エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

うつろいゆくもの…

   

10年ほど前の話…。

私には年上の銀行員の彼氏がいました。でも仕事は夜遅くまでかかったり出張で会えなかったりで悶々とした日々を送っていました。

ある日、小遣い稼ぎでやっていたスーパー銭湯の清掃のパートに出かけると新しいバイトの男の子で2コ下の(秀雄)5コ下の(裕平)を部長に紹介されました。
外廻りと内廻りに別れ、初めは秀雄と東駐車場へ見廻りに行きました。普段はやる気がない秀雄は草むらでエロ本を見つけると途端にテンションがあがり、先輩の私にもタメ口で話し、しかも100kgを超えそうな弛んだ体で生理的に嫌いなタイプです…。
そして次の日は裕平と内廻りの日、まだ17の裕平は年の割に落ち着いていて、でも時折みせる無邪気さに私はすっかり虜になってしまいました。話を聞くと裕平は最近母親と死別し、それが理由で落ち込んでおり(落ち着いていて見えたのはこれが原因だったのでしょうか)年上の自分としてはなんとかしてあげたくなりました。

そんな新人の二人が入ってきて三ヶ月が経ったころ、ある事件が起こりました。

東駐車場のトイレが何者かに小便などの汚物でまき散らされるという迷惑行為です。
それは週に二、三回ありしかも私が清掃担当の日に限って…。

その夜、近くの公園で裕平とキスをしながらベンチに座っていると…。
…そう、私と裕平は共に心の隙間を埋めるかけがえのない存在になっていたのです。しかも裕平からすごい事を告げられました。自分は先輩(私)を愛しているが秀雄もまた先輩に好意をよせていると…!
理由を聞くと秀雄は今まで女性と付き合ったことがなく、ずっと自分に話を会わせてくれていた私をだんだんと好きになったみたいなのです(心の中では嫌悪していましたが…)
その日は、フェラチオだけでしたが17才のチンポを彼氏持ちの私がくわえていると考えるだけで頭がクラクラしてニヤニヤも止まりませんでした…。

次の日、秀雄と東駐車場をペアで歩いていた時です。秀雄は私以外誰にも聞こえない声で言いました。
『誰にも言わないでくださいよ?俺、童貞なんすよ…』
知らなかったフリをする私「へぇ?そうなんだ。」
『俺、こんな太ってるし顔も気持ち悪いし女にも嫌われてたから女性不信で。だから今まで…。』
「そんなことないよぉ…」
かわいそうな秀雄…何か自分にできる事…すると自分の口からとんでもない言葉が発せられました。

付き合うとかはできひんけど…。おっぱい…触る?
自分の胸はどちらかといえば貧乳でしたがないよりはマシだと、何か自分にできる事を模索した結果がこれでした。
『は…!はい…!』
すぐに私の胸を揉みしだく秀雄…この久しぶりの感覚は女としての喜びを蘇らせました。
「す…吸っても…いいからぁ…」『じゅぱ…じゅぱ…!!じゅるるぅ!!じゅるぅ…!!』
静かな男子和式トイレの中で響く乳首をむしゃぶられる卑猥な音、秀雄のせいで中の充満した熱気はサウナかと思うほどにたちこめ、私がかいた大量の汗は秀雄に舐めとられ彼の栄養になっていくのでしょう…。
すると秀雄は私の股間に手をのばし、まさぐりだしました。
「だめ!これ以上は…私と秀くんは付き合ってないから…。」

秀雄は舌打ちをし、むすっとした表情で信じられない事を言いました…。
『んじゃつかの事聞きますけど、先輩って裕平と付き合ってるんですか?』と…!!

「え?どうして?」
(見られていた!?)冷静を保ちつつも私の唇は震えが止まりませんでした…。
『いや昨日◯◯公園で先輩と裕平がキスしてるの見たんですよ…』
不適な笑みで話す秀雄…。
『しゃぶってもいましたよね??』

