて…頭の中が白い…。
 入れちゃえ…ゆっくり、ゆっくり。いいっ!奥まで入ったら、ゆっくり、ゆっくり動かすの。とっても気持ちいい。
 だんだん、強くなって、最後の一番深いツキでイッちゃった。しばらく、アソコとおなかがヒクヒクして動けないし、手がしびれて思うように動かないし、頭の中がボーッと真っ白でした。それから、もう一回アソコを触ってみて、ジュースたっぷりの指をふぇら○おみたいに歯をたてないでなめて、疲れちゃったから、そのまま寝ちゃった…。
 本当に、私はイヤラシー!って、つくずく思っちゃった。じゃ、またね。
神奈川県横浜市緑区 純子 15歳 ♀

1987年9月号
 家に誰もいない日のこと、私の家の二階の窓からは高校が見えるの。もちろん授業中なのよ。
 その日はカゼで熱出してねてたんだけど、すぐ近くの高校をながめてたら、こっち見てる男の人がいたの。パジャマ姿だったから、恥ずかしくてふとんの中にもぐりこんじゃった。こんな姿、男の人に見られるなんて!
 どうせなら下着で…なんて衝動的に思っちゃって、汗でベトベトしてるパジャマを脱ぎました。さりげなく、窓の前に立ってみると、その人は気付いていないみたいだったから、ほーっと一息。それでも、他の人に見られたんじゃないかって思うと、恥ずかしくて、恥ずかしくて…。なんとなく、あそこが熱くなってきて…。さわってみると、ヌルヌルしてる。もうダメ!全部脱いで、あそこに指を遊ばせながら高校の方を向いて…。

 そして、部屋を出ると熱のせいもあって、だんだん体まで暑くなってきて、はーはーいってる…。苦しい!でも、すごく緊張してて、家の中歩いてると、ジュースが廊下とかにポタポタ落ちていくの。下に降りても、窓からは高校が見える。居間のソファに座って、あそこをずっと触ってた。クリちゃんはもう丸見えで、白いジュースがソファにまで流れそう。皮のソファは冷たくて、一層暑くなってきそう。
 手鏡を持ってきて、あそこを写して、ジュースが勢いよく流れてるの見て、指を食べさせた。声が出ちゃう。隣の人はいるいんだから…。声出しちゃダメって、自分で自分に言ってるのに、声があ…ああんっっ。もういっぽん。二本の指が飲み込まれてく…。あそこがひくひくって、イッちゃった。

 さて、後始末して寝ないとヒドくなっちゃう…。なんて思いながら、高校を見ると
…さっきの人が見ていました。全裸の私を。恥ずかしい!あんなところから見られるなんて、わかんないわよねって自分に言って、ティッシュでソファに流れたジュースをふこうかな…と思ってたら、また衝動的に“なめてみたい”なんて思っちゃって…、ソファの前に跪いて、ぢゅるってなめてみた。
 すごく生ぐさいにおいがして、しょっぱかったけど、体のぬくもりであったかくてすごくヘンな感じだった。
 それからというもの、高校の前でオナニーするのが日課になりました。それから今日はどうかなって、ジュースの味をみるのも。 あの日から、少しヘンタイっぽくなった私です…。

神奈川県横浜市 純子 15歳 ♀


データベースへ
1987年10月号
 はぁい、純子です!9月号に載っててびっくり!でも、ゼンゼンハードじゃなくて、めぐみさんやAYAさんにかなわない。ちょっとぐっすんしてる純子。でもねぇ、今度はこの前のよりちょっとはハードなのよ。

 今ね、パパもママも旅行いっていないの。でも、悪いなぁ…って思いながらも、パパとママの部屋に入ってあさっちゃった。本棚とか、色んな引き出しを開けるの。机の下の戸をあけると、雑誌が山のように積んであるの。見ると、「PLAY○○Y」「S&Mス○イパー」なんて本ばっかり。これは「男○通信!!」

 パパったらこんな本たくさん買い込んで…。ママがいるのに。けど、今の旅行で激しいのしてるんだろうな…。考えてたら、ヌレてきちゃった。パンティの上から触ると、もうぐっしょり。
 こういう本って…。中を見てると、女の人の体がいっぱい載ってるの。私って少しレズの気があるから、女の人の体を見ると興奮しちゃって…男の人みたい。もうガマン出来ない。手をアソコに持っていって、くちゅくちゅってクリちゃんをいじめるの。もう立っていられない。「あっあうん」思わず声が出ちゃう。早く欲しいの。でも、そんなことしてくれる男の人いないし…。
 そうだ、あれだ!
 私は自分の部屋にもどって、シーブリーズの見本品のスプレーを持って来ました。直径2・5センチくらい。それに、コ○ドーさんかぶせて、アソコにもっていって、
…でも、それを上にずらして、クリちゃんせめて興奮させて…頭の中が白い…。
 入れちゃえ…ゆっくり、ゆっくり。いいっ!奥まで入ったら、ゆっくり、ゆっくり動かすの。とっても気持ちいい。
 だんだん、強くなって、最後の一番深いツキでイッちゃった。しばらく、アソコとおなかがヒクヒクして動けないし、手がしびれて思うように動かないし、頭の中がボーッと真っ白でした。それから、もう一回アソコを触ってみて、ジュースたっぷりの指をふぇら○おみたいに歯をたてないでなめて、疲れちゃったから、そのまま寝ちゃった…。
 本当に、私はイヤラシー!って、つくずく思っちゃった。じゃ、またね。
神奈川県横浜市緑区 純子 15歳 ♀

