エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

半年の単身赴任から帰宅すると・・・興信所に調査を依頼した3

   

11 : 621 ◆jnlT2G0izQ [sage] : 2008/09/26(金) 23:04:31
みんな随分待たせてすまない、さすがにゆうべってか今朝ホテルに帰ってから爆眠しちまってさ、起きたら起きたで約束とかあってやっと今暇になったんだ
昨夜のパーティーの様子を異常に詳細に描写したのは俺が何を作り、やろうとしてるかを理解してくれるとありがたいなって思ってのことなんで、
最後まで読んでくれればわかるんだけど、ただ結果としてエロ描写の嵐になっちまったんでさ、もしウザかったら読み飛ばしてくれるとありがたい。

12 : 621 ◆jnlT2G0izQ [sage] : 2008/09/26(金) 23:04:59
ごめん、後にするよ
13 : 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] : 2008/09/26(金) 23:06:57
>>8
やっぱ君後で来て

>>11-12
気にしないで報告を
15 : 621 ◆jnlT2G0izQ [sage] : 2008/09/26(金) 23:08:26
>>8
わりこんだ形になってしまってごめんよ

20080926 15:30

結局その後新たな参加者はなく、当日のパーティーは妻とカメそして4名の客で行われた

妻が料理を終えて、それからしばらくの間は全員でビールを飲みながら歓談していた
8時少し過ぎにカメが妻の手を引き二人で心室に移動
カメは妻を抱きしめてしばらく熱の入ったキスをした後で、妻の服を脱がせにかかった
全裸にすると予めベッドの上においてあった赤い麻縄で妻を縛り始めた
俺は初めて見る光景だが、カメは実に手慣れた様子で妻の体に麻縄をかけていった
妻はうっとりとした表情で力を抜きカメのなすがままになっていた
ものの数分で実にきれいな形の後ろ手縛りの亀甲縛りの完成
カメは妻の股間縄の具合を確かめた上で満足そうにニヤッと笑った
次にカメは黒い革製の首輪を妻の首に巻き鎖をつないだ
最後にこれもお揃いの黒の革製の目隠しを妻にして終了
8時15分ごろ、妻はカメに鎖でひかれながら皆が待つリビング&キッチンに登場
一斉に歓声があがる、そしていよいよパーティーが始まった。

20 : 621 ◆jnlT2G0izQ [sage] : 2008/09/26(金) 23:09:45
妻はカメに引きたてられて部屋の中央に設置されたビニールマットの上に正座させられた
カメを除く全員はすでに全裸になっている
一人の客が妻に近付き目隠しされている妻の頭を両手ではさんで
パーティーの興奮からすでに勃起している自分のモノを咥えさせた
妻は自分から頭を振り一生懸命しゃぶっている
10秒か15秒で男は離れた
その後カメが妻になにやら尋ねた、妻はしばし考えた後一人の男の名前を口にした
さきほどの客が歓声を上げてガッツポーズ
革製のバラ鞭を手にすると妻を四つん這いにさせて尻や太ももを何度も鞭で打った
そのたびに妻は尻を振り体をのけぞらせて悲鳴をあげた
目隠しされて何も見えない状態の上に、ビックリするほど大きな音がするバラ鞭の音が妻に余計に大きな恐怖心を与えるようだ
男達の興奮で静まり返った室内にパシーン、ピシーっと鞭の音が響き渡るたびに
妻は「アアアー」「ヒィーー」「もう嫌ー」「お願いもう許してー」と絶叫している
男が10回妻を鞭打つと再び妻は正座させられて次の男が彼女に奉仕させた
そうして男が離れるとまたカメが妻に質問、今度は妻は自分がしゃぶった相手がだれかを当てたようだ
妻は安堵したが、男は大げさに落胆して見せた後妻を取り巻く列の外側に出た

22 : 621 ◆jnlT2G0izQ [sage] : 2008/09/26(金) 23:10:30
このゲームは男が最後の一人になるまで何度も何度も続けられた
どうやら勝ち残った男が今日最初に妻に挿入する権利を獲得する決まりらしい
このゲームの勝者の男は何十回も鞭打たれ汗ばみ荒い息遣いの彼女をマットの上に横たわらせた
そしてねっとりと舌を絡め口づけをし耳や首筋を舐めまわし、亀甲縛りされている妻の乳房をもみしだき乳首を摘み、捻り、口で吸い、舌先で転がし、噛んだ
目隠しされたままの妻はそのたびにビクビクと反応し、頭を振り乱し、「アッ」「アア」「んんんん」と何度も声を上げた
やがて男は妻の両足を折り曲げ開くと股間に食い込んでいる麻縄をずらして彼女の秘部を指で大きく開いて、しばらくもう片方の指でいじり回し挿入して注挿を繰り返していた
男はいよいよ妻の両足を限界まで開かせると、顔を妻のアソコに近づけ舌先でクリトリスを転がし吸いつき舐め回し舌を限界まで奥に挿入していた
妻は男の舌が自分の中に入った瞬間「アア」っとひときわ大きな声を上げた

24 : 621 ◆jnlT2G0izQ [sage] : 2008/09/26(金) 23:12:35
男は十分に満足すると自分のモノを何度かしごきながら一気に妻に押し入った
男が押し入った瞬間妻は「アアアアー」っと一声大きく絶叫すると男に責められている間じゅう荒い息遣いで喘ぎ続けていた
周りを取り囲んでいる男達は今や興奮の極みで、妻の表情や男に貫かれ出し入れされている彼女の秘部を凝視しながら野碑た言葉やヤジを浴びせていた
【すごいよ○子ちゃん、マ○コ丸見えだよ、入ってるよ】
【ぐちゃぐちゃになってるよ】
こんな言葉を浴びせられるたびに、妻は激しく喘ぎながらも
「いやー見ないで、見ちゃダメー」などと頭を振りながら必死で叫んでいた
男は始めのうち妻の体を味わうようにゆっくりと注挿していたが段々とピッチを上げて最後には腰を彼女の股間に激しく打ち付けるようにして責めていた
男の腰使いが激しくなるにつれ妻の喘ぎ声は大きくなり、「ああ、もうダメ、イク!」と体を何度も痙攣させながらとうとう妻は絶頂を迎えた
男はただまだここではフィニッシュするつもりはないらしく、自分が逝く直前に妻の中から引き抜くとハアハアと荒い息をして満足そうな笑みを浮かべていた


27 : 621 ◆jnlT2G0izQ [sage] : 2008/09/26(金) 23:15:10
そこでしばらくの間彼らは休憩をとり、ビールを飲んだり妻が作ったツマミを食べたりしてくつろいでいた
男に逝かされグッタリした妻は休憩の間、マットに横たえられて腰の辺りにバスタオルが一枚かけられていた
男達の休憩が終わると今度は妻は男達に抱えられてビニールマットの引いてあるダイニンゲテーブルの上に乗せられて両足を大きくM字に開脚した格好で固定された
そして二人の男が妻を動けないように抑えながら両方の乳首を弄び、一人の男がスティック状のバイブを妻の秘部に挿入して注挿している
最後の男に電マでクリトリスを責められながら妻は「アアア、アアアア、ダメ、ダメ、ウウウ、イキそう、イキそう」縛られ押さえつけられた体を激しく痙攣させてあっという間に逝きそうな様子を見せた
しかし男達は妻が逝く寸前にすっと電マを離し動きを止めた
これを何度も何度も繰り返されるうちに妻はどんどん乱れていき、ついに自分から必死で懇願していた
「いやーやめないで、お願い」「あああお、願いだから逝かせて」「お願い逝かせて、一度でいいから逝かせてーーー」彼女は切なそうに尻をひくつかせながら絶叫していた
デジカメとビデオカメラでそんな妻を激撮していたカメが妻に聞いた
【じゃあ後で浣腸させるな?】
「嫌、絶対に嫌、浣腸はいやー」
【じゃあしょうがないな、逝かせてやれないな】
そうしてしばらくの間また男達に責められ続けついに妻は泣きながら叫んだ
「ああ、ああ、もうダメ、もうダメ、なんでもするからー、逝かせてー」
【ちゃんと口にだしてはっきりと言わないか!】
「浣腸します、○子にみなさんで浣腸してください」

