エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

人妻になった同級生元カノ

   

10年ぶりの同窓会に参加したら
「お久しぶりですね お元気そうで」と突然元カノ良子が声を掛けてきた。
女盛りの体型で付き合っていた頃より美味しそうに見えた。
2次会でお互いの近況など酔いに任せて聞き出した。
旦那と知り合った経緯や今の夫婦関係などそして再会を約して別れた。

「旦那には何て言って出てきたの」
「大学の時の友達に会うと言ってきたわ」
同窓会での近況話では夫婦関係は冷めていると言う人妻元カノ良子とドライブと
美味しい食事そして会話を楽しんだ後当然のようにラブホに入った。
緊張しているようだったが抱き寄せキスすると力が抜けたように素直に抱きついてきた。
ベッドで待つとバスタオルを巻いた良子が横に滑り込んできた。
「会いたかったよ」
「そんなこと言わないで 今日は少し危ないのよ」
「大丈夫さ」
実はカットしているが良子にはまだ言っていない。
「暗くして お願い」
女陰を指で弄び中指で膣をまさぐると
「アウッ ウッ ウウッ アッ アアッ〜」
良子は小さな艶声を出しながらしがみついてきた。
女陰に顔を近づけると
「アッ イヤッ〜 恥ずかしいわっ」
と言いながら素直に足を広げた。
貪るように女陰を舐めまわし、陰核に吸い付いた。
「アッ アウッ アッ〜 ひっ久しぶり〜」
艶声がだんだん大きくなり
「そんなにしたらおかしくなっちゃうッ」
「旦那はしてくれないの」
「してくれないわ そんなに激しく」
「69しよう」
亀頭を陰唇で咥え始めた良子の臀部を掴みさらに激しく女陰に吸い付き
「旦那と比べて どう」
「アッ アウッ そんな 硬くて アウッ 大きいわ アアッ〜」
男根を咥え込み続けた良子を仰向けにし足を開き女陰に挿入しようとしたら
「ゴムッ お願いッ」
「大丈夫だよ」
「ほんとに 今日は危ないのよ お願い」
言い終わらないうちに反り返った○美の唾液で濡れ輝く硬い男根を生で挿入した。
「アッ アアッ アウッ アッ アッ アウッ〜」
良子の艶声を聞きながら女陰深く挿入し腰を激しく打ちつけ始めた。
「すっすごい イイッ〜 アウッ アッ」
正常位、屈曲位、側位で良子の纏わりつくような女陰を突きまくり味わった。
生中だし射精に向け屈曲位で腰の打ち付けを速くし女陰深く届くように突きまくると
「アッアアッ イッイイッ〜 イクッ〜 アウッ アウッ〜」
大きな艶声が部屋に響き渡っていた。
良子に覆いかぶさり腰の動きを激しくしながら
「いきそうだよ」
良子は両腕に力を込めしがみつき、背中に爪を立てながら腰を押し出してきた。
「アウッ イクッ〜 外で 外にお願い 外で〜 アウッ イクッ〜」
「イクッ 中に出すぞ」
「エエッ 外ッ〜 アッ ダメェ〜 アアッできちゃうっ イクッ〜」
中だしを嫌がる良子の艶声を聞きながら男根すべてを女陰深く押し付けドックンドックンドクッドクッドックンドクッドクッと多量の精液を子宮に浴びせかけるように膣内に放った。
良子はしがみつきながら腰を押し出し足を広げ女陰深くに精液を受け入れた。
「良子 気持ちいいっ」
「アアッ〜 温かいッ 外って言ったのに もうっ〜 アッアアッ〜」
足を広げさせ良子の女陰から射精したばかりの男根をゆっくりと引き抜くと同時に
精液が流れ出てきた。
「あっ 流れてる」
「すべて奥深く出したよ」
「いっぱい出したのね できちゃうかもよ」
「その時は責任取るから」
腕枕しながらしばしのまどろみを楽しんだ。

「旦那とはしてるの」
「もう年だから だめね あなたとの相性が一番いいみたい 今日のデートでこうなるような気がしたわ」」
「相性は大事だからな 中に出したけどいいのか」
「感じてしまって」
「生が一番さ」
「中に温かな精液を注ぎ込まれる時は最高だったわ」
「良子がしがみつき腰を押し出してきたからそのまま中に出したよ」
「危ないから外にと思ったけどもう欲しくてだめだったの」
「感度もいいし最高さ」

良子がフェラで硬くしてくれた。
股間のティッシュを取りながら跨ぎ硬い男根を女陰にあてがい腰を沈めてきた。
「アッ アアッ イイッワァ〜」
女陰深く男根すべて咥え込み腰を動かし始めた。
騎上位とはいい表現でそのものと思った。
良子に腰の動きを任せた後、腰を掴み下から突き上げ始めると
「アッ そっそれっ ダッダメェ〜 イクッ イイッ イクッ〜」
騎上位のまま良子は達した。
「弱いところ全部知ってるのね」
体を入れ替え良子に覆いかぶさり腰を激しく女陰に打ちつけ
「良子 中に出すぞ」
「イイッ 中に頂戴ッ」
危険日の中良子は旦那以外の男の精液を2度も生で女陰深く歓喜の中受け入れた。

