エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★痴漢との出会いで楽しみが増えました

   

2015/02/13(金)
 私は25才のOLをしてる人妻です。旦那の転勤で、住んでいる所まで引っ越しになり、私の職場も同じ会社ですが、今まで車での出勤がバスと電車に変わりました。旦那は、逆に近くになり自転車で通勤しています。

 新しい職場に通勤する様になって週3日は、バスと電車で痴漢に遭っています。私は、自分で言うのも変ですが、芸能人で言うと南 明奈によく似てる言われて違いは、髪の色が黒か茶髪の違いだけで小柄で胸が巨乳のためよく男性の視線を感じています。
 旦那に、相談するとどんなことされるかと、逆質問でスカートの上から触って来たり、胸をブラウスの上から揉まれたりと答えると出勤時間を早めてみれば明日は、ぼくは休みだからボディガードするよ。行きたいとこが、あるから最後まで出来ないけど

 途中までボディーガードをしてくれると言ってくれました。朝、服を着ていると旦那からそんな服着てエロい下着でいたら痴漢に遭うよとクレーム。旦那に、今日の夜は、友人のパーティーに呼ばれていて帰りが遅くなることを以前言っていたでしょと説明。

 まあ、旦那が言うのも分かります。私は、今日の洋服は、黒のレースでカットソーチュニツクのミニでガードルに下着は、赤の上下もおそろいでレースのTバックです。後、上にジャケットを着るだけです。

 旦那と一緒にバスに乗り、20分間何も無く駅に着いて歩いていると旦那から上から見ると胸元が丸見えのこと、今日のブラジャーが赤だろう、そんなの男がみれば興奮するよ。と言われました。

 旦那から言われあそこが、熱くなる私でした。ホームで待っていて、旦那からいつも多いのと質問、今日は、いつもり早いけどいつもとかわらないと説明。電車に乗るといつもの混み状態です。電車で50分乗りますが、旦那の用事がある駅は、15分ぐらいで着きます。

 電車に乗って旦那は、私の前にいて胸元を覗いているのが分かり、いくら旦那でもちょっと恥ずかしいです。旦那は、耳元でおしり触ってもいいかと言われて、思わず首を縦に振ったのが大きな間違えで、この後に複数の人から痴漢されることなど夢にも思いませんでした。

 旦那は、前からスカートの上から触りだして丁度、アンダーヘアー付近を触っています。私は、周りの人達を気にしてドキドキしてアソコが熱くなり濡れてきているのが分かります。旦那も段々とエスカレートして来てスカートの中に手を入れてきて、パンティの上からアソコを刺激します。

 私の頭は、真っ白になり旦那のされるまま痴漢プレーをしてたのですが、旦那の手は、左手が手すりを握っているのにスカートの中には、前からと後ろから二本の手が入ってきています。後の手は、おしりを撫で回しています。(え~痴漢だーあなた気付いてー)と心の中で叫ぶことが出来ても実際は、声が出ないし旦那にも伝えられない状態です。

 そんなことをしていると、旦那の最寄りの駅が来て何も気が付かず降りて行きました。旦那が、いなくなると後の痴漢は、パンティをずらしてアソコに指を侵入させて来て私の耳元でつぶやきました。(マンコ濡れ濡れですね。気持ちいいのーエッチなマンコですね)

 私は、恥ずかしくて抵抗も出来ずされるままじっとしてました。ふっと、顔を上げると前の40代のサラリーマンの人が、私の胸元を覗いてニヤニヤしていて私が痴漢されているのも気付き、ジャケットの中に手を入れて服の上から胸を揉んできました。

 後の痴漢に、パンティを膝まで降ろしてスカートは、お腹まで上げられて私のあそこを指でいたずらします。前の40代のサラリーマンもスカートが、お腹まで上がるとそこから手を入れてブラを上にずらして胸を揉んできました。そして耳打ちされて(姉ちゃんオッパイデカいな。乳首も立って気持ちいいの。)

 私は、痴漢に遭っているのに(そう~気持ちいいの~もっと触って)心の中では、思っても感じている声を出さない様にするのが精一杯で、もう体に力が無く前の40代のサラリーマンに体を預けています。

 後の痴漢の指が激しくなりいってしまい2人に服を直してもらい電車が、止まった駅で降ろされて近くのホテルに連れ込まれて2人に代わる代わるレイプされ中出しまでされ、写メまで撮られました。

 携帯番号までチャックされて今では、2人の性奴隷になって電車に乗る時は、ノーブラ・ノーパンは、当たり前で、いつも痴漢しやすい洋服を催促されます。

 あのとき、旦那と痴漢プレーをしなかったらと思いつつ痴漢されるのが、楽しみにしてる私は・・
関連記事

↓他のHな体験談を見る


 - セクハラ・痴漢・レイプ , , , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★性の冒険するなら女1人で飲み屋へ

