エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★レイプされかかったパート若妻

   

2015/02/11(水)
 俺が28ぐらいの時、倉庫で社員をしてた頃の話…朝から晩まで働き、管理者のデブはムカつくが金は良かったので、頑張って働いてた。働いてるのはパートや派遣で、俺は中間管理職と言うか管理者は働かないで、俺ばかり負担が掛かってた…

 本題だが、スケベなデブの趣味かパートや派遣は女が多く、特に石原さとみに似た感じの人妻(25歳)は特に可愛くて、Fカップはあるだろう巨乳だった…性格もおっとりしてて、清楚な雰囲気で、とても人妻には見えない可愛い感じだった。
 もちろん、手は出さないが人気は高く、デブもエロい目で良く凝視してた。事件が起きたのは、さとみさん(仮)が事務所の掃除を頼まれ、俺は違う場所の整理…他の人達は帰ってしまった時の話だ。

 しばらく俺は整理をやってたが、忘れてた重要な仕事を思い出して事務所に行くと鍵が掛かってて、耳を澄ますと物音と「嫌っ!止めてください!」と言うさとみの声が聞こえ、(えっ!)と思ってるとさらに物音がして「んーーっ!!」と口を塞がれた様な声がしたので(これってレイプじゃないか?)と思った…

 実はデブは悪い噂があり、レイプ疑惑の話を聞いた事があった。頭に血が昇った俺はドアを蹴破り、中に入るとデブがさとみを押さえつけ、おっぱい丸出しにしてブラウスが破れてた…その瞬間「何やってんだテメー」と叫び、あばらを蹴りあげてボコボコにした。

 さとみは身体を隠してガタガタ震え、俺が「警察に連絡してやる!」と言うと「止めて!大袈裟にしないでください…」と泣きながらさとみが止め、俺にしがみついた…興奮状態だったが、おっぱい丸見えだったからジャンパーを羽織らせ

「本当に良いの?本部にも連絡して辞めさせるよ」と言うと「大丈夫ですから…」と泣くので「俺はテメーを許さねーからな」と睨むとデブは土下座をし、さとみは「落ち着いてください!ね?」と涙目で言われたので、とりあえず会社を出て、さとみを送る事にした…

 車内でホットコーヒーをあげると「ありがとうございました…金子さんが来なかったらと思うと」と言うと震えて泣き出したので、思わず抱き締めてしまい「大丈夫…守ってあげるから」と言ってしまった。落ち着いてから送り、何度も礼を言われた…

 翌日は、さとみは普通に来たがデブは休み、そのまま辞めてしまった。そこからさとみとは急速に仲良くなり、毎日弁当を作ってくれ、メールも毎日着た…俺は勘違いしてはいけないと自分に言い聞かせたが、完全に惚れてしまい、苦しかったので「もう弁当作るのもメールも止めてくれ」と言ってしまった…

 さとみは「ゴメンなさい…迷惑だった?」と言うので「これ以上本気で好きになったら我慢できない」と言ってしまった。さとみは「私は、もう本気であなたが好きです…離婚しても良いです」と言われた…
関連記事

↓他のHな体験談を見る


 - 会社での体験談 , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★同僚女を会社のオフィスで無理やり・・2/2

 そして例の居酒屋から1週間くらい経った平日、松原さんが作製した印刷データのトラブルがあり、俺と彼女は遅くまで残業になった。残業は珍しいことではないし、フロアに2人だけなんてこともしょっちゅうだったから、別に誰も気に留めない。俺は何もすることがないんだけど、消灯と施錠はかならず役職者がしなければならないから、東風麻雀をしながら松原さんが終わるのを待っていたわけ。  21時を少し廻ったくらいのところで、

no image
★美人な先輩のパンチラに興奮して・・

 まだ入社して2年目の頃に会社で美人な先輩と仕事していた。目元は黒木メイサに似ていて言葉遣いも含めて少しキツイ印象ですが、実際は意外と優しい先輩でした。胸は小さいですがお尻が外人並みにプリプリで、それを見るだけでいつも興奮してました。ある日、夜遅くまで2人で残っている時に先輩が棚の裏側に落ちた書類を拾おうとしました。  その時に短めのスカートがあがってパンツちらちらと見えました。ドキっとして思わず屈

