エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

結婚寸前の先輩OL

   

10年くらい前の話で恐縮ですが、初体験の思い出です。
当時、就職したばかりの時で、女性経験もない童貞でした。
23歳の誕生日の数日前に、7歳くらい年上の先輩女性(あかりさん)から「誕生日のプレゼント何がいい?」と聞かれたので、ふざけて「彼女が欲しい」」と答えると、肩を叩いて大笑いしました。
いつもは優しい先輩でしたが、それから数日の間、ずっと僕を無視するような感じでした。
それで当日になって、「お昼休みに屋上で」というメモを渡されました。
食事を早々に切り上げて大急ぎで屋上に行くと、ドアの前の踊り場のところにあかりさんがいました。
あかりさんは、「はい」と言ってリボンの付いた小さな箱を渡してくれましたが、ン僕はガマンできなくて抱き付いてしまいました。
キスの経験すらなかった僕は、ディープキスというのがどういうものかわからなかったのですが、あかりさんの唇に押し付けるようにしました。
あかりさんは、嫌がらずに僕の唇を受け入れて、舌を差し入れてきました。
僕は、あかりさんの舌の動きに合わせるようにしました。
あかりさんの首筋辺りから香ってくる匂いと、柔らかい唇の感触と、初めてのキスの興奮と快感で、僕のアソコは鉄の塊のように固くなってきました。
僕は、あかりさんをきつく抱きしめるようにして下腹部にグイグイと押し付けました。
擦れたり、押し付けたりする感触だけで、発射してしまいそうなくらいでした。
そんな僕に抵抗もしないで、キスなどに応えてくれたあかりさんに対して、思い切って柔らかそうなおっぱいを制服の上から揉みました。
ちょうど手のひらに収まるくらいの大きさで、揉むのに比例して興奮してくるような不思議な感触でした。
僕は、ガマンできなくなって、お尻も揉みました。
お尻は、おっぱいよりも弾力があって、何時間揉んでも飽きないような不思議な感触でした。
あかりさんの対応に安心した僕は、スカートの中に手を入れようとしましたが、さすがに手を掴まれてしまいました。
「もうお昼休み終わっちゃうから」
あかりさんは、そう言うと職場に戻っていきました。
僕は、しょんぼりして、その日の仕事にはまったく手が付かないという感じでした。
その日の夜、仕事が終わると玄関のところであかりさんが待っていました。
「ちょっと食事でもしよっか」
僕は、あかりさんと一緒にレストランで食事してから、居酒屋で少しお酒を飲みました。
緊張していた僕は、ビール何杯かですごく酔っ払ってしまい、気付くとあかりさんの部屋にいました。
あかりさんは、そんな僕にも優しく接してくれて介抱してくれたのですが、僕は昼間のこともあってガマンできなくなっていたので、あかりさんを押し倒して、また激しくキスしました。
今度は、僕の方から舌を入れて絡めました。
おっぱいも揉んで、スカートの中にも手を入れて、パンティの上からアソコを触りました。
パンティは濡れていて、よく言われるビショビショ状態でした。
直接、触ってみると驚くくらいの濡れようでした。
どうすればあかりさんが感じるのかわかりませんでしたが、触っているとすごくヌルヌル、ヌルヌルしてきました。
僕は、素直に初めてであることを告げると、あかりさんは、僕の服を脱がせてパンツ一枚にすると、自分も服を脱ぎました。
お互い下着姿になると、あかりさんは僕のパンツを脱がせて、根元の方から舌を這わせて、優しく丁寧に舐めてくれました。
でも僕は、全身が震えるような快感に瞬く間に発射してしまいました。
僕のザーメンは、あかりさんの顔や口にかかりました。
口に入ったザーメンは、飲みました。
顔に付いたザーメンも指で集めて飲み、キレイに舐めてくれました。
僕は、あかりさんの下着を取って、おっぱいやアソコを舐めたり、触ったりしました。
あかりさんの言うようにしていると、また大きくなってきました。
横になった僕にまたがるようにしてグチョグチョのアソコに差し入れて、ゆっくり腰を上下に動かしました。
初めて体験するアソコの感触は、簡単に表現できないような不思議なものでした。
僕が上になって動くと、あかりさんは「あん、あん」と喘ぎ声を出しました。
感動と興奮と快感で、頭がパニックになりながら、あかりさんの中で発射してしまいました。

あかりさんとは、それっきりで、数日後から会社に来なくなりました。
噂では、結婚して退社したらしいというのを、同僚から聞きました。
なんで僕とエッチしたのかわかりませんが、僕によっては大切な思い出の1つです。