33 : 621 ◆jnlT2G0izQ [sage] : 2008/09/26(金) 23:23:21
さんざん焦らしぬかれた妻はついに絶頂を迎え全身を激しく痙攣させ、押さえつけられた体をよじりながら激しく逝った
「気持ちいい!気持ちいいよ!ああ、ああああ、イク、イク、イクーーー」
妻はふいごのように荒い息をしながら小刻みに痙攣を繰り返し、全身に玉の汗を浮かべて放心している
しかしそのほんの数秒後再び男達は妻を責め始めた
やっと訪れた絶頂の余韻に浸る間もなくまた妻は追い立てられていった
体を押さえつけられ動きたくても動けない彼女はそれでも必死に身をよじりながら泣き叫んでいた「ああ、ダメ、ダメ、またイク、ううう、ああ、イク、イク、ひぃーーー」
立て続けに逝かされいよいよ彼女の全身の痙攣は激しさを増した
しかしまだ男達は彼女を責める手を休めてはくれない
そうしていったい何度妻は逝かされたのだろう
「ヒィー、もうやめて、お願い!もうしないで!ああああ、少しでいいから休ませて」
そんな彼女の必死の懇願は興奮の坩堝の男達の欲情に油を注ぐだけのようだ
男達の表情にもはや笑いはなく、彼らはギラギラした残忍な視線で汗だくになり泣き叫ぶ妻をひたすら責め続けた
「ヒィーーー、もうやめてー、死んじゃう、壊れちゃうよー」
頭を振り乱し、絶叫しながら泣き叫んでいる
全身を淫具で責め抜かれ立て続けに何十回も登りつめさせられた妻は、最後にひときわ激しく体をビクンビクンと波打たせるとついにガックリと失神してしまった
ダイニングテーブルの上でダラリと全身の力が抜けた状態で横たわる妻の汗だくの白い裸身はまるで死体のようで異様に艶めかしい
失神している妻の裸体にさきほどの小さなバスタオルがかけられて、再び男達は休憩に入った

37 : 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] : 2008/09/26(金) 23:26:16
つーかそのエロシーンは必要なの?
そういうことを書くにしても凸前後だけで十分じゃないの
38 : 621 ◆jnlT2G0izQ [sage] : 2008/09/26(金) 23:26:18
しばらくして失神から覚めた妻はカメにトイレに行きたいと言った
それを聞いた男達はニヤニヤしながらバスルームから洗面器を持ってきて
M字に開脚されて縛られたままの妻の股間にあてがいそのまま洗面器の中にするように妻に命令した
「いやーそんなの絶対にいや、トイレに行かせてもう我慢できないよ」
涙声で懇願している
すかさずカメが
【何言ってるんだ?皆さんにお見せしないか!】
「いや、絶対にしない!」
【じゃあしょうがないな、○子が我慢できなくなるまでみんなで見物してるよ】
「いや、いや、いや、酷いよ」
どうやら本気で嫌がってるようだ、しばらく待っても妻が必死に我慢しているのに業を煮やした男達は一人が妻の腹部を押さえ、もう一人が彼女の膣に指を2本挿入して激しく注挿しだした
「やめてー、いやー」
妻は絶叫していたがやがて
「ああ、ダメ、出ちゃう、ああ出ちゃう、いやー」
やがてブシュブシュとテーブルの上のビニールマットに飛沫を飛び散らせながら妻は無理矢理に放尿させられた
妻がすべて出し切るまで男達は責めるのをやめなかった
「・・・・・うう・・・・・ううう」
嗚咽を漏らしながら妻は本当に泣いているようだった
しかし俺が飯食うテーブルで何やってやがんだバカヤロウが

42 : 621 ◆jnlT2G0izQ [sage] : 2008/09/26(金) 23:30:19
その後再び床のビニールマットの上に妻がつれてこられてついに輪姦が始まった
まず最初の男が妻の両足を折り曲げながら大きく広げて挿入した
男は気持良さそうに一心不乱に妻の中に自分のソレを叩き込んでいる
激しい男の責めに妻は大きな声でよがっている
「ああ、ああ、気持ちイイ、気持ちイイよう」
そのうちに二人の男が手に赤い蝋燭を1っぽんづつ持って、火のついたそれを妻の体にかざした
妻はいまだ目隠しされたままの状態なのでなにも気がつかない
しかしやがて火に溶かされた熱蝋のしずくが彼女の乳房に垂れると激しく絶叫した
「ヒィー、あつ、熱いいいいー」「いやー、やめてー、熱いよう」
体をのけぞらせ、ビクンビクンと震わせながら泣き叫びだした
そんな妻の体の反応に彼女を犯している男は思わず快感の呻きをもらした
【おお、たまらん、マ○コがキュウキュウしまってビクンビクンしてるよ、こんな気持ちいいのは初めてだ】
男はあっけなく逝きそうになったらしくあわてて妻の膣から自分のソレを引き抜いた
まだここで射精するつもりはないようだ

43 : 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] : 2008/09/26(金) 23:30:38
?巨匠
44 : 621 ◆jnlT2G0izQ [sage] : 2008/09/26(金) 23:31:55
最初の男が妻から離れるとすぐに次の男が彼女に覆いかぶさっていった
最初の男は自分も赤い蝋燭を握りしめると火をつけて蝋燭責めに参加した
男におかされながらなお3本分の熱蝋が容赦なく妻を襲う
「ああ、気持ちいい、感じる、ああ」
快感の喘ぎを漏らした次の瞬間には
「ヒィーー、あつ、ヒィーーー」
苦痛に泣き叫び絶叫している
赤い滴は妻の白い裸身に斑の模様を刻んでいく
豊かな乳房はもう赤い斑点でいっぱいだ、そして小さめの乳首には蝋の山が出来ている
妻の体に亀の甲羅の形に巻かれた赤い麻縄と白い肌についた赤い斑点が絶妙のコントラストを見せている



50 : 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] : 2008/09/26(金) 23:34:29
四円
51 : 621 ◆jnlT2G0izQ [sage] : 2008/09/26(金) 23:35:16
男達の全員が射精寸前まで妻の体を楽しむと、今度は妻は後ろ手縛りのまま四つん這いにさせれれて今度はバックから犯された
そして今度も妻の白い背中や柔らかい尻に容赦なく熱蝋が垂らされた
一人目の男にバックから激しく突きまくられついに妻は熱蝋地獄の中でも達した
「ああ、あああ、ああ熱い、熱い、ああイク〜、ううむ、うむ」
そしてそのまま前につんのめるようにして倒れこんでしまった
しかしまだ許されない、男は両手で妻の尻をつかむと強引に引き戻し再び突きまくった
男が射精寸前まで行くと次の男に交代して繰り返し繰り返し犯され続けた
交互に訪れる苦痛と快楽の絶頂に妻は泣き叫び、よがり、体を波打たせ、痙攣させ、錯乱しながら何度も何度も達した
そして再びガックリと失神してしまった、男達に犯し抜かれ半ば開きながら濡れて光る陰部が生々しい

52 : 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] : 2008/09/26(金) 23:35:27
?
55 : 621 ◆jnlT2G0izQ [sage] : 2008/09/26(金) 23:36:25
上の階のBの部屋でこの一部始終を見ていた突入班の面々はこの異常なパーティーの内容に衝撃を受け、
次第に口数が減っていき、狭い室内に9人もの男がいるにも関わらず沈黙がその場を支配していった
場慣れしているはずの興信所員2名も今まさにわずか一階下の部屋で行われているこの壮絶に淫靡なライヴ映像に色を失ってしまった
どうやら冷静なのは心が壊れてしまっている俺一人のようだ
「さて、そろそろ準備してくれ」
俺がそう言うと、一瞬全員ははっとして我に返り一気に動き始めた

カメラ担当、ビデオ担当、チェーンカッターを持った者、全員が自分の機材を最終点検している
そしてパソコンのモニターを見ながら突入の瞬間を待っていた

64 : 621 ◆jnlT2G0izQ [sage] : 2008/09/26(金) 23:39:26
一方パーティー会場では失神してしまった妻をそのままにして男達は洗面器になみなみと水を汲んできた
ガラス製の太い大きな浣腸器が2本用意されて妻が失神から覚めるのを待っていた
やがて一人の男がバラ鞭で妻の蝋まみれの尻を打った、1回、2回、3回、鞭の立てる鋭い音が室内に響き渡った
5回目か6回目で妻は気がついた
まだ朦朧としている妻に近付くとカメがニヤニヤしながら優しく言った
【さあ○子、お待ちかねの浣腸の時間だよ】
一瞬はっとして我に返ると妻は
「ああ、いや、浣腸は嫌よ」
カメは怒った表情を見せながら
【何言ってるんだ?さっき自分から浣腸して下さいって言っただろ?】
「だって嫌だもん、ああお願いそれだけは許して」
【しょうがないなー○子は、じゃあもう一度言わせてやるよ】
そう言うとカメはバラ鞭を取り激しく妻の尻や太もも、背中や、乳房を打った
何度も何度も
妻は次々と襲いくる苦痛に激しい悲鳴をあげたながら言った
「ヒィーーー、痛い、痛いやめて、お願いやめて、なんでもカメさんの言う通りにするから、お願い!」
【じゃあもう一度はっきりと言ってみろ!浣腸してくださいって!】
「あああ、浣腸してください、○子にみなさんで浣腸してください!」
【よしよしいい子だ、じゃあ○子の大好きな浣腸をたっぷりしてあげるからね】
「・・・・・ああああ・・・・・」