!!!
私は頭が真っ白になり膝から崩れ落ち、秀雄に震えた声で言いました。
「絶対…!言わないで…!」
『それは先輩次第すよ…(笑)』
「最低…!」
そう言いつつも、私はさっき乳首を弄ばれた時に疼いていた股間を刺激したくてたまりませんでした…。
清掃の制服を脱ぎ、パンツを脱ぐと秀雄は鼻息荒くそれを奪い取りました。
その恍惚とした表情を見ていると私はこの男に何をされるんだろうと想像し、頭がボーっとしてきたのを強く記憶しています…。
床にペタンと座ると生で見るのは初めてであろう女性器を秀雄に見せつけオナニーをしました。
おもむろにクンニをしてこようとした彼に向かって「秀ちゃん次第よ…?」と言うと彼は火照ったチンコをとりだしました。オナニーしやすいように私は唾をチンコに吹きかけヒクついたねっとりマンコをこすっていると…。
気づけばいつのまにか彼氏にしか使わない性欲のムードを高めるニャンニャン言葉を話していました。

「…ぁん…秀ちゃんは汗臭いデブで…気持ち悪いニャン?…でもそんな臭い口で舐められるとイキ顔見られるニャ…」

飛びかかる秀雄
(じゅぅる…!!じゅるぅる!!ぴちゃぴちゃぴちゃ…!!)

「やぁんッ…!!ヤだ…やだヤダヤダやだ!!ンぅぅぅぅん!!!
 イク…!!!!!!イクイクッッ!!!」

(ピクッ…ピクピク…!!)
私は久しぶりに味わった感覚に息を吸うのも忘れ…。
「あっ…あっ…あぁぁぁん…」
秀雄のクンニは平凡なものでしたがいつもおとなしめでお嬢様ぶっている自分が卑猥な声を発し、それを聞くだけで気分が高まっていました。

いつのまにか私は自分の評判の為ではなく秀雄に自信をつけさせてあげようという母性が増していました。
(私は悪くない…私にかまってくれない彼氏…彼氏を束縛する仕事が悪い…!)
そう正当化すると楽になり、もっと過激なプレイ、秀雄と裕平の二人を一人前の男にしようと決意しました…。

??????????????????????????????????????????????????????

…というのが俺がバイトで出会った女の話です。俺と裕平はどうすればこの女とヤれるか裏で情報を提供し合い、計画を練ったらこういう結果になりました。俺の童貞の話や裕平の親の話は全くの?、ただヤりたい盛りの俺らがどうやってこいつとSEXできるかってだけで。最初はゲーム感覚だったんですよw俺の小便を掃除してるこいつの顔とかゾクゾクしたw

P.S. こいつは去年、銀行員の彼氏と結婚しました。でもその傍ら、風俗で金を貯めて絵描きを目指している裕平に乗り換えようとしているらしいですw

10年ほど前の話…。

私には年上の銀行員の彼氏がいました。でも仕事は夜遅くまでかかったり出張で会えなかったりで悶々とした日々を送っていました。

ある日、小遣い稼ぎでやっていたスーパー銭湯の清掃のパートに出かけると新しいバイトの男の子で2コ下の(秀雄)5コ下の(裕平)を部長に紹介されました。
外廻りと内廻りに別れ、初めは秀雄と東駐車場へ見廻りに行きました。普段はやる気がない秀雄は草むらでエロ本を見つけると途端にテンションがあがり、先輩の私にもタメ口で話し、しかも100kgを超えそうな弛んだ体で生理的に嫌いなタイプです…。
そして次の日は裕平と内廻りの日、まだ17の裕平は年の割に落ち着いていて、でも時折みせる無邪気さに私はすっかり虜になってしまいました。話を聞くと裕平は最近母親と死別し、それが理由で落ち込んでおり(落ち着いていて見えたのはこれが原因だったのでしょうか)年上の自分としてはなんとかしてあげたくなりました。

そんな新人の二人が入ってきて三ヶ月が経ったころ、ある事件が起こりました。

東駐車場のトイレが何者かに小便などの汚物でまき散らされるという迷惑行為です。
それは週に二、三回ありしかも私が清掃担当の日に限って…。

その夜、近くの公園で裕平とキスをしながらベンチに座っていると…。
…そう、私と裕平は共に心の隙間を埋めるかけがえのない存在になっていたのです。しかも裕平からすごい事を告げられました。自分は先輩(私)を愛しているが秀雄もまた先輩に好意をよせていると…!
理由を聞くと秀雄は今まで女性と付き合ったことがなく、ずっと自分に話を会わせてくれていた私をだんだんと好きになったみたいなのです(心の中では嫌悪していましたが…)
その日は、フェラチオだけでしたが17才のチンポを彼氏持ちの私がくわえていると考えるだけで頭がクラクラしてニヤニヤも止まりませんでした…。

