エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

清楚な後輩の家の前で聞き耳をたてていたら

   

18 :えっちな18禁さん:2011/10/21(金) 07:24:15.75 ID:8A/1doqW0

清楚で綺麗な後輩(1年生)と友達になって、
よく話をするんだ。
真面目でそっち系の話はしずらい雰囲気。
ところが最近、他の男の影がちらつくようになった。
それでも感覚的には処女としか思えない。
で、ある日30前後の男と歩いてるのを見た。


19 :えっちな18禁さん:2011/10/21(金) 07:27:51.76 ID:8A/1doqW0

そういう関係じゃないだろうと思いつつも、
その男のことは当人から聞き出せず。
車に一緒に乗ってるとこまで見てしまった。
彼女のアパートは知っていたので、
たまにその前をなんとなく通り過ぎる。
そしてある夜、アパートの前にその車が止まってるのを見た。

ショックと不思議な高揚感を感じつつ、いつものように窓のそば
を通り過ぎようとしたら・・・


20 :えっちな18禁さん:2011/10/21(金) 07:31:13.80 ID:8A/1doqW0

話し声が聞こえる。
思わず一瞬立ち止まった。

男の声は低く何を言っているか分からないが、彼女が楽しそうに
答えているのが分かる。

声は間違いなくいつもの彼女だが、何か口調が違う。
1分くらいその場にいたが、いたたまれず歩き去った。


21 :えっちな18禁さん:2011/10/21(金) 07:33:52.83 ID:8A/1doqW0

家へ帰ってからも気になって仕方がなかった。
俺は彼女の部屋に入れてもらったこともないのに・・。

1時間くらいしたところでモヤモヤが抜けず、通り道なのでコンビ
ニへ出かけたついでにもう一度アパートの前まで寄ってみた。

窓の電灯が消えていた。
でも、期待しながら確かめたが車はまだそこにあった。


22 :えっちな18禁さん:2011/10/21(金) 07:37:11.75 ID:8A/1doqW0

頭の中がパニックになり、
ふらふらと窓の方へ歩いていった。
自分の心臓の鼓動が聞こえる。
思わず息を潜めて耳をそばだてう。
「はああああん」と低い彼女の喘ぎ声が
かすかに聞こえてきた。
決定的になった瞬間だった。


23 :えっちな18禁さん:2011/10/21(金) 07:57:47.62 ID:8A/1doqW0

その日はそのまま家へ帰り、眠れない夜を過ごした。

頭に残った声が、普段の彼女とどうしても結びつかなかった。
その後も彼女とは大学で会っていたが、普通の友達としての会話
から進まない。

でも、以前はTシャツにジーンズだった彼女が最近はスカートをは
くようになった。化粧気は元々無かったが、微妙にメイクしてい
る感じもする。


24 :えっちな18禁さん:2011/10/21(金) 08:00:21.09 ID:8A/1doqW0

あの男の影響かもと思うと何とも言えない気持ちだった。
そんなある日、彼女がサークルで言った旅行の写真を見せてくれ
た。

楽しそうなスナップの中に1枚、水着で集合写真を撮ったものがあっ
た。思えば彼女の水着姿さえ見るのはこれが初めてだった。
写真の中の彼女は赤いビキニを着て、スレンダーな身体に小ぶり
な胸、くびれが眩しかった。


25 :えっちな18禁さん:2011/10/21(金) 08:03:30.87 ID:8A/1doqW0

彼女は「これはヤバいからダメ〜」とか言ってすぐに隠してしまっ
た。

見ているうちに、悔しい気持ちでいっぱいになった。
あの男はこの身体を好きなようにしてるんだろうか。

ふざけたふりで「もっと見せろよ〜」とか言ってみたが、それ以
上見せてくれなかった。

その夜はいつもより胸に何かがたまる感じが強かった。


26 :えっちな18禁さん:2011/10/21(金) 08:05:37.72 ID:8A/1doqW0

もはや恋愛感情とは違うのかもしれない。
嫉妬心を抱きつつも、俺の興味は彼女の身体にあったのだろう。
その夜コンビニに出かけて通りかかると、やはりあの男の車があっ
た。

2ヶ月ぶりくらいだろうか。
俺はまたふらふらとその窓の前をゆっくり通り過ぎようとした。


27 :えっちな18禁さん:2011/10/21(金) 08:08:42.66 ID:8A/1doqW0

灯りの消えた窓際で、声が聞こえてきた。

前に聞いたような低い声ではなく、男が責めるような口調で何か
言っている。

喧嘩?耳をそばだててみたが違うらしい。
彼女の声はもはや低い喘ぎ声じゃなかった。

「あっ、あっ、あーっ!」
「いや、いや、あー!」
響くように聞こえてきた。


30 :えっちな18禁さん:2011/10/21(金) 23:15:06.68 ID:8A/1doqW0


男の声は、「・・・だろ?」とか「・・・しろよ」とか荒っぽい
感じ。
(全部は聞こえず)

それなのに彼女は悶えながら「はい・・」とか「すみ・・ませ
ん・・」とか言ってる。

すすり泣くような声さえ聞こえた。

何を言われてたんだろうか。誰か似た経験あったら教えてく
れ。。。
? ? ??