10年くらい前の話で恐縮ですが、初体験の思い出です。
当時、就職したばかりの時で、女性経験もない童貞でした。
23歳の誕生日の数日前に、7歳くらい年上の先輩女性(あかりさん)から「誕生日のプレゼント何がいい?」と聞かれたので、ふざけて「彼女が欲しい」」と答えると、肩を叩いて大笑いしました。
いつもは優しい先輩でしたが、それから数日の間、ずっと僕を無視するような感じでした。
それで当日になって、「お昼休みに屋上で」というメモを渡されました。
食事を早々に切り上げて大急ぎで屋上に行くと、ドアの前の踊り場のところにあかりさんがいました。
あかりさんは、「はい」と言ってリボンの付いた小さな箱を渡してくれましたが、ン僕はガマンできなくて抱き付いてしまいました。
キスの経験すらなかった僕は、ディープキスというのがどういうものかわからなかったのですが、あかりさんの唇に押し付けるようにしました。
あかりさんは、嫌がらずに僕の唇を受け入れて、舌を差し入れてきました。
僕は、あかりさんの舌の動きに合わせるようにしました。
あかりさんの首筋辺りから香ってくる匂いと、柔らかい唇の感触と、初めてのキスの興奮と快感で、僕のアソコは鉄の塊のように固くなってきました。
僕は、あかりさんをきつく抱きしめるようにして下腹部にグイグイと押し付けました。
擦れたり、押し付けたりする感触だけで、発射してしまいそうなくらいでした。
そんな僕に抵抗もしないで、キスなどに応えてくれたあかりさんに対して、思い切って柔らかそうなおっぱいを制服の上から揉みました。
ちょうど手のひらに収まるくらいの大きさで、揉むのに比例して興奮してくるような不思議な感触でした。
僕は、ガマンできなくなって、お尻も揉みました。
お尻は、おっぱいよりも弾力があって、何時間揉んでも飽きないような不思議な感触でした。
あかりさんの対応に安心した僕は、スカートの中に手を入れようとしましたが、さすがに手を掴まれてしまいました。
「もうお昼休み終わっちゃうから」
あかりさんは、そう言うと職場に戻っていきました。
僕は、しょんぼりして、その日の仕事にはまったく手が付かないという感じでした。
その日の夜、仕事が終わると玄関のところであかりさんが待っていました。
「ちょっと食事でもしよっか」
僕は、あかりさんと一緒にレストランで食事してから、居酒屋で少しお酒を飲みました。
緊張していた僕は、ビール何杯かですごく酔っ払ってしまい、気付くとあかりさんの部屋にいました。
あかりさんは、そんな僕にも優しく接してくれて介抱してくれたのですが、僕は昼間のこともあってガマンできなくなっていたので、あかりさんを押し倒して、また激しくキスしました。
今度は、僕の方から舌を入れて絡めました。
おっぱいも揉んで、スカートの中にも手を入れて、パンティの上からアソコを触りました。
パンティは濡れていて、よく言われるビショビショ状態でした。
直接、触ってみると驚くくらいの濡れようでした。
どうすればあかりさんが感じるのかわかりませんでしたが、触っているとすごくヌルヌル、ヌルヌルしてきました。
僕は、素直に初めてであることを告げると、あかりさんは、僕の服を脱がせてパンツ一枚にすると、自分も服を脱ぎました。
お互い下着姿になると、あかりさんは僕のパンツを脱がせて、根元の方から舌を這わせて、優しく丁寧に舐めてくれました。
でも僕は、全身が震えるような快感に瞬く間に発射してしまいました。
僕のザーメンは、あかりさんの顔や口にかかりました。
口に入ったザーメンは、飲みました。
顔に付いたザーメンも指で集めて飲み、キレイに舐めてくれました。
僕は、あかりさんの下着を取って、おっぱいやアソコを舐めたり、触ったりしました。
あかりさんの言うようにしていると、また大きくなってきました。
横になった僕にまたがるようにしてグチョグチョのアソコに差し入れて、ゆっくり腰を上下に動かしました。
初めて体験するアソコの感触は、簡単に表現できないような不思議なものでした。
僕が上になって動くと、あかりさんは「あん、あん」と喘ぎ声を出しました。
感動と興奮と快感で、頭がパニックになりながら、あかりさんの中で発射してしまいました。

あかりさんとは、それっきりで、数日後から会社に来なくなりました。
噂では、結婚して退社したらしいというのを、同僚から聞きました。
なんで僕とエッチしたのかわかりませんが、僕によっては大切な思い出の1つです。