良子の自宅近くまで送りながら
「連絡するよ」
「待ってるわ 生理が来たら連絡するわね」
微笑みながら良子と別れた。
旦那さん、美味でしたよ。

10年ぶりの同窓会に参加したら
「お久しぶりですね お元気そうで」と突然元カノ良子が声を掛けてきた。
女盛りの体型で付き合っていた頃より美味しそうに見えた。
2次会でお互いの近況など酔いに任せて聞き出した。
旦那と知り合った経緯や今の夫婦関係などそして再会を約して別れた。

「旦那には何て言って出てきたの」
「大学の時の友達に会うと言ってきたわ」
同窓会での近況話では夫婦関係は冷めていると言う人妻元カノ良子とドライブと
美味しい食事そして会話を楽しんだ後当然のようにラブホに入った。
緊張しているようだったが抱き寄せキスすると力が抜けたように素直に抱きついてきた。
ベッドで待つとバスタオルを巻いた良子が横に滑り込んできた。
「会いたかったよ」
「そんなこと言わないで 今日は少し危ないのよ」
「大丈夫さ」
実はカットしているが良子にはまだ言っていない。
「暗くして お願い」
女陰を指で弄び中指で膣をまさぐると
「アウッ ウッ ウウッ アッ アアッ〜」
良子は小さな艶声を出しながらしがみついてきた。
女陰に顔を近づけると
「アッ イヤッ〜 恥ずかしいわっ」
と言いながら素直に足を広げた。
貪るように女陰を舐めまわし、陰核に吸い付いた。
「アッ アウッ アッ〜 ひっ久しぶり〜」
艶声がだんだん大きくなり
「そんなにしたらおかしくなっちゃうッ」
「旦那はしてくれないの」
「してくれないわ そんなに激しく」
「69しよう」
亀頭を陰唇で咥え始めた良子の臀部を掴みさらに激しく女陰に吸い付き
「旦那と比べて どう」
「アッ アウッ そんな 硬くて アウッ 大きいわ アアッ〜」
男根を咥え込み続けた良子を仰向けにし足を開き女陰に挿入しようとしたら
「ゴムッ お願いッ」
「大丈夫だよ」
「ほんとに 今日は危ないのよ お願い」
言い終わらないうちに反り返った○美の唾液で濡れ輝く硬い男根を生で挿入した。
「アッ アアッ アウッ アッ アッ アウッ〜」
良子の艶声を聞きながら女陰深く挿入し腰を激しく打ちつけ始めた。
「すっすごい イイッ〜 アウッ アッ」
正常位、屈曲位、側位で良子の纏わりつくような女陰を突きまくり味わった。
生中だし射精に向け屈曲位で腰の打ち付けを速くし女陰深く届くように突きまくると
「アッアアッ イッイイッ〜 イクッ〜 アウッ アウッ〜」
大きな艶声が部屋に響き渡っていた。
良子に覆いかぶさり腰の動きを激しくしながら
「いきそうだよ」
良子は両腕に力を込めしがみつき、背中に爪を立てながら腰を押し出してきた。
「アウッ イクッ〜 外で 外にお願い 外で〜 アウッ イクッ〜」
「イクッ 中に出すぞ」
「エエッ 外ッ〜 アッ ダメェ〜 アアッできちゃうっ イクッ〜」
中だしを嫌がる良子の艶声を聞きながら男根すべてを女陰深く押し付けドックンドックンドクッドクッドックンドクッドクッと多量の精液を子宮に浴びせかけるように膣内に放った。
良子はしがみつきながら腰を押し出し足を広げ女陰深くに精液を受け入れた。
「良子 気持ちいいっ」
「アアッ〜 温かいッ 外って言ったのに もうっ〜 アッアアッ〜」
足を広げさせ良子の女陰から射精したばかりの男根をゆっくりと引き抜くと同時に
精液が流れ出てきた。
「あっ 流れてる」
「すべて奥深く出したよ」
「いっぱい出したのね できちゃうかもよ」
「その時は責任取るから」
腕枕しながらしばしのまどろみを楽しんだ。

「旦那とはしてるの」
「もう年だから だめね あなたとの相性が一番いいみたい 今日のデートでこうなるような気がしたわ」」
「相性は大事だからな 中に出したけどいいのか」
「感じてしまって」
「生が一番さ」
「中に温かな精液を注ぎ込まれる時は最高だったわ」
「良子がしがみつき腰を押し出してきたからそのまま中に出したよ」
「危ないから外にと思ったけどもう欲しくてだめだったの」
「感度もいいし最高さ」

良子がフェラで硬くしてくれた。
股間のティッシュを取りながら跨ぎ硬い男根を女陰にあてがい腰を沈めてきた。
「アッ アアッ イイッワァ〜」
女陰深く男根すべて咥え込み腰を動かし始めた。
騎上位とはいい表現でそのものと思った。
良子に腰の動きを任せた後、腰を掴み下から突き上げ始めると
「アッ そっそれっ ダッダメェ〜 イクッ イイッ イクッ〜」
騎上位のまま良子は達した。
「弱いところ全部知ってるのね」
体を入れ替え良子に覆いかぶさり腰を激しく女陰に打ちつけ
「良子 中に出すぞ」
「イイッ 中に頂戴ッ」
危険日の中良子は旦那以外の男の精液を2度も生で女陰深く歓喜の中受け入れた。