67 : 621 ◆jnlT2G0izQ [sage] : 2008/09/26(金) 23:40:23
一人の男が潤滑クリームを妻の肛門に塗りこんでいる、丁寧に指をゆっくりと注挿しながら、指が挿入されるたびに妻はうっ、うっ、と鋭くうめき声をあげた
男の一人が、俺が寝室で何度か見たことのある歪な形の非情に抜けにくい形状のバイブを妻の秘部にゆっくりと挿入してスイッチを入れた
「あっ、ああ、いや、ああダメ」
これまでにさんざん責め抜かれた妻はすぐに反応して切なげに腰を動かした
浣腸器を手にした男が洗面器から水を吸い上げ妻に近付いて行った
もう一人の男が反対側から妻の尻をしっかり押さえると浣腸器のガラスの鶏管がゆっくりと潤滑クリームを塗った妻の肛門に挿入された
「ああ、怖いよう、」っと一声小さく悲鳴をあげ半泣きになりながらも妻はもうすでに諦め、覚悟をしていたのかじっとしていた
男は異常な興奮を見せ、ニタニタしながらゆっくりと妻の中に注入していった
「ああ、いや、あああ、うむ、ううう、冷たい、いや、」
妻は自分の腸内に侵入してくる冷たい水の感触に怯えながら呻いた
一人目の男が全て妻の中に注ぎ込むと、もう1本の浣腸器を握り締め準備していた二人目の男がすかさず妻の肛門に突き刺した
「ああ、いやー、冷たい、もうゆるして」
一回りしたころから妻の声のトーンが代わってきた
「もういや、もう勘弁して、お願いもう入れないでー、うう、苦しい!」
男達は異常な興奮状態だ、カメはビデオカメラで妻の尻と肛門を撮り続けている

70 : 621 ◆jnlT2G0izQ [sage] : 2008/09/26(金) 23:41:23
あまりに衝撃的な映像だったためについつい見入ってしまったが、
ここで俺たちは動いた、突入開始〜開始〜!
俺たちは予め突入するための条件を決めていた、その条件が満たされるまではじっと待つ
ことにしていた
その条件の一つはパーティーに参加した男の全てが妻と姦通する瞬間まで待つこと
これはこの後で俺が奴らと戦うためにぜひとも必要としているからだ
そしてもう一つは出来るだけ長時間パーティーの様子を録画した後に突入すること
なぜ長時間の録画が必要かというと後に俺に都合がいいように編集するためだ

71 : 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] : 2008/09/26(金) 23:43:41
鶏管…?
嘴管じゃなく?
72 : 621 ◆jnlT2G0izQ [sage] : 2008/09/26(金) 23:44:01
俺たちはBの部屋を出ると非常階段を使って出来るだけ静かに1階下の俺の部屋に向かった。
部屋の前まで来ると俺は鍵を取り出し静かに部屋のロックを解除した
チェーンカッターを持った人間が準備していたが、ドアチェーンは掛かっていなかった
ゆっくりとドアを開け俺たちは一人ずつ順番に侵入した
ここで心配した通りAが暴走した
極度の興奮と緊張のため自分とジャック・バウアーの区別がつかなくなったらしい彼は
目を血走らせながら巨体を揺るがせいっきにリビング&キッチンに駆け込むと
怒号一閃、「よーしそこまでだー、全員そこを動くなー!一歩でも動いたら撃つぞー!!!」
いったい何を撃つ気なんだオマエは
「武器を捨てて両手を上げろ〜」

80 : 621 ◆jnlT2G0izQ [sage] : 2008/09/26(金) 23:45:50
目を血走らせた巨漢の怒号で男達は蒼白な顔で沈黙しながら全員が浣腸器やらバイブを持ったまま両手を上げ、その一瞬後に全員手に持っていた淫具を放した。
しばらくして我に返った男達は口々に何なんだ?誰だあんた達は?
興信所の職員は冷静に男たちの様子をカメラとハンディーカムに収めていく
そこで俺が次第に冷静さを取り戻しつつあった男達に向かって言った
「俺は○子の夫だ、ここは俺の家だ、で?あんた達は誰だ?ここで何をしている」
男達は絶望的な視線で俺を見た後全員が俯いて黙り込んだ
縛られ目隠しされた状態の妻が「エッ?何?どうしたの?・・・何なのようー」って不安そうな様子で絶叫した
俺はつかつかと妻に歩み寄ると、彼女の目隠しをはずし言った
「○子大丈夫か?どうしたんだ?こいつらにレイプされたのか?」
長い間目隠しをされ続けていた妻はしばらく眩しそうに瞬きを繰り返した後に俺を見つめて絶叫した
「あ、あ、あ、アナタ、ヒィイイ、ヒィ、な何で、何でここにいるの?イヤ、イヤーーー」


90 : 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] : 2008/09/26(金) 23:48:51
トイレ四円
91 : 621 ◆jnlT2G0izQ [sage] : 2008/09/26(金) 23:49:06
俺は妻への質問を繰り返した
「どうしたんだ?大丈夫か?こいつ達にレイプされたのか?」
だが妻は
いきなり突っ伏して
「イヤ、イヤ、イヤー」
と繰り返すばかりだった
今ややっと冷静さを取り戻した男達が口々に叫び始め
【いや違うんですご主人、これはレイプとかそういうことじゃないんです】
そこでほんの少しだけ冷静になりながらもまだまだジャックなAが一言
「黙ってろー、勝手に話すな、キサマ今度勝手にしゃべったら撃つぞ〜〜〜」
だから何を撃つんだってオマエはw、つーかでかい声で叫ぶなよ隣近所に迷惑だろうがw
そこで妻がいきなり叫んだ
「あああ、ダメもうダメ、出る出ちゃう、トイレいかせて〜〜〜」
その直後に妻はあてがわれていた洗面器に激しく排泄した、クッションマットの上に激しく飛沫を飛び散らせながら
あたりに異臭を放ちながら長々と排泄していた、終わったと思ったらまた激しくぶちまけての繰り返し
室内の全員が呆然とそんな妻の様子を眺めていた
全て出しきった妻は
「ほどいて、ほどいてよう、もういや、もういや、死にたい、死にたい、ああああ、」
号泣しながら絶叫していた
ジャックが妻の縛めを解こうと悪戦苦闘していたが、やはり不器用な彼に亀甲縛りは手ごわすぎた
とうとうキッチンバサミを持ち出してきてジョキジョキ切り始めた
やっとのことで麻縄から解放された妻は両手で顔を覆いウワーと号泣しながら寝室に駆け込んで行った
寝室の中からは長い時間妻の啜り泣きが聞こえていた

102 : 621 ◆jnlT2G0izQ [sage] : 2008/09/26(金) 23:51:10
全員に衣服を身につける許可を与えた上で、静まり返った室内で俺はカメの前に行くと
「カメさんですよね?ちょっとあちらでお話しましょうか?」
と言って興信所のベテランのほうの職員と一緒にカメを書斎に連れて行った
「カメさん、私はあなたのことは大変よく知っています、どういうことですか?説明して頂きたい」
カメはしばらく俯いて黙っていたが、唐突に土下座して
【申し訳ありません、申し訳ありません、】
「あなた達は私の妻を大勢で輪姦していたのですか?」
俺がそう聞くと、カメは
【いや、いや、そうではありません、奥様も合意の上の行為です】
「はあ?どういうことですか?意味がわかりませんが?何ですか?アナタは以前から妻とこういう関係にあった、ということですか?」
【・・・はい、そうです、私は以前から奥様と不倫関係にありました、今日のことは奥様も承知の上のことです・・・】
ここで俺の耳に唐突にウ〜ウ〜というサイレン音が聞こえてきた
最初空耳かとも思ったがその音は次第に大きくなり、俺は確信した
ああ、やられた、しまった
これだけの大騒ぎを起こせば(特にジャック)当然隣近所に筒抜けだから、やはり警察に通報されたようだ
ジャックの怒号や狭い室内での大勢の激しいやりとりが近隣住民の不安を煽ったようだ
心配したことが実現してしまった。