 - 未分類 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★在日の外人達にレイプされました。

 27の元保育士です。前働いていた保育園でレイプされました。1年前のあの日は私が最後まで園にいたんです。そして夜の9時を過ぎていたのを覚えています。私は自分の机で明日の準備をしている時急に職員室の電気が切れました。廊下の電気も切れていたので、周りの灯りは外灯だけになり私がビックリしている所へ、人が職員室に入ってきたのが解りました。 そしてその人達は部屋に入ると、すぐ私を捕まえようとしていました。その後

no image
妻がこうなるとは…..。

"「それでは、ご主人出かけます。泊まりになるかは、後ほど。」そう言われて妻を、西本さんに貸し出しました。妻:由梨絵45才160cm 50kg スレンダー体型。西本さん:58才177cm 痩せ型 筋肉質。二人が、乗った白い乗用車を不思議な気持ちで見送りました。西本さんは、私達夫…

no image
お前の嫁さんを抱きたいと懇願され

 古くからの友人から「お前の嫁さんを抱きたい」と何度も言われていました。気が進まないので聞き流していたのですが、結婚して20年が過ぎマンネリ化と、年齢からかオチンチンに力強さがなくなってしまったことと、嫁も昔は好きモノだったのに、誘ってこなくなっていたので、友人の話に乗ることにしました。

no image
中学生に寝取られた_9

 白い靄の切れ目から、少年たちが立ち働いている姿が見えた。朱美がまき散らした大量の糞尿を、シャワーや手桶で洗い流していたのだ。(あっ、わたし……) 我に返って首を探ると、赤い輪ゴムは辛うじて残っていた。ほっと胸をなで下ろしたのも束の間、自分がまきちらした…

no image
★チョット変わった童貞喪失をしました

 都内に住む29歳のケンヤです。僕の初体験は21歳の夏と遅めなものでした。これはその時の話です。大学生だった当時、出会いもなく悶々とした生活の中で、とにかく早く童貞を捨てたいと言う気持ちばかりが先走っていました。この年で童貞なのは恥ずかしく、 どうせなら年上の人妻にでも相手をしてもらい童貞を捨てたい・・と考えるうちに夫婦交際という世界を知りました。当然、性欲の塊と化した私はこの世界に興味を持ち、そう

no image
同性イジメ(O学生時代)

私が子供の頃、同級生の間で酷いイジメがあった。イジメていたのはクラス内でも活発な女の子グループ、イジメていたのは別グループの女の子だった。私はイジメていたグループの1人、グループの中心は大柄でスポーツが得意なエリコという子。年中日焼けしたみたいに真っ黒だ…

no image
幼いころからのエッチなパートナーと今でも関係を続けています

私には小学生の時に好きな人Aがいました。そして好きで好きでたまらなくなって卒業式の時に告白したんです。相手は自分も好きだったと言ってくれてとても嬉しかったのを今でも覚えています。そして付き合うことになりました。中学は離れてしまい、Aは部活に入らず毎日習い事のサッカー、私は陸上部に入り毎日練習の日々。会えることも少なく、メールだけの日々。そんな中、月日も去り、高校生。彼と私は一緒の高校で一緒の理数科。

no image
★始めは嫌でしたが慣れって怖いです

 成人式の夜、地元の中学時代の遊び仲間の一人の家の離れのプレハブで呑み会をしたときに、男3人女5人の中で未経験なのは私一人でした。その事がわかると、女の子の一人が「やっちゃえ!やっちゃえ!」と私の両手を万歳の格好で持って、引き倒しました。 スカートがまくれて、パンツを見られて、慌てて隠したら、今度は別の女の子が私の足を持って「なに隠しているのよ」と片足を持ち上げられてしまいました。男の子たちは笑いな

no image
★犯してやろう~と言う妄想を・・

 俺には同じ職場にセックスフレンドがいる。名前は、仮にK子としておこう。もともとアパートが近いので、仕事が終わってから一緒に飲みに行ったりすることが多かったので、そのうちにハメ友達になった。去年、短大を卒業して俺の職場に採用された21歳で、結構な美人。芸能人に例えるなら、永作博美似のちょっとロリ入った娘だ。 で、二週間くらい前に、違う部署の友人達三人で俺のアパートで飲み会をやった。友人二人は、あま

no image
私の初体験は近所に住むおばちゃん

いいなぁ・・・私の初体験は近所に住むおばちゃんでした。年は38くらいだったと思います。小柄でぽっちゃりしてて、人当たりもいい人でした。旦那と娘の3人暮らしの主婦でしたね。うちの毋と仲良くて、結構家にきてたりしました。当時、中3だった私はドラマの主題歌を歌ってた小田和…