良子の自宅近くまで送りながら
「連絡するよ」
「待ってるわ 生理が来たら連絡するわね」
微笑みながら良子と別れた。
旦那さん、美味でしたよ。

 - 未分類 , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
ひきこもりのつぶやき 2

学校では大人しい子を装い静かにしてた。ホステスの彼女が家をでるのは午後5時。私の自由時間だわ。お風呂入ってご飯食べて寝るの。目が覚めるのは9時頃。それからお散歩。もちろん真っ裸。毎日ではないから以外に気づく人いないの。それに小学生の女の子が夜なかに散歩なん…

no image
俺の思い通りの奴隷淫乱熟女

熟女ってホント最高!忘れていましたが、最近から熟女を相手にしていたわけではありませんでした。そう4年前に別れる前に1年半ほど関係を持った女性が居ました。彼女はKといいます。Kとは職場で知り合いました。何でも結婚していたのですが、旦那からは「子供が20歳になったら離婚して、お互いにその後の人生を好きなように楽しもう。」と冗談みたいに言われていたそうですが、40歳も過ぎて43か44の時に子供が20歳に

no image
昼休みに

 はじめまして。keiと申します。ここは楽しいサイトですねー。 今日朝見つけて、ずーっと読ませてもらってます。読んでるうちに、書きたくなっちゃったんで僕も僕もー!(って、私は29歳のヤロウなんですが。) って書かせてもらいます。 最近で一番面白かったのは、昼休…

no image
★熟女さん達の「おもてなし」に精子が枯渇

 大学を出て就職1年目のまだ僕が22才だった頃の話です。僕は東京で会社に採用されて、そのすぐ後に福島県の営業所へと配属されました。そこでの僕の楽しみと言えば当時買ったばかりの車で、40~50分のところにある露天の温泉に週末1人で行く事くらいでした。 ある時、いつものように僕がお昼過ぎくらいの時間から1人で露天風呂に入っていました。そこは温泉の湯の表面に湯の花と言われる玉子スープのような白い泡がプカプカと

no image
帰省して

この3連休で帰省してきました。私の地元はわりと田舎です。帰省したものの特にやることもなく、恥ずかしい話ですが、露出のことばかり考えていました。われながら、私ったらいつからこんな女になってしまったのか・・・結論から書くと、2日連続で市営プールに行ってきまし…

no image
★彼がオクテなのでイライラします

 私今彼がいるんだけどなんか奥手でなかなかやってくれないんです・・。だからお母さんとお父さんが会社で旅行に行ってくるって言うからチャンス! と思って彼を呼んだんです。で、とうとうその日が来ました!ご飯は愛情たっぷりの私の手料理を食べさせてあげました。 で、私が「お風呂はいってきたら?」っていうと「おうっ!っていうか先入っていいのか?」っていうからこれは先に入ってもらわないとせっかくの作戦がパーになっ

no image
学校でオナニー 横浜市在住 32歳 男

あれは俺が小学5年のときだったっけな?当時から女の子のパンツに興味を持ち始めていた。そのとき、授業中で(確か理科だったと思う)どこの小学校もそうだと思うが、理科室って言うのがあったんだよね。実験とか行う部屋でさ。俺が卒業した小学校では、その理科室の真隣が3…

no image
★思わず感じて失言してしまいました

 27歳のOLです。仕事は運送会社で総務・経理を担当しています。そして昨日の残業中に、社内に残っていた別の部署の課長にレイプされました‥最初とても怖くて 最期まで嫌でした…けれども途中から混乱してしまい(本当は久しぶりの男性に反応してしまい…)最期に課長が腰使いの激しさを増しながら『いくぞ!膣内に出してやるからなあ、タップリ味わえよぉ!!』と言われました。 私は「イヤです!許して下さいっ、それだけは絶対にヤ

no image
★汚物が無くなる会社のトイレ

 半年ぐらい前から小さな通販会社で働いているんですが、女性は、社長の奥さんと私だけ。事務所は、ちょっと大きめのマンションで、トイレは男女共用なんです。そのトイレでのことなんですが、汚物入れから、私の使用済みのモノを誰かが取り出しているようなんです。 トイレ掃除は基本的に私か社長の奥さんがするんですが、私が帰り際に汚物入れのゴミを捨てようと中を見ると、私が入れた状態と違っていて、中身を開いたようにな

no image
長澤まさみの顔にかけてみたい

台所から持ってきた酒とコップとさきイカを炬燵の上に置く。DVDデッキにDVDを放り込み、炬燵に座り込む。コードレスのヘッドホンをつけ、リモコンを使ってDVDを再生させる。友達から借りてきた女子高生の裏物だ。さて、と。日本酒をコップに注ぎ、さきイカでちびちびやりなが…