115 : 621 ◆jnlT2G0izQ [sage] : 2008/09/26(金) 23:54:12
しばらくしてインターホンが鳴らされ警察が部屋にやってきた
俺の部屋で人が殺し合いしている、とか、大勢の男が乱闘している、とかいった感じのかなり大げさな通報だったらしく、警官達は始めからかなり気色ばんでいた
寝室から聞こえる妻の啜り泣きと、淫具が散乱して妻の排泄の後も生々しい部屋の惨状を見た警官達は部屋の主である俺に説明を求めた
やむ負えず俺はありのままを説明した
「妻の浮気現場を押さえるために仲間たちと一緒に突入したらこの状態だった」
警官はレイプの可能性を考えたようだが、結局憔悴しきった妻が啜り泣きを続けながらもレイプではなく合意の上と証言したために、全員の身元を確認した上で簡単な聴取を行って引き上げていった。
妻の証言で警官は一気にやる気をなくしたようだ
ひとしきり俺たちにくれぐれも短気を起こして暴力沙汰などないように忠告することは忘れなかったが。
基本やはり警察は民事不介入が原則なので、被害者が合意と主張すればあっさりとしたもんだな
しかしこれは最初はやばいと思ったのだが、結果的には思いのほか好結果を俺たちにもたらした。
これ以降カメを始め男達は万が一にもレイプ犯として刑事事件にされてはたまらないとばかりに、率先して妻との関係を語り始めた

123 : 621 ◆jnlT2G0izQ [sage] : 2008/09/26(金) 23:55:52
カメは全ての事実を自ら語った上で、これまでの全てのパーティーを撮影したビデオと画像の存在を認め、それを俺に提出することをあっさりと了承した。
俺にとってはカメからビデオや写真を全て回収することが何よりも重要だったので、
素直に認めて謝ってくれたら大ごとにするつもりなんて全然ないって雰囲気を全身で演出していたのだが
ベテラン興信所員がカメに同行して即座に証拠を回収してくることになった
彼らが出かけると私とBとで残りの男達から事情を聞いた
でかい態度で鼻持ちならない奴も複数いたが、そんなことは俺には関係ねーんだ
こいつらの事情聴取なんて正直に言えばどうだっていいんだよ
週明けを楽しみにしてろよ、お前らって所さ
全てを奪ってお前たちの人生終わらせてやるからさ、
そのために俺は会社も辞めて全てを捨てたんだからさ

129 : 621 ◆jnlT2G0izQ [sage] : 2008/09/26(金) 23:58:15
一方リビング&キッチンのジャックは男達に命じて妻の排泄物の後片付けをさせてくれてた
事情聴取の間に喉が渇いてキッチンに水を飲みに行った時に俺が見た光景はかなり笑えるものだった
スーツ姿の男達が全員で一生懸命雑巾がけをしていた
当初偉そうにジャックに食って掛かった客1が、激怒したジャックに激しく殴り飛ばされてからは、彼らはジャックに対してだけは異様に従順だ
客たちはみんなで協力して持ち込んだSM道具やビニールシートなどをてきぱきと片付けていた
ジャックは早い話、現場監督みたいだった
しかしひょっとしたらジャックは最悪傷害で訴えられる可能性はあるな
俺とBに事情聴取されている間も客1は腫上がった頬を無意識に庇っていたよ
自分はカメに誘われて参加しただけだ、ご主人には大変申し訳ないが自分もこんなことになるとは全く予想していなかった、自分も被害者だ、悪いのはカメだって必死で主張する男が後を立たなかった
俺が全員にした「でもアナタは○子が人妻だってことを知っていましたね」って言う質問にはみんなそろって知っていたと答えたよ

138 : 621 ◆jnlT2G0izQ [sage] : 2008/09/27(土) 00:00:08
男達の事情聴取が終わると俺たちはまあしょうがないので客達を一旦解放することにした
全員がそろいもそろって安堵の表情を浮かべながら帰っていった
ただし帰り際に客1は再度俺に謝った上で、この不始末は全員で相談した上で必ずご主人が納得される形で収めるのでしばし時間を頂きたいと言って去って言った
きっと速攻で弁護士たてて示談交渉に持ち込む腹だろう
しかし甘いな、そんなもんで俺が許すかよ、何のためにこれだけ苦労したと思ってるんだ?
金なんぞで済む話じゃないよ、残念だが、それにあんた達にはもう残された時間はわずかしかないよ

147 : 621 ◆jnlT2G0izQ [sage] : 2008/09/27(土) 00:02:55
かなりの時間が経過していたのだが、ふと気がつくと寝室から妻の啜り泣く声が聞こえてこない
こんな女死のうがどうなろうが知ったことじゃないのだが、それでも一応のぞいてみると
夜叉の形相で俺を睨みわなわなと体を震わせながら
「よくも・・・よくもこんな恥かかせてくれたわね・・・よくもこんなまねを・・・」
「絶対に許さない!絶対に許さない・・・」
「あなたが悪いんでしょ、あなたが、私はあなたを絶対に許さない、死ぬまで呪ってやる!」
ってのたまっていた、正直俺は何で自分が悪いのかさっぱり理解できないのだが、
それ以上の会話は無意味と判断して黙って寝室を後にした

167 : 621 ◆jnlT2G0izQ [sage] : 2008/09/27(土) 00:07:35
その後しばらくしてカメとベテラン興信所職員が帰ってきたどうやら洗いざらい妻関係の資料を持ち出してきたみたいだ
寝室で固まっている妻の下にカメを引っ張っていくと俺は言った
おわかりだろうが、この状況では妻との離婚は避けられない、アナタはご自分のこの最愛の女を連れて行ってくれ、当然もうここにこの女を置いておくことは出来ない
その俺の言葉を聴くとカメは今日はじめて希望に溢れた妻の視線をさえぎり、俯きながら言った
【すいません、それは・・・出来ません、できる限りのお詫びを致します、ですからもう一度ご夫婦でよく話し合ってください】
その言葉を聴くと一瞬希望に溢れた視線でカメを見ていた妻は目を伏せ体をわなわなと震わせて
「帰って、帰ってよ、もうあんたの顔なんて見たくない!」と絶叫した
その後よろよろとベッドから起きだした妻は俺たちの目の前で着替えをすると何も持たずにマンションから出ていった
俯きながらどうにもばつの悪そうな表情でだまって妻を見送ったカメはしばらくして再度俺に土下座しながら謝り、自分も帰っていった
これにてその夜は解散
結局ホテルに戻りベッドに入ったのは早朝の5時過ぎだった
さすがに連日の睡眠不足や過労もあって俺は気絶するような感じで眠りに落ちた
起きたのは午後3時すぎだった

11 : 621 ◆jnlT2G0izQ [sage] : 2008/09/26(金) 23:04:31
みんな随分待たせてすまない、さすがにゆうべってか今朝ホテルに帰ってから爆眠しちまってさ、起きたら起きたで約束とかあってやっと今暇になったんだ
昨夜のパーティーの様子を異常に詳細に描写したのは俺が何を作り、やろうとしてるかを理解してくれるとありがたいなって思ってのことなんで、
最後まで読んでくれればわかるんだけど、ただ結果としてエロ描写の嵐になっちまったんでさ、もしウザかったら読み飛ばしてくれるとありがたい。

12 : 621 ◆jnlT2G0izQ [sage] : 2008/09/26(金) 23:04:59
ごめん、後にするよ
13 : 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] : 2008/09/26(金) 23:06:57
>>8
やっぱ君後で来て

>>11-12
気にしないで報告を
15 : 621 ◆jnlT2G0izQ [sage] : 2008/09/26(金) 23:08:26
>>8
わりこんだ形になってしまってごめんよ

20080926 15:30

結局その後新たな参加者はなく、当日のパーティーは妻とカメそして4名の客で行われた

妻が料理を終えて、それからしばらくの間は全員でビールを飲みながら歓談していた
8時少し過ぎにカメが妻の手を引き二人で心室に移動
カメは妻を抱きしめてしばらく熱の入ったキスをした後で、妻の服を脱がせにかかった
全裸にすると予めベッドの上においてあった赤い麻縄で妻を縛り始めた
俺は初めて見る光景だが、カメは実に手慣れた様子で妻の体に麻縄をかけていった
妻はうっとりとした表情で力を抜きカメのなすがままになっていた
ものの数分で実にきれいな形の後ろ手縛りの亀甲縛りの完成
カメは妻の股間縄の具合を確かめた上で満足そうにニヤッと笑った
次にカメは黒い革製の首輪を妻の首に巻き鎖をつないだ
最後にこれもお揃いの黒の革製の目隠しを妻にして終了
8時15分ごろ、妻はカメに鎖でひかれながら皆が待つリビング&キッチンに登場
一斉に歓声があがる、そしていよいよパーティーが始まった。