 良く一人で夜に飲みに行きます。何処とか決めてなくて、通勤電車の範囲内をつい降りてみたい衝動にかられて、ココの駅近にはどんな店があるの?新しい出会いと言うか、はっきり言って仕事のストレスがたまりすぎてたからですけど 年も二十代後半なので若い子みたいに警戒もしてなくて、少し歩いたら隠れ家的なバーがあったので入って見ることに・・中には奥の方に3人の男性、そして無口なマスターが何度かマスターに話しかけた

no image
★OL女が痴漢を期待する日々

 30代のOLです。行き帰りの通勤電車がちょうどラッシュの時間なので、痴漢にはよく遭います。強引な人とかなら手で払いのけたりするんですけど、ソフトなのは気づかない振りすることも多いです。 それで、このまえ、はじめて下着を着けないまま満員電車に乗ってしまったんです。膝上10センチくらいの、レザーのミニスカートの下は、ベージュのストッキングだけ。しかも太腿までのストッキングだったので、お尻からあそこかけ

no image
★私の恥ずかしい写メをネタに

 パート先の男性社員の三人に、私が携帯で自分で撮った恥ずかしい写メを見られてしまって、セクハラされてます。職場の机に無用心に携帯を放置してしまい、その間に、自分で撮っていた半裸姿の写メを見られてコピーされてしまいました。『紗耶香さん、こんな写真撮ってるんだ。誰に見せるつもりだったの?』『写メじゃなくて、実際に見てあげるよ』などと言われながらセクハラされてます。今の所、三人だけで秘密は保たれてますが

no image
★酔った女を成り行きでエロした告白

 久しぶりに夜遅くに電車に乗ったときのこと。終電まで1時間ぐらいあったので駅はそんなに混んでいなかった。座って電車を待っていると、一目で酔っ払っていると解る女がホームに下りてきた。明らかに千鳥足、ホームの壁にもたれるように立っていたが崩れるように地面にしゃがみ込み近くの人に手を貸されるほどだった。 歳は19~22歳ぐらい学生といった感じだった。しばらくして電車が来た。俺とその女は乗り込んだ。電車は

no image
★花見の時期になると思い出す

 わたしはこの時期になると思い出すことがあります。アルバイト先でお花見(〃^o^)~♪♪に行った時の事です。わたしは夫も連れて行きました。夫は飲めないので帰りの運転手を引き受けてくれました。 8人乗りの車2台で。みんな結構酔っていて、、わたしも久々に飲んでしまいました。わたしは夫の運転する車の後部座席に乗りました。最後に今回飛び入で参加した部長が乗ってきて、一番後ろの席のわたしの隣に座りました。

no image
★私の処女を奪った男は逮捕されました

 私は自分で言うのもおこがましいですが良家に育ったお嬢様でした。3歳から習い始めたピアノを16歳まで続けていた半年前の春の終わりでした。いつものように教室から帰る電車は決まって20時38分でした。 駅前通りを過ぎて歩いて路地裏のパーキングで自家用車のドアを開けたその時、暴漢は私を押し倒し刃物を顔に当てて「さわぐな・・騒ぐと命は無いぞ・・」私は暴漢のすごさに負け、口や手や足には粘着テープで縛られ身動

no image
★夜のランニング中に起きた出来事

 24歳で恋愛結婚したのですが3ヶ月離婚、それからアパートで一人暮らししてます。今は27歳、事務職です。健康と体力つけるために去年から仕事が終わってからランニングを始めました。8月も終わりのころ、いつものように8時ころから出かけました。 途中、史跡があり芝生の中でストレッチするのですが、そのわき道にワゴン車が止まっていて車が揺れてるのです。そっと覗くと・・男性2人が女性とエッチしてるのです。やだ~

no image
★強姦された嫌な思い出の告白

 私は中学2年の時、強姦されました。ナイフで脅されて車に乗せられ山奥で全裸にされて、前も後ろも犯されました。私の持ち物や衣服は全て持ち去られ、全裸で縛られて口には猿轡をされて山の中に置き去りにされました。 日が暮れて真っ暗な山の中で、犯されて出血している前と後ろの痛みと怖さと寒さで震え死ぬことを覚悟してすすり泣き続けました。そんな時車のライトが見え、男が戻ってきました。男は地面に転がっている私の縄

no image
★性奴隷の境界線

 ドラッグストアのパートの帰り、バイトの子に呼び止められたんです。ちょっと見てと言われた写真を見て、息を飲みました。勤めている店内を全裸で歩く自分の写真。そして、レジ台の上でセックスしている写真でした。実はこの社員さんに今セクハラを受けているんです 気がつくと、彼にお尻を触られていて彼、耳元でささやくんです。「旦那に知れたら大変だね。」「・・・」「でも、安心してよ。俺、口固いからさ」「けどさ、タダ

no image
★後悔した社内慰安旅行の男たちの振る舞い

 入社してまだ半年にもなってない頃のこと、私は、鉄鋼関係の受付事務員でした、我が部署は人数も少なく全部で15人ぐらいです。去年の秋に、その部署だけで慰安旅行に行くって聞かされて、会社が小さいのもあって秋の社員旅行は各部署ごとに好きなところに行けるようになったとかで、 我が部署は、栃木の山奥にある民宿を貸切にしたとかで部長は「全員参加」を強く言ってた。ココの部署は女性は私を含めて3人いて、一人は40