次の日、秀雄と東駐車場をペアで歩いていた時です。秀雄は私以外誰にも聞こえない声で言いました。
『誰にも言わないでくださいよ?俺、童貞なんすよ…』
知らなかったフリをする私「へぇ?そうなんだ。」
『俺、こんな太ってるし顔も気持ち悪いし女にも嫌われてたから女性不信で。だから今まで…。』
「そんなことないよぉ…」
かわいそうな秀雄…何か自分にできる事…すると自分の口からとんでもない言葉が発せられました。

付き合うとかはできひんけど…。おっぱい…触る?
自分の胸はどちらかといえば貧乳でしたがないよりはマシだと、何か自分にできる事を模索した結果がこれでした。
『は…!はい…!』
すぐに私の胸を揉みしだく秀雄…この久しぶりの感覚は女としての喜びを蘇らせました。
「す…吸っても…いいからぁ…」『じゅぱ…じゅぱ…!!じゅるるぅ!!じゅるぅ…!!』
静かな男子和式トイレの中で響く乳首をむしゃぶられる卑猥な音、秀雄のせいで中の充満した熱気はサウナかと思うほどにたちこめ、私がかいた大量の汗は秀雄に舐めとられ彼の栄養になっていくのでしょう…。
すると秀雄は私の股間に手をのばし、まさぐりだしました。
「だめ!これ以上は…私と秀くんは付き合ってないから…。」

秀雄は舌打ちをし、むすっとした表情で信じられない事を言いました…。
『んじゃつかの事聞きますけど、先輩って裕平と付き合ってるんですか?』と…!!

「え?どうして?」
(見られていた!?)冷静を保ちつつも私の唇は震えが止まりませんでした…。
『いや昨日◯◯公園で先輩と裕平がキスしてるの見たんですよ…』
不適な笑みで話す秀雄…。
『しゃぶってもいましたよね??』

!!!
私は頭が真っ白になり膝から崩れ落ち、秀雄に震えた声で言いました。
「絶対…!言わないで…!」
『それは先輩次第すよ…(笑)』
「最低…!」
そう言いつつも、私はさっき乳首を弄ばれた時に疼いていた股間を刺激したくてたまりませんでした…。
清掃の制服を脱ぎ、パンツを脱ぐと秀雄は鼻息荒くそれを奪い取りました。
その恍惚とした表情を見ていると私はこの男に何をされるんだろうと想像し、頭がボーっとしてきたのを強く記憶しています…。
床にペタンと座ると生で見るのは初めてであろう女性器を秀雄に見せつけオナニーをしました。
おもむろにクンニをしてこようとした彼に向かって「秀ちゃん次第よ…?」と言うと彼は火照ったチンコをとりだしました。オナニーしやすいように私は唾をチンコに吹きかけヒクついたねっとりマンコをこすっていると…。
気づけばいつのまにか彼氏にしか使わない性欲のムードを高めるニャンニャン言葉を話していました。

「…ぁん…秀ちゃんは汗臭いデブで…気持ち悪いニャン?…でもそんな臭い口で舐められるとイキ顔見られるニャ…」

飛びかかる秀雄
(じゅぅる…!!じゅるぅる!!ぴちゃぴちゃぴちゃ…!!)

「やぁんッ…!!ヤだ…やだヤダヤダやだ!!ンぅぅぅぅん!!!
 イク…!!!!!!イクイクッッ!!!」

(ピクッ…ピクピク…!!)
私は久しぶりに味わった感覚に息を吸うのも忘れ…。
「あっ…あっ…あぁぁぁん…」
秀雄のクンニは平凡なものでしたがいつもおとなしめでお嬢様ぶっている自分が卑猥な声を発し、それを聞くだけで気分が高まっていました。

いつのまにか私は自分の評判の為ではなく秀雄に自信をつけさせてあげようという母性が増していました。
(私は悪くない…私にかまってくれない彼氏…彼氏を束縛する仕事が悪い…!)
そう正当化すると楽になり、もっと過激なプレイ、秀雄と裕平の二人を一人前の男にしようと決意しました…。

??????????????????????????????????????????????????????