20 : 621 ◆jnlT2G0izQ [sage] : 2008/09/26(金) 23:09:45
妻はカメに引きたてられて部屋の中央に設置されたビニールマットの上に正座させられた
カメを除く全員はすでに全裸になっている
一人の客が妻に近付き目隠しされている妻の頭を両手ではさんで
パーティーの興奮からすでに勃起している自分のモノを咥えさせた
妻は自分から頭を振り一生懸命しゃぶっている
10秒か15秒で男は離れた
その後カメが妻になにやら尋ねた、妻はしばし考えた後一人の男の名前を口にした
さきほどの客が歓声を上げてガッツポーズ
革製のバラ鞭を手にすると妻を四つん這いにさせて尻や太ももを何度も鞭で打った
そのたびに妻は尻を振り体をのけぞらせて悲鳴をあげた
目隠しされて何も見えない状態の上に、ビックリするほど大きな音がするバラ鞭の音が妻に余計に大きな恐怖心を与えるようだ
男達の興奮で静まり返った室内にパシーン、ピシーっと鞭の音が響き渡るたびに
妻は「アアアー」「ヒィーー」「もう嫌ー」「お願いもう許してー」と絶叫している
男が10回妻を鞭打つと再び妻は正座させられて次の男が彼女に奉仕させた
そうして男が離れるとまたカメが妻に質問、今度は妻は自分がしゃぶった相手がだれかを当てたようだ
妻は安堵したが、男は大げさに落胆して見せた後妻を取り巻く列の外側に出た

22 : 621 ◆jnlT2G0izQ [sage] : 2008/09/26(金) 23:10:30
このゲームは男が最後の一人になるまで何度も何度も続けられた
どうやら勝ち残った男が今日最初に妻に挿入する権利を獲得する決まりらしい
このゲームの勝者の男は何十回も鞭打たれ汗ばみ荒い息遣いの彼女をマットの上に横たわらせた
そしてねっとりと舌を絡め口づけをし耳や首筋を舐めまわし、亀甲縛りされている妻の乳房をもみしだき乳首を摘み、捻り、口で吸い、舌先で転がし、噛んだ
目隠しされたままの妻はそのたびにビクビクと反応し、頭を振り乱し、「アッ」「アア」「んんんん」と何度も声を上げた
やがて男は妻の両足を折り曲げ開くと股間に食い込んでいる麻縄をずらして彼女の秘部を指で大きく開いて、しばらくもう片方の指でいじり回し挿入して注挿を繰り返していた
男はいよいよ妻の両足を限界まで開かせると、顔を妻のアソコに近づけ舌先でクリトリスを転がし吸いつき舐め回し舌を限界まで奥に挿入していた
妻は男の舌が自分の中に入った瞬間「アア」っとひときわ大きな声を上げた

24 : 621 ◆jnlT2G0izQ [sage] : 2008/09/26(金) 23:12:35
男は十分に満足すると自分のモノを何度かしごきながら一気に妻に押し入った
男が押し入った瞬間妻は「アアアアー」っと一声大きく絶叫すると男に責められている間じゅう荒い息遣いで喘ぎ続けていた
周りを取り囲んでいる男達は今や興奮の極みで、妻の表情や男に貫かれ出し入れされている彼女の秘部を凝視しながら野碑た言葉やヤジを浴びせていた
【すごいよ○子ちゃん、マ○コ丸見えだよ、入ってるよ】
【ぐちゃぐちゃになってるよ】
こんな言葉を浴びせられるたびに、妻は激しく喘ぎながらも
「いやー見ないで、見ちゃダメー」などと頭を振りながら必死で叫んでいた
男は始めのうち妻の体を味わうようにゆっくりと注挿していたが段々とピッチを上げて最後には腰を彼女の股間に激しく打ち付けるようにして責めていた
男の腰使いが激しくなるにつれ妻の喘ぎ声は大きくなり、「ああ、もうダメ、イク!」と体を何度も痙攣させながらとうとう妻は絶頂を迎えた
男はただまだここではフィニッシュするつもりはないらしく、自分が逝く直前に妻の中から引き抜くとハアハアと荒い息をして満足そうな笑みを浮かべていた


27 : 621 ◆jnlT2G0izQ [sage] : 2008/09/26(金) 23:15:10
そこでしばらくの間彼らは休憩をとり、ビールを飲んだり妻が作ったツマミを食べたりしてくつろいでいた
男に逝かされグッタリした妻は休憩の間、マットに横たえられて腰の辺りにバスタオルが一枚かけられていた
男達の休憩が終わると今度は妻は男達に抱えられてビニールマットの引いてあるダイニンゲテーブルの上に乗せられて両足を大きくM字に開脚した格好で固定された
そして二人の男が妻を動けないように抑えながら両方の乳首を弄び、一人の男がスティック状のバイブを妻の秘部に挿入して注挿している
最後の男に電マでクリトリスを責められながら妻は「アアア、アアアア、ダメ、ダメ、ウウウ、イキそう、イキそう」縛られ押さえつけられた体を激しく痙攣させてあっという間に逝きそうな様子を見せた
しかし男達は妻が逝く寸前にすっと電マを離し動きを止めた
これを何度も何度も繰り返されるうちに妻はどんどん乱れていき、ついに自分から必死で懇願していた
「いやーやめないで、お願い」「あああお、願いだから逝かせて」「お願い逝かせて、一度でいいから逝かせてーーー」彼女は切なそうに尻をひくつかせながら絶叫していた
デジカメとビデオカメラでそんな妻を激撮していたカメが妻に聞いた
【じゃあ後で浣腸させるな?】
「嫌、絶対に嫌、浣腸はいやー」
【じゃあしょうがないな、逝かせてやれないな】
そうしてしばらくの間また男達に責められ続けついに妻は泣きながら叫んだ
「ああ、ああ、もうダメ、もうダメ、なんでもするからー、逝かせてー」
【ちゃんと口にだしてはっきりと言わないか!】
「浣腸します、○子にみなさんで浣腸してください」

33 : 621 ◆jnlT2G0izQ [sage] : 2008/09/26(金) 23:23:21
さんざん焦らしぬかれた妻はついに絶頂を迎え全身を激しく痙攣させ、押さえつけられた体をよじりながら激しく逝った
「気持ちいい!気持ちいいよ!ああ、ああああ、イク、イク、イクーーー」
妻はふいごのように荒い息をしながら小刻みに痙攣を繰り返し、全身に玉の汗を浮かべて放心している
しかしそのほんの数秒後再び男達は妻を責め始めた
やっと訪れた絶頂の余韻に浸る間もなくまた妻は追い立てられていった
体を押さえつけられ動きたくても動けない彼女はそれでも必死に身をよじりながら泣き叫んでいた「ああ、ダメ、ダメ、またイク、ううう、ああ、イク、イク、ひぃーーー」
立て続けに逝かされいよいよ彼女の全身の痙攣は激しさを増した
しかしまだ男達は彼女を責める手を休めてはくれない
そうしていったい何度妻は逝かされたのだろう
「ヒィー、もうやめて、お願い!もうしないで!ああああ、少しでいいから休ませて」
そんな彼女の必死の懇願は興奮の坩堝の男達の欲情に油を注ぐだけのようだ
男達の表情にもはや笑いはなく、彼らはギラギラした残忍な視線で汗だくになり泣き叫ぶ妻をひたすら責め続けた
「ヒィーーー、もうやめてー、死んじゃう、壊れちゃうよー」
頭を振り乱し、絶叫しながら泣き叫んでいる
全身を淫具で責め抜かれ立て続けに何十回も登りつめさせられた妻は、最後にひときわ激しく体をビクンビクンと波打たせるとついにガックリと失神してしまった
ダイニングテーブルの上でダラリと全身の力が抜けた状態で横たわる妻の汗だくの白い裸身はまるで死体のようで異様に艶めかしい
失神している妻の裸体にさきほどの小さなバスタオルがかけられて、再び男達は休憩に入った