18 :えっちな18禁さん:2011/10/21(金) 07:24:15.75 ID:8A/1doqW0

清楚で綺麗な後輩(1年生)と友達になって、
よく話をするんだ。
真面目でそっち系の話はしずらい雰囲気。
ところが最近、他の男の影がちらつくようになった。
それでも感覚的には処女としか思えない。
で、ある日30前後の男と歩いてるのを見た。


19 :えっちな18禁さん:2011/10/21(金) 07:27:51.76 ID:8A/1doqW0

そういう関係じゃないだろうと思いつつも、
その男のことは当人から聞き出せず。
車に一緒に乗ってるとこまで見てしまった。
彼女のアパートは知っていたので、
たまにその前をなんとなく通り過ぎる。
そしてある夜、アパートの前にその車が止まってるのを見た。

ショックと不思議な高揚感を感じつつ、いつものように窓のそば
を通り過ぎようとしたら・・・


20 :えっちな18禁さん:2011/10/21(金) 07:31:13.80 ID:8A/1doqW0

話し声が聞こえる。
思わず一瞬立ち止まった。

男の声は低く何を言っているか分からないが、彼女が楽しそうに
答えているのが分かる。

声は間違いなくいつもの彼女だが、何か口調が違う。
1分くらいその場にいたが、いたたまれず歩き去った。


21 :えっちな18禁さん:2011/10/21(金) 07:33:52.83 ID:8A/1doqW0

家へ帰ってからも気になって仕方がなかった。
俺は彼女の部屋に入れてもらったこともないのに・・。

1時間くらいしたところでモヤモヤが抜けず、通り道なのでコンビ
ニへ出かけたついでにもう一度アパートの前まで寄ってみた。

窓の電灯が消えていた。
でも、期待しながら確かめたが車はまだそこにあった。


22 :えっちな18禁さん:2011/10/21(金) 07:37:11.75 ID:8A/1doqW0

頭の中がパニックになり、
ふらふらと窓の方へ歩いていった。
自分の心臓の鼓動が聞こえる。
思わず息を潜めて耳をそばだてう。
「はああああん」と低い彼女の喘ぎ声が
かすかに聞こえてきた。
決定的になった瞬間だった。


23 :えっちな18禁さん:2011/10/21(金) 07:57:47.62 ID:8A/1doqW0

その日はそのまま家へ帰り、眠れない夜を過ごした。

頭に残った声が、普段の彼女とどうしても結びつかなかった。
その後も彼女とは大学で会っていたが、普通の友達としての会話
から進まない。

でも、以前はTシャツにジーンズだった彼女が最近はスカートをは
くようになった。化粧気は元々無かったが、微妙にメイクしてい
る感じもする。


24 :えっちな18禁さん:2011/10/21(金) 08:00:21.09 ID:8A/1doqW0

あの男の影響かもと思うと何とも言えない気持ちだった。
そんなある日、彼女がサークルで言った旅行の写真を見せてくれ
た。

楽しそうなスナップの中に1枚、水着で集合写真を撮ったものがあっ
た。思えば彼女の水着姿さえ見るのはこれが初めてだった。
写真の中の彼女は赤いビキニを着て、スレンダーな身体に小ぶり
な胸、くびれが眩しかった。


25 :えっちな18禁さん:2011/10/21(金) 08:03:30.87 ID:8A/1doqW0

彼女は「これはヤバいからダメ〜」とか言ってすぐに隠してしまっ
た。

見ているうちに、悔しい気持ちでいっぱいになった。
あの男はこの身体を好きなようにしてるんだろうか。

ふざけたふりで「もっと見せろよ〜」とか言ってみたが、それ以
上見せてくれなかった。

その夜はいつもより胸に何かがたまる感じが強かった。


26 :えっちな18禁さん:2011/10/21(金) 08:05:37.72 ID:8A/1doqW0

もはや恋愛感情とは違うのかもしれない。
嫉妬心を抱きつつも、俺の興味は彼女の身体にあったのだろう。
その夜コンビニに出かけて通りかかると、やはりあの男の車があっ
た。

2ヶ月ぶりくらいだろうか。
俺はまたふらふらとその窓の前をゆっくり通り過ぎようとした。


27 :えっちな18禁さん:2011/10/21(金) 08:08:42.66 ID:8A/1doqW0

灯りの消えた窓際で、声が聞こえてきた。

前に聞いたような低い声ではなく、男が責めるような口調で何か
言っている。

喧嘩?耳をそばだててみたが違うらしい。
彼女の声はもはや低い喘ぎ声じゃなかった。

「あっ、あっ、あーっ!」
「いや、いや、あー!」
響くように聞こえてきた。


30 :えっちな18禁さん:2011/10/21(金) 23:15:06.68 ID:8A/1doqW0


男の声は、「・・・だろ?」とか「・・・しろよ」とか荒っぽい
感じ。
(全部は聞こえず)

それなのに彼女は悶えながら「はい・・」とか「すみ・・ませ
ん・・」とか言ってる。

すすり泣くような声さえ聞こえた。

何を言われてたんだろうか。誰か似た経験あったら教えてく
れ。。。
? ? ??