…というのが俺がバイトで出会った女の話です。俺と裕平はどうすればこの女とヤれるか裏で情報を提供し合い、計画を練ったらこういう結果になりました。俺の童貞の話や裕平の親の話は全くの?、ただヤりたい盛りの俺らがどうやってこいつとSEXできるかってだけで。最初はゲーム感覚だったんですよw俺の小便を掃除してるこいつの顔とかゾクゾクしたw

P.S. こいつは去年、銀行員の彼氏と結婚しました。でもその傍ら、風俗で金を貯めて絵描きを目指している裕平に乗り換えようとしているらしいですw

 - 未分類 , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
妹の友達と付き合ってたらなんか面倒なことになった話

俺は今大学二年20歳妹と妹の友達は高校1年16かな?妹が小学校の時からよく一緒に遊んでいたなおちゃんという子がいるんだが、昔から「可愛いなー」とは思っていたんだ大学一年の夏に実家に帰ったら妹が友達を四、五人連れてきてたんだ。その日は俺の家でお泊り会をするとのこ…

no image
ストーカーと化した元嫁

俺32歳の時に離婚したんですが、それ以降も修羅場でした。皆さん離婚するまでが修羅場の方が多いようですが俺の場合は離婚してからも修羅場で、嫁の馬鹿さにほとほと呆れました。離婚までは嫁30歳、子なし、両親健在俺32歳、自営業、両親健在家は賃貸アパートで自営の…

no image
嫁の由紀恵が巨根の松田と温泉旅行に行った2

嫁の由紀恵と松田との温泉旅行の録音を聞いて、まだ宿にさえ着いていない序盤だけでもう後悔していた。運転する松田のペニスをフェラしながら、我慢できなくなった由紀恵は、サービスエリアでカーセックスをした。それだけでもとんでもなく凹む内容だったのに、二人が話す内…

no image
★憧れの女性が薬で淫らな女に変えられた・・2/2

 裕二はパンツの上から優子のアソコを舐めると「ああ、それダメっ、ああ、イッちゃうって、やぁあ、イクっ」とあっさり優子はイッてしまいました。乳首とは比べ物にならない快感のようでした。そして加奈も脱がされていました。優子のおっぱいが衝撃的すぎて、加奈のおっぱいでは驚かなくなってる自分がいました。「加奈って乳輪けっこーでかいなー」って冷静に眺めてる自分がいました。 和幸は興奮してるのか焦っているのか分か

no image
山の上の公園でのこと

以前友人から進められて登録した人妻・熟女専用のSNS熟妻トークで人妻と始めて会った時の話です。人妻や熟女ってマメにメールを送っていたのですがなかなかゲット出来ないんですよね、メルアドまでは交換するんですが…その中でも仲良くメールするようになったAさん(主婦3…

no image
家庭教師のご褒美

「お 奥さん やばいですよ ここじゃ」夫婦の寝室のベッドで大の字になると全裸の仁美はパンツを取りながら「もう大きくなってる うっふふっ 浮気しないでね」硬くなった男根を握り締め亀頭を舐め回すと口を大きく開けジュルッジュルッと淫靡な音を出しながら男根を深く…

no image
女子中学生羞恥の女子更衣室

<登場人物設定> 松永早織 14歳。中学2年生 艶やかに輝くショートカットの美少女。 華奢でスレンダーな体型は、その年頃の女の子らしく中性的。 胸や腰もまだまだ幼いが、時々見せる少女から女への成長期特有の不安定な色香を持つ。 あどけない顔立ちはまだ少女さが充分…

no image
「ヤッたけど、イってないからヤッてない!!即ち浮気じゃない!!」

今日彼氏と別れてカップル板を卒業になったので記念投下。その彼氏との話はまー彼の普通の浮気ですがww私の過去最大の修羅場をひとつ。私19歳(当時大学生)彼19歳(同じ大学・学科)浮気子15歳(高校1年生)友男19歳(彼の地元友達)大学で彼と知り合ったのは入学してから…

no image
騎乗位で激しく動く人妻の本当は怖い…

当時21歳の俺は童貞だった。ゼミの同い年の女の子(ちょっとエロい感じ)は彼氏がいたがマンネリっぽく、飲み会でY(俺)に冗談で「Yとやってみたいなー」みたいなことを言ってた。それからしばらく経ってから、ゼミの合宿があった。当然夜は飲み会で、そこでどういうタイミングか覚えてないが、その子(T)を含めた数人で別室に移動して遊んでた。かなり酔ってたので、2人とも寝転んで寝そうになってたら他のメンツが大部屋に戻っ

no image
人妻との思い出

今までは1度会ったり対局したらそれっきり,のお相手だったのですが,今回は初めて何度も体を交わした対局相手ができたときのレポです。人妻クローバーで話がつながった女性でした。同じ県内の30代半ばの人妻さん。お子様もおられます。声をかけたところ,平日の昼間にし…