37 : 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] : 2008/09/26(金) 23:26:16
つーかそのエロシーンは必要なの?
そういうことを書くにしても凸前後だけで十分じゃないの
38 : 621 ◆jnlT2G0izQ [sage] : 2008/09/26(金) 23:26:18
しばらくして失神から覚めた妻はカメにトイレに行きたいと言った
それを聞いた男達はニヤニヤしながらバスルームから洗面器を持ってきて
M字に開脚されて縛られたままの妻の股間にあてがいそのまま洗面器の中にするように妻に命令した
「いやーそんなの絶対にいや、トイレに行かせてもう我慢できないよ」
涙声で懇願している
すかさずカメが
【何言ってるんだ?皆さんにお見せしないか!】
「いや、絶対にしない!」
【じゃあしょうがないな、○子が我慢できなくなるまでみんなで見物してるよ】
「いや、いや、いや、酷いよ」
どうやら本気で嫌がってるようだ、しばらく待っても妻が必死に我慢しているのに業を煮やした男達は一人が妻の腹部を押さえ、もう一人が彼女の膣に指を2本挿入して激しく注挿しだした
「やめてー、いやー」
妻は絶叫していたがやがて
「ああ、ダメ、出ちゃう、ああ出ちゃう、いやー」
やがてブシュブシュとテーブルの上のビニールマットに飛沫を飛び散らせながら妻は無理矢理に放尿させられた
妻がすべて出し切るまで男達は責めるのをやめなかった
「・・・・・うう・・・・・ううう」
嗚咽を漏らしながら妻は本当に泣いているようだった
しかし俺が飯食うテーブルで何やってやがんだバカヤロウが

42 : 621 ◆jnlT2G0izQ [sage] : 2008/09/26(金) 23:30:19
その後再び床のビニールマットの上に妻がつれてこられてついに輪姦が始まった
まず最初の男が妻の両足を折り曲げながら大きく広げて挿入した
男は気持良さそうに一心不乱に妻の中に自分のソレを叩き込んでいる
激しい男の責めに妻は大きな声でよがっている
「ああ、ああ、気持ちイイ、気持ちイイよう」
そのうちに二人の男が手に赤い蝋燭を1っぽんづつ持って、火のついたそれを妻の体にかざした
妻はいまだ目隠しされたままの状態なのでなにも気がつかない
しかしやがて火に溶かされた熱蝋のしずくが彼女の乳房に垂れると激しく絶叫した
「ヒィー、あつ、熱いいいいー」「いやー、やめてー、熱いよう」
体をのけぞらせ、ビクンビクンと震わせながら泣き叫びだした
そんな妻の体の反応に彼女を犯している男は思わず快感の呻きをもらした
【おお、たまらん、マ○コがキュウキュウしまってビクンビクンしてるよ、こんな気持ちいいのは初めてだ】
男はあっけなく逝きそうになったらしくあわてて妻の膣から自分のソレを引き抜いた
まだここで射精するつもりはないようだ

43 : 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] : 2008/09/26(金) 23:30:38
?巨匠
44 : 621 ◆jnlT2G0izQ [sage] : 2008/09/26(金) 23:31:55
最初の男が妻から離れるとすぐに次の男が彼女に覆いかぶさっていった
最初の男は自分も赤い蝋燭を握りしめると火をつけて蝋燭責めに参加した
男におかされながらなお3本分の熱蝋が容赦なく妻を襲う
「ああ、気持ちいい、感じる、ああ」
快感の喘ぎを漏らした次の瞬間には
「ヒィーー、あつ、ヒィーーー」
苦痛に泣き叫び絶叫している
赤い滴は妻の白い裸身に斑の模様を刻んでいく
豊かな乳房はもう赤い斑点でいっぱいだ、そして小さめの乳首には蝋の山が出来ている
妻の体に亀の甲羅の形に巻かれた赤い麻縄と白い肌についた赤い斑点が絶妙のコントラストを見せている



50 : 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] : 2008/09/26(金) 23:34:29
四円
51 : 621 ◆jnlT2G0izQ [sage] : 2008/09/26(金) 23:35:16
男達の全員が射精寸前まで妻の体を楽しむと、今度は妻は後ろ手縛りのまま四つん這いにさせれれて今度はバックから犯された
そして今度も妻の白い背中や柔らかい尻に容赦なく熱蝋が垂らされた
一人目の男にバックから激しく突きまくられついに妻は熱蝋地獄の中でも達した
「ああ、あああ、ああ熱い、熱い、ああイク〜、ううむ、うむ」
そしてそのまま前につんのめるようにして倒れこんでしまった
しかしまだ許されない、男は両手で妻の尻をつかむと強引に引き戻し再び突きまくった
男が射精寸前まで行くと次の男に交代して繰り返し繰り返し犯され続けた
交互に訪れる苦痛と快楽の絶頂に妻は泣き叫び、よがり、体を波打たせ、痙攣させ、錯乱しながら何度も何度も達した
そして再びガックリと失神してしまった、男達に犯し抜かれ半ば開きながら濡れて光る陰部が生々しい

52 : 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] : 2008/09/26(金) 23:35:27
?
55 : 621 ◆jnlT2G0izQ [sage] : 2008/09/26(金) 23:36:25
上の階のBの部屋でこの一部始終を見ていた突入班の面々はこの異常なパーティーの内容に衝撃を受け、
次第に口数が減っていき、狭い室内に9人もの男がいるにも関わらず沈黙がその場を支配していった
場慣れしているはずの興信所員2名も今まさにわずか一階下の部屋で行われているこの壮絶に淫靡なライヴ映像に色を失ってしまった
どうやら冷静なのは心が壊れてしまっている俺一人のようだ
「さて、そろそろ準備してくれ」
俺がそう言うと、一瞬全員ははっとして我に返り一気に動き始めた

カメラ担当、ビデオ担当、チェーンカッターを持った者、全員が自分の機材を最終点検している
そしてパソコンのモニターを見ながら突入の瞬間を待っていた

64 : 621 ◆jnlT2G0izQ [sage] : 2008/09/26(金) 23:39:26
一方パーティー会場では失神してしまった妻をそのままにして男達は洗面器になみなみと水を汲んできた
ガラス製の太い大きな浣腸器が2本用意されて妻が失神から覚めるのを待っていた
やがて一人の男がバラ鞭で妻の蝋まみれの尻を打った、1回、2回、3回、鞭の立てる鋭い音が室内に響き渡った
5回目か6回目で妻は気がついた
まだ朦朧としている妻に近付くとカメがニヤニヤしながら優しく言った
【さあ○子、お待ちかねの浣腸の時間だよ】
一瞬はっとして我に返ると妻は
「ああ、いや、浣腸は嫌よ」
カメは怒った表情を見せながら
【何言ってるんだ?さっき自分から浣腸して下さいって言っただろ?】
「だって嫌だもん、ああお願いそれだけは許して」
【しょうがないなー○子は、じゃあもう一度言わせてやるよ】
そう言うとカメはバラ鞭を取り激しく妻の尻や太もも、背中や、乳房を打った
何度も何度も
妻は次々と襲いくる苦痛に激しい悲鳴をあげたながら言った
「ヒィーーー、痛い、痛いやめて、お願いやめて、なんでもカメさんの言う通りにするから、お願い!」
【じゃあもう一度はっきりと言ってみろ!浣腸してくださいって!】
「あああ、浣腸してください、○子にみなさんで浣腸してください!」
【よしよしいい子だ、じゃあ○子の大好きな浣腸をたっぷりしてあげるからね】
「・・・・・ああああ・・・・・」

67 : 621 ◆jnlT2G0izQ [sage] : 2008/09/26(金) 23:40:23
一人の男が潤滑クリームを妻の肛門に塗りこんでいる、丁寧に指をゆっくりと注挿しながら、指が挿入されるたびに妻はうっ、うっ、と鋭くうめき声をあげた
男の一人が、俺が寝室で何度か見たことのある歪な形の非情に抜けにくい形状のバイブを妻の秘部にゆっくりと挿入してスイッチを入れた
「あっ、ああ、いや、ああダメ」
これまでにさんざん責め抜かれた妻はすぐに反応して切なげに腰を動かした
浣腸器を手にした男が洗面器から水を吸い上げ妻に近付いて行った
もう一人の男が反対側から妻の尻をしっかり押さえると浣腸器のガラスの鶏管がゆっくりと潤滑クリームを塗った妻の肛門に挿入された
「ああ、怖いよう、」っと一声小さく悲鳴をあげ半泣きになりながらも妻はもうすでに諦め、覚悟をしていたのかじっとしていた
男は異常な興奮を見せ、ニタニタしながらゆっくりと妻の中に注入していった
「ああ、いや、あああ、うむ、ううう、冷たい、いや、」
妻は自分の腸内に侵入してくる冷たい水の感触に怯えながら呻いた
一人目の男が全て妻の中に注ぎ込むと、もう1本の浣腸器を握り締め準備していた二人目の男がすかさず妻の肛門に突き刺した
「ああ、いやー、冷たい、もうゆるして」
一回りしたころから妻の声のトーンが代わってきた
「もういや、もう勘弁して、お願いもう入れないでー、うう、苦しい!」
男達は異常な興奮状態だ、カメはビデオカメラで妻の尻と肛門を撮り続けている