 - 未分類 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
衛ちゃんツー。よん

「衛君っ。」「おっと。」ぎゅぎゅ。。「ありがと。スゴく美味しかった…。」「いいよ。彼女だろ。」「うん。。ふふー」お酒で、ふわふわほろ酔いで、ソファーに座ってた衛君の横に座って、くっついてます。私から抱きつくとか、ほろ酔いだから…できちゃいました。。まだま…

no image
出会い系サイトで複数の人妻とのセックス体験談

40代の既婚者です。暇潰しにゲームをしようと思い、4年ほど前にテレビでよくCMをしているSNSを始めました。当初は単にゲームだけでしたが、ブログのように日記を書く機能もあり、色々な人の書いた日記も見ていました。中でも、持病があり、過去の出産の事など、どちらかと言うとネガティブに日記を書いていたミワという40歳の既婚女性の日記が気になった。もう少しポジティブに頑張って…とコメントを入れた事がきっかけで、サイト

no image
★しゃぶり好きな人妻には参りましたが

 ネットで知り合った人妻(35歳)とはメールでいろんな彼女の悩み事の聞き役で、いつもそれに対して慰めたりするのがやりとりの内容でした。何週間かメールを続けるうちに彼女が実は浮気したことがある。という告白をしてくれて、その内容はセックスには至ってないものの、若い学生に対してフェラチオをしてあげたという話でした。 実は彼女はフェラチオが大好きで、セックスよりもフェラチオが好きだというのです。こういう話を聞

no image
少年実話16

相手を好きになり、気持ちを認めてもらえると、”エゴ”が出てくる。エゴから、”独占欲”に発展して、最後は”嫉妬”になります。不思議な魅力を持った彼女に、久し振りに本気になり、必死で会いに行きました。2日に1回のペースで・・・。ハッキリと自分の気持ちを彼女に…

no image
彼女が俺のためにビッチになる修行を始めた

俺は27歳の社会人で、付き合って3年経つ彼女のココロに、最近結婚をちらつかされてうんざりしている。ココロは、155cmの40kg台で小柄で少しロリっぽい。今時真っ黒なセミロングに、ちょっと野暮ったいメガネをした図書館の司書だ。俺としか付き合ったことがなく、キスもデー…

no image
複雑な夜。

僕と元カノ(共に24才)は別れた後も仲が良く、週末に飲みに行ったり、映画行ったりと普通に仲の良い友達の関係でした。そんなある週末、たまたま会社の先輩を交えて飲む機会がありました。すると先輩がやたら彼女のことを気に入ってしまい、彼女も先輩がイケメンだったの…

no image
妹と複雑な心境

この年末実家に帰った時似たような体験をしたんで書いてみるJK妹(16)が部活帰りかなんかで夕方帰宅してすぐシャワー浴びようとしてたみたいで昼間から親戚やら従兄弟と酒飲んでボーっとしてたオレがトイレに入ろうとユニットバスのドア開けたと同時に妹が後ろ向きでジャー…

no image
★この会社の女は男の性処理の対象です

 会社の歓迎会で女性の新入社員は私を含めて二人しかいなかったので、次から次へと上司や先輩からお酌をされ、一時間くらいで、記憶が無くなりました。目が覚めたときは、目の前に部長の顔があり、信じられないことに私の中に部長のペニスがいれられていました。 驚いて、突き飛ばそうとしても、手をベッドに縛られ動けませんでした。酔いもあってまともに叫べない私に部長は毎年、初めにいただいているが君のは実に具合がいいよ

no image
さや ?参の回?

ある種の出来心から始まった俺の盗撮DAYS。沙耶が実家に戻る度に実行した。何度見ても美しい肢体。顔。乳。陰毛。俺はお礼として精液を飛ばした。抜き終わった後に気付く。興奮は射精ではなく、もしかすると盗撮行為のスリルの方が上かもしれない、と。そんなことも思うが、…

no image
露天風呂であったエッチな体験談

26歳の主婦です。先日、主人とお友達の夫婦4人でスキーへいきました。といっても、私はスキーできないので温泉のある旅館に泊まり、私は温泉を楽しむことにしてました。 3人は朝からスキーへ、私は旅館の喫茶店でコーヒーを飲んでました。そこへ一人の30歳くらいのオトコが近づいてきて声を掛けてきました。なんでも、朝起きるのが遅くて、友達に置いてかれたとか。話てるうちにすっかり意気投合しちゃって・・・私が温泉を