エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★もてない男のエッチ体験談・・2/2

   

2015/02/05(木)
 高そうなジャケットだったから気を使って脱がせた後ハンガーに掛けていると、俺のベルトを外そうとしてくる。手伝いながら上も脱ぎトランクス1枚になってから、今度は彼女の服を丁寧に脱がせた。もちろん脱がせながら常にキスしてる感じ。上下薄いピンクの下着は清楚感ありあり。

 小さながレースで縁取られていて可愛らしいんだが、恥骨の上辺りは薄くなっていて陰毛が透けて見えていた。押し倒してまたキスをしながらも、今度はブラを外して直接オッパイを揉んだ。乳首はコリコリ、オッパイはプルンプルン。
 痩せてるから貧乳かと思いきや、Dカップはありそうなボリューム。ハリのある柔らかさで、小指の先ほどある乳首を摘まむと仰け反るほど敏感らしい。焦ってガツガツいったら彼氏と同じだと思い、極度に興奮してたけどねっとり攻めていく努力をした。

 乳首をいきなり舐めずに、乳輪から円を描く様に舐めていったりね。 時々間違えた感じで乳首をペロッとしたりすると、「はぁうんっ」と演技のような喘ぎ声を出してた。

 そんなに?と疑うような気持にもなったが、焦らさせるセックスに大興奮だったみたい。「もぉおねがい」とオネダリまでされちゃって、「こう?」と見つめ合いながら乳首を舌先でペロペロしてやった。照れながらも目が離せないような表情で俺と舌先を交互に見つめ、体をグネグネ動かし感じまくってた。

 だからまた太ももをアソコにあてがうと、さっき以上に押し付けてきて腰を動かし始めてた。胸だけでも相当時間を掛けたし、谷間やお腹なんかも丁寧に舐め上げていった。やっとパンツの上からアソコを触ってみると、それはもうマジかよって思うぐらいの濡れ具合。

 だからまた焦らそうと思い、太ももや脚の付け根を指先で触れるか触れないかの力で撫でていった。キスをしながらお腹や脚、足の付け根を優しく撫でていると、舌をジュルジュルしゃぶり始める。はぅぅんっと甘える声を出しながら、必死に俺の舌をしゃぶってた。

 舌を激しくしゃぶるもんだから、突然手の平でアソコを圧迫。完全に我を忘れてるみたいで、手の平に自ら押し付けてくる。また手の平を離すと、甘えた声でキスをしてくる。

 何度も何度もハプニングのように時々押し付けたりを繰り返すと、頭がおかしくなってきたんだと思う。トランクスの上から握ってきてた手を中に入れ、勃起したチンコを激しくシゴきまくってたし。舌をフェラしてるみたいにしゃぶってるし、体はウネウネ動きまくりだったし。

 だからパンツの中に手を入れた時は凄い反応だった。んあぁぁっっ!と体がビビビッと小刻みに痙攣し、仰け反りながら昇天してたっぽい。クリをクルクル撫で回しながら乳首に吸い付き、「気持ち良い?」と聞くと「うんうん」と必死に頷いてた。

 パンツを脱がせて指を入れ、まずはゆっくりGをクイックイッと攻めた。激しく攻めてないのに仰け反っては軽い痙攣を繰り返す姿を見て、逆に怖くなってくる想いだった。今までこんなに激しく反応してくれた女なんていなかったし、もしかして騙されてる?みたいな変な感情。

 気が付くとチンコは半勃起状態になってて、それを彼女はギュッギュッと掴んで離さなかった。膣奥まで指を入れて風俗嬢で学んだテクニックを披露すると、雄叫びの様な声をあげ始めた。最後は声にならない声を出しながら、足を伸ばして腰をウネウネ動かしながらの絶頂でした。

 凄い力で抱き付かれて痛かった。こんなに激しくイク子に出会ったのも初めてだったから、ホント逆に冷静になっていってた。2本入れた指が千切れそうなぐらい締め付けていて、昇天してる時は中が収縮を繰り返してた。