no image
★同僚女を会社のオフィスで無理やり・・1/2

先にスペック俺 34歳 175cm スポーツはそこそこ現役でちょっとアニオタ。同僚女 29歳 一応部下 155cm 細めでメガネ 綺麗系だけど腐。 仕事 いくつか本を出している出版関係というとこまでで。基本、チームで本を作っているのだけど、俺のパートって特殊で、他のメンバーが手を出せない。で、すごく多忙だったんだけど、そんな俺を見かねた上司がアシスタントに付けてくれたのが同僚女。 ちょうど今から4年前かな。彼女の

no image
★小さな会社の若い事務員と

 前の会社の事務員の話です。当時、社員数5名のわが社は、男性社員3名と「お局」と呼ばれるババァ(社長)そして、23歳の事務員信子という小さな会社でした。お局は外出が多く、他の男性社員も営業に出てしまうと事務所は自分と、信子の二人きりになることが多々あった。  信子は入社一年目のまだ世の中を知らない女だった。スタイル抜群、顔は中森明菜似で歳の割りに大人の色気を持っているそんな女であった。この女「いつかやら

no image
職場の同僚、華みたいな女性とエッチしました。

 ひょんなことから職場の同僚の女性とメール交換が始まった。30代前半にしてバツイチになってしまった俺は、女性不信に陥っていてやけっぱちな状態で、このメール交換が後々まで続く関係になるとは思ってなかった。彼女は既婚で子梨、数年前から知ってはいたが、職場の華みたいな女性で正直俺なんかには目もくれないだろうって思っていた。

no image
★会社の婚約者がいる女子社員とのエロ

 その娘が18で入社した時は、俺が教育係でもしかしたら付き合うことになるかな・・と思っていたが、結局なにも無いまま部署も離れ6年。結婚の噂が流れた時に、社員旅行の幹事という事で2人っきりで作業している時に盛り上がり、会社の倉庫でHしました。 「結婚おめでとう、もう24歳? 綺麗になったね」と褒めると「新人の頃はお世話になりました」 「俺、結構好きだったんだけど、立場上我慢しちゃってて」と正直話した。 「えっ私

no image
★前屈みで書き物をしている同僚の谷間に

 昨日職場にいたのは、俺とバイトのゆきちゃん(21歳)とY介(19歳)の3人。仕事が終わって片づけをしてる時に、ゆきちゃんが前屈みになって、机の上で書き物をしてた。「これは!」と思って急いで向かい側に回ると、白ブラと豊かなおっぱいの谷間が丸見え。 しばらく堪能した後「ここはこういうふうに書いた方がいいんじゃない?」とアドバイス。ゆきちゃんは「なるほど~。さすがですね!」と言って、書いたものを消しゴ

no image
★職場の女性に告白されイタダキマシタ!

 こんにちは、都内で営業の仕事をしている28才の男です。僕の会社は結構デカくて、社員が1000人を超えています。僕は自慢じゃ無いんですけどモテる方なんで、社内だけでも5人の女を喰いました。でも、社員数が多いので、ちょっとしか噂にならなくて、非常に助かってます。 こんな僕ですが、一応は本命の彼女がいるんですが、来る者は拒まずって感じで遊んでいます。ちょっと前の話なんですけど、学生時代ぶりに告白された

no image
★会社は女性を桃色するには最高

 昨日職場にいたのは、俺とバイトのゆきちゃん(21歳)とY介(19歳)の3人。仕事が終わって片づけをしてる時に、ゆきちゃんが前屈みになって、机の上で書き物をしてた。「これは!」と思って急いで向かい側に回ると、白ブラと豊かなおっぱいの谷間が丸見え。 しばらく堪能した後「ここはこういうふうに書いた方がいいんじゃない?」とアドバイス。ゆきちゃんは「なるほど~。さすがですね!」と言って、書いたものを消しゴ

no image
★お尻の綺麗な新人職員とのエロ告白

 私は40歳の家庭持ちの男です。今から4年前から始まった体験をお話しします。まず事の発端は4年前、新人の女性職員が入ったことから始まります。その子は女優の石原さとみに似てとても丁寧な挨拶や話し方をする子でした。 私はでもさとみちゃんのそんなところではなく「巨尻」のところに目が行きました。決してデブではなく、出るべきところが出ている感じでした。朝の清掃時間では前かがみになるとおっぱいの谷間が見え、後ろか