 - 未分類 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★飲むと勇気が沸きやっちゃいました

 とにかく、あの日は飲んだ飲んだ。ワインに始まってウイスキー、ウオツカ、テキーラ…泥酔以上、酩酊未満。最後は何が何だか分からなくなった。潰れてこそいないが、ほとんど意識がぶっ飛んだ状態。これから話すのは、飛び飛びの記憶を無理やりつなげて、状況証拠と関係者証言を加えた話だ。 気がつくとあたりは真っ暗。どこかは分からんが、とりあえず俺の部屋ではなさそうだ。俺はカーペットに胡坐をかき、低いテーブルに突っ

no image
★同じマンションに住んでるホステスの話

 当時住んでいたワンルームマンションに、ヤクザの愛人をしているらしい女が住んでた。彼女は、27歳でクラブホステス。キャバクラにいるようなタイプではなくて、落ち着いた感じのオトナの女。背が高く(多分167、8cm)少し派手な顔で手足が長くてとにかくスタイルが良い人だった。  その女の部屋にパパがやってくる日は、おれの部屋から3つも離れているその部屋から、とんでもなく大きい悲鳴のような喘ぎ声が聞こえてくる。

no image
姉ちゃん

 俺は高2です。お姉ちゃんは大学3年で、この前俺がオナニーしてたら、姉ちゃんにみつかちゃった。そしたらて姉ちゃんが手伝ってあげようかとうれしいお言葉、姉ちゃんの手でしごいてもらって、俺が姉ちゃんの胸をさわったら、姉ちゃんもやる気になっちゃって、初めてだった…

no image
進学塾の人妻講師と、、、

 もう、10年くらい前のことだけど、俺の人生で忘れられないことなので、告白します。高校受験を控えて、「進学塾」に通っていたときの話しです。 俺は、成績は、クラスでも、トップクラスだったが、親の進めで、塾に通っていました。そこの「進学塾」は、全国に展開して…

no image
隣のクラスの女子の協力で

俺が高校3年の時の話です。新しく新任の先生が来たんだけど、大学を現役で卒業してすぐだから22歳だったかな。俺は商業高校で女子が多かったから、免疫がすでに付いていたんだけどその先生の可愛さにすぐに虜になってしまったわけでして。身長が高くて細身の色白で優しい…

no image
★なんと輪姦女は私の元の妻だった

 俺は39歳、5歳年下の元妻と離婚して5年が過ぎていた。「なあ孝蔵さん、いい女を見つけたんだが、輪姦に付き合ってくれんか?可愛いシングルマザーを捕まえてね、4回ほど食わしてもらったんだがイイ声で啼く可愛い女なんだよ。やっと輪姦を承諾してくれたから、犯しまくろうぜ。」飲み屋で知り合って、同じ年齢と分かって意気投合して以来、色んな女を口説いて輪姦して楽しんでいた単身赴任中の茂樹に誘われて出かけた。 待ち合

no image
美人な女上司が落ちていく・・1/2

■美人な女上司が落ちていく・・1/2(会社員の告白) 私が今の職場に就職を決めたのは、特に深い理由があったわけではない。たまたま参加したセミナーで「3年働けば家が建つ」なんてキャッチフレーズに惹かれてなんとなく入社した。これだけで、ぴんときた人もいると思うが、私の職業は某大手消費者金融だ。早慶上智と称される大学に通っていたので両親には泣いて反対された。

no image
マイクロミニの女

今日、マイクロミニの女の子を見つけた。Y浜駅でターゲットを物色していた時のことで、思わずハッとするほどのミニだった。 階段を上がれば見えることは確実で、とりあえずそれだけでも良いと思い後をつけた。マイクロミニ故、歩いているだけで、チラチラと黒パンらしくもの…

no image
★他人のSEXを見るのは興奮しますね

 秋に先輩カップルの正志さん(28)と志穂さん(28)と一緒に那須の別荘に遊びに行った時のこと。ちなみに自分は浩二(22)彼女は優(20)で優は色白で胸はCカップ顔はホントに結構かわいいと思う。  夜になり4人で呑んで楽しく過ごしていた。先輩カップルは8年くらい付き合っていて一緒にいるのがすごく自然な2人だった。先輩たちとはよく一緒に飲みにも行っていてすごくかわいがってもらっていた。優も2人のこと

no image
★スポーツジムでの男の視線

 平日の仕事帰りと休日に近所のスポーツクラブに通って約半年になりますが、そこで出会う男性達の本性を、私は知っています。ストレッチマットや教室、マシン等を隣合わせたりする際には、笑顔で感じ良く挨拶や会話を交わしたりして来るくせに、ふとした瞬間に気付くと、私の身体特に胸やお尻、首筋や耳、背中や腰から脚にかけてを隙あらばの感じで、チラチラと横目や死角からの視線を使い、盗み見しているのです。そしてそれは常