 指を抜いて余韻に浸る彼女とキスをしていると、突然トランクスの上からチンコを握られ「もぉぉ!なんで?」と少し怒った顔で言われた。彼女からしたら当然勃起してるもんだと思ったらしい。その時の俺は半勃起にもなってないほどの反応だったから。

「前戯に夢中になってたから」と苦し紛れの言葉を伝えると、ホホを膨らませて怒った顔をしながら下に擦り下がっていった。ベロンとトランクスを下げられ、問答無用でいきなりフニャチンを咥える彼女。玉袋の所でトランクスが引っ掛かった状態で、洗ってもいないチンコをしゃぶられてビックリした。

 初めこそくすぐったい感覚だったけど、それもう1分もかからずにフル勃起。「あはぁ~」とか「んぐんぐ」とか言いながら、彼女はまさにムシャブリつく感じでしゃぶってた。トロントロンと口の中で舌を動かすフェラに、我ながらみっともないほど興奮しました。

 あの顔でこのフェラかと思うと、極上というか天にも昇る思いでした。入れたくて彼女の肩に手を当てて上に上がってくるように誘いました。すると彼女は体に密着させながらあがってきて、キスをしながらそのまま入れようとするんです。生で入れちゃうの?マジでイイの?と頭を過りましたが、快楽に完敗しました。

 濡れまくってクチュクチュになったアソコを亀頭がなぞると、鼻を鳴らしながら舌をしゃぶる彼女。にゅるりんと亀頭が膣内に入り、1/3ほどゆっくりと入って行きました。やべぇー気持ち良過ぎと思いながらも、スコスコと腰を振りました。彼女はそれに合わせるかのように腰を浮かせ、十分竿が濡れた辺りで奥まで挿入です。

 根元まで入る前に亀頭が奥に到達し、コリッとした子宮口を感じました。その感触も束の間、彼女は俺の腕を掴んで起き上ると、前後に腰をスライドさせ始めました。揺れる美乳を掴んで揉む俺の腕を掴み、卑猥な目で見降ろしながら腰を振るんです。こんなエロい光景は初めてで、思わず揉む手に力が入りました。

 でもその力が良かったのか、彼女はより激しく腰をスライドし始めました。そこからはホントに我を忘れたメス豚のように、前後左右と腰をスライドしまくる。乳首を強めに摘まむと叫ぶような喘ぎ声をあげ、さらに腰の動きを加速させる彼女。ビチャビチャとやらしい音が鳴り響く中、彼女はあっという間に上り詰めていきました。

 ガクンと前に倒れてきた彼女を抱きしめ、今度は俺が下から激しく腰を振りました。これでもか!というぐらい突き上げると、必死に俺に抱き付きながら喘ぎまくる。体勢を入れ替えて正常位で突くと、勝手に自分の足を抱えて足を広げてくる。薄い陰毛なので出し入れが丸見えのアソコを見ながら、狂気じみたように腰を振りました。

 キスをすると舌を離さない彼女。バックでも顔を後ろに向けて舌を舐めてくるドスケベな彼女。綺麗なアナル丸見えの四つん這いで、枕に抱き付きながら狂ったように喘ぎまくってました。さすがに生で入れているだけあって、気持ち良さもハンパじゃありません。

 バックで突きまくるとスグに限界を感じたので、正常位に戻しました。亀頭を子宮に押し付けて、円を描く様に腰を振る。気持ち良過ぎて狂い出した彼女は、必死に抱き付いてくるんです。「ダメっダメっ」を繰り返しながらもガッチリ俺の体をホールドしているんです。

 でも強引に体を離してキスをしながら腰を擦りつけると、その日1番の絶叫+痙攣を見せました。膣内は収縮を繰り返し、仰け反ってちょい白目になっている姿は圧巻でした。その後俺が腰を動かすと、もうダメ、許しての繰り返し。じゃー出すよ?と言うと「お願いします」となぜか敬語。

 ガツンガツン腰を振りまくって、最後はお腹に思いっ切り射精しました。その時の彼女はもう人形のようにグッタリしてて、まるで意識が飛んでいるかのようでした。真っ赤になった彼女の体を見ながら、人生で1番興奮しながらの射精。濡れたタオルで体を拭いてやり、裸のまま2人とも寝てしまいました。

 体に重みを感じて目が覚めたのは6時過ぎ。確かエッチが終わったのが4時ぐらいだったので、2時間ほど寝たようです。隣で俺のしがみつく様にしながら寝ている彼女を見て、夢じゃなかった事を噛み締めました。乳首を掴んでクリクリしながら寝顔を見ていましたが、ふと現実に帰りました。

 そう、その日は普通に平日だったんです。彼女だって仕事だろうし、俺だって出勤しなきゃいけません。習慣なのか6時過ぎに目が覚めた事に安堵しました。

人妻が作った出会いサイトです。割り切りのお付き合いを・・

 起こさないようにしながらベッドを出てシャワーを浴びました。出てきても彼女は寝ていて起きないので、コーヒーを入れてから声をかけました。寝惚けた彼女は恐ろしく可愛く、裸で無防備な姿のままベッドに女の子座り。「コーヒー飲む?それともシャワー浴びる?」俺の問いに「コーヒー飲みたいです」とまた敬語。

 今日仕事だよね?つーか昨日の事覚えてる?俺の事分かる?なんて、沈黙が怖くて喋りまくりました。彼女は我に返って裸を隠すようになり、俺の事も覚えていると言ってた。確か満喫で・・・とまで覚えていたので、エッチも完璧に覚えてると確信。

 その後8時近くまでダラダラと過ごし、2人で仲良く出勤しました。彼女は他人行儀だったけど。歩きながら名刺を渡し、初めての自己紹介をした。名刺を持って無いというので、それじゃメールしてねと伝えて電車に。電車の中では昨夜の事を何度も謝り、お礼を何度も言ってた。

 途中の駅で彼女が降りて、結局それっきり。メールも無ければ電話も無かった。まるで夢のような夜だったが、今でも忘れる事が出来ない夜だった。あんな美人と狂ったようにエッチしてた夜を、アレ以来経験すら出来てないし。寝ている時に写メとか撮っておくべきだったよなーと後悔したのは言うまでも無いです。

 ま~モテない俺には、エッチできただけでも幸せなんでしょうけどね。
関連記事

↓他のHな体験談を見る


 - 会社員の体験談 , , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
朝からエロした体験談の告白

 今日は朝6時半に会社で部下の智子と待ち合わせしました。綺麗な肌で僕には愛想の良い可愛い部下なのです。実は妙に最近色っぽくて,我慢できなくなり口説きました。そして今日は会社の更衣室でエッチしようと誘ったのです。彼女の朝の服装はジーンズにティーシャツ姿です。更衣室の照明は消したままでしっかり鍵をかけて、早速彼女にディープキス。

no image
★初めてのラブホテルで緊張した

 付き合い始めて1ヵ月後に生涯初めてラブホに行った。彼女も初めてだった。そう、童貞×処女カポーなんです。車で入る形式(フロントなし:田舎は大概コレかな?)の所だった。まず部屋に入ると4,000円そこそこなのにめちゃくちゃ広い!そして部屋を見渡すとベッドがこれでもかと主張している。 この上であんなことやこんなことをするのか・・思わず唾を飲み込んだ。彼女もやたら動き回って明らかにドキドキしているのが分かる。そ

no image
★うつ病の女性同僚との体験談

 30歳の頃 つきあっていた女は 結構背がたかくて顔はごくふつう 脚はそれなりにきれい なぜかロングスカートをいつも着ていた。ある日その女が「わたし 躁鬱なの」とある日ささやいた。僕はどんな病気かしらず普通に接していた。 ある日二人とも残業があり 結構夜遅くまで2人で食事した。もちろんアルコールも入っていた。そのためか彼女の肌はピンク色になり色気を感じた。誘われるままに彼女のアパートに初めて行き畳の

no image
★何かおばさんってエロでも癒されます

 4年前に引っ越しで退職したおばさんの家に行ってみた。おばさんは56歳のはず。菓子折を下げて尋ねると「あらまぁ、久しぶり」と家に上げてくれた。4年前に新築した家だったが、会社からはかなり遠いので、おばさんはパートでもあるし退職したのだった。 実は、おばさんを訪ねた理由は下心があったから。多分旦那は仕事だろうし、子供はもう大学も出ていた筈だった。そこで、多分今の時間は一人だろうと思って行った訳。この

no image
★男の願望を叶えてくれたナース嬢の話

 以前、3年付き合った人妻でナースの奈緒という女がいた。彼女とは、様々なプレイを楽しみ、およそ男の願望をほとんど叶えてもらったと言っても過言ではない。奈緒は決して美人ではなかったが、どちらかと言うと萌え系で巨乳。若干ぽっちゃりで身長も低い。ぶっちゃけ、初対面の時はタイプではなかったが、時間が経つにつれ不思議な魅力と可愛らしさに惹かれてしまった。 しかも、俺より12も年下の当時28歳。コスプレが大好

no image
★嫁を朝いきなり襲って犯してみた

 昨晩、些細な事で嫁とケンカした。私が頼んだ用事を見事に忘れた事に腹を立ててのケンカだった。今考えると大人げなかったと思うが、その時は腹が立って仕方なかった。いつもなら11時過ぎに嫁と一緒にベットに入るのだが、昨夜は私が先に寝てしまった。1時間くらいしてから嫁もベットに入って来たが、端の方で私に触れないように寝ていた。 そのまま朝になり、私は出勤の為に起きた。いつもなら嫁はまだ寝ている時間だが、昨

no image
★アダルトショップの女性客に声をかけて・・

 土曜日の夕方に仕事が終わって、帰り道にアダルトショップに寄ったら、店内には男性客が3人と女性2人年齢は30代位がいました。私が店内に入ったら男性客の3人はすぐにDVDを買って、店を出て行きました。女性客2人はオモチャのコーナーに居て、色々と物色していたので女性に声をかけてみました。 話してみると女性は2人共人妻でした。私はジョーダン半分で『極太バイブで今から遊びませんか?』と言ったら、女性2人は 直径

no image
★体育祭で不良ヤンキー達に妻が

 私はごく普通の会社員32歳、妻は30歳。中学生の息子が居ます。私達夫婦は高校生の頃の先輩後輩の仲で、早くにいわゆる出来ちゃった婚をしました。妻は三十路に突入したものの、まだ見た目は20代前半に間違われるほど若くて美人です。つい先日、子供の中学校で体育祭がありました。 私はビデオカメラを持って息子の勇姿を撮影しようと気合充分です。妻は体育祭だと言うのに動きやすい格好ではなく、短めのスカート穿いて気合充分

no image
★元妻の赤裸々な体験がSDメモリーに

 元妻と離婚して5年が経ちました。離婚して元妻の持ち物は、すべてなくなったはずでしたが私の車のトランクポケットに、元妻のポシェットが見つかりました。妻が置き忘れたのか、隠していたのかはわかりませんが、その中にアクセリー小物とSDメモリーが入っていました。 SDメモリーの中には離婚に至るまでの元妻の赤裸々な体験と、心体の変化が日誌として残っていました。高校の同級生のスナックを手伝いだして2ヶ月、仕事

no image
★エロ行為はやはり生が最高です

 昨年の晩秋のこと、北九州の代理店会議へ出張した。空港でチェックインしてから待っていると、「あら、オレさん」と呼ばれた。ふり返ると、総務課のキャリアウーマンのK子(係長)だった。お互い出張だったが、K子の行き先は福岡だった。出発まで話をしていると、福岡にイイ飲み屋があるという。 出張の日程は、お互い木曜出発の金曜直帰であった。じゃあ、木曜の夜に福岡で待ち合わせて、飲みに行くことになった。その日の会