70 : 621 ◆jnlT2G0izQ [sage] : 2008/09/26(金) 23:41:23
あまりに衝撃的な映像だったためについつい見入ってしまったが、
ここで俺たちは動いた、突入開始〜開始〜!
俺たちは予め突入するための条件を決めていた、その条件が満たされるまではじっと待つ
ことにしていた
その条件の一つはパーティーに参加した男の全てが妻と姦通する瞬間まで待つこと
これはこの後で俺が奴らと戦うためにぜひとも必要としているからだ
そしてもう一つは出来るだけ長時間パーティーの様子を録画した後に突入すること
なぜ長時間の録画が必要かというと後に俺に都合がいいように編集するためだ

71 : 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] : 2008/09/26(金) 23:43:41
鶏管…?
嘴管じゃなく?
72 : 621 ◆jnlT2G0izQ [sage] : 2008/09/26(金) 23:44:01
俺たちはBの部屋を出ると非常階段を使って出来るだけ静かに1階下の俺の部屋に向かった。
部屋の前まで来ると俺は鍵を取り出し静かに部屋のロックを解除した
チェーンカッターを持った人間が準備していたが、ドアチェーンは掛かっていなかった
ゆっくりとドアを開け俺たちは一人ずつ順番に侵入した
ここで心配した通りAが暴走した
極度の興奮と緊張のため自分とジャック・バウアーの区別がつかなくなったらしい彼は
目を血走らせながら巨体を揺るがせいっきにリビング&キッチンに駆け込むと
怒号一閃、「よーしそこまでだー、全員そこを動くなー!一歩でも動いたら撃つぞー!!!」
いったい何を撃つ気なんだオマエは
「武器を捨てて両手を上げろ〜」

80 : 621 ◆jnlT2G0izQ [sage] : 2008/09/26(金) 23:45:50
目を血走らせた巨漢の怒号で男達は蒼白な顔で沈黙しながら全員が浣腸器やらバイブを持ったまま両手を上げ、その一瞬後に全員手に持っていた淫具を放した。
しばらくして我に返った男達は口々に何なんだ?誰だあんた達は?
興信所の職員は冷静に男たちの様子をカメラとハンディーカムに収めていく
そこで俺が次第に冷静さを取り戻しつつあった男達に向かって言った
「俺は○子の夫だ、ここは俺の家だ、で?あんた達は誰だ?ここで何をしている」
男達は絶望的な視線で俺を見た後全員が俯いて黙り込んだ
縛られ目隠しされた状態の妻が「エッ?何?どうしたの?・・・何なのようー」って不安そうな様子で絶叫した
俺はつかつかと妻に歩み寄ると、彼女の目隠しをはずし言った
「○子大丈夫か?どうしたんだ?こいつらにレイプされたのか?」
長い間目隠しをされ続けていた妻はしばらく眩しそうに瞬きを繰り返した後に俺を見つめて絶叫した
「あ、あ、あ、アナタ、ヒィイイ、ヒィ、な何で、何でここにいるの?イヤ、イヤーーー」


90 : 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] : 2008/09/26(金) 23:48:51
トイレ四円
91 : 621 ◆jnlT2G0izQ [sage] : 2008/09/26(金) 23:49:06
俺は妻への質問を繰り返した
「どうしたんだ?大丈夫か?こいつ達にレイプされたのか?」
だが妻は
いきなり突っ伏して
「イヤ、イヤ、イヤー」
と繰り返すばかりだった
今ややっと冷静さを取り戻した男達が口々に叫び始め
【いや違うんですご主人、これはレイプとかそういうことじゃないんです】
そこでほんの少しだけ冷静になりながらもまだまだジャックなAが一言
「黙ってろー、勝手に話すな、キサマ今度勝手にしゃべったら撃つぞ〜〜〜」
だから何を撃つんだってオマエはw、つーかでかい声で叫ぶなよ隣近所に迷惑だろうがw
そこで妻がいきなり叫んだ
「あああ、ダメもうダメ、出る出ちゃう、トイレいかせて〜〜〜」
その直後に妻はあてがわれていた洗面器に激しく排泄した、クッションマットの上に激しく飛沫を飛び散らせながら
あたりに異臭を放ちながら長々と排泄していた、終わったと思ったらまた激しくぶちまけての繰り返し
室内の全員が呆然とそんな妻の様子を眺めていた
全て出しきった妻は
「ほどいて、ほどいてよう、もういや、もういや、死にたい、死にたい、ああああ、」
号泣しながら絶叫していた
ジャックが妻の縛めを解こうと悪戦苦闘していたが、やはり不器用な彼に亀甲縛りは手ごわすぎた
とうとうキッチンバサミを持ち出してきてジョキジョキ切り始めた
やっとのことで麻縄から解放された妻は両手で顔を覆いウワーと号泣しながら寝室に駆け込んで行った
寝室の中からは長い時間妻の啜り泣きが聞こえていた

102 : 621 ◆jnlT2G0izQ [sage] : 2008/09/26(金) 23:51:10
全員に衣服を身につける許可を与えた上で、静まり返った室内で俺はカメの前に行くと
「カメさんですよね?ちょっとあちらでお話しましょうか?」
と言って興信所のベテランのほうの職員と一緒にカメを書斎に連れて行った
「カメさん、私はあなたのことは大変よく知っています、どういうことですか?説明して頂きたい」
カメはしばらく俯いて黙っていたが、唐突に土下座して
【申し訳ありません、申し訳ありません、】
「あなた達は私の妻を大勢で輪姦していたのですか?」
俺がそう聞くと、カメは
【いや、いや、そうではありません、奥様も合意の上の行為です】
「はあ?どういうことですか?意味がわかりませんが?何ですか?アナタは以前から妻とこういう関係にあった、ということですか?」
【・・・はい、そうです、私は以前から奥様と不倫関係にありました、今日のことは奥様も承知の上のことです・・・】
ここで俺の耳に唐突にウ〜ウ〜というサイレン音が聞こえてきた
最初空耳かとも思ったがその音は次第に大きくなり、俺は確信した
ああ、やられた、しまった
これだけの大騒ぎを起こせば(特にジャック)当然隣近所に筒抜けだから、やはり警察に通報されたようだ
ジャックの怒号や狭い室内での大勢の激しいやりとりが近隣住民の不安を煽ったようだ
心配したことが実現してしまった。

115 : 621 ◆jnlT2G0izQ [sage] : 2008/09/26(金) 23:54:12
しばらくしてインターホンが鳴らされ警察が部屋にやってきた
俺の部屋で人が殺し合いしている、とか、大勢の男が乱闘している、とかいった感じのかなり大げさな通報だったらしく、警官達は始めからかなり気色ばんでいた
寝室から聞こえる妻の啜り泣きと、淫具が散乱して妻の排泄の後も生々しい部屋の惨状を見た警官達は部屋の主である俺に説明を求めた
やむ負えず俺はありのままを説明した
「妻の浮気現場を押さえるために仲間たちと一緒に突入したらこの状態だった」
警官はレイプの可能性を考えたようだが、結局憔悴しきった妻が啜り泣きを続けながらもレイプではなく合意の上と証言したために、全員の身元を確認した上で簡単な聴取を行って引き上げていった。
妻の証言で警官は一気にやる気をなくしたようだ
ひとしきり俺たちにくれぐれも短気を起こして暴力沙汰などないように忠告することは忘れなかったが。
基本やはり警察は民事不介入が原則なので、被害者が合意と主張すればあっさりとしたもんだな
しかしこれは最初はやばいと思ったのだが、結果的には思いのほか好結果を俺たちにもたらした。
これ以降カメを始め男達は万が一にもレイプ犯として刑事事件にされてはたまらないとばかりに、率先して妻との関係を語り始めた

123 : 621 ◆jnlT2G0izQ [sage] : 2008/09/26(金) 23:55:52
カメは全ての事実を自ら語った上で、これまでの全てのパーティーを撮影したビデオと画像の存在を認め、それを俺に提出することをあっさりと了承した。
俺にとってはカメからビデオや写真を全て回収することが何よりも重要だったので、
素直に認めて謝ってくれたら大ごとにするつもりなんて全然ないって雰囲気を全身で演出していたのだが
ベテラン興信所員がカメに同行して即座に証拠を回収してくることになった
彼らが出かけると私とBとで残りの男達から事情を聞いた
でかい態度で鼻持ちならない奴も複数いたが、そんなことは俺には関係ねーんだ
こいつらの事情聴取なんて正直に言えばどうだっていいんだよ
週明けを楽しみにしてろよ、お前らって所さ
全てを奪ってお前たちの人生終わらせてやるからさ、
そのために俺は会社も辞めて全てを捨てたんだからさ

129 : 621 ◆jnlT2G0izQ [sage] : 2008/09/26(金) 23:58:15
一方リビング&キッチンのジャックは男達に命じて妻の排泄物の後片付けをさせてくれてた
事情聴取の間に喉が渇いてキッチンに水を飲みに行った時に俺が見た光景はかなり笑えるものだった
スーツ姿の男達が全員で一生懸命雑巾がけをしていた
当初偉そうにジャックに食って掛かった客1が、激怒したジャックに激しく殴り飛ばされてからは、彼らはジャックに対してだけは異様に従順だ
客たちはみんなで協力して持ち込んだSM道具やビニールシートなどをてきぱきと片付けていた
ジャックは早い話、現場監督みたいだった
しかしひょっとしたらジャックは最悪傷害で訴えられる可能性はあるな
俺とBに事情聴取されている間も客1は腫上がった頬を無意識に庇っていたよ
自分はカメに誘われて参加しただけだ、ご主人には大変申し訳ないが自分もこんなことになるとは全く予想していなかった、自分も被害者だ、悪いのはカメだって必死で主張する男が後を立たなかった
俺が全員にした「でもアナタは○子が人妻だってことを知っていましたね」って言う質問にはみんなそろって知っていたと答えたよ

138 : 621 ◆jnlT2G0izQ [sage] : 2008/09/27(土) 00:00:08
男達の事情聴取が終わると俺たちはまあしょうがないので客達を一旦解放することにした
全員がそろいもそろって安堵の表情を浮かべながら帰っていった
ただし帰り際に客1は再度俺に謝った上で、この不始末は全員で相談した上で必ずご主人が納得される形で収めるのでしばし時間を頂きたいと言って去って言った
きっと速攻で弁護士たてて示談交渉に持ち込む腹だろう
しかし甘いな、そんなもんで俺が許すかよ、何のためにこれだけ苦労したと思ってるんだ?
金なんぞで済む話じゃないよ、残念だが、それにあんた達にはもう残された時間はわずかしかないよ

147 : 621 ◆jnlT2G0izQ [sage] : 2008/09/27(土) 00:02:55
かなりの時間が経過していたのだが、ふと気がつくと寝室から妻の啜り泣く声が聞こえてこない
こんな女死のうがどうなろうが知ったことじゃないのだが、それでも一応のぞいてみると
夜叉の形相で俺を睨みわなわなと体を震わせながら
「よくも・・・よくもこんな恥かかせてくれたわね・・・よくもこんなまねを・・・」
「絶対に許さない!絶対に許さない・・・」
「あなたが悪いんでしょ、あなたが、私はあなたを絶対に許さない、死ぬまで呪ってやる!」
ってのたまっていた、正直俺は何で自分が悪いのかさっぱり理解できないのだが、
それ以上の会話は無意味と判断して黙って寝室を後にした

167 : 621 ◆jnlT2G0izQ [sage] : 2008/09/27(土) 00:07:35
その後しばらくしてカメとベテラン興信所職員が帰ってきたどうやら洗いざらい妻関係の資料を持ち出してきたみたいだ
寝室で固まっている妻の下にカメを引っ張っていくと俺は言った
おわかりだろうが、この状況では妻との離婚は避けられない、アナタはご自分のこの最愛の女を連れて行ってくれ、当然もうここにこの女を置いておくことは出来ない
その俺の言葉を聴くとカメは今日はじめて希望に溢れた妻の視線をさえぎり、俯きながら言った
【すいません、それは・・・出来ません、できる限りのお詫びを致します、ですからもう一度ご夫婦でよく話し合ってください】
その言葉を聴くと一瞬希望に溢れた視線でカメを見ていた妻は目を伏せ体をわなわなと震わせて
「帰って、帰ってよ、もうあんたの顔なんて見たくない!」と絶叫した
その後よろよろとベッドから起きだした妻は俺たちの目の前で着替えをすると何も持たずにマンションから出ていった
俯きながらどうにもばつの悪そうな表情でだまって妻を見送ったカメはしばらくして再度俺に土下座しながら謝り、自分も帰っていった
これにてその夜は解散
結局ホテルに戻りベッドに入ったのは早朝の5時過ぎだった
さすがに連日の睡眠不足や過労もあって俺は気絶するような感じで眠りに落ちた
起きたのは午後3時すぎだった

 - 未分類 , , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
高校生のときに毎日痴漢され続けて中出しされたけどもう一度ヤってほしくなったエッチ体験談

高校生のときに毎日痴漢され続けて中出しされたけどもう一度ヤってほしくなったエッチ体験談。東仙台に住んでいる18歳です。今年高校を卒業しました。今年から東京にいくので、もう乗ることもないと思うので告白します。通学していた東北本線で毎日、同じ人に痴漢されてま…

no image
近所のガキどもの妄想が

 いつの時代もそうだが、きれいな大人な女性には憧れがあるみたいで、近所の中学生、高校生ぐらいの男の子が自分の妻をおかずにしてるみたいだった。どうやら、写真も出回っているようで、そこそこな値段で取引されてるみたいだ。 その写真をみながら、毎日自分の息子をコ…

no image
★知れ渡っていた・・やれる人妻

 ホームセンターで働き始めたぺーぺーの頃で、上司に言われよく配達に行かされました。一般家庭の昼間に配達に行くのですが、1度だけ良い思いをした事があります。その配達先の奥さんは多分35歳位だったと思います。色白で切れ目がチャーミングなグラマラスな女性だったと記憶しています。 チャイムを鳴らし、玄関のドアを開けると、ロングスカートの奥さんが玄関の上がり口の板の間に脚を広げて座っているではありませんか! 私

no image
あったかいとこ行く?

この間、飲み会の後同僚とホテルに行ってしまった。それからずっとあの夜の事が頭から離れない。胸が苦しい。文才は全然無いけどすっきりしたいのでここに書かせてください。会社の同僚達と飲んで皆を駅まで送った後に、帰りの方向が一緒だった同僚にタクシーでうちの近くの…

no image
★女は理解しがたい生き物ですね~

 背が高く、綺麗で清楚な人妻と半ば無理やり関係を持ちました。その後も嫌がる彼女と関係を続けていましたが、可哀想になって会うのを控えました。するとある日彼女から泣きながら電話をしてきたのです。 久しぶりあった彼女は表情がまったく違っていました。妖艶な雰囲気でホテルに入ると自分から膝まづき、私の肉棒を丹念に嘗め回しました。そして「めちゃくちゃに犯してください」と言いながらスーツ姿でお尻をこちらに向けて

no image
裏夫婦

 このたび、全国の20~59才の女性1000人を対象に行った性に関するアンケート(メディア・コム調べ)によると、4割以上の女性が不倫経験ありという結果が出た。 ここでは実際に、41才主婦の不倫相手とのセックス告白を聞いてみよう。 取材現場に現れたのは女優の大塚寧々を…

no image
いもうと

よく晴れた朝。通勤時間の過ぎたこの時間はひと時の静寂がやってくる。いつもと同じように見えたが、今日は少し違っていた。とある家の前で4人の人間が慌しく動いている。「じゃあお留守番お願いね、お土産買ってくるからね。」「ああ、任せといてよ。ゆっくりしてきてよ義母…

no image
ハプニングバーでの体験談

一個目その日は、ハプバーで当日知り合いになったAくんと一緒に飲んでた。その間、たまに女の子や男の人が入ってきて、仕事の話とかエロ話とかだらだらしてた。んである程度時間がたって、そろそろ誰かターゲットロックして、そっち方向に持ち込もうかみたいな話になった。と…

no image
Erding Sauna Paradiseに行ってきた

中欧旅行を途中変更して、ErdingSaunaParadiseに行ってきたけど、実況中継を聞きたい人は居ますか?はい!kwskそれでは、まず客層ですがほぼ100%ドイツ人でした。男女比は半々、カップルか女性同士がほとんど。アジア人独り者は私だけで、いわゆるワニに見えたかもしれま…

no image
朝の目覚めは姉のフェラチオ

(まだ起きてこないのかしら?○○…)今年3回目の受験を失敗し、また浪人生活を始めた弟。きっと昨日も遅くまで勉強していたに違いない。ゆっくり寝かしてあげようかナ?でも朝ゴハンの用意しちゃったし、起こしに行ってこよ。「○○、もう朝だよ。 イイかげん